2014年版 薬局経営の将来

「衰退か」それとも「経営の安定的な持続か」。薬局経営は、大きな転換点に立たされている。2014年4月の調剤報酬改定は、そのことを決定付けるものとなった。
これまでわが国の医薬分業は、政府の強力な後押しによって進展してきた。そのことで薬局も調剤を主体にした薬局の店舗を増やすことで売上・利益共に得ることができた。特に門前・マンツーマン薬局は、最小のリスクで確実な売上と利益が確保できるビジネスモデルとして定着し、一部の薬局が大規模化することになった。
しかし、わが国の医薬分業は医療費の拡大や国民への認知につながったものの、医療関係者や国民からその必要性を十分に認められるまでには至っていない。にもかかわらず大手薬局チェーンの中には規模の拡大に走り、M&Aを繰り返すところや、新規に店舗を開設し続けるところがマスコミなどから注目されるようになった。そのような薬局チェーンの中には、上場を果たしているところもあり、決算期を迎える度にその好決算が報道されている。
その結果、医療関係者の中には、「医薬分業の成果は何か」とか、「本来医療機関に帰属すべき利益が薬局に移転している」などと、厳しい批判が薬局全体に投げかけられるようになった。
本調査レポートでは、昨年に引き続き今年も薬局経営が今後どのように変化し、あるべき姿とはどのようなものなのかということを、文章に加え独自の図表、さらには薬局薬剤師へのアンケート調査結果などを交えてわかりやすく掲載した。

発刊日
2014/08/27
体裁
A4 / 175頁
資料コード
C56113700
PDFサイズ
3.8MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:薬局経営の調査を行い、下記を明らかにすることを目的としている。
(1)薬局経営を取り巻く市場環境変化
(2)薬局経営の現状における課題
(3)今後の薬局経営に影響を及ぼす要因
(4)今後の薬局経営の変容
(5)薬局薬剤師の業務に対する意識
調査対象:薬局、薬剤師会、医薬品卸、製薬企業
調査方法:面接調査及び郵送によるアンケート調査を併用
調査期間:2014年6月~2014年8月

資料ポイント
Close

  • 都道府県別必要薬局数を明示
  • 今後の薬局経営を取り巻く環境変化を予想
  • 変化の時代に生き残れる薬局と薬局チェーンの経営スタイルを展望
  • 薬局薬剤師266名に業務の状況や課題についてアンケート調査を実施

資料概要
Close

第1章 薬局の安定成長時代の終焉
第2章 薬局薬剤師へのアンケート調査結果
第3章 都道府県別必要薬局数

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 薬局の安定成長時代の終焉

2014年調剤報酬改定ショック
  経営リスクが一挙に拡大した薬局
  薬局の存在意義を問われた改定に
  調剤バブルからの脱却
  伸び悩む既存薬局の処方せん受付枚数

わが国の医薬分業の問題点
  分岐点の医薬分業
  “後押し分業”の弱点

薬局が直面する経営課題
  薬局経営のプロセス
  チェーン薬局経営の変貌
  販売管理費圧力と薬局経営
  後発医薬品採用拡大と薬局経営
  内定者の国試不合格急増問題への対応
  未妥結減算対策としての共同購入

薬局経営の未来を予測する
  薬局の立地における経営スタイル
  これからの薬局・薬剤師に求められること
  薬局の経営タイプ別分類
  薬局チェーンのタイプ別分類
  薬剤師の質
  薬局におけるICTの活用
  薬局の質
    (1)調剤プロセスを見直し、調剤ロボットを導入
    (2)OTCやヘルスケア品の品揃えは地域によって異なる
    (3)“訪問薬務”の拡大を目指せ
    (4)訪問看護・介護ステーションを併設
    (5)加算依存体質からの脱却

第2章 薬局薬剤師へのアンケート調査結果

これからの薬局と薬剤師のあり方に関するアンケート調査結果
  質問1.薬局薬剤師としての経験年数、性別
  質問2.1日あたりの対応患者数
  質問3.服薬指導の状況
  質問4.2014年4月の調剤報酬改定についての感想
  質問5.薬局におけるOTCの取り扱いについて
  質問6.OTCのネット販売についての感想
  質問7.一般名処方に加算が付くようになった現場での変化
  質問8.今後、一般名処方記載がどう変化するか
  質問9.現在、上市されている後発医薬品等についての感想
  質問10.さらに後発医薬品の使用拡大が進展するために必要不可欠なこと
  質問11.「多剤併用」に対する意見
  質問12.「医薬品の適正使用」に対する意見
  質問13.情報機器の服薬指導への利用状況
  質問14.利用している情報機器
  質問15.情報機器の利用による患者服薬指導に対する影響
  質問16.薬剤師がフィジカルアセスメントを行うことに対する意見
  質問17.患者に対して医薬品のパッケージ渡しを行なうことに関する意見
  質問18.薬局の質の評価を行うとした際の基準
  質問19.薬剤師が在宅医療に関わることに関する意見
  質問20.薬剤師が在宅医療のチーム医療において存在感を増すために必要不可欠なこと
  質問21.薬剤師としての目標
  質問22.患者との信頼関係を築く上で最も重要なこと
  質問23.医薬分業をより多くの国民に理解してもらうために必要なこと

第3章 都道府県別必要薬局数

都道府県別必要薬局数について

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。