シェアリングエコノミー市場の実態と展望 ~自動車・賃貸・旅行・衣料・人材・金融業界を変革する共有経済~

欧米ではシェアリングエコノミーサービスが普及している。2014年には日本にも「Airbnb」「Uber」といった大手シェアリングエコノミーサービス企業が参入してきており、国内でもシェアリングエコノミーサービスの概念が定着していくことが見込まれる。シェアリングエコノミーサービスは従来からあるレンタルサービスをインターネット上に移行したサービスとも言え、そのメリットとして遊休資産の収益化や環境保全などが挙げられる。シェアリングエコノミーの概念は広く、P2Pやコラボ消費に関連したサービス全般をシェアリングエコノミーサービスと呼ぶケースもある。本調査レポートでは、シェアリングエコノミーサービスの定義を「乗り物・スペース・モノ・ヒト・カネなどを不特定多数の人々とインターネットを介して共有するサービス」とし、シェアリングエコノミーサービスの登場が自動車・賃貸・旅行・衣料・人材・金融などの各業界に与える影響を分析、今後の方向性について言及した。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:海外で先行的に成功を収めてきた配車サービスのUber および個人宅の宿泊マッチングサービスAirbnbが2014年に日本法人を立ち上げたことによって、現在「シェアリングエコノミー」が注目を集めている。本レポートではシェアリングエコノミー市場についての調査を行い、下記を明らかにすることを目的としている。
(1)シェアリングエコノミー市場の実態と展望
(2)市場規模と将来予測(2014年度~2018年度)
(3)シェアリングエコノミー事業者の動向
調査対象:シェアリングエコノミー市場
調査対象エリア:日本
調査対象企業数:シェアリングエコノミー事業者 合計20社
調査方法:直接面接取材、文献調査その他データ収集
調査期間:2015年4月~2015年7月

資料ポイント
Close

  • シェアリングエコノミーサービスを5つのカテゴリー「乗り物」、「スペース」、「モノ」、「ヒト」、「カネ」に分け、市場規模を予測(2014~2018年度)
  • 「カーシェアリング」、「ライドシェア」、「シェアサイクル」、「民泊サービス」、「オンライン駐車場予約」、「会議室予約」、「ファッションシェアリング」、「フリマアプリ」、「クラウドソーシング」、「クラウドファンディング」など多様なタイプの「事業者20社」を面談取材。各社の「ユーザ数」等の定量情報、「今後の戦略」等の定性情報をヒアリング
  • 今後の市場の変化を予測するとともに、シェアリングエコノミー事業者が「目指すべき方向性」について分析・言及
  • エンドユーザー向けWebアンケートを実施。「認知度」、「認知経路」、「ユーザとしての利用の有無」、「ユーザとしての非利用理由」、「ユーザとしての利用意向」、「ユーザとしての利用意向理由」、「ユーザとしての非利用意向理由」、「オーナーとしての利用意向」、「オーナーとしての利用意向理由」、「オーナーとしての非利用意向理由」など、乗り物・スペース・モノ・ヒト・カネのカテゴリー別に質問
     

資料概要
Close

I シェアリングエコノミー市場の実態と展望
II 市場規模と将来予測
III アンケート結果等から見たシェアリングエコノミー市場の状況
IV シェアリングエコノミー事業者の定量データ
V 乗り物のシェアリングエコノミー個別企業実態調査票
VI スペースのシェアリングエコノミー個別企業実態調査票
VII モノのシェアリングエコノミー個別企業実態調査票
VIII ヒトのシェアリングエコノミー個別企業実態調査票
IX カネのシェアリングエコノミー個別企業実態調査票

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

1.市場動向
  ①シェアリングエコノミーサービス市場の全体の推移
  ②各カテゴリー別の成長率の推移
2.企業動向
3.課題に対する解決策と今後の方向性
  ①シェアリングエコノミー事業者の課題に対する対応策
  ②シェアリングエコノミー事業者の方向性

I シェアリングエコノミー市場の実態と展望

1.シェアリングエコノミー市場とは
  (1)シェアリングエコノミーサービスの定義
  (2)シェアリングエコノミーが注目されている背景
  (3)シェアリングエコノミーを活用することのメリット
  (4)シェアリングエコノミーが抱える課題
  (5)シェアリングエコノミー事業者の資金調達動向
  (6)シェアリングエコノミーサービスが各種業界に与える影響
  (7)シェアリングエコノミー事業者の方向性

II 市場規模と将来予測

1.シェアリングエコノミー市場全体の市場規模予測
  (1)全体の市場規模推移予測(2014~2018年度)
2.シェアリングエコノミー市場カテゴリ別の市場規模予測
  (1)乗り物の市場規模推移予測(2014~2018年度)
  (2)スペースの市場規模推移予測(2014~2018年度)
  (3)モノの市場規模推移予測(2014~2018年度)
  (4)ヒトの市場規模推移予測(2014~2018年度)
  (5)カネの市場規模推移予測(2014~2018年度)

III アンケート結果等から見たシェアリングエコノミー市場の状況

1.シェアリングエコノミーサービスの認知度
  (1)シェアリングエコノミーの認知度
  (2)シェアリングエコノミーの認知経路
2.シェアリングエコノミーサービスの利用経験
  (1)シェアリングエコノミーサービスの利用経験
  (2)乗り物のシェアリングエコノミー 利用経験
  (3)スペースのシェアリングエコノミー 利用経験
  (4)モノのシェアリングエコノミー 利用経験
  (5)ヒトのシェアリングエコノミー 利用経験
  (6)カネのシェアリングエコノミーサービス 利用経験
3.シェアリングエコノミーサービスの非利用経験理由
  (1)シェアリングエコノミーサービスの非利用経験理由
  (2)乗り物のシェアリングエコノミーサービス 非利用経験理由
  (3)スペースのシェアリングエコノミー 非利用経験理由
  (4)モノのシェアリングエコノミー 非利用経験理由
  (5)ヒトのシェアリングエコノミー 非利用経験理由
  (6)カネのシェアリングエコノミー 非利用経験理由
4.シェアリングエコノミーサービスの利用意向
  (1)シェアリングエコノミーサービスの利用意向
  (2)乗り物のシェアリングエコノミー 利用意向
  (3)スペースのシェアリングエコノミー 利用意向
  (4)モノのシェアリングエコノミー 利用意向
  (5)ヒトのシェアリングエコノミー 利用意向
  (6)カネのシェアリングエコノミー 利用意向
5.シェアリングエコノミーサービスの利用意向理由
  (1)シェアリングエコノミーサービスの利用意向理由
  (2)乗り物のシェアリングエコノミー 利用意向理由
  (3)スペースのシェアリングエコノミー 利用意向理由
  (4)モノのシェアリングエコノミー 利用意向理由
  (5)ヒトのシェアリングエコノミー 利用意向理由
  (6)カネのシェアリングエコノミー 利用意向理由
6.シェアリングエコノミーサービスの非利用意向理由
  (1)シェアリングエコノミーサービスの利用意向理由
  (2)乗り物のシェアリングエコノミー 非利用意向理由
  (3)スペースのシェアリングエコノミー 非利用意向理由
  (4)モノのシェアリングエコノミー 非利用意向理由
  (5)ヒトのシェアリングエコノミー 非利用意向理由
  (6)カネのシェアリングエコノミー 非利用意向理由
7.シェアリングエコノミーオーナーとしての利用意向
  (1)オーナーとしての利用意向
  (2)乗り物のシェアリングエコノミー オーナー利用意向
  (3)スペースのシェアリングエコノミー オーナー利用意向
  (4)モノのシェアリングエコノミー オーナー利用意向
  (5)ヒトのシェアリングエコノミー オーナー利用意向
  (6)カネのシェアリングエコノミー オーナー利用意向
8.シェアリングエコノミーオーナーとしての利用意向理由
  (1)オーナーとしての利用意向理由
  (2)乗り物のシェアリングエコノミー オーナー利用意向理由
  (3)スペースのシェアリングエコノミー オーナー利用意向理由
  (4)モノのシェアリングエコノミー オーナー利用意向理由
  (5)ヒトのシェアリングエコノミー オーナー利用意向理由
  (6)カネのシェアリングエコノミー オーナー利用意向理由
9.シェアリングエコノミー オーナーとしての非利用意向理由
  (1)オーナーとしての非利用意向理由
  (2)乗り物のシェアリングエコノミー オーナー非利用意向理由
  (3)スペースのシェアリングエコノミー オーナー非利用意向理由
  (4)モノのシェアリングエコノミー オーナー非利用意向理由
  (5)ヒトのシェアリングエコノミー オーナー非利用意向理由
  (6)カネのシェアリングエコノミー オーナー非利用意向理由
10.参考資料 シェアリングエコノミーアンケート票

IV シェアリングエコノミー事業者の定量データ

1.シェアリングエコノミー事業者の収益源
2.シェアリングエコノミー事業者の売上高
3.シェアリングエコノミー事業者のユーザ数(人)
4.シェアリングエコノミー事業者のユーザ数(社数)
5.シェアリングエコノミーのユーザ属性

V 乗り物のシェアリングエコノミー個別企業実態調査票

1.株式会社アース・カー
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題と解決の方向性
  (6)市場の将来展望および今後の事業展開
2.オリックス自動車株式会社
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
3.カーシェアリング・ジャパン株式会社
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
4.コギコギ株式会社
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
5.株式会社Costyle
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開

VI スペースのシェアリングエコノミー個別企業実態調査票

1.akippa株式会社
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
2.株式会社アグリメディア
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
3.Airbnb Japan株式会社
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ユーザの募集及び交流
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの特徴
  (6)課題と解決の方向性
  (7)外部企業とのタイアップ
  (8)市場の将来展望および今後の事業展開
4.株式会社スペースマーケット
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
5.軒先株式会社
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
6.株式会社百戦錬磨
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開

VII モノのシェアリングエコノミー個別企業実態調査票

1.株式会社エアークローゼット
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
2.株式会社オムニス
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
3.株式会社メルカリ
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開

VIII ヒトのシェアリングエコノミー個別企業実態調査票

1.インハート株式会社
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
2.株式会社エニタイムズ
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
3.株式会社キッチハイク
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
4.株式会社レレレ
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開

IX カネのシェアリングエコノミー個別企業実態調査票

1.日本クラウド証券株式会社
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題と解決の方向性
  (6)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (7)外部企業とのタイアップ
  (8)市場の将来展望および今後の事業展開
2.maneo株式会社
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開

図表1 シェアリングエコノミー市場規模推移予測(2014~2018年度)
図表2 シェアリングエコノミーサービス事業者の資金調達動向
図表3 シェアリングエコノミーサービスの仕組み
図表4 シェアリングエコノミーを利用してみたくない理由
図表5 シェアリングエコノミー事業者の資金調達動向
図表6 シェアリングエコノミーの利用経験およびユーザの利用意向のクロス集計
図表7 全体の市場規模推移予測(2014~2018年度)
図表8 乗り物の市場規模推移予測(2014~2018年度)
図表9 スペースの市場規模推移予測(2014~2018年度)
図表10 モノの市場規模推移予測(2014~2018年度)
図表11 ヒトの市場規模推移予測(2014~2018年度)
図表12 カネの市場規模推移予測(2014~2018年度)
図表13 シェアリングエコノミーの認知度
図表14 シェアリングエコノミーの認知経路
図表15 シェアリングエコノミーサービスの利用経験
図表16 乗り物のシェアリングエコノミー 利用経験
図表17 スペースのシェアリングエコノミー 利用経験
図表18 モノのシェアリングエコノミー 利用経験
図表19 ヒトのシェアリングエコノミー 利用経験
図表20 カネのシェアリングエコノミー 利用経験
図表21 シェアリングエコノミーサービスの非利用経験
図表22 乗り物のシェアリングエコノミー 非利用経験
図表23 スペースのシェアリングエコノミー 非利用経験
図表24 モノのシェアリングエコノミー 非利用経験
図表25 ヒトのシェアリングエコノミー 非利用経験
図表26 カネのシェアリングエコノミー 非利用経験
図表27 シェアリングエコノミーサービスの利用意向
図表28 乗り物のシェアリングエコノミー 利用意向
図表29 スペースのシェアリングエコノミー 利用意向
図表30 モノのシェアリングエコノミー 利用意向
図表31 ヒトのシェアリングエコノミー 利用意向
図表32 カネのシェアリングエコノミー 利用意向
図表33 シェアリングエコノミーサービスの利用意向理由
図表34 乗り物のシェアリングエコノミー 利用意向理由
図表35 スペースのシェアリングエコノミー 利用意向理由
図表36 モノのシェアリングエコノミー 利用意向理由
図表37 ヒトのシェアリングエコノミー 利用意向理由
図表38 カネのシェアリングエコノミー 利用意向理由
図表39 シェアリングエコノミーサービスの非利用意向理由
図表40 乗り物のシェアリングエコノミー 非利用意向理由
図表41 スペースのシェアリングエコノミー 非利用意向理由
図表42 モノのシェアリングエコノミー 非利用意向理由
図表43 ヒトのシェアリングエコノミー 非利用意向理由
図表44 カネのシェアリングエコノミー 非利用意向理由
図表45 オーナーとしての利用意向
図表46 乗り物のシェアリングエコノミー オーナー利用意向
図表47 乗り物に対する利用意向パターン
図表48 スペースのシェアリングエコノミー オーナー利用意向
図表49 スペースに対する利用意向パターン
図表50 モノのシェアリングエコノミー オーナー利用意向
図表51 モノに対する利用意向パターン
図表52 ヒトのシェアリングエコノミー オーナー利用意向
図表53 ヒトに対する利用意向パターン
図表54 カネのシェアリングエコノミー オーナー利用意向
図表55 カネに対する利用意向パターン
図表56 オーナーとしての利用意向理由
図表57 乗り物のシェアリングエコノミー オーナー利用意向
図表58 スペースのシェアリングエコノミー オーナー利用意向
図表59 モノのシェアリングエコノミー オーナー利用意向
図表60 ヒトのシェアリングエコノミー オーナー利用意向
図表61 カネのシェアリングエコノミー オーナー利用意向
図表62 オーナーとしての非利用意向
図表63 乗り物のシェアリングエコノミー オーナー非利用意向
図表64 スペースのシェアリングエコノミー オーナー非利用意向
図表65 モノのシェアリングエコノミー オーナー非利用意向
図表66 ヒトのシェアリングエコノミー オーナー非利用意向
図表67 カネのシェアリングエコノミー オーナー非利用意向
図表68 シェアリングエコノミー事業者の収益源
図表69 シェアリングエコノミー事業者の売上高
図表70 シェアリングエコノミー事業者のユーザ数(人)
図表71 シェアリングエコノミー事業者のユーザ数(社数)
図表72 シェアリングエコノミーのユーザ属性
図表73 カーシェアリングの利用例
図表74 「オリックスカーシェア」会員数および車両台数推移
図表75 「オリックスカーシェア」の料金設定
図表76 「カレコ・カーシェアリングクラブ」の利用料金
図表77 「カレコ・カーシェアリングクラブ」会員の属性
図表78 バレットパーキングサービス「akippa plus」の利用方法
図表79 スペースマーケットの利用方法
図表80 「軒先ビジネス」の概要
図表81 「airCloset」ビジネスモデル全体像
図表82 「SUSTINA」の詳細
図表83 「メルカリ」内販売点数ジャンル別シェア
図表84 新サービス開始時の取引フロー概念図
図表85 「Any+Times」のビジネスモデル
図表86 「KitchHike」ユーザの利用目的
図表87 レレレが提供するサービス「TimeTicket」のイメージ図
図表88 「クラウドバンク」の概要
図表89 ビリングシステム株式会社との業務提携概要
図表90 「maneo」のサービス運営体制
図表91 「maneo」の仕組み

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。