2017 自動駐車システム・電子ミラーの可能性と市場展望

日米欧の高級車を中心に駐車支援から自動駐車システム、リモートパーキングシステムの採用が進んでいる。本調査レポートでは、駐車支援システムの市場概要と各国の駐車環境を分析し、今後の自動駐車システムの可能性と市場規模を予測する。UN-R46の改定により、日本と欧州市場では電子ミラーの搭載が2016年より解禁されている。主要ミラーメーカに取材を実施する事で今後のEミラーの行方と市場を展望する。

発刊日: 2017/06/30 体裁: A4 / 111頁
資料コード: C59100300 PDFサイズ: 14.0MB
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 172,800円 (本体 160,000円 消費税 12,800円 )
定価 280,800円 (本体 260,000円 消費税 20,800円 )
定価 313,200円 (本体 290,000円 消費税 23,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料をご購入の方
Close

本資料をご購入の方は、1名様無料にて以下セミナーへご参加いただけます。

2017年10月20日(金)開催
2030年の自動車技術展望・発刊記念セミナー

調査概要
Close

調査目的:駐車支援/自動駐車システム、電子ミラーについての現状の市場概況と開発動向を明らかにし、将来の可能性を分析し、2025年までの市場規模を予測する。
調査対象:駐車支援/自動駐車システム、電子ミラー
調査対象先:自動車メーカ、Tier1メーカ、デバイスメーカ
調査方法:面談取材、電話ヒアリング、文献調査
調査期間:2017年3月~2017年6月

調査結果サマリー
Close

駐車支援/自動駐車システム世界市場の調査を実施(2017年)
~欧州を中心に駐車支援システムの搭載が進み、2020年頃自動駐車システム実用化始まる~
・2016年における駐車支援システムの世界市場規模は455万2,550台に拡大
・駐車支援/自動駐車システムの世界市場規模の2015年から2020年までの年平均成長率(CAGR)は28%で推移し、2020年には1,222万7,100台の成長を予測
・2025年の自動駐車システムの世界市場規模は822万3,000台を予測

資料ポイント
Close

  • 2015~2017年の駐車支援システムの市場規模を試算(タイプ別、地域別、装着台数)
  • 2018~2025年までの自動駐車システムを市場予測(タイプ別、地域別、装着台数)
  • 駐車支援/自動駐車システムのOEM、Tier1メーカ別の開発動向を記載
  • 電子ミラーの開発動向をTier1メーカを中心に記載
  • 電子ミラーの装着台数を2016~2025年まで予測(ルーム/サイドミラー装着台数)

資料概要
Close

1.駐車支援・自動駐車システムの市場概況
2.自動車メーカの採用動向
3.駐車支援・自動駐車システムの開発動向
4.自動駐車システムの市場展望
5.電子ミラーの市場概況と展望
6.電子ミラーの開発動向

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果サマリー

1.駐車支援・自動駐車システムの市場概況

(1)駐車支援システムの市場動向
  ・駐車支援システムの認識方法
  ・駐車支援システムのOEM採用動向
  ・駐車支援システムにおけるTier1メーカの動向
  ・駐車支援システムの市場規模推移
(2)米国における駐車環境と関連サービス動向
  ・駐車環境
  ・駐車に関する法規制の動向
  ・駐車関連ビジネスの状況
(3)欧州における駐車環境と関連サービス動向
  ・駐車環境
  ・駐車に関する法規制の動向
  ・駐車関連ビジネス・プロジェクトの動向

2.自動車メーカの採用動向

(1)トヨタ自動車
  ・駐車支援システムの概要(現行モデル)
  ・新型LEXUS LSの後方支援を強化
(2)ホンダ
  ・駐車支援システムの概要(現行モデル)
(3)日産自動車
  ・駐車支援システムの概要(現行モデル)
(4)GM
  ・駐車支援システムの概要(現行モデル)
  ・自動駐車における提携・開発動向
  ・カーシェア/ライドシェアビジネスの状況
(5)Ford
  ・駐車支援システムの概要(現行モデル)
  ・自動駐車システムの開発動向や投入計画(将来)
  ・自動駐車における提携・開発動向
  ・カーシェア/ライドシェアビジネスの状況
(6)FCA
  ・駐車支援システムの概要(現行モデル)
  ・自動駐車システムの開発動向や投入計画(将来)
  ・自動駐車における提携・開発動向
  ・カーシェア/ライドシェアビジネスの状況
(7)TESLA
  ・駐車支援システムの概要(現行モデル)
  ・自動駐車システムの開発動向や投入計画(将来)
  ・自動駐車における提携・開発動向
  ・カーシェア/ライドシェアビジネスの状況
(8)VW
  ・駐車支援システムの概要(現行モデル)
  ・自動駐車システムの開発動向や投入計画(将来)
  ・自動駐車における提携・開発動向
  ・カーシェア/ライドシェアビジネスの状況
(9)Audi
  ・駐車支援システムの概要(現行モデル)
  ・自動駐車システムの開発動向や投入計画(将来)
  ・自動駐車における提携・開発動向
  ・カーシェア/ライドシェアビジネスの状況
(10)Volvo
  ・駐車支援システムの概要(現行モデル)
  ・自動駐車システムの開発動向や投入計画(将来)
  ・自動駐車における提携・開発動向
  ・カーシェア/ライドシェアビジネスの状況
(11)BMW
  ・駐車支援システムの概要(現行モデル)
  ・自動駐車システムの開発動向や投入計画(将来)
  ・自動駐車における提携・開発動向
  ・カーシェア/ライドシェアビジネスの状況
(12)Daimler
  ・駐車支援システムの概要(現行モデル)
  ・自動駐車システムの開発動向や投入計画(将来)
  ・自動駐車における提携・開発動向
  ・カーシェア/ライドシェアビジネスの状況
(13)PSA
  ・駐車支援システムの概要(現行モデル)
  ・自動駐車システムの開発動向や投入計画(将来)
  ・自動駐車における提携・開発動向
  ・カーシェア/ライドシェアビジネスの状況

3.駐車支援・自動駐車システムの開発動向

(1)Bosch
  ・マルチカメラシステムがBMWで採用
  ・バレーパーキングの実証実験をDaimler、Car2goと開始
  ・2018年にクラウドシステムを利用した駐車支援サービスを実用化予定
(2)Valeo
  ・2016年にPark4U®REMOTEの量産を開始
  ・Park4U® Home、Valet Park4U®を開発中
(3)Continental Automotive
  ・サラウンドビューによるリモートパーキングシステムの開発
(4)デンソー
  ・ICSの採用がトヨタ自動車で拡大
(5)アイシン精機
  ・リモートパーキングシステムの開発を推進
(6)クラリオン
  ・現在のシステムの特徴とビジネスの状況
  ・開発中のシステムの特徴と展開の戦略 -自動駐車への応用-
  ・自動駐車における事業戦略
(7)Panasonic
  ・超音波とカメラのフュージョンによる自動駐車システムを開発中

4.自動駐車システムの市場展望

(1)自動駐車システムの普及ロードマップ
(2)自動駐車システムの市場規模予測(システムタイプ別)
(3)自動駐車システムの市場規模予測(地域別)
  ・日本市場
  ・欧州市場
  ・米国市場
  ・その他市場

5.電子ミラーの市場概況と展望

(1)電子ミラーの法整備状況
(2)自動車メーカにおける電子ミラーの採用状況と可能性
(3)電子ミラーにおけるTier1メーカの動向
(4)電子ミラーの市場規模予測

6.電子ミラーの開発動向

(1)GENTEX
(2)MAGNA
(3)市光工業
(4)村上開明堂
(5)Panasonic/Ficosa

図1 駐車支援システムの市場規模推移(2015~2017CY タイプ別 WW 装着台数)
図2 駐車支援システム(ステア/ブレーキ)の市場規模推移(2015~2017CY地域別装着台数)
図3 リモートパーキングシステムの市場規模推移(2016~2017CY 地域別 装着台数)
図4 駐車支援システムの装着率推移(2015~2017CY 地域別)
図5 サンフランシスコ市の住宅街と市街地の路上駐車状況
図6 ヒューストン市が運営する都心部の空き駐車場マップのサイト
図7 代表的な米国における駐停車に関する標識
図8 前向き駐車が多い駐車場、日常的な路上駐車とパーキングメーター
図9 「The Urban Future Initiative」による駐車スペースのコンセプト図
図10 INRIX駐車場情報サービスの紹介ページ
図11 ParkMeのモバイルアプリの紹介
図12 ドイツ南部フライブルグ市における空き駐車場マップと市内の駐車場掲示板
図13 英国における代表的な駐停車規制の標識・表示
図14 UN ECE WP29におけるR-79改正に向けた内容(自動駐車関連部分)
図15 V-Chargeプロジェクトのコンセプトとスマホアプリ画面
図16 RingGoのサイト
図17 ミラノ市におけるカーシェアリングサービスの状況マップ
図18 HEREのOn-Street Parkingのプロモーションビデオ画像
図19 ムービングビューとシースルービュー
図21 新型LEXUS LSのパーキングサポートブレーキ
図22 サイドクリアランスビューの画像
図23 マルチビューモニタ用カメラとスマートパーキングアシストの操作画面
図24 アラウンドモニターによる駐車支援システムの仕組みとECU
図24 GM キャデラックのセンサ構成
図25 FordPass利用における駐車場検索アプリ画面
図26 Chrysler Pacificaにおけるサラウンドビューによる駐車
図27 感度を2倍に高めた超音波センサの検出範囲を示す(最大8m)
図28 Trailer Assist機能利用イメージ
図29 Audi社とSomervilleによる自動駐車システムの構想
図30 「Drive Me」プロジェクトにおける自動駐車のイメージ
図31 BMW7シリーズにおけるリモートパーキング
図32 Remote Parking Pilotの紹介
図33 「Park Assist」機能におけるモード選択ディスプレイ表示
図34 リモート3Dビューの使用画面
図35  Bosch IoT Cloud を利用した駐車支援サービス
図36 Valeoにおける駐車支援システムへの取り組み
図37 Valeoの360VUE®3Dの画像
図38 サラウンドビューシステムによるリモートパーキング説明資料
図39 サラウンドビューカメラシステム
図40 ミラーレス試作車両
図41 トヨタプリウスで搭載されている超音波センサの性能
図42 アイシン精機における駐車支援システムの取り組み
図43 独OEM向けSurroundEyeシステムの画像表示例(トップ視点、サイド+リア)
図44 リモートパーキングシステムにおけるスマホ画面の表示例
図45 カメラと超音波のフュージョンによる自動駐車システム
図46 自動駐車システムの普及ロードマップ
図47 自動駐車システムの市場規模予測(2015~2025CY WW タイプ別 装着台数)
図48 日本市場における自動駐車システムの市場規模予測(2015~2025CY 装着台数)
図49 欧州市場における自動駐車システムの市場規模予測(2015~2025CY 装着台数)
図50 米国市場における自動駐車システムの市場規模予測(2015~2025CY 装着台数)
図51 その他市場における自動駐車システムの市場規模予測(2015~2025CY 装着台数)
図52 乗用車の視界の範囲(改正案)
図53 GM社のフルディスプレイ・リアカメラミラー
図54 日産セレナにOP搭載されているスマートルームミラー
図55 市光工業の電子ルームミラー
図56 東海理化が開発した電子ミラー
図57 電子ミラーの市場規模予測(2016~2025CY WW 装着台数)
図58 GM キャデラックXT5に搭載されている電子ルームミラー
図59 シャークフィンに搭載されたCISとバイオメトリックス搭載電子ミラー
図60 GENTEXのハイブリッドCMS
図61 ClearViewTMドアミラー
図62 ClearViewTMルームミラー
図63  MAGNAのサラウンドビューカメラシステム
図64 市光工業のデジタル式インサイドカメラモニターシステム
図65 市光工業の電子ミラー「カメラモニターシステム」
図66 市光工業の電子ミラー「カメラモニターシステム」
図67 村上開明堂の電子ミラーシステム
図68 PanasonicとFicosaが共同開発した電子ルームミラーIRMS

表1 駐車支援システムの検知方法比較
表2 OEM各社の駐車支援システムと機能
表3 駐車支援システムにおけるTier1メーカの動向
表4 駐車支援システムの市場規模推移(2015~2017CY WW タイプ別 装着台数)
表5 駐車支援システム(ステア/ブレーキ)の市場規模推移(2015~2017CY 地域別 装着台数)
表6 リモートパーキングシステムの市場規模推移(2016~2017CY 地域別 装着台数)
表7 駐車支援システムの装着率推移(2015~2017CY 地域別)
表8 トヨタ自動車における駐車支援システムの性能比較
表9 Boschにおける駐車支援ビジネスと搭載OEM
表10 自動駐車システムの市場規模予測(2015~2025CY WW タイプ別 装着台数)
表11 日本市場における自動駐車システムの市場規模予測(2015~2025CY 装着台数)
表12 欧州市場における自動駐車システムの市場規模予測(2015~2025CY 装着台数)
表13 米国市場における自動駐車システムの市場規模予測(2015~2025CY 装着台数)
表14 その他市場における自動駐車システムの市場規模予測(2015~2025CY 装着台数)
表15 電子ミラーの参入メーカ
表16 電子ミラーの市場規模予測(2016~2025CY WW 装着台数)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
定価 172,800円 (本体 160,000円 消費税 12,800円 )
定価 280,800円 (本体 260,000円 消費税 20,800円 )
定価 313,200円 (本体 290,000円 消費税 23,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59105700 2017年版 車載タッチパネル・部材市場の現状と将来展望
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59103800 2017 IoT時代のセンサーネットワークマーケット
C59104100 2017年版 高効率熱交換器市場の現状と将来展望
C59103000 2017年版 ドライコーティング市場の全貌と将来展望