発刊予定   2030年の自動車技術展望 ~環境規制、自動運転で激変する自動車技術~

発刊日: 2017/09/下旬 体裁: A4 / 約200頁
資料コード: C59112100 PDFサイズ:
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料をご購入の方
Close

本資料をご購入の方は、1名様無料にて以下セミナーへご参加いただけます。

2017年10月20日(金)開催
2030年の自動車技術展望・発刊記念セミナー

資料ポイント
Close

  • 環境規制/低燃費、自動運転をキーワードとして2030年の自動車技術を俯瞰・展望
  • 矢野経済研究所の各産業グループの調査実績・個々の研究員の知見を活かし、自動車技術を横断的に分析し、市場動向・要素技術の両面から2030年の自動車技術について執筆
  • 本資料は1章 市場環境、2章 市場構造、3章 自動車技術、4章 自動車技術展望の4部構成となっており、技術面だけでなく幅広く自動車に関連する注目トピックを網羅
  • 自動車技術については、パワートレイン、シャーシ/セイフティ、ボディ(車体)、ボディエレクトロニクス、インフォテイメント、次世代自動車から構成し、各技術の専門研究員が現状分析と2020年以降の可能性を予想

 

リサーチ内容

2017年9月8日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

1章 自動車産業をとりまく市場環境

1 環境・低燃費規制の動向
2 自動運転の法整備動向
3 自動運転の国別の政策動向
4 トランプ政権後の米国自動車政策の動向
5 改定・個人情報保護法案と自動運転への影響

2章 自動車産業における市場構造の変化

1 自動車産業における異業種参入
2 自動運転と変わる車載半導体メーカ
3 自動運転と自動車保険市場の未来
4 自動運転と中古車市場
5 自動運転とカーシェア/ライドシェアビジネス

3章 自動車技術の現状分析と可能性

1 パワートレイン
  1.1 ガソリンエンジンの高効率化
  1.2 電動化/48Vシステム
  1.3 xEV用SiCインバータ
  1.4 xEV用リチウムイオン電池の動向
  1.5 xEV用ポストリチウムイオン電池
  1.6 トランスミッションの多段化
  1.7 補機類(オイル/ウォーターポンプ)の電動化
2 シャーシ/セイフティ
  2.1 ブレーキの電動化
  2.2 電動パワーステアリングの最新動向
  2.3 360度センシング
3 ボディ(車体)
  3.1 窓の樹脂化
  3.2 軽量化とCFRP
  3.3 内外装におけるフィルム加飾
  3.4 ライトモジュール
  3.5 バイオミメティクスデザイン
4 ボディエレクトロニクス
  4.1 電子ミラー
  4.2 車載ディスプレイ
  4.3 ヘッドアップディスプレイ
  4.4 ECU/OTA
  4.5 ドライバーモニタリングシステム
  4.6 外部・空間投影ディスプレイ
5 インフォテイメント
  5.1 カーナビゲーション
  5.2 スマートフォンとの連携
  5.3 V2X
  5.4 HD-MAP
  5.5 HMI
6 次世代車
  6.1 PHV/EV用無線給電
  6.2 FCV向け水素貯蔵技術
  6.3 スマートモビリティ

4章 自動車技術の2030年展望

1 環境・低燃費に向けた自動車技術
2 自動運転に向けた自動車技術

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59104900 2017年版 ワイドバンドギャップ半導体単結晶市場の現状と展望 ~SiC、GaN、その他~
C59107300 2017年版 中古車流通総覧
C59112400 2017-2018年版 車載用ディスプレイ市場の現状と将来展望
C59108600 16~17年版 医療・衛生用品の市場実態と製品別需要動向