発刊予定   VOL.1分析編 2017年度版 乗用車向けコネクテッドカーの事業モデル別2025年予測

これまで日本のコネクテッドカー市場規模といえば「トヨタのTコネクト、日産自動車のカーウィングス、ホンダのインターナビのサービス加入者数×年会費(通信費含む)」で算出するというケースが多かった。だが、実際には「3年目までは無料なので加入者数は多いが、有料化する4年目前に止めるユーザが多い」などという具合に、「利益を得るための市場としては成立していない」という判断が下されがちであった。
たしかに「B2C」領域だけで考えると、そのように見えてしまう市場ではある。しかし、現実にはコネクテッドカー関連事業は消費者の目には見えにくいところで動いており、それも莫大な可能性を秘めた市場だ。「B2B」「研究開発投資」の領域である。自動運転時代の技術の礎として、すぐには回収できない事がわかっているにも関わらず、自動車メーカ各社はコネクテッドカー技術開発に莫大な投資をしており、それが部品メーカやソフトウェアメーカに大きなビジネスをもたらしている。ここで投資しなくては2030年以降の自動車産業で生き残れないからだ。

そこで本調査レポートではこれまで表に出てこなかった「B2B」「研究開発投資」の領域におけるコネクテッドカー市場をも詳細に分析。16分野の事業ごとにどのような「B2C」「B2B」「研究開発投資」が動いており、それが2025年に向けてどのように推移していくのかを予測した。読者はこれまで表に出てこなかった日本のコネクテッドカー市場規模の大きさと、将来のさらなる潜在的な可能性の大きさに目を見張るのではないか。
また前回と同じく世界規模でみた16分野ごとのコネクテッドカー市場の現状、将来、主要企業動向についても分析。
加えてコネクテッドカーに大きな影響を与えるキーワード技術の動向についても分析していく。

本調査レポートは読者にとって、国内コネクテッドカー市場を詳細に把握でき、海外動向と合わせ見ることで、自動運転・EVの大波よりも早く訪れるコネクテッドカーというビッグウェーブをいかに乗りこなしていくべきか、というサバイバル戦略立案の一助になるものと確信している。

発刊日: 2017/10/中旬 体裁: A4 / 約300頁
資料コード: C59105300 PDFサイズ:
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス / 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料をご購入の方
Close

本資料をご購入の方は、1名様無料にて以下セミナーへご参加いただけます。

2017年10月20日(金)開催
2030年の自動車技術展望・発刊記念セミナー

資料ポイント
Close

  • 日本のコネクテッドカーの市場規模分析(16分野の事業ごと × 「B2C」「B2B」「研究開発投資」 × 2025年予測)
  • 世界規模にみた16分野ごとのコネクテッドカー市場の現状、将来、主要企業動向
  • コネクテッドカーに大きな影響を与えるキーワード技術の動向を分析

リサーチ内容

2017年9月12日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第Ⅰ章.国内コネクテッドカー市場16分野別2025年予測
(B2C/B2B/研究開発投資×16分類×2015~25年)

1.日本のコネクテッドカー市場規模推移
  1-1.B2C/B2B/研究開発投資別市場規模
  1-2.コネクテッドカー市場規模算出方法
    (1)算出方法
    (2)乗用車市場販売台数予測
    (3)コネクテッドカー比率(TCU/eCALL搭載比率)・台数予測
    (4)アプリ搭載比率予測(調査表の「対象となる車両数割合」)
    (5)単価(車両1台当たりのコスト)
  1-3.コネクテッドカー市場 調査表
    (1)算出方法
    (2)調査表
2.分野別市場規模
  2-1 中分類による市場分析
    (1)B2C市場(15~25年、16分野別)
    (2)B2B市場(15~25年、16分野別)
    (3)研究開発投資市場(15~25年、16分野別)
  2-2 中分類による市場規模分析(16分類+3区分)
3.コネクテッドカー市場の16分野の詳細分析
  3-1 プローブ情報
  3-2 製品開発(クラウドADAS)
  3-3 製品開発(クラウドHMI)
  3-4 ダイナミック・マップ:リアルタイム地図更新
  3-5 製品開発(自動運転用クラウドサービス)
  3-6 テレマティクスを介した情報提供/入手
  3-7 テレマティクス自動車保険
  3-8 OTA(車載プログラムの遠隔更新)
  3-9 緊急通報
  3-10 V2X、ブロックチェーン技術
  3-11 ユーザーからの情報提供
  3-12 付加価値車両の販売(付加価値分のみ)
  3-13 通信機能付きカーナビ
  3-14 通信連携機能付きDA
  3-15 統合型コクピット(e-コクピット)
  3-16 バーチャル・コクピット
  <分析項目>
  1.現状
  2.概要
  3.システムフロー
  4.装置/システム
  5.費用負担、収益
  6.市場のトレンド
  7.参入事業者
  8.ビジネス(B2C/B2B/研究開発投資)
  9.市場規模(2015~25年)
4.コネクテッドカーの事業者別市場の動向
  4-1 自動車メーカー(OEM)
  4-2 自動車部品メーカー(Tier1・2)
  4-3 クラウドベンダ
  4-4 電子部品ベンダ
  4-5 通信関連事業者
  4-6 地図関連事業者
  4-7 IT関連事業者
  4-8 カーナビ関連事業者
  4-9 インフラ関連事業者
  4-10 セキュリティ事業者
  4-11 保険事業者
  4-12 利用者(ユーザー)
  4-13 まとめ 事業者別(12事業者)コネクテッドカー市場規模推移
  <分析項目>
  1.該当する分野(16分野×B2C/B2C/研究開発投資)
  2.市場規模(2015~25年)
5.参考資料
  5-1 コネクテッドカーに関連した事業分野
  5-2 コネクテッドカーに関連した事業分野のセキュリティレベル
  5-3 コネクテッドカーに関連した課題点

第Ⅱ章.世界コネクテッドカーのアプリ分野別市場実態と将来

Ⅰ.全体動向
  1.コネクテッドカー全体動向
  2.コネクテッドカーの課金をどうするか
Ⅱ.情報系
  1.エンタメ系
  2.地図配信
  3.音声認識
  4.AIエージェント(ボット)
  5.スマホ連携アプリ
  6.ドライバ情報
  7.駐車用テレマティクス
  8.スマートキー
  9.その他調査中
  <分析項目>
  1.世界市場の現状
  2.将来需要の分析
  3.企業動向
  4.その他調査中
Ⅲ.走行系
  1.走行系全般
  2.プローブ情報
  3.EV用テレマティクス
  4.ダイナミックマップ
  5.遠隔故障診断(OBD含)
  6.OTA
  7.eCALL
  8.V2X、DSRC
  9.セキュリティ
  10.自動運転テレマティクス
  11.高齢者向けアプリ
  <分析項目>
  1.世界市場の現状
  2.将来需要の分析
  3.企業動向
  4.その他調査中
Ⅳ.自動車新ビジネス系
  1.テレマティクス保険
  2.カーシェア
  3.オンデマンドカー・タクシー配車・ライドシェア
  4.ビッグデータ
  5.ブロックチェーン
  6.マルチモーダル
  7.メンテナンス
  <分析項目>
  1.世界市場の現状
  2.将来需要の分析
  3.企業動向
  4.その他調査中
Ⅴ.自動車付加価値系

第Ⅲ章.キーワードで分析するコネクテッドカーの世界市場可能性

1.コネクテッドカーが変える自動車産業2030年
2.EV予測とコネクテッドカー
3.AIとコネクテッドカー
4.IoTとコネクテッドカー
5.車載OSとコネクテッドカー
6.V2Xとコネクテッドカー
7.5Gとコネクテッドカー
8.車載クラウド・プラットフォームとコネクテッドカー
9.SIMカードとコネクテッドカー

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59107300 2017年版 中古車流通総覧
C59104900 2017年版 ワイドバンドギャップ半導体単結晶市場の現状と展望 ~SiC、GaN、その他~
C59112400 2017-2018年版 車載用ディスプレイ市場の現状と将来展望
C59109800 2017年版 化粧品マーケティング総鑑