VOL.1分析編 2017年度版 乗用車向けコネクテッドカーの事業モデル別2025年予測

「2017~18乗用車向けコネクテッドカー市場」レポートは、2つの切り口「市場分析編」と「企業戦略編」で製作を行った。
これまで日本のコネクテッドカー市場規模といえば「3年目までは無料なので加入者数は多いが、有料化する4年目前に止めるユーザが多い」などという具合に、「利益を得るための市場としては成立していない」という判断が下されがちであった。たしかに「B2C(企業⇔個人)」領域だけでは、そのように見えてしまうが、「B2B(企業⇔企業)」「研究開発投資」の領域では既にカーナビ市場規模を抜いた。OEM各社はコネクテッドカー技術開発に莫大な投資をしており、それが部品メーカやソフトウェアメーカに大きなビジネスをもたらしている。
そこで本調査レポート「市場分析編」では、16分野の事業ごとにどのような「B2C」「B2B」「研究開発投資」が動いており、それが2025年に向けてどのように推移していくのかを予測。詳細な数字にて表現した。
第Ⅰ章で国内市場予測を詳細に把握でき、第Ⅱ章の海外動向と合わせ見ることで、世界全体市場が見えるようになっている。
自動運転・EVよりも早く訪れるコネクテッドカーという大変化を乗り切るための戦略立案の一助になるものと確信している。

発刊日: 2017/11/09 体裁: A4 / 301頁
資料コード: C59105300 PDFサイズ: 10.5MB
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス / 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料をご購入の方
Close

本資料をご購入の方は、1名様無料にて以下セミナーへご参加いただけます。

2017年10月20日(金)開催
2030年の自動車技術展望・発刊記念セミナー

調査概要
Close

調査対象製品
[コネクテッドカー市場19分野別]
[コネクテッドカー市場3カテゴリー(領域)] 1.B2C 2.B2B 3.研究開発投資
調査対象企業:自動車メーカー(OEM)、自動車部品メーカー(Tier1・2)、クラウドベンダ、電子部品ベンダ、通信関連事業者、地図関連事業者、IT関連事業者、カーナビ関連事業者、インフラ関連事業者、セキュリティ事業者、保険事業者、利用者(ユーザー)
調査対象地域:日本、米国、欧州、中国、アジア
調査方法:専門調査員による海外/国内の面接取材から、各種分析を実施
調査期間:2017年5月~2017年10月

資料ポイント
Close

  • 日本のコネクテッドカーの市場規模分析(16分野の事業ごと × 「B2C」「B2B」「研究開発投資」 × 2025年予測)
  • 世界規模にみた16分野ごとのコネクテッドカー市場の現状、将来、主要企業動向
  • コネクテッドカーに大きな影響を与えるキーワード技術の動向を分析

資料概要
Close

第Ⅰ章.国内コネクテッドカー市場16分野別2025年予測
(B2C/B2B/研究開発投資×16分類×2015~25年)
第Ⅱ章.世界コネクテッドカーのアプリ分野別市場実態と将来

リサーチ内容

■掲載内容

第Ⅰ章.国内コネクテッドカー市場16分野別2025年予測
(B2C/B2B/研究開発投資×16分類×2015~25年)

1.日本のコネクテッドカー市場規模推移
  1-1.B2C/B2B/研究開発投資別市場規模
  1-2.アプリ16分野の概要
  1-3.コネクテッドカー市場規模算出方法
    (1)算出方法
    (2)乗用車市場販売台数予測
    (3)コネクテッドカー比率(TCU/eCALL搭載比率)・台数予測
    (4)アプリ搭載比率予測(調査表の「対象となる車両数割合」)
    (5)単価(車両1台当たりのコスト)
  1-4.コネクテッドカー市場 調査表
    (1)算出方法
    (2)調査表
2.分野別市場規模
  2-1.「B2C」「B2B」「研究開発」の3領域ごとの市場分析
    (1)B2C市場
    (2)B2B市場
    (3)研究開発投資市場
  2-2.中分類による市場規模分析(16分類+3区分)
3.コネクテッドカー市場の16分野の詳細分析
  分析項目
  1.現状
  2.概要
  3.システムフロー
  4.装置/システム
  5.費用負担、収益
  6.市場のトレンド
  7.参入事業者
  8.ビジネス(B2C/B2B/研究開発投資)
  9.市場規模(2015~25年)

  3-1.プローブ情報
  3-2.製品開発(クラウドADAS)
  3-3.製品開発(クラウドHMI)
  3-4.ダイナミック・マップ:リアルタイム地図更新
  3-5.製品開発(自動運転用クラウドサービス)
  3-6.テレマティクスを介した情報提供/入手
  3-7.テレマティクス自動車保険
  3-8.OTA(車載プログラムの遠隔更新)
  3-9.緊急通報
  3-10.V2X、ブロックチェーン技術
  3-11.ユーザーからの情報提供
  3-12.付加価値車両の販売(付加価値分のみ)
  3-13.通信機能付きカーナビ
  3-14.通信連携機能付きDA
  3-15.統合型コクピット(e-コクピット)
  3-16.バーチャル・コクピット
  3-17.国内コネクテッドカー市場16分類別市場規模(2017年/2025年)
4.コネクテッドカーの事業者別市場の動向
  分析項目
  1.該当する分野(16分野×B2C/B2C/研究開発投資)
  2.市場規模(2015~25年)

  4-1.自動車メーカー(OEM)
  4-2.自動車部品メーカー(Tier1・2)
  4-3.クラウドベンダ
  4-4.電子部品ベンダ
  4-5.通信関連事業者
  4-6.地図関連事業者
  4-7.IT関連事業者
  4-8.カーナビ関連事業者
  4-9.インフラ関連事業者
  4-10.セキュリティ事業者
  4-11.保険事業者
  4-12.利用者(ユーザー)
  4-13.まとめ  事業者別(12事業者)コネクテッドカー市場規模推移
5.参考資料
  5-1.コネクテッドカーに関連した事業分野
  5-2.コネクテッドカーに関連した事業分野のセキュリティレベル
  5-3.コネクテッドカーに関連した課題点

第Ⅱ章.世界コネクテッドカーのアプリ分野別市場実態と将来

Ⅰ.全体動向
1.自動車の将来に向けてコネクテッドカーのもたらすもの
2.コネクテッドカー時代のビジネスはこう変わる
3.日本企業の狙うべき分野
4.世界の地域別コネクテッドカー動向
  4-1.米国におけるコネクテッドカー市場動向と開発実態
  4-2.欧州におけるコネクテッドカー市場動向と開発実態
  4-3.日本におけるコネクテッドカー市場動向と開発実態
  4-4.中国におけるコネクテッドカー市場動向
5.コネクテッドカーの事業モデル別有望アプリとは
  5-1.スマホ活用コネクテッドカー
  5-2.「保険」「ターゲット広告」
  5-3.セキュリティをかましてのコネクテッドカー
  5-4.社会課題を解決するソリューション
  5-5.フォードに見るオープンなコミューン
  5-6.イン・カー・エクスペリエンス
  5-7.2020年代の自動車の楽しい時代
  5-8.客が喜んで払うサービス
  5-9.2020年代のOEMはどうする
  5-10.スマホの定義
6.コネクテッドカーの乗り越えるべき技術ハードルとは
  6-1.認証
  6-2.ビッグデータ
  6-3.AI
  6-4.V2X
7.ある自動車業界識者による2030年モビリティ時代へのストーリー
8.コネクテッドカーの利益をどこで取るか
  8-1.コネクテッドカー事業、どこで儲けるか?
  8-2.Cが得するサービスでBから取る
  8-3.CでなくGから取る
  8-4.日本のコネクテッドカーは特許料で
  8-5.車両データ利活用のB2B2Cアプリ
  8-6.OEMのコスト=市場規模
  8-7.OEMの通信料ビジネス
  8-8.2025年以降のOEMは通信費徴収
  8-9.OTAによるコストダウン(利益追求)はあるのか
  8-10.あらためて・・グーグルの強み
  8-11.Tier1の進むべき道
9.TCU
  9-1.世界のコネクテッドカー市場予測(2015~25年)
    (1)乗用車市場販売台数予測
    (2)コネクテッドカー比率(TCU/eCALL搭載比率)・台数予測
  9-2.世界的に本格化するTCU搭載と通信費支払い
  9-3.TCUのLPWA通信
  9-4.TCUによる今後のテレマティクス
  9-5.TCUの製品概要
  9-6.USAGEベースのサービス
  9-7.コネクテッドカーと自動車の普及時期

Ⅱ.情報系コネクテッドカー市場
1.カーナビからの進化
  1-1.自動運転時代に向けて進化するカーナビ
  1-2.IT企業が情報系カーエレに参入する理由
  1-3.カープレイ、アンドロイド・オートの狙い
  1-4.コネクテッドカー時代のカーナビメーカ
2.エンタメ系サービス
  2-1.車載では母数が小さい
  2-2.通信費としてはCから金をとれる
  2-3.ラジオの現在と明日
  2-4.主要OEMによるインフォテイメントプラットフォーム
  2-5.カーナビメーカのクラウドADAS
  2-6.車載プラットフォーム
  2-7.アップル「カープレイ」
  2-8.日産系コネクテッドカー,中国のコネクテッドカー
3.地図配信サービス
  3-1.地図会社のグローバル化
  3-2.自動運転クラウドサービスのエコシステム
  3-3.地図の未来予測
  3-4.地図ベンダのビジネスモデル
  3-5.地図配信のビジネスモデル
4.AIエージェント
  4-1.ボットとモビリティPFの世界
  4-2.ボットとモビリティPFの時代の競合
  4-3.AIエージェント
  4-4.音声アシスタント
5.駐車用テレマティクス

Ⅲ.走行系コネクテッドカー市場
1.プローブ情報
  1-1.世界の乗用車TCU搭載実数からみたプローブサービス市場予測(2015~25年)
  1-2.国内のプローブ情報サービスのプレーヤ
  1-3.海外のプローブ情報サービスのプレーヤ
  1-4.プローブデータ解析システム
  1-5.本田技研工業のプローブ情報サービス
  1-6.プローブ情報サービスの問題点
2.HDマップ(ダイナミックマップ、3D MAP)
  2-1.自動運転の未来と課題
  2-2.OEMと地図会社の関係
  2-3.自動運転とHDマップと次世代アプリ
  2-4.自動運転時代の地図と変わるプレーヤ(国内)
  2-5.自動運転時代の地図と変わるプレーヤ(海外)
    (1)世界HDマップ動向
    (2)中国HDマップ動向
3.クラウドADAS
  3-1.クラウドADASの狙い
  3-2.OEM A社のクラウドADASの概念
4.クラウドHMI
    (1)クラウドHMI,ドライバモニタリング異常検知時の対応
    (2)ドライバモニタリングの真の目的
5.遠隔故障診断(OBD含)
  5-1.世界の遠隔故障診断市場の概要
  5-2.世界遠隔故障診断サービス市場2025年予測
  5-3.世界遠隔故障診断サービス市場動向
  5-4.世界遠隔故障診断サービス市場のプレーヤ動向
  5-5.マイクロソフトのクラウド型テレマティクス
6.世界のOTA市場
  6-1.OTA市場の実態
  6-2.世界OTA市場2025年予測
  6-3.OTAにより変わる自動車産業構造
  6-4.OTAシステムの構造
  6-5.OTAによるソフトウェア更新のサービス方法
    (1)従来のECUソフト更新方法
    (2)OTAによるECUソフト更新方法
  6-6.OTAソフト更新が提供する価値
  6-7.OTAソフト・バージョンアップの時期
  6-8.日本と欧米中のOTAの違い
  6-9.OTAの課題と解決策
    (1)高速差分更新技術
    (2)フォールトリカバリ
    (3)セキュリティ技術
    (4)標準I/F
    (5)軽量なスクリプト技術
  6-10.主要各社のOTA戦略
    6-10-1.テスラのOTA戦略
    (1)EVでのOTA
    (2)テスラのOTA実態
    (3)画像センサとOTA
    (4)国産OEMがみるテスラのOTA
    (5)「AutoPilot」での事故発生
    6-10-2.トヨタ自動車のOTA戦略
    6-10-3.日立グループのOTA戦略
    (1)日立のOTAの狙い
    (2)日立のOTAビジネスの実態
    (3)日立OTAの特長
    (4)日立OTA製品計画
    6-10-4.国内OEMのOTAへの考え方
    6-10-5.海外OTAプレーヤ一覧表
    6-10-6.OTAにおける日米OEMの違い
7.世界のeCALL(車両緊急通報システム)市場
  7-1.世界の車両緊急通報システム市場の将来予測
  7-2.eCALLの特徴
    (1)eコールは故障してから
    (2)eコールはモバイルを使用
    (3)eコールのモバイルオペレータとの契約
    (4)eコールとSIMカード
    (5)eコールとTPS
    (6)HELPNETのビジネスモデル
    (7)eコールとテレマティクス
  7-3.世界の地域別eCALL(車両緊急通報システム)市場の概要
    (1)欧州
    (2)ロシア
    (3)米国
    (4)ブラジル
    (5)中国
    (6)日本
    (7)他のアプリとの融合
  7-4.欧州eCALLの現状と将来
    (1)「Ertico ITS EURO」のメンバー
    (2)欧州eCALLのタイムスケジュール
    (3)欧州eCALLの方式
    (4)欧州トラック,二輪のeCALL
    (5)欧州eCALLの認証
    (6)欧州eCALLの音
    (7)欧州CALLの通信メディア
    (8)欧州eCALL何ヵ国で動くか
    (9)TCUユニットに組み込まれるeCALL
  7-5.米国eCALLの現状と将来
    (1)米国「AACN」のeCALL
    (2)米国スマホアプリのままのeCALL
  7-6.日本eCALLの現状と将来
    (1)HELPNETの誕生
    (2)HELPNETの歴史
    (3)サービスの拡大と加入者数
    (4)HELPNETサービスの仕組み
    (5)HELPNETサービスの特徴
    (6)HELPNETサービスの利点
    (7)D-Call Net (AACN) 試験運用
    (8)緊急通報サービスの普及に向けた課題
8.V2X、DSRC
  8-1.車載機か、スマホ連携か
  8-2.V2Xによるテレマティクス・アプリと目的
  8-3.V2Xにおけるテレマティクス市場構造
  8-4.日本・米国・欧州のV2X普及
    8-4-1.日本のV2X普及
    8-4-2.米国のV2X普及
    (1)DSRC
    (2)米国版eCALL
    (3)米国版トヨタのV2V
    (4)米国版V2X通信関連政策・法規制
    (5)米国NHTSAの車車間(V2V)通信技術の搭載義務化法案
    8-4-3.欧州のV2X普及
    8-4-4.中国のV2X普及
  8-5.2030年にはV2Xは無くなるか
  8-6.V2XはDSRC vs. LTE
  8-7.制御系用のモバイル通信
  8-8.V2Xゆえにおもしろい安全支援アプリ
  8-9.V2Xで行う走行系アプリ
  8-10.eHorizonのV2V
9.サイバーセキュリティ
  9-1.OTA時代の自動車のサイバーセキュリティ
  9-2.自動車へのサイバー攻撃のシナリオ(現状)
    (1)OBD-ⅡポートからCANへの直接通信
    (2)ECUの脆弱性をついた攻撃
    (3)自動車から発信される無線通信の盗聴・追跡
    (4)自動車に接続されるサービス自体へのハッキング
    (5)自動車に接続されるサービスのなりすまし
    (6)アップデートでのマルウェア混入・ソフトウェア更新
    (7)自動車との無線信号の増幅
  9-3.自動車へのサイバー攻撃のシナリオ(将来)
    (1)無線のなりすましによる攻撃
    (2)GPS信号のなりすましによる攻撃
    (3)ECU製造工場での悪性部品混入
    (4)修理工場で粗悪な部品への置き換え
  9-4.OTAに対して想定される脅威
  9-5.セキュリティ対象の範囲
  9-6.テスラの事例
  9-7.クルマとスマホのセキュリティの違い
  9-8.車載セキュリティの技術と価格
10.eコクピット&バーチャルコクピット
  10-1.eコクピット&バーチャルコクピット
  10-2.バーチャルコクピット対V2Xの時代
11.自動運転用クラウドサービス
  11-1.レベル4完全自動運転カーにおけるコネクテッドカー・サービス
  11-2.「コネクテッドカー×レベル4自動運転カー×シェアカー」需要分野
12.高齢者向けテレマティクスサービス
  12-1.「コネクテッドカー×レベル4自動運転カー×シェアカー」で動き出したサービス
  12-2.動き出す逆走警告サービス
  12-3.動き出すか? 自動運転バス

Ⅳ.自動車新ビジネス系コネクテッドカー市場
1.世界のテレマティクス保険市場
  1-1.世界のテレマティクス保険加入者数推移
  1-2.世界の自動車保険,テレマティクス保険の実態
    (1)市場規模
    (2)世界のテレマティクス保険のプレーヤ
    (3)日欧米の違い
  1-3.テレマティクス自動車保険の将来
    (1)将来サービス
    (2)シェアリングカー等により変化するテレマティクス保険のアプリ
    (3)自動運転時代に変化する自動車保険
  1-4.日本テレマティクス自動車保険市場の実態
    (1)日本と欧米とのサービスの相違
    (2)国内のテレマティクス保険市場のプレーヤ
    (3)国内のテレマティクス保険での提携
    (4)国内のテレマティクス保険一覧
  1-5.自動運転時代のテレマティクス保険
  1-6.自動運転時代のテレマティクス保険
2.カーシェアリング用コネクテッドカー市場
  2-1.OEMは「自動運転モビリティサービス産業」にシフトか?
  2-2.国内カーシェアリング市場
  2-3.世界カーシェアリング市場動向
  2-4.急成長する米国のライドシェア、C2Cカーシェア
  2-5.カーシェアが生活に溶け込む欧州
  2-6.日本のEVシェアリング
  2-7.カーシェアビジネスから見えてくるコネクテッドカー市場
  2-8.アプリではなく、プラットフォーマー
  2-9..MaaSの概要と強み
  2-10.OEMがMaaSにシフトする理由
  2-11.「自動運転車のシェアリング」に進む
  2-12.動き出した「C2Cシェア」
3.ライドシェアリング(配車アプリ)
  3-1.世界のライドシェアリング(配車アプリ)企業相関図
  3-2.動き出した「ライドシェア⇔自動運転」融合アプリ
4.ビッグデータ
  4-1.ビッグデータはエッジでも
  4-2.グーグル
  4-3.トヨタ自動車
  4-4.コネクテッドカーにおけるデータ解析の標準化、差別化
  4-5.パーソナルデータ販売
  4-6.自動車におけるビッグデータ解析の可能性
    (1)車両ビッグデータ解析をモビリティサービスで活用する
    (2)車両ビッグデータ解析をマーケティングで活用する
    (3)車両ビッグデータ解析を広告で活用する
    (4)車両ビッグデータ解析をエンタメで活用する
  4-7.車載データ解析サービスに対する各社の考え方
    (1)OEMの考え方
    (2)地図ベンダ、世界地域別の考え方
    (3)米国ITベンダの考え方
5.ブロックチェーン
  5-1.決済、アクセス権利譲渡、改ざん防止
    (1)ZF「決済、アクセス権譲渡」
    (2)ボッシュ「改ざん防止」
    (3)サイバーカー「改ざん防止」
6.メンテナンス向けコネクテッドカー
  6-1.コネクテッドカーで変わるメンテナンス
  6-2.入庫前と入庫後のコネクテッドカー・メンテナンス
    (1)入庫前
    (2)入庫後
  6-3.テスラ的コネクテッドカーによる仏のカーアフタ市場大変革

第Ⅰ章.国内コネクテッドカー市場16分野別2025年予測
(B2C/B2B/研究開発投資×16分類×2015~25年)

表「国内コネクテッドカー総市場推移(2015~25年,B2C/B2B/研究開発投資)」
表「コネクテッドカーの3市場別定義」
図「日本のコネクテッドカー市場」
表「コネクテッドカー業種別アプリ16分野の概要」
表「世界の自動車新車販売台数予測(2015年~2020年/2025年)」
表「世界のコネクテッドカー搭載比率予測(2015年~2020年/2025年)」
表「世界のコネクテッドカー搭載台数予測(2015年~2020年/2025年)」
図「世界のコネクテッドカー搭載台数予測(2015年~2020年/2025年)」
図「世界の地域別 コネクテッドカー(TCU/eCALL)搭載比率予測(2017年/2025年)」
表「コネクテッドカーのアプリテーマ別 提供者/利用者、対象、ビジネス、収益構造など」
表「コネクテッドカーのアプリテーマ別 対象となる車両数割合(コネクテッドカーの内、何%にアプリが搭載されているか)」
表「コネクテッドカーのアプリテーマ別 対象となる項目数(各年のコネクテッドカー台数×アプリ搭載比率)」
表「コネクテッドカーのアプリテーマ別 対象となる項目の単価(車両1台ごとのアプリの販売金額単価/研究開発投資額単価)」
表「コネクテッドカーのアプリテーマ別 対象となる項目の市場規模」
表「コネクテッドカー市場中分類での分析(B2C,16分類,2015~25年,国内)」
図「コネクテッドカー市場中分類での分析(B2C,16分類,2015~25年,国内)」
表「コネクテッドカー市場中分類での分析(B2B,16分類,2015~25年,国内)」
図「コネクテッドカー市場中分類での分析(B2B,16分類,2015~25年,国内)」
表「コネクテッドカー市場中分類での分析(研究開発投資,16分類,2015~25年,国内)」
図「コネクテッドカー市場中分類での分析(研究開発,16分類,2015~25年,国内)」
表「コネクテッドカー市場中分類での分析(16分類+3区分,2015~25年,国内)」
図「コネクテッドカー市場中分類での分析(プローブ情報、クラウドADAS,3区分,~25年)」
図「コネクテッドカー市場中分類での分析(クラウドHMI、ダイナミックマップ,3区分,~25年)」
図「コネクテッドカー市場中分類での分析(自動運転クラウド、テレマティクス,3区分,~25年)」
図「コネクテッドカー市場中分類での分析(テレマティクス保険、OTA,3区分,~25年)」
図「コネクテッドカー市場中分類での分析(緊急通報、V2X/ブロックチェーン,3区分,~25年)」
図「コネクテッドカー市場中分類での分析(情報提供、付加価値車両販売,3区分,~25年)」
図「コネクテッドカー市場中分類での分析(通信機能付きカーナビ/DA,3区分,~25年)」
図「コネクテッドカー市場中分類での分析(統合型コクピット、バーチャルコクピット,3区分,~25年)」
表「コネクテッドカー市場の詳細分類」
表「プローブ情報市場の詳細と推移(2015~25年)」
図「プローブ情報の提供者別市場推移(2015~25年)」
表「クラウドADAS市場の詳細と推移(2015~25年)」
図「クラウドADASの提供者別市場推移(2015~25年)
表「クラウドHMI市場の詳細と推移(2015~25年)」
図「クラウドHMIの提供者別市場推移(2015~25年)」
表「ダイナミック・マップ市場の詳細と推移(2015~25年)」
図「ダイナミック・マップの提供者別市場推移(2015~25年)」
表「自動運転用クラウドサービス市場の詳細と推移(2015~25年)」
図「自動運転用クラウドサービスの提供者別市場推移(2015~25年)」
表「テレマティクスを介した情報提供・入手市場の詳細と推移(2015~25年)」
図「テレマティクスを介した情報提供・入手の提供者別市場推移(2015~25年)」
表「テレマティクス自動車保険市場の詳細と推移(2015~25年)」
図「テレマティクス自動車保険の提供者別市場推移(2015~25年)」
表「OTA市場の詳細と推移(2015~25年)」
図「OTAの提供者別市場推移(2015~25年)」
表「緊急通報市場の詳細と推移(2015~25年)」
図「緊急通報の提供者別市場推移(2015~25年)」
表「V2Xブロックチェーン技術利用市場の詳細と推移(2015~25年)」
図「V2Xブロックチェーン技術利用の提供者別市場推移(2015~25年)」
表「コネクテッドカー市場の分類(ユーザーからの情報提供)」
表「付加価値車両の販売市場の詳細と推移(2015~25年)」
図「付加価値車両の販売の提供者別市場推移(2015~25年)」
表「国内のカーナビ販売台数予測(2015年~2020年/2025年)」
表「(通信機能付)カーナビ搭載率推移」
表「通信機能付きカーナビ市場の詳細と推移(2015~25年)」
図「通信機能付きカーナビの提供者別市場推移(2015~25年)」
表「乗用車中(通信機能付)DA搭載率推移」
表「通信機能付きDA市場の詳細と推移(2015~25年)」
図「通信機能付きDAの提供者別市場推移(2015~25年)」
表「eコクピット(全通信機能付)搭載率推移」
表「統合型コクピット市場の詳細と推移(2015~25年)」
図「統合型コクピットの提供者別市場推移(2015~25年)」
表「バーチャルコクピット(全通信機能付)搭載率推移」
表「バーチャルコクピット市場の詳細と推移(2015~25年)」
図「バーチャルコクピットの提供者別市場推移(2015~25年)」
図表「2017年国内コネクテッドカー市場16分類別市場規模」
図表「2025年国内コネクテッドカー市場16分類別市場規模」
表「自動車メーカー(OEM)のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)」
図「自動車メーカー(OEM)のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)」
表「自動車部品メーカーのコネクテッドカー市場推移(2015~25年)」
図「自動車部品メーカーのコネクテッドカー市場推移(2015~25年)」
表「クラウドベンダのコネクテッドカー市場推移(2015~25年)」
図「クラウドベンダのコネクテッドカー市場推移(2015~25年)」
表「電子部品ベンダのコネクテッドカー市場推移(2015~25年)」
図「電子部品ベンダのコネクテッドカー市場推移(2015~25年)」
表「通信関連事業のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)」
図「通信関連事業のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)」
表「地図関連事業者のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)」
図「地図関連事業者のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)」
表「IT関連事業者のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)」
図「IT関連事業者のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)」
表「カーナビ関連事業者のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)」
図「カーナビ関連事業者のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)」
表「インフラ関連事業者のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)」
図「インフラ関連事業者のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)」
表「セキュリティ事業者のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)」
図「セキュリティ事業者のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)」
表「保険事業者のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)」
図「保険事業者のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)」
表「利用者のコネクテッドカー市場推移(2015~25年)」
表「事業者別(12事業者)コネクテッドカー市場規模推移(2015~25年)」
図「事業者別(12事業者)コネクテッドカー市場規模推移(2015~25年)」
図「事業者別(12事業者)コネクテッドカー市場シェア(2016年見込/2025年予測)」

第Ⅱ章.世界コネクテッドカーのアプリ分野別市場実態と将来

図「カーエレクトロニクスの階層別OS・PF/内容/強いビジネス階層」
図「お金の流れの視点から見た自動車産業の構造」
表「世界の自動車新車販売台数予測(2015年~2020年/2025年)」
表「世界のコネクテッドカー搭載比率予測(2015年~2020年/2025年)」
表「世界のコネクテッドカー搭載台数予測(2015年~2020年/2025年)」
図「世界のコネクテッドカー搭載台数予測(2015年~2020年/2025年)」
図「カーナビの進化」
表「AMラジオ/FMラジオ」
表「主な自動車メーカによるインフォテイメントプラットフォーム」
表「日立クラリオングループのテレマティクス」
図「OEMテレマティクスセンターのグローバル化」
図「自動運転クラウドサービスのエコシステム」
表「自動車用地図の未来予測」
図表「地図ベンダのビジネスモデル」
図「コネクテッドカーの地図活用システム」
図「欧州の地図フォーマット」
図表「世界の乗用車TCU搭載実数からみたプローブサービス市場予測」
図「プローブデータ解析によるテレマ・アプリ」
図「OEMテレマティクスセンターのグローバル化」
図「中国自動運転カーの主要プレーヤ相関図」
表「クラウドADAS(車載機→ビッグデータ解析)に用いられる車両情報」
図「クラウドADASの概念図」
図「クラウドHMI、ドライバモニタリング異常検知時の対応」
図表「世界の乗用車TCU搭載実数からみたOTA/遠隔故障診断サービス市場予測」
図表「世界の乗用車TCU搭載実数からみたOTA/遠隔故障診断サービス市場予測」
図「OTAシステムの構造図」
図「OTAソフト更新が提供する価値」
表「海外OTAプレーヤ」
図表「日本と西欧5カ国のeCall搭載実数・比率」
図「HELPNETサービスの仕組み」
図「V2Xによるテレマティクス・アプリ」
図「V2Xにおけるテレマティクス市場構造」
表「米国におけるV2X通信関連政策・法規制の進化」
表「V2X通信・eCall等」
図「V2Xと5G ×TCUとスマホ+DA」
図「バックエンド(BE)システム」
図「システム構成図」
表「サプライチェーン別サイバーセキュリティの脅威」
図「セキュリティ対象の範囲」
図表「世界のテレマティクス保険加入者数推移」
図「米国OBD活用テレマティクス保険の市場構造」
表「AIGテレマティクス現行プログラムと実施予定のプログラム」
表「国内各社のテレマティクス自動車保険(個人向けリテール)」
表「国内各社のテレマティクス自動車保険(法人向けフリート)」
表「クルマのシェアリングサービスの種類」
図「自動運転制御技術への応用(例)」

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59112100 2030年の自動車技術展望 ~環境規制、自動運転で激変する自動車技術~
C59114400 2017-2018年版 AMOLEDパネル・主要部材市場の現状と将来展望
C59112900 2017 国内企業のIT投資実態と予測
C59109400 2017年版 進化する食品製造・加工機械 ~人手不足を解決する最新技術の動向~