発刊予定   VOL.2戦略編 2018年度版 世界コネクテッドカー企業戦略 ~自動車、IT/IoTの開発・提携・競合~

「2017~18乗用車向けコネクテッドカー市場」レポートは、2つの切り口「(市場)分析編(2017年11月発刊)」と「(企業)戦略編(当レポート)」で製作を行った。
本調査レポート「企業戦略編」では、日・欧・米の主要コネクテッドカー関連事業者32社を徹底調査した。自動車メーカ、Tier1、IT/IoT、テレマティクスサービス・プロバイダ、地図メーカ、通信キャリア、半導体・デバイスベンダなどの、次世代の生き残りをかけた動きをコネクテッドカー分野から読み解いて行く。
彼らの次世代開発戦略、提携戦略、ビジネスモデル戦略を丹念に洗う事で、個別企業の動きばかりでなく、全世界規模での自動車産業の新潮流をより具体的に把握することができると考えた。新潮流とは「手動運転→L4,L5自動運転」シフトであり、「ハードウェア→ソフトウェアとサービス」シフトであり、「自動車製造・販売業→シェアリングなどのMaaS(Mobility as a Service)」シフトである。それら大変化のすべては、自動車がつながるということ(=コネクテッドカー)によりもたらされるのだ。
2030年に本格化するといわれる自動運転・EVよりも早く、2025年には本格化すると予測できるコネクテッドカーという大波を乗りこなすための戦略立案の一助になるものと確信している。

発刊日: 2018/01/下旬 体裁: A4 / 約300頁
資料コード: C59105400 PDFサイズ:
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス / 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、こちらの申込書(書籍)を印刷し、FAXまたはメールにてご注文頂けます。

(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、「お問い合わせ」からご請求ください。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • コネクテッドカー全体像(各企業の活動概要と、それとコネクテッドカーとの関連性など)
      ・表「各社コネクテッドカー関連売上高(2015年~25年,国内)」含む
  • コネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション:各社の取り扱うコネクテッドカー関連製品(HW/SW/ソリューション)
    (2)市場環境:
      ・取り巻く環境(各社のコネクテッドカー業界における立ち位置,考え方)
      ・対応(装置・システム)(各社の作成するコネクテッドカー関連ハードウェア/ソフトウェア)
      ・対応(サービス)(各社の作成するコネクテッドカー活用サービス)
    (3)戦略(将来に向けての):各社の将来における大局的なコネクテッドカー事業の方向性
    (4)戦術(将来に向けての):各社の将来における具体的なコネクテッドカー事業案
    (5)協業、M&A:各社のコネクテッドカー事業における提携先と共同事業内容
    (6)該当する組織、体制:各社のコネクテッドカー関連組織、体制
    (7)拠点:各社のコネクテッドカー関連開発拠点
    (8)コメント:各社のフリーコメント
    (9)オープンデータからの取りまとめ:各社のコネクテッドカー関連の提携,開発状況2015~2017年

資料概要
Close

第Ⅰ章.総論 世界コネクテッドカー企業最前線
第Ⅱ章.世界の主要コネクテッドカー関連企業32社の徹底調査
 1.OEM
 2.Tier1
 3.IT・サービス・ソフトウェア
 4.半導体・デバイス

リサーチ内容

2017年12月19日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第Ⅰ章.総論 世界コネクテッドカー企業最前線

1.ベンチャー、スタートアップに投資
2.2000年以降のITイノベーション
3.米のコネクテッドカー2017最前線
  ①米テレマティクス~コネクテッドカーの歴史
  ②3Dプリンタ活用自動運転カー
  ③トヨタと米国のLinux系OS
  ④レベル2、3、4の違い
  ⑤グーグルとレベル2、3
  ⑥グーグル「ショーファー」
  ⑦日本メーカとテスラの差
  ⑧シリコンバレーの自動運転関連のAI/ソフトウェアメーカ
  ⑨コネクテッドカー時代のプレーヤの変化
  ⑩アップルはどうなる
  ⑪自動運転時代の米国4大プレーヤ
4.オートモビリティーLAの新興自動車企業トップ10
5.急激に進む地図業界の提携関係
  ①グーグル・テスラ・Uber・HEREの3D地図作成戦略
  ②HERE・パイオニア・ゼンリン・TOMTOMの地図提携戦略
  ③TOMTOM、HEREの相関図
6.プラットフォーマー目指す半導体業界
7.ライドシェアサービスの世界企業相関関係&SNS決済中国
8.動き出した「ライドシェア⇔自動運転」融合アプリ
9.クルマでの決済機能
10.日本で動き出した中国の「SNS決済白タク」
11.国内3大OEMのコネクテッドカー変革状況2017
  (1)トヨタ自動車のコネクテッドカー変革状況2017
  (2)本田技研工業のコネクテッドカー変革状況2017
  (3)日産自動車のコネクテッドカー変革状況2017
  (4)アイシンAWやカーナビメーカのコネクテッドカー改変状況
  (5)他の日本企業の改変状況
12.自動運転データの主導権争い
13.OEM各社の車載機のITプログラムへの対応状況
14.OEM各社の車載OS採用状況
15.自動車業界における位置情報データ販売
16.国内3大OEMのテレマティクスの歴史(1997~2017年)
17.世界のテレマティクスPF一覧表(組込車載機用/スマホ連携用)
18.海外主要各社の「L4自動運転×MaaS×シェアリングサービス」最新動向
  (1)GMの「L4自動運転×MaaS×シェアリングサービス」最新動向
  (2)フォードの「L4自動運転×MaaS×シェアリングサービス」最新動向
  (3)テスラの「L4自動運転×MaaS×シェアリングサービス」最新動向
  (4)グーグル/ウェイモの「L4自動運転×MaaS×シェアリングサービス」最新動向
  (5)アウディの「L4自動運転×MaaS×シェアリングサービス」最新動向
  (6)BMWの「L4自動運転×MaaS×シェアリングサービス」最新動向
  (7)BENZの「L4自動運転×MaaS×シェアリングサービス」最新動向
  (8)VWの「L4自動運転×MaaS×シェアリングサービス」最新動向
  (9)ボッシュの「L4自動運転×MaaS×シェアリングサービス」最新動向
  (10)コンチネンタルの「L4自動運転×MaaS×シェアリングサービス」最新動向
  (11)ボルボの「L4自動運転×MaaS×シェアリングサービス」最新動向
19.海外主要各社の「AI関連」最新動向
  (1)フォードの「AI関連」最新動向
  (2)テスラの「AI関連」最新動向
  (3)グーグル/ウェイモの「AI関連」最新動向
  (4)アウディの「AI関連」最新動向
  (5)BMWの「AI関連」最新動向
  (6)BENZの「AI関連」最新動向
  (7)VWの「AI関連」最新動向
  (8)ボッシュの「AI関連」最新動向
  (9)コンチネンタルの「AI関連」最新動向
20.海外主要各社の「中国」最新動向
  (1)テスラの「中国」最新動向
  (2)アウディの「中国」最新動向
  (3)BMWの「中国」最新動向
  (4)ボッシュの「中国」最新動向
  (5)コンチネンタルの「中国」最新動向

第Ⅱ章.世界の主要コネクテッドカー関連企業32社の徹底調査

1.OEM

1-1.国内OEM
  1-1-1.トヨタ自動車
    1.トヨタのコネクテッドカー全体像
    (1)国内におけるコネクテッドカー
    (2)米国におけるコネクテッドカー
    2.トヨタのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    ①TCU(DCM)を世界のトヨタブランド全車搭載してのコネクテッド化
    ②スマートフォンとの積極的な連携
    ③ビッグデータや人工知能を用いた交通情報サービスと遠隔サポート等の提供
    ④ライドシェア・カーシェア事業者との技術提供を伴う提携を元に、米国や国内での新たなサービスをスタート
    ⑤世界で「T-Connect」を推進
    ⑥レベル4自動運転EV車「e-Pallet」
    (5)協業、M&A
    ①コネクテッドサービス基盤への連携
    ②AECCの創設
    ③5G移動通信システムの実証実験
    ④テレマティクス保険での連携
    ⑤スマートフォンでの連携
    ⑥SDLでの連携
    ⑦AGLでの連携
    ⑧ポイントカードでの連携
    ⑨カーシェア/ライドシェアでの連携
    ⑩AIでの連携
    ⑪米TRI、ベンチャーキャピタルファンドを設立
    ⑫ソフトウェア技術での連携
    (6)該当する組織、体制(トヨタ自動車)
    ①コネクテッド・カンパニーの設立
    (7)拠点
    ①コネクテッドカーに関連する主要な研究・開発拠点は以下の5拠点
    (8)コメント
    <参考 グループ会社として>
    ●コメント(マツダ)
  1-1-2.日産自動車
    1.日産自動車のコネクテッドカー全体像
    (1)国内におけるコネクテッドカー
    (2)中国におけるコネクテッドカー
    (3)欧州におけるコネクテッドカー
    (4)アジアにおけるコネクテッドカー
    2.日産自動車のコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    (5)協業、M&A
    ①コネクテッドサービス基盤への連携
    ②テレマティクス保険での連携
    ・損害保険ジャパン日本興和
    ③カーシェア/ライドシェアでの連携
    ・「日産e-シェアモビ」のプラットフォーム「smart oasis for Carsharing」
    ④ルノー、日産、三菱自動車でのベンチャーキャピタルファンド設立
    ・ベンチャーキャピタルファンド「Alliance Ventures(アライアンス・ベンチャーズ)」
    (6)該当する組織、体制
    ①総合研究所(神奈川県横須賀市夏島町1)
    (7)拠点
    (8)コメント
  1-1-3.本田技研工業
    1.本田技研工業のコネクテッドカー全体像
    (1)国内におけるコネクテッドカー
    (2)米国におけるコネクテッドカー
    (3)インドにおけるコネクテッドカー
    (4)タイにおけるコネクテッドカー
    2.本田技研工業のコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    ・インターナビ基本情報
    ・インターナビのアプリ
    ・Honda Biz LINC
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    (5)協業、M&A
    ①コネクテッドサービス基盤への連携
    ②テレマティクス保険での連携
    ③カーシェア/ライドシェアでの連携
    ④シリコンバレーとの協業
    ⑤自動運転技術でセンスタイムと協業
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
    (8)コメント
1-2.米国OEM
  1-2-1.GM
    1.GMのコネクテッドカー全体像
    2.GMのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    ・OnStar(コネクテッドカーの車載プラットフォーム)
    ・MyLink/IntelliLink(コネクテッドカーのスマホ連携プラットフォーム)
    ・Glympseアプリ
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    ①「カーシェアリング」と「ライドシェアリング」
    ②パーソナルデータの活用
    (5)協業、M&A
    ①OnStarとIBM Watsonとの連携
    ②次世代カーシェアに投資
    ③GMとリフト提携の骨子
    ④インフォテイメントではGoogle及びAppleと協力
    ⑤走行連携は独自のMyLinkで
    ⑥OnStarのシステムではSalesforce.comを活用
    ⑦OnStarに事業者向けのロケーションサービス提供
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
    (8)コメント
    (9)GMのコネクテッドカー変革状況2017(各種オープンデータを加工して作成)
  1-2-2.Ford(フォード)
    1.フォードのコネクテッドカー全体像
    2.フォードのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    ①AppleCarPlay, Android Autoをサポート
    ②別にオープンソース版SDLももつ
    ③Ford SYNC
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    ・Ford SYNC
    ・AppleCarPlay, Android Autoをサポート
    (3)戦略(将来に向けての)
    ①フォードはモビリティの会社になる
    ②フォードは安全で安心なモビリティ企業になる
    ③5年以内にドライバレスカーを販売する
    (4)戦術(将来に向けての)
    ①デベロッパー採用増
    ②デベロッパーの3カテゴリー
    1)AppLink
    2)OpenXC
    3)SDLink
    ③オープンなコミューン「SDLコンソーシアム」設立
    ④SDL管理はLivio
    (5)協業、M&A
    ①モビリティサービスと自動運転カー開発で米Pivotal Softwareと提携
    ②SYNCアプリの共同開発
    ③自動運転実証実験
    ④主要テレマティクスサービス
    ⑤4G LTE でAT&Tネットワークサービスと提携
    ⑥Apple CarPlayとAndroid Autoと提携
    ⑦デベロッパーと密接なつながり
    ⑧Saipsを買収
    ⑨ドライバレスカー関連3社に投資
    ⑩フォードの自動運転カーをリフト・ネットワークに
    ⑪中国アリババ「Tモール(天猫)」でフォード車販売
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
    (8)フォードのコネクテッドカー変革状況2017(各種オープンデータを加工して作成)
  1-2-3.FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)
    1.FCAのコネクテッドカー全体像
    2.FCAのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    (5)協業、M&A
    ①ウェイモと自動運転プラットフォーム事業への連携
    ②自動運転プラットフォーム事業への連携
    ③FCAとIBMが「カーシェアのシステムを開発」
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
    (8)コメント
  1-2-4.テスラモーターズ
    1.テスラのコネクテッドカー全体像
    2.テスラのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①OTAにより変わる自動車産業構造
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    ・EVでのOTA
    ・テスラのOTA実態
    ・充電通知アプリ
    (3)戦略(将来に向けての)
    ①2016年7月、今後10年間のマスタープランを発表
    (4)戦術(将来に向けての)
    ①完全自動運転
    ②配車サービス
    ③EVピックアップトラック
    (5)協業、M&A
    ①上海に全額出資の生産拠点を設立する
    ②AMD共同でAI用半導体を開発
    ③新たに音楽ストリーミングサービス導入か
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
    (8)コメント
    (9)テスラのコネクテッドカー変革状況2017(各種オープンデータを加工して作成)
1-3.欧州OEM
  1-3-1.アウディ
    1.アウディのコネクテッドカー全体像
    2.アウディのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ・コネクテッドカーサービス・プラットフォームは「Audi connect」
    ・「Audi connect」、新機能「セーフティ&サービス」が追加
    ③対応(サービス)
    ・「Audi Connect SIM」サービスを開始
    (3)戦略(将来に向けての)
    ①「アウディAI」で「自ら考える車」を目指す
    (4)戦術(将来に向けての)
    ①「アウディ・オン・デマンド」で新たなモビリティサービスを目指す
    ②スマホ経由のサービス「myAudi」(マイアウディ)アプリ
    (5)協業、M&A
    ①カーシェア/ライドシェアでの連携
    ②5GAA(5Gオートモーティブ・アソシエーション)での連携
    ③Cellular-V2Xのトライアル推進コンソーシアム「Connected Vehicle to Everything of Tomorrow」(ConVeX)を結成での連携
    ④「NVIDIA陣営」に独アウディ、独ZF、独ボッシュが参加
    ⑤中国3大ITベンダと提携強化
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
    (8)コメント
    (9)アウディのコネクテッドカー変革状況2017(各種オープンデータを加工して作成)
  1-3-2.BENZ
    1.BENZのコネクテッドカー全体像
    2.BENZのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    1)Mbraceの基本機能
    2)Send2Benz
    3)Travel & Assistance
    4)In-Vehicle App
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    ①安全、セキュリティ、緊急サービスとしてのmbrace Secure
    ②「car2go」(カーツーゴー)事業を世界中で進展
    ③コネクテッドカーを活用したモビリティ・サービス
    (5)協業、M&A
    ①モビリティ事業を推進する体制作り
    ②HEREと自動運転用地図の開発
    ③コネクテッド・パーキング
    ④ライドシェアで米Uber社と提携
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
    ①米国でのテレマティクス
    ②中国でのテレマティクス
    ③アジアでのテレマティクス
    (8)コメント
    (9)BENZ(Daimler)のコネクテッドカー変革状況2017(各種オープンデータを加工して作成)
  1-3-3.BMW
    1.BMWのコネクテッドカー全体像
    2.BMWのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    1)BMW ConnecedDrive
    2)DriveNow
    (3)戦略(将来に向けての)
    ①BMW⇔モービルアイ⇔インテル連合での自動運転プラットフォーム事業
    ②2021年までにL4自動運転カーを市販する
    ③「インフォ系での差別化」はもう捨てた
    ④BMWが想定する自動運転のコンセプト
    (4)戦術(将来に向けての)
    ①米国カーシェア「ReachNow」
    ②新デジタルサービス「BMWコネクテッド+」発表
    (5)協業、M&A
    ①IBMと「Watson」の活用について協業
    ②コネクテッドサービス基盤への連携「BMW」
    ③バイドゥとの自動運転車のパートナーシップを解消
    ④米Scoopと米RideCellに出資
    ⑤オープンイノベーションプログラム「BMW Startup Garage」
    ⑥ベンチャーキャピタル「BMW i Ventures」
    ⑦スマートシティ向けスタートアップ募集「URBAN-X」
    ⑧ガーミンを将来の情報系モジュールのTier1サプライヤに任命
    ⑨自動運転技術のスタートアップ米Nautoに出資
    ⑩中国進出のためバイドゥとも提携
    ⑪中国進出のためバイドゥとも提携自動運転プラットフォーム事業への    連携
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
    (8)コメント
    (9)BMWのコネクテッドカー変革状況2017(各種オープンデータを加工して作成)
  1-3-4.フォルクスワーゲン
    1.フォルクスワーゲンのコネクテッドカー全体像
    2.フォルクスワーゲンのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    1)App-Connect
    2)e-Remote
    3)Guide&Inform
    (3) 戦略(将来に向けての)
    ①モビリティソリューションビジネスの立ち上げ
    ②自動運転と人工知能への注力
    (4)戦術(将来に向けての)
    ①モビリティサービスのプラットフォーム「Volkswagen We」
    1)We Park
    2)We Deliver
    3)VW Connect
    ②IBMと共同開発中のレコメンドサービス「We Commerce」
    ③モビリティサービス会社「MOIA(モイア)」設立
    ④シェアリングカー向けのインテリジェントキーシステム「Digital Key」
    (5)協業、M&A
    ①イスラエルGettに出資
    ②IBMとモビリティサービスを共同開発
    ③Sierra Wirelessの4Gモジュールを採用
    ④2018年モデルにクアルコムの「Snapdragon 820A」採用でV2X
    ⑤アマゾンAlexaとのパートナーシップ
    ⑥コネクテッドカーのサービス基盤を共同開発
    ⑦TOMTOM、シュコダに地図情報提供
    ⑧オーロラ社と自動運転における戦略的提携
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
    (8)コメント
    (9)VWのコネクテッドカー変革状況2017(各種オープンデータを加工して作成)
  1-3-5.VOLVO
    1.VOLVOのコネクテッドカー全体像
    2.VOLVOのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    (5)協業、M&A
    ①Uberと自動運転車を共同開発
    ②次世代VOLVOカーでは「Google Assistant」もサポート
    ③UberがVOLVO車を2.4万台購入
    ④TOMTOM、VOLVOとシュコダに地図情報提供
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
    (8)コメント
    (9)ボルボのコネクテッドカー変革状況2017

2.Tier1

2-1.国内車載機/Tier1
  2-1-1.デンソー
    1.デンソーのコネクテッドカー全体像
    2.デンソーのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    (5)協業、M&A
    ①コネクテッドサービス基盤への連携
    ②MaaSエコシステム構築での連携
    ③カーシェア/ライドシェアでの連携
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
    (8)コメント
  2-1-2.日立グループ(日立製作所,日立AS,クラリオン)
    1.日立製作所のコネクテッドカー全体像
    2.日立製作所のコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    ①OTAソフトウェア更新技術をワンストップで提供(日立グループ3社で提供)
    ②セキュリティサービスソリューションの提供
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    ①EV「リーフ」のコネクテッドカーを提案
    ②OTA
    1)日立のOTAの狙い
    2)日立のOTAソフト更新が必要な理由
    3)日立のOTAソフト更新とは?
    4)日立のOTAソフト更新システム
    5)日立のOTAビジネスの実態
    6)日立OTAソフト更新ソリューションのコンセプト
    7)日立OTAの特長
    8)日立OTA製品計画
    (5)協業、M&A
    ①コネクテッドサービス基盤への連携
    ②テレマティクス保険での連携
    ③カーシェア/ライドシェアでの連携
    ④中国では現地企業と「スマートアクセス」
    (6)該当する組織、体制
    ①日立グループ
    (7)拠点
    ①本社及び研究所
    ②シリコンバレーにIoT研究所設立
    (8)コメント
  2-1-3.パナソニック
    1.パナソニックのコネクテッドカー全体像
    2.パナソニックのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    ①サイバーセキュリティに対応するソリューション
    ②ビッグデータ(解析)ソリューションの提供
    ③電子ミラー(テレマティクスユニット「iVTU」)
    ④eCALL
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    (5)協業、M&A
    ①コネクテッドサービス基盤への連携
    ②研究開発部門でAI開発を注力
    ③テレマティクス保険での連携
    ④カーシェア/ライドシェアでの連携
    ⑤スマホ⇔車載機連携のための提携
    ⑥中国EVメーカに投資
    (6)該当する組織、体制
    ①オートモーティブ&インダストリアルシステム社
    (7)拠点
    (8)コメント
  2-1-4.パイオニア/IPC
    1.パイオニアのコネクテッドカー全体像
    2.パイオニアのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    (3)戦略(将来に向けての)
    ①低価格ライダー「3D-LiDAR」開発から考えるパイオニアの未来戦略
    ②HEREとの提携から考えるパイオニアの未来戦略
    (4)戦術(将来に向けての)
    ①ビッグデータ解析
    ②スマートループアイ
    ③クラウド型運行管理サービス
    ④データ販売
    ⑤インテリジェント パイロット
    (5)協業、M&A
    ①テレマティクス保険
    ②中国で百度(Baidu:バイドゥ)と提携
    ③米国でトレジャーデータと提携
    ④パイオニアのモバイルテレマティクスセンター
    ⑤LINE、トヨタと提携で合意
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
    (8)コメント
  2-1-5.住友電気工業
    1.住友電気工業のコネクテッドカー全体像
    2.住友電気工業のコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    1)セントラルゲートウェイ
    2)Traffic Vision Engine
    ③対応(サービス)
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    (5)協業、M&A
    ①産総研との連携で「サイバーセキュリティ連携研究室」設立
    ②本田のテレマティクスサービスのシステム構築
    ③ヤフーカーナビにクラウド地図サービスを提供
    (6)該当する組織、体制
    ①住友電工‐産総研 サイバーセキュリティ連携研究室
    (7)拠点
    (8)コメント
  2-1-6.デンソーテン(旧:富士通テン)
    1.デンソーテンのコネクテッドカー全体像
    2.デンソーテンのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    (5)協業、M&A
    ①コネクテッドサービス基盤への連携
    ②テレマティクス保険での連携
    ③カーシェア/ライドシェアでの連携
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
    (8)コメント
2-2.海外車載機/Tier1
  2-2-1.ボッシュ(Bosch)
    1.ボッシュのコネクテッドカー全体像
    2.ボッシュのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    ①コネクテッドゲートウェイ
    ②Bosch IoT Cloud
    ③コネクテッドホライズン
    ④コネクテッドモビリティ・システム
    1)顔認識システムとカスタマイズ機能
    2)ハプティック(触感的)フィードバック「neoSense」
    3)ジェスチャーモーション
    4)ステアリングについた木目の棒
    5)コマンド
    6)音声認識
    ⑤遠隔故障診断システム
    ⑥eバイクシステム
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    1)ボッシュ・オートモーティブ・クラウド・スイート
    2)スマートシティ・ソリューション
    3)自動駐車サービス・ソリューション(コミュニティベースパーキング)
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    (5)協業、M&A
    ①コネクテッドサービス基盤への連携
    ②自動運転用半導体での連携
    ③HERE株式取得で自動運転向けリアルタイム高精度地図協業
    (6)該当する組織、体制
    ①組織外観
    ②ETAS(1994年設立)
    ③ESCRYPT
    (7)拠点
    (8)コメント
    (9)ボッシュのコネクテッドカー変革状況2017(各種オープンデータを加工して作成)
  2-2-2.コンチネンタル(Continental)
    1.コンチネンタルのコネクテッドカー全体像
    2.コンチネンタルのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    ①緊急通報向け通信ユニット
    ②遠隔診断用通信ユニット
    ③LTE通信ユニット
    ④LTEを利用した車車間・路車間・歩車間通信(V2X)の製品化
    ⑤将来の5G技術の活用も視野に入れる
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    1)ダイナミックeHorizon
    2)City Navigationアプリ
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    (5)協業、M&A
    ①コネクテッドサービス基盤への連携
    ②セキュリティでの買収
    ③カーシェア/ライドシェアでの連携
    (6)該当する組織、体制
    ①インテリア部門 インフォテインメント&コネクティビティー事業部
    (コンチネンタル本社)
    ②エレクトロビット(EB;グループ会社)
    ③e.solutions(EBのグループ会社)
    (7)拠点
    (8)コメント
    (9)コンチネンタルのコネクテッドカー変革状況2017

3.IT・サービス・ソフトウェア

3-1.国内IT・サービス・ソフトウェア
  3-1-1.NTTドコモ
    1.NTTドコモのコネクテッドカー全体像
    2.NTTドコモのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    (5)協業、M&A
    ①コネクテッドサービス基盤への連携
    ②5G活用共同開発の連携
    ③テレマティクス保険での連携
    ④カーシェア/ライドシェアでの連携
    ⑤AI運行バス
    (6)該当する組織、体制
    ①コネクテッドカービジネス推進室(2017年6月~)
    (7)拠点
    (8)コメント
  3-1-2.KDDI
    1.KDDIのコネクテッドカー全体像
    2.KDDIのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    (5)協業、M&A
    ①コネクテッドサービス基盤への連携
    ②5G活用共同開発への連携
    ③テレマティクス保険での連携
    ④カーシェア/ライドシェアでの連携
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
    (8)コメント
  3-1-3.ソフトバンク(Softbank)
    1.ソフトバンクのコネクテッドカー全体像
    2.ソフトバンクのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    (5)協業、M&A
    ①コネクテッドサービス基盤への連携
    ②テレマティクス保険での連携
    ③カーシェア/ライドシェアでの連携
    ④SBドライブ設立
    ⑤セキュリティでの連携
    ⑥5Gの共同開発
    ⑦5GAA参加
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
  3-1-4.LINE
    1.LINEのコネクテッドカー全体像
    2.LINEのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    (5)協業、M&A
    ①コネクテッドサービス基盤への連携
    ②テレマティクス保険での連携
    ③カーシェア/ライドシェアでの連携
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
    (8)コメント
  3-1-5.あいおいニッセイ同和損保
    1.あいおいニッセイ同和のコネクテッドカー全体像
    2.あいおいニッセイ同和のコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    ①テレマティクス保険を利用したサービスの提供
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    (5)協業、M&A
    ①コネクテッドサービス基盤への連携
    ②テレマティクス保険での連携
    ③カーシェア/ライドシェアでの連携
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
    (8)コメント
3-2.海外IT・サービス・ソフトウェア
  3-2-1.ESCRYPT
    1.ESCRYPTのコネクテッドカー全体像
    2.ESCRYPTのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    ①車のセキュリティ対応のコンサルティング
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    (5)協業、M&A
    ①コネクテッドサービス基盤への連携
    ②テレマティクス保険での連携
    ③カーシェア/ライドシェアでの連携
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
    (8)コメント
  3-2-2.HERE
    1.HEREのコネクテッドカー全体像
    2.HEREのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①HEREの考える自動車産業の進む道
    ②HEREの位置情報PFとは
    ③同じデータを使って、異なるDBを作る。
    ④なぜHEREが世界をリードするロケーション・クラウドと成り得るか
    ⑤HAD(高度運転支援)に対する大きな投資
    ⑥グーグルとの比較におけるHEREの特徴
    ⑦対応(装置・システム)
    ⑧対応(サービス)
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    ①オープンデータ化
    ②OEMにおいて「第三者へのデータ販売」はビジネスになるのか?
    ③HEREインテリジェントカーの構想
    ④HD Map:正確な自車位置は?
    ⑤Live Roads:前方に何が起きている?
    ⑥HERE DTIの提案
    (5)協業、M&A
    ①コネクテッドサービス基盤への連携
    ②HD-MAPでの連携
    ③米国OEMに地図供給
    ④ドイツOEMとの提携
    ⑤カーシェア/ライドシェアでの連携
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
    (8)コメント
  3-2-3.TOMTOM
    1.TOMTOMのコネクテッドカー全体像
    2.TOMTOMのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    (3)戦略(将来に向けての)
    ①リアルタイムMAP
    ②3Dマップソリューションへとシフト
    (4)戦術(将来に向けての)
    ①Key Differentiators (Globally)
    ②xFCDを使用するスピードアシストサービス(自律型および非自律型車    両用)
    ③KEEPING DRIVERS STRESS-FREE AND INFORMED
    (5)協業、M&A
    ①欧米OEMが顧客
    ②ゼンリンとトラフィックサービスの共同開発
    ③ボッシュとローカリゼーションレイヤー共同開発
    ④ゼンリンとクアルコムが高解像度地図データ収集プロジェクト共同開発
    ⑤VOLVOが交通情報プロバイダーにTOMTOM を選択
    ⑥VWとTOMTOM が学習型ナビゲーション機能構築
    ⑦TOMTOM が自動運転技術開発のAUTONOMOSを買収
    ⑧NVIDIAとTOMTOM、自動運転車向けMAPシステムを共同開発
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
    (8)コメント
  3-2-4.アップル(Apple)
    1.アップルのコネクテッドカー全体像
    2.アップルのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    (5)協業、M&A
    ①コネクテッドサービス基盤への連携
    ②テレマティクス保険での連携
    ③カーシェア/ライドシェアでの連携
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
    (8)コメント
  3-2-5.グーグル(Google)
    1.グーグルのコネクテッドカー全体像
    2.グーグルのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    (5)協業、M&A
    ①コネクテッドサービス基盤への連携
    ②テレマティクス保険での連携
    ③カーシェア/ライドシェアでの連携
    ④アウディ・ボルボに純正「Android Auto」システム搭載
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
    (8)コメント
    (9)グーグル/ウェイモのコネクテッドカー変革状況2017(各種オープンデータを加工して作成)
  3-2-6.マイクロソフト(Microsoft)
    1.マイクロソフトのコネクテッドカー全体像
    2.マイクロソフトのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    (5)協業、M&A
    ①コネクテッドサービス基盤への連携「トヨタ」
    ②コネクテッドサービス基盤への連携「BMW」
    ③コネクテッドサービス基盤への連携「日産・ルノー」
    ④テレマティクス保険での連携
    ⑤カーシェア/ライドシェアでの連携
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
    (8)コメント

4.半導体・デバイス

4-1.国内半導体・デバイス
  4-1-1.ルネサスエレクトロニクス
    1.ルネサスエレクトロニクスのコネクテッドカー全体像
    2.ルネサスエレクトロニクスのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    (5)協業、M&A
    ①コネクテッドサービス基盤への連携
    ②テレマティクス保険での連携
    ③カーシェア/ライドシェアでの連携
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
    (8)コメント
4-2.海外半導体・デバイス
  4-2-1.インテル(Intel)
    1.インテルのコネクテッドカー全体像
    2.インテルのコネクテッドカー戦略各論
    (1)関連製品・システム、ソリューション
    ①クラウド、AI、ネットワーク分野のデバイスとソリューション
    ②メモリ、FPGA、5G野のデバイスとソリューション
    ③データリッチなモノ(スマートデバイスなど)と機器野のデバイスとソリューション
    ④Intel GO
    (2)市場環境
    ①取り巻く環境
    ②対応(装置・システム)
    ③対応(サービス)
    (3)戦略(将来に向けての)
    (4)戦術(将来に向けての)
    (5)協業、M&A
    ①コネクテッドサービス基盤への連携
    ②技術企業への活発な投資
    ③自動運転プラットフォームでの連携
    ④テレマティクス保険での連携
    ⑤カーシェア/ライドシェアでの連携
    (6)該当する組織、体制
    (7)拠点
    (8)コメント


第Ⅰ章.総論 世界コネクテッドカー企業最前線

図「コネクテッドカー/モビリティ・サービスビジネス時代の新規参入」
図「コネクテッドカー時代のプレーヤの変化」
表「オートモビリティーLA(AutoMobility LA)2016トップ10」
表「オートモビリティーLA(AutoMobility LA)2017トップ10」
図「OEM/自動運転/配車アプリ/SNS決済系における世界の企業相関図(2017年時点)」
表「中国2大SNSペイメント」
表「トヨタの全世界における2014~2017年にかけての主な提携・出資・共同開発動向」
表「ホンダの全世界における2014~2017年にかけての主な提携・出資・共同開発動向」
表「日産の全世界における2014~2017年にかけての主な提携・出資・共同開発動向」
表「車載器関係のITプログラムへの対応状況」
表「各社自動車メーカの車載OS採用状況」
表「トヨタの国内テレマティクス/コネクテッドカーサービスの歴史」
表「日産の国内テレマティクスサービスの歴史」
表「ホンダの国内テレマティクスサービスの歴史」
表「世界OEM別/車載機利用PF&スマホ連携PF一覧」
表「GMの「L4自動運転×MaaS×シェアリングサービス」最新動向」
表「フォードの「L4自動運転×MaaS×シェアリングサービス」最新動向」
表「テスラの「L4自動運転×MaaS×シェアリングサービス」最新動向」
表「グーグル/ウェイモの「L4自動運転×MaaS×シェアリングサービス」最新動向」
表「アウディの「L4自動運転×MaaS×シェアリングサービス」最新動向」
表「BMWの「L4自動運転×MaaS×シェアリングサービス」最新動向」
表「BENZの「L4自動運転×MaaS×シェアリングサービス」最新動向」
表「VW自動運転の「L4×MaaS×シェアリングサービス」最新動向」
表「ボッシュの「L4自動運転×MaaS×シェアリングサービス」最新動向」
表「コンチネンタルの「L4自動運転×MaaS×シェアリングサービス」最新動向」
表「ボルボの「L4自動運転×MaaS×シェアリングサービス」最新動向」
表「フォードの「AI関連」最新動向」
表「テスラの「AI関連」最新動向」
表「グーグル/ウェイモの「AI関連」最新動向」
表「アウディの「AI関連」最新動向」
表「BMWの「AI関連」最新動向」
表「BENZの「AI関連」最新動向」
表「VWの「AI関連」最新動向」
表「ボッシュの「AI関連」最新動向」
表「コンチネンタルの「AI関連」最新動向」
表「テスラの「中国」最新動向」
表「アウディの「中国」最新動向」
表「BMWの「中国」最新動向」
表「ボッシュの「中国」最新動向」
表「コンチネンタルの「中国」最新動向」

第Ⅱ章.世界の主要コネクテッドカー関連企業32社の徹底調査

表「世界の主要コネクテッドカー関連企業32社の戦略掲載項目」
表「トヨタのコネクテッドカー関連売上高(2015年~25年,国内)」
図「トヨタのデータ販売事業の構造」
図「トヨタ『T-Connect』の構造」
図「e-Palette Conceptを活用したモビリティサービスプラットフォームの概念」
図「SDLの説明とパートナー企業一覧(CES2017)」
表「TRI(Toyota Research Institute, Inc.)の投資先」
図「トヨタの組織軸」
表「日産自動車のコネクテッドカー関連売上高(2015年~25年,国内)」
図「『リーフ』のデータ活用イメージ」
図「ニッサン・インテリジェント・モビリティの試作車(CES2017)」
表「本田技研工業のコネクテッドカー関連売上高(2015年~25年,国内)」
図「シリコンバレーとの協業」
表「GMのコネクテッドカー関連の提携,開発状況2013~2017年」
表「フォードのコネクテッドカー用OS」
図「SYNC3の試作機」
図「SYNC3の主要アプリ」
図「アマゾンECHO」
図「ホーム⇔カー」のアプリ」
図「フォードのサービス:車載健康管理アプリ」
図「SYNCアプリのデベロッパー」
写真「フォードの車内音楽はハーマンとの連携B&O PLAY」
表「フォードのコネクテッドカー関連の提携,開発状況2015~2017年」
表「テスラのコネクテッドカー関連の提携,開発状況2016~2017年」
表「アウディのコネクテッドカー関連の提携,開発状況2015~2017年」
表「BENZのコネクテッドカー技術を活用したモビリティ・サービス」
表「BENZ(Daimler)のコネクテッドカー関連の提携,開発状況2015~2017年」
表「BMWの高度自動運転実現に向けたロードマップ」
表「BMWのコネクテッドカー関連の提携,開発状況2015~2017年」
表「VWのコネクテッドカー関連の提携,開発状況2015~2017年」
表「ボルボのコネクテッドカー関連の提携,開発状況2015~2017年」
表「デンソーのコネクテッドカー関連売上高(2015年~25年,国内)」
図「コネクティッド電子基盤」
写真「DLVIS(デルヴィス)」
図「2025年のクルマ社会に向けた挑戦」
表「日立製作所のコネクテッドカー関連売上高(2015年~25年,国内)」
図「日立OEM概念図」
図「日立のOTAソフト更新」
図「日立OTAソフト更新ソリューションのコンセプト」
表「パナソニックのコネクテッドカー関連売上高(2015年~25年,国内)」
図「住友コネクテッドカー・サービスの概要」
図「住友電装Gateway利用CANデータ活用アプリ図」
図「住友電装セントラルゲートウェイECU」
図表「Traffic Vision Engine」
表「Traffic Vision Engineの利用形態」
図「スマートエントリーBCM」
図「スマートエントリーBCM②」
表「デンソーテンのコネクテッドカー関連売上高(2015年~25年,国内)」
表「ボッシュのコネクテッドカー関連売上高(2015年~25年,国内)」
表「Bosch IoT Cloud」
図「コネクテッドホライズン」
写真「ボッシュのコネクテッドモビリティ試作車」(17年におけるCES等での展示)
写真「ボッシュのジェスチャーモーション試作品」
図「ボッシュのゲートウェイ」
図「Boschが目指すもの:統合化されたコネクテッドビークル」
図「分散型故障診断」
図「分散型故障診断とそれに関わるカテゴリー」
図「各ワークショップの相互相関の全貌」
図「システムの稼働ロジック」
図「車両故障」
図「車両故障の予見と修理案内」
写真「ボッシュの電気自転車のレンタルのオペレーティング」
写真「ボッシュの電気自転車のレンタル決済のスマホ画面」
写真「ボッシュの二輪車における決済システム」
図「スマートシティ・ソリューションの概念」
表「ボッシュのコネクテッドカー関連の提携,開発状況2015~2017年」
表「コンチネンタルのコネクテッドカー関連売上高(2015年~25年,国内)」
図「自動運転におけるバックエンド(BE)システム」
表「コンチネンタルのコネクテッドカー関連の提携,開発状況2015~2017年」
表「NTTドコモのコネクテッドカー関連売上高(2015年~25年,国内)」
表「KDDIのコネクテッドカー関連売上高(2015年~25年,国内)」
表「ソフトバンクのコネクテッドカー関連売上高(2015年~25年,国内)」
表「LINEのコネクテッドカー関連売上高(2015年~25年,国内)」
表「あいおいニッセイ同和のコネクテッドカー関連売上高(2015年~25年,国内)」
表「損害保険各社のテレマティクス保険」
表「ESCRYPTのコネクテッドカー関連売上高(2015年~25年,国内)」
表「HEREの技術開発史&企業史」
表「HEREの地図ソリューション状況」
図「HEREロケーションクラウド」
表「ロケーションクラウド概容(研究段階)」
表「HEREとグーグルの比較」
表「HEREインテリジェントカーの構想」
表「TOMTOMの歴史」
図「TOMTOMの自動運転カー用3D MAP」
図「TOMTOMのMAP PRODUCTION」
図「KEEPING DRIVERS STRESS-FREE AND INFORMED」
表「アップルのコネクテッドカー関連売上高(2015年~25年,国内)」
表「グーグルのコネクテッドカー関連売上高(2015年~25年,国内)」
表「グーグル/ウェイモのコネクテッドカー関連の提携,開発状況2013~2017年」
表「マイクロソフトのコネクテッドカー関連売上高(2015年~25年,国内)」
表「ルネサスのコネクテッドカー関連売上高(2015年~25年,国内)」
表「インテルのコネクテッドカー関連売上高(2015年~25年,国内)」

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、こちらの申込書(書籍)を印刷し、FAXまたはメールにてご注文頂けます。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59117300 2017-2018年版 自動車用フィルム・シート市場の展望と戦略 ~塗装代替、軽量化の一歩先へ~
C59105300 VOL.1分析編 2017年度版 乗用車向けコネクテッドカーの事業モデル別2025年予測
C59121800 2017年版 オートリース市場の現状と展望
C59117900 2017年版 医用画像システム(PACS)・関連機器市場の展望と戦略