2017年版 リラクゼーション・温浴ビジネスの実態と展望

商業施設などを中心に出店し、施術メニューを多様化させながら、拡大するリラクゼーションサロンの動向をまとめたレポート。サロン運営企業事例研究、サロン対象アンケート調査、全国店舗リストなどによる構成で、一冊でリラクゼーションサロンビジネスを俯瞰できる資料を目指した企画資料。今回は、人手不足という課題でも関心を集める人材政策の把握及び対策について、人材紹介・派遣会社および求人メディアなどに取材範囲を拡大。加えて温浴施設の運営企業事例やSPA施設情報も追加し、より広義にリラクゼーションビジネス把握に努めた。

発刊日: 2017/05/31 体裁: A4 / 468頁
資料コード: C59101100 PDFサイズ: 8.3MB
カテゴリ: ファッション、スポーツ、美容、生活雑貨、消費財

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:リラクゼーション・温浴ビジネスの参入企業及び施設における事業の方向性と戦略を調査・分析することにより、同市場の現状把握と将来性を展望することを目的として実施した。
調査対象市場:リラクゼーションビジネス市場(ボディケア(クイックマッサージ)・リフレクソロジー)、温浴ビジネス
調査対象先:有力参入企業、その他関連企業/関連団体
調査方法:直接/間接調査、郵送留置方式のアンケート調査
調査期間:2017年3月~2017年5月

調査結果サマリー
Close

ボディケア・リフレクソロジー市場に関する調査を実施(2017年)
・2016年のボディケア・リフレクソロジー市場規模は前年比101.2%の1,093億円とやや鈍化しながらも堅調に推移
・施術メニュー多様化による客単価の上昇
・2017年のボディケア・リフレクソロジー市場規模は前年比101.0%の1,104億円を予測

資料ポイント
Close

  • ボディケア(クイック)、リフレクソロジーサロンの大手企業や有力企業11社に加え、温浴施設を運営する企業を調査対象に追加。各社のマーケティング戦略を研究分析。
  • 全国リラクゼーションサロンに対するアンケート調査を実施(回収数201店舗)。アンケート回収店舗の運営状況を集計分析、個店ベースの個表も掲載。
  • ボディケアサロン運営企業の成長戦略は?人手不足問題による店舗の運営維持と新店舗出店への影響は解消されているのか。
  • 格安料金による店舗チェーン拡大の勢いは、現在もつづいているのか。
  • 出店のピークから数十年を経過した温浴ビジネスは、施設改修に伴うコスト負担の負荷増大により運営継続か否かの選択の時。各社の戦略は?
  • 全国ボディケア・リフレクソロジーサロン(4583件)と温浴施設リスト(560件)を収録。
  • インバウンドニーズも高まっている、リラクゼーション・温浴施設ビジネスの今をレポート。

資料概要
Close

第Ⅰ章 リラクゼーションビジネス市場の現状分析と展望
第Ⅱ章 リラクゼーションビジネス参入企業の事例研究
第Ⅲ章 温浴ビジネス市場の現状分析と展望
第Ⅳ章 リラクゼーション施設の実態に関する郵送アンケート調査結果
付録 全国ボディケア・リフレクソロジーサロン/温浴施設リスト

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第Ⅰ章 リラクゼーションビジネス市場の現状分析と展望

<ボディケア(クイックマッサージ)・リフレクソロジー市場>
1.市場背景
  参考:ハンドトリートメント市場の概要と定義
2.市場における有力企業の状況
  <リフレクソロジーを主とするサロン運営企業の店舗数>
  <ボディケア(クイックマッサージ)を主とするサロン運営企業の店舗数>
  <ストレッチを主とするサロン運営企業の店舗数>
  <整体・骨盤矯正を主とするサロン運営企業の店舗数>
3.市場規模推移(2012~2016年)
4.市場概況と課題
  株式会社ウィルワン(就業・雇用支援サービス)
  株式会社リジョブ(求人広告メディア)
5.今後の市場見通しと市場規模予測(2017~2020年)

第Ⅱ章 リラクゼーションビジネス参入企業の事例研究

1.出店戦略
2.人材政策
3.広告宣伝・販売促進
4.今後の戦略

【ボディケア・リフレクソロジーサロン店舗運営企業個表】 11社
  株式会社グローバルスポーツ医学研究所
  株式会社GENKIDO(旧:株式会社OMG)
  株式会社ジェイアール東日本スポーツ
  株式会社ファクトリージャパングループ
  株式会社フュービック
  株式会社ベアハグ
  株式会社BEST HERBS(旧:株式会社FAJA)
  株式会社ホスピタリティ
  株式会社ボディワーク
  株式会社メディロム(旧:株式会社リラク)
  株式会社りらく

第Ⅲ章 温浴ビジネス市場の現状分析と展望

<温浴ビジネス市場>
1.市場背景
2.市場概況/市場規模推移(2011~2015年)
3.今後の市場見通しと市場規模予測(2016~2020年)
  ◆2015年-2019年オープンの温浴施設
4.市場における有力企業の状況

【温浴施設運営企業個表】 5社
  株式会社コシダカホールディングス
  株式会社極楽湯ホールディングス
  株式会社東京ドーム
  常盤興産株式会社
  株式会社リラフル

第Ⅳ章 リラクゼーション施設の実態に関する郵送アンケート調査結果

調査要領
調査結果要旨

<ボディケア(クイックマッサージ)・リフレクソロジーの運営動向>
1.運営形態
2.平均人員数
3.平均顧客年齢
4.顧客の男女比率
5.年間来店客数
6.客単価
7.主な提供メニュー
  ボディケア、整体、リフレクソロジー、フェイシャル、
  リンパドレナージュ、ヘッドケア、タイ古式マッサージ
8.注力メニュー
9.人気メニュー
10.実施している広告宣伝策
11.注力している広告宣伝策
12.運営上の問題点
13.今後の運営方針

【ボディケア(クイックマッサージ)・リフレクソロジーサロン店舗個表】

付録 全国ボディケア・リフレクソロジーサロン/温浴施設リスト

全国ボディケア・リフレクソロジーサロンリスト 4583件
全国温浴施設リスト 560件

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C57111900 2015年版 リラクゼーションビジネスの実態と展望
C59100400 2017 拡大するパワーモジュールの最新動向と将来展望
C59100800 2017年版 宝石・貴金属市場年鑑<小売編>
C58122700 2017 ワークスタイル変革ソリューション市場の実態と展望