2013年版 リラクゼーションビジネスの実態と展望

近年健康への関心は若い世代にも広がっており、ジョギング人口やヨガをライフワークとする人が増えています。震災以降、“モノよりコト”志向が強まったことで、当該市場における利用者の中心である女性にとって、服飾品への消費から自分自身の健康や美容に関する投資にシフトしたという声も聞かれます。一般消費市場を長く覆っていた「低価格志向」が、リラクゼーション業にも波及したことにより、安価な利用料金のサロンが出店攻勢を強めています。本調査レポートでは、業界の現状を分析、将来を展望いたしました。

発刊日
2013/06/27
体裁
A4 / 244頁
資料コード
C55109600
PDFサイズ
4.6MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

129,600
120,000
9,600
129,600
120,000
9,600
162,000
150,000
12,000
259,200
240,000
19,200
291,600
270,000
21,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:リラクゼーションビジネスの参入企業及び施設における事業の方向性と戦略を調査・分析することにより、同市場の現状把握と将来性を展望することを目的として実施した。
調査対象市場:ボディケア(クイックマッサージ)・リフレクソロジー
調査対象先:有力参入企業、その他関連企業、厚生労働省、経済産業省、総務省、関連団体
調査方法:直接・間接調査・郵送留置方式のアンケート調査・インターネットを利用した消費者調査
調査期間:2013年5月~2013年6月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 企業事例研究~リラクゼーション業(ボディトリートメント)、リフレクソロジーサロンの運営企業にヒアリングした現在の運営状況とマーケティング戦略
  • 消費者調査~首都圏在住の20~60代の男女を対象に、主要11のリラクゼーション施設を過去1年以内に利用したモニタを抽出、合計1,000サンプルを回収
  • 全国施設アンケート調査~リラクゼーション業運営施設に、運営状況・方針をアンケート調査
  • 全国のリラクゼーションサロンリスト約5,300件を収録

■本資料の概要

第Ⅰ章 リラクゼーションビジネス市場の現状分析と展望
第Ⅱ章 参入企業の事例研究
第Ⅲ章 リラクゼーション施設の利用に関する消費者調査
第Ⅳ章 リラクゼーション施設の実態に関する郵送アンケート調査結果
付録 全国ボディケア・リフレクソロジーサロンリスト

■掲載内容

第Ⅰ章 リラクゼーションビジネス市場の現状分析と展望

1.ボディケア(クイックマッサージ)・リフレクソロジー市場
  1)市場背景
    参考:ハンドトリートメント市場の概要と定義
  2)市場における有力企業の状況
    <リフレクソロジーを主とするサロン運営企業の店舗数>
    <ボディケア(クイックマッサージ)を主とするサロン運営企業の店舗数>
    <ストレッチを主とするサロン運営企業の店舗数>
    <整体・骨盤矯正を主とするサロン運営企業の店舗数>
  3)市場規模推移(2009~2012年)
  4)現状の問題点と課題
  5)今後の市場見通しと市場規模予測(2013~2016年)
 注目企業
  ①株式会社ファクトリージャパングループ
  ②株式会社フュービック

第Ⅱ章 参入企業の事例研究

1.出店状況
2.物販取扱状況
3.セラピスト教育と組織
4.販売促進策・顧客管理方法
5.今後の戦略

【リラクゼーション施設・リフレクソロジーサロン運営企業個表】
株式会社OMG、株式会社ホスピタリティ、株式会社ボディワーク、株式会社グローバルスポーツ医学研究所、株式会社リラク

第Ⅲ章 リラクゼーション施設の利用に関する消費者調査

調査要領
プレ調査
調査結果まとめ
  1.リラクゼーション施設をどんな時に利用するか
  2.リラクゼーション施設の利用時間帯
  3.リラクゼーション施設の利用頻度
  4.利用しようとするリラクゼーション施設を何で認知したか(認知経路)
  5.リラクゼーション施設のリピート利用状況
  6.リラクゼーション施設の利用の仕方
  7.施術部位
  8.施術1回当たりに支払う金額
  9.今後のリラクゼーション施設の利用意向
  10.リラクゼーション施設を利用に当たって重視すること
調査対象店舗名称(弊社任意抽出)
  ・クイーンズウェイ ・リフレ ・ル・タン ・フットセラピー ・ラフィネ ・てもみん ・リラックス(relax)
  ・ナチュラルボディ ・Re.Ra.Ku ・カラダファクトリー ・Dr.ストレッチ

第Ⅳ章 リラクゼーション施設の実態に関する郵送アンケート調査結果

調査要領
調査結果要旨
ボディケア(クイックマッサージ)・リフレクソロジーの運営動向
  1.運営形態
  2.平均人員数
  3.平均顧客年齢構成
  4.顧客の平均男女比率
  5.年間来店総数
  6.平均単価
  7.主な提供メニュー
    ボディケア・整体
    リフレクソロジー
    フェイシャル
    アロマケア
    リンパドレナージュ
    ヘッドケア
  8.注力メニュー
  9.人気メニュー
  10.実施している広告宣伝策
  11.注力している広告宣伝策
  12.運営上の問題点
  13.今後の運営方針

【ボディケア(クイックマッサージ)・リフレクソロジーサロン店舗個表】
りもんリンパメディカル、Beauty Salon Reir、ノルテ、健心館、オレンジボディーリラックス、マッサージ施術院 ほんわか道、ボディーリフレッシュグリーン、ボディバランス、Beauty Village、ハートリート、サンライト((株)サンセラピー)、リフレッシュマッサージさわやか小金井店((株)ヒロ)、スマイリーフット、楽楽、八福堂、からだりせっとforsch、ひといきや、整体庵まえたに、セラ 丸栄店、中国施術院 ホリスティック・ヘルスプラーナ、げんきや本舗 本店、Aサロン、スリムサポートいこい、Re-Body、若石館 鬼怒川店、ハーバルタイム、康楽美ボディリセ、FAME GRANDE WEST、からだの美容室 サロンFine、セント・セシリア、あんよの癒し よしべえ、BENESU春日原宇野、らくや、リラクゼーション整圧 ラマーノ、健爽美悠、ビワキュー指導所 庵、楽じゃ、Leaf & Refre、リラックスサロンJun、三宝ホリスティックガーデン((株)黄龍館)、こりとりスペースらく楽 加古川店、プチパレ((有)パレ・ロワイヤル)、東京フットワン 伊勢崎店、フットケアサロン Claire、Leaf、My Body 五反田駅前店、手もみ屋ほっと アルプラザアミ店、中国足もみ健康道場 休足館、肩こりとれ太 日立店、鈴足法サロン、もみや 笠原店、肩こりとれ太 水戸渡里店、フローラ(あすか(有))、R.Garden Vega、ヴァレンタイン 本店、リフレクソロジーのお店 メイ・ワン、えまあぶる、トータルエステ フェイス、コスメティックキュア、リラージェnatural、からだケア ロミサン、ヒーリング・ハンズ、アロマ&リフレ クレイル、リフレッシュサロン ここりね、手もみですきっと、リフレッシュスペース、Natural Healing Peer、ほぐれ~る 仙台トラストシティ店、D-one、Pedi Base、BBAB ダイエー西宮店

付録 全国ボディケア・リフレクソロジーサロンリスト

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

129,600
120,000
9,600
129,600
120,000
9,600
162,000
150,000
12,000
259,200
240,000
19,200
291,600
270,000
21,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。