2017 社会インフラ向けICT市場の実態と展望

日本国内における社会インフラITビジネスに関して、入札情報・文献調査・企業調査などをもとに、マーケットの現状、事業構造などを踏まえた上で、社会インフラIT市場規模の算出及び2022年度を目処とした社会インフラIT市場予測を行った。対象は、道路、鉄道、空港、港湾、河川関連、ダム関連、水関連(上水道、簡易水道、下水道、浄水場、排水、農業用水など)、防災/警察の8分野。

発刊日: 2017/09/28 体裁: A4 / 234頁
資料コード: C59113000 PDFサイズ: 2.0MB
カテゴリ: 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象国:日本国内(参考情報として海外インフラ情報も記載)
調査対象分野
道路(高速道路、直轄国道、国道、地方道、交通管制など)
鉄道(JRグループ、東京メトロ、私鉄、公営鉄道など)
空港(拠点空港(会社管理、国管理、特定地方管理)、地方管理空港、共用空港、その他空港)
港湾(国際戦略港湾、国際拠点港湾、重要港湾、地方港湾、56条港湾)
河川(統一河川情報システム、河川管理施設管理システム、河川情報表示板など)
ダム関連(治水用、上水道用、かんがい用、水力発電用、多目的、砂防用など)
水関連(上水道、簡易水道、下水道、浄水場、排水処理、農業用水など)
防災/警察(防災システム、防災無線、消防系、警察系など)
調査方法:各種入札情報をベースとして、文献調査、直接面接調査、電話調査などを併用した。
調査期間:2017年5月~2017年9月

資料ポイント
Close

  • 分野別の規模推移(2012~2017年度見込み)/分野別のITベンダーシェア
  • 東京五輪などを踏まえた2018~2022年度の中期需要予測
  • 全国の主な社会インフラICT案件/分野別・メーカー別・地域別の動向
  • 次世代技術「IoTモニタリング」「IoT型センサーシステム」「現場データの利活用(データ解析、AI活用など)」の現状と可能性を探る
  • 「レガシー系インフラICT ⇒ 次世代型インフラICT」へのシフトは?
  • 対象分野:道路(高速道路、国道・地方道、交通管制、橋梁、トンネルなど)、鉄道(JRグループ、私鉄、公営鉄道など)、水関連(上下水道、浄水、排水処理など)、港湾、空港、河川関連、ダム関連、防災/警察関連(消防含む)
  • 海外でのインフラ投資情報
     

資料概要
Close

第Ⅰ章 総論編
 1.社会インフラの概要
 2.社会インフラIT市場概要
 3.海外での社会インフラ投資動向
第Ⅱ章 各論編
 Ⅰ.道路IT
 Ⅱ.鉄道IT
 Ⅲ.空港IT
 Ⅳ.港湾関連IT
 Ⅴ.河川IT
 Ⅵ.ダムIT
 Ⅶ.水関連IT
 Ⅷ.防災/警察関連IT

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

1.市場動向
  (1)社会インフラでのIT活用の方向性
  (2)社会インフラ関連データ
  (3)社会インフラIT市場規模予測(2014~2022年度予測)
2.インフラ分野別の市場規模推移
3.インフラ分野別のマーケット評価

第Ⅰ章 総論編

1.社会インフラの概要
  (1)調査対象分野・業務
  (2)社会インフラITの背景
  (3)社会インフラでのIT活用の方向性
    ①遠隔監視でのIT活用が期待される
    ②事後保全から‘予防保全/予兆保全’への流れが進む
    ③予防保全への期待は大きい
    ④インフラ輸出戦略におけるIT活用にも期待
    ⑤インフラビジネスにおけるドローン活用
    ⑥民間企業による取り組み
    ⑦インフラビジネスにおけるAI(人工知能)活用の可能性
    ⑧インフラ保全でのロボット活用
  (4)公共事業費の推移
    ・コンセッションの状況
  (5)公共事業費の内訳
  (6)社会インフラ監視でのIT活用の評価
    ~自治体アンケートからの考察~
  (7)社会インフラでのIT導入の考察
    ①道路インフラでのITモニタリング
    ②道路インフラ向けITモニタリング普及シナリオ
    ③ITモニタリングでは防災関連案件が先行
    ④水関連分野でのIT活用の可能性
  (8)インフラ老朽化とIT活用
  (9)IT関連事業者の社会インフラ事例
    ①日立グループ
    ②東芝グループ
    ③三菱電機グループ
    ④日本電気グループ
    ⑤富士通グループ
    ⑥パナソニックグループ
    ⑦日本無線グループ
    ⑧三菱重工グループ
    ⑨沖電気グループ
  (10)社会インフラITビジネスに関わるトピックス
    ①ITベンダーにおけるインフラ分野への注力
    ②ITベンダーにおける防災分野への注力
    ③鉄道関連メーカーの輸出戦略とIoT活用
    ④世界の鉄道マーケット
    ⑤日本はインフラとIoTの融合を目指す
    ⑥PFIへの取り組み
    ⑦水道事業での民間活用の実態
    ⑧建設業におけるIT活用
    ⑨防犯分野でのIT活用
    ⑩日立製作所のインフラセキュリティ
    ⑪道路管理での3Dテクノロジーの活用
    ⑫LiDAR(Light Detection and Ranging) 活用
  (11)国内インフラ関連基礎データ
2.社会インフラIT市場概要
  (1)社会インフラIT市場規模予測(2014~2022年度予測)
  (2)分野別の社会インフラIT市場規模推移(2014~2022年度予測)
  (3)社会インフラIT市場の地域別構成
  (4)社会インフラIT市場のメーカー別構成
3.海外での社会インフラ投資動向
  (1)アジア地域(中東は除く)
  (2)欧州地域
  (3)中東地域
  (4)米州・オセアニア

第Ⅱ章 各論編

Ⅰ.道路IT
1.道路関連ビジネスの事業構造
  (1)道路関連ビジネスの事業構造
  (2)業務区分
    ・電気・通信系業務
    ・土木・建築系業務
    ・計画(業務・調査)
  (3)維持管理対象物
    ①橋梁
    ②トンネル
    ③道路(舗装)
    ④道路(のり面/斜面)
2.道路ITビジネスの現状と構造
  (1)道路IT市場規模推移(2012~2017年度見込み)
  (2)道路管理者別の道路ITビジネス
  (3)カテゴリー別の構成
    ・カテゴリー別の内訳
  (4)道路ITビジネスの考察
  (5)道路ITプレイヤー
3.道路ITビジネスの評価と展望
  (1)道路ITビジネスの現況評価
  (2)有力事業者の現状
  (3)注目される道路ITビジネス
  (4)道路ITの海外展開
  (5)道路ITモニタリングの可能性

Ⅱ.鉄道IT
1.鉄道事業関連ビジネスの事業構造
  (1)鉄道事業関連ビジネスの事業構造
  (2)業務区分
  (3)鉄道事業での投資対象と鉄道IT
  (4)JRグループの情報システム子会社
  (5)IT事業者の鉄道IT事業
2.鉄道ITビジネスの現状と構造
  (1)鉄道IT市場規模推移(2012~2017年度見込み)
  (2)鉄道運営事業者別の鉄道IT需要
  (3)鉄道ITビジネスの考察
  (4)鉄道ITでの問題点
  (5)鉄道総研の鉄道ITモニタリングへの取り組み
  (6)東京メトロの維持管理業務におけるIT活用
  (7)その他の鉄道IT事例
    ①IC乗車券を利用した子供見守りサービス(JR東日本)
    ②Suica履歴で交通費清算を簡素化(JR東日本)
    ③東急電鉄の駅構内混雑状況の画像配信
    ④鉄道の自動運転(JR東日本)
3.鉄道ITビジネスの評価と展望
  (1)鉄道ITビジネスの現況評価
    ①山手線新型車両のスマートメンテナンス(JR東日本)
    ②鉄道コンテナ輸送の総合的な管理システム
  (2)鉄道ITビジネスの展望
    ①JR東日本の取り組み
    ②NTTグループの取り組み
  (3)海外での鉄道ITビジネス
    ・日立グループの海外戦略

Ⅲ.空港IT
1.空港関連ビジネスの事業構造
  (1)空港関連ビジネスの事業構造
  (2)業務区分
2.空港ITビジネスの現状と構造
  (1)民営4社(空港)の業務体制
  (2)空港関連予算の状況
  (3)空港IT市場規模推移(2012~2017年度見込み)
  (4)主要空港ITプレイヤー
3.空港ITビジネスの評価と展望
  (1)空港コンセッションの進捗状況
  (2)航空分野でのインフラ国際展開
    ・今後の進め方(2013年4月.第1回協議会)
  (3)海外での空港ビジネス
    ①今後も拡大が見込まれる空港ビジネス
    ②空港ビジネスでの運営形態の変化が進む
    ③世界の空港運営事業者(空港オペレーター)

Ⅳ.港湾関連IT
1.港湾関連ビジネス
  (1)港湾関連ビジネスの事業構造
  (2)港湾の規定と日本の港湾戦略
  (3)港湾の種類
  (4)業務区分
    ①港湾整備事業
    ②海運事業
    ③港湾運送事業
  (5)港湾施設での維持管理対象物
    ①港湾施設の現状
    ②維持管理、予防保全計画
  (6)主要港湾ITプレイヤー
2.港湾ITビジネスの現状と市場構造
  (1)港湾ITビジネス
    ①港湾IT(港湾ITモニタリング)
    ②東京都港湾局での予防保全型維持管理
    ③港湾施設の維持管理情報データベースの運用を開始
    ④国際戦略港湾コンテナターミナルビル高度化実証事業
  (2)港湾IT市場規模推移(2012~2017年度見込み)
  (3)港湾IT市場のカテゴリー別構成
  (4)港湾IT市場のエリア別構成
  (5)主要港湾ITプレイヤー
3.港湾ビジネスの現状評価と展望
  (1)有力ITベンダーの港湾関連ビジネス
  (2)港湾インフラ維持管理の方向性
  (3)港湾ITの海外展開

Ⅴ.河川IT
1.河川関連ビジネスの構造
  (1)河川情報ネットワーク構築の現状と変化
  (2)管理対象河川の状況
  (3)維持管理と危機管理
  (4)河川関連でのITシステム
  (5)河川での維持管理対象物
  (6)業務区分
2.河川ITビジネスの現状と構造
  (1)河川ITの現状
    ①河川関連ビジネスの特徴
    ②河川情報センサー
    ③河川災害対応でのIT活用事例
    ④主要河川ITプレイヤー
3.河川IT市場の概要
  (1)河川IT市場規模推移(2012~2017年度見込み)
  (2)河川IT市場メーカーシェア(2015~2016年度平均)
  (3)河川ITモニタリングの可能性
  (4)河川ITモニタリングでの問題点・課題
    ・200m間の河川形状が不明
    ・新たな手法での問題点
    ・水位測定・状態監視システムでの問題点
    ・河川ITモニタリングでの課題
    ・世界の洪水被害
4.河川ITビジネスの現況評価と展望
  (1)河川ITビジネスの現況評価
  (2)注目される河川IT
    ・総務省
    ・国土交通省
    ・国土交通省
  (3)河川ITの将来評価
  (4)河川ITモニタリングの可能性
    ・河川ITモニタリングに関わる奏功要因
    ・河川ITモニタリングに関わる阻害要因

Ⅵ.ダムIT
1.ダム関連ビジネスの事業構造
  (1)ダムの構造
  (2)ダムにおけるIT活用
    ・基本機能1
    ・基本機能2
    ・オプション機能
  (3)ダムITでの業務区分
  (4)ダム関連ビジネスでの管理対象設備
2.ダムITビジネスの現状と構造
  (1)ダムITビジネスの考察
    ①ダム・堰コントロールシステム
    ②国土交通省の取り組み~情報化施行推進戦略~
    ③ダム予算の推移
  (2)ダムIT市場規模推移(2012~2017年度見込み)
  (3)主要ダムITプレイヤー
  (4)ダムITモニタリング
3.ダムITビジネスの評価と展望
  (1)ダムITビジネスの現況と有力IT事業者
  (2)注目技術
    ①ドローン
    ②ロボット活用
    パナソニック/パナソニックシステムソリューションズジャパン
    五洋建設
    大林組

Ⅶ.水関連IT
1.水関連ビジネスの事業構造
  (1)水関連ビジネスの事業構造
    ①水関連ビジネスの事業構造
    ②地方公営企業の決算規模と水関連事業の割合
    ③下水道事業の運営状況
  (2)上水道の現状
  (3)下水道の現状
    ・下水道事業での問題点・課題
2.水関連ITビジネスの現状と構造
  (1)上水道での主なIT活用
  (2)下水道での主なIT活用
  (3)水関連分野でのIoT活用
  (4)水道関連での新たな仕組みの普及可能性
  (5)水関連IT市場規模推移(2012~2017年度見込み)
  (6)水関連ビジネスでのコンセッション方式の推進
    ・水道事業におけるコンセッション事業の推進フレーム
  (7)水関連ビジネスでのマネジメントコンセプト
    ①上水道のアセットマネジメント
    ②下水道のストックマネジメント
    ③ストックマネジメントではデータベースがポイント
3.水関連ITビジネスの評価と展望
  (1)水関連ITビジネスの現況
    ・主な水関連プロジェクト
  (2)有力ITベンダーの動向
  (3)世界の水関連ビジネス
  (4)水関連ビジネスの民営化動向
    ・日本企業の水関連ビジネスでの海外展開

Ⅷ. 防災/警察関連IT
1.防災/警察関連の事業構造
  (1)防災/警察関連ビジネスの事業構造
  (2)業務区分
  (3)防災/警察関連ITビジネスでの主な受託案件
2.防災/警察ITビジネスの現状と市場構造
  (1)防災/警察IT市場規模推移(2012~2017年度見込み)
  (2)防災/警察IT市場のカテゴリー別構成
  (3)主な防災/警察IT関連プレイヤー
3.防災/警察関連ITの現況評価
  (1)防災/警察関連ITの現況
  (2)防災システムへの取り組み
    ①国での取り組み
    ②自治体での取り組み
    ③SIP防災「レジリエントな防災・減災機能の強化」
    ④その他の取り組み
  (3)有力IT事業者の動向
    伊藤忠テクノソリューションズ
    NTTドコモ
    NTTドコモ
    KDDI
    富士通
    NTT・NHK・NTTレゾナント
    NTTドコモ
    KDDI
    伊藤忠テクノソリューションズ
    日本IBM
    NTTPCコミュニケーションズ
    セールスフォース
    日本IBM

図表一覧

<図表1.社会インフラでのIT活用の方向性>
<図表2.公共事業費の推移(2000~2016年度)>
<図表3.公共事業関連予算の内訳(2016年度当初予算)>
<図表4.防災・減災関連対策予算>
<図表5.社会インフラIT市場規模予測(2014~2022年度予測)>
<図表6.分野別の社会インフラIT市場規模推移>
<図表7.社会インフラITの対象分野>
<図表8.社会インフラITの対象業務>
<図表9.社会インフラでIT需要が高まる背景要因>
<図表10.公共事業費の推移(2000~2016年度)>
<図表11.防災・減災関連対策予算>
<図表12.民間投資の誘導・成長強化策>
<図表13.空港における主なコンセッション>
<図表14.公共事業関連予算の内訳(2016年度当初予算)>
<図表15.社会インフラ監視でのIT活用評価>
<図表16.道路インフラ構造物の概況>
<図表17.築50年を超えるインフラ割合>
<図表18.日立グループでの主な入札案件(2015~2016年度)>
<図表19.東芝グループでの主な入札案件(2015~2016年度)>
<図表20.三菱電機グループでの主な入札案件(2015~2016年度)>
<図表21.日本電気グループでの主な入札案件(2015~2016年度)>
<図表22.富士通グループでの主な入札案件(2015~2016年度)>
<図表23.パナソニックグループでの主な入札案件(2015~2016年度)>
<図表24.日本無線グループでの主な入札案件(2015~2016年度)>
<図表25.三菱重工グループでの主な入札案件(2015~2016年度)>
<図表26.沖電気グループでの主な入札案件(2015~2016年度)>
<図表27.鉄道向けICTの活用事例>
<図表28.インフラ対象/インフラ構造物の定量データ>
<図表29.社会インフラIT市場規模算定における留意点>
<図表30.社会インフラIT市場規模推移(2014~2022年度予測)>
<図表31.分野別の社会インフラIT市場規模推移>
<図表32.社会インフラITの地域別構成(2015~2016年度平均)>
<図表33.社会インフラITのメーカーシェア(2015~2016年度平均)>
<図表34.アジアでの主なインフラプロジェクト>
<図表35.欧州での主なインフラプロジェクト>
<図表36.中東地域での主なインフラプロジェクト>
<図表37.米州・オセアニアでの主なインフラプロジェクト>
<図表38.道路の種類/管理主体/総延長>
<図表39.高速道路の種類/管理主体>
<図表40.橋梁、トンネルの総延長>
<図表41.主要道路メーカー一覧>
<図表42.インフラ構造物の診断結果区分>
<図表43.道路施設での点検実施状況(2016年度)>
<図表44.道路IT市場規模推移(2012~2017年度見込み)>
<図表45.道路管理者別の道路IT市場の内訳(2015~2016年度平均)>
<図表46.道路IT市場のカテゴリー別構成(2015~2016年度平均)>
<図表47.カテゴリー別の主要道路ITプレイヤー一覧>
<図表48.道路IT関連プロジェクト一覧①:2015年度>
<図表49.道路IT関連プロジェクト一覧②:2015年度>
<図表50.道路IT関連プロジェクト一覧①:2016年度>
<図表51.道路IT関連プロジェクト一覧②:2016年度>
<図表52.道路ITモニタリングに関わる環境要因>
<図表53.鉄道事業者一覧・営業距離>
<図表54.鉄道ITでの分野別主要プレイヤー一覧>
<図表55.鉄道事業における主な投資対象テーマ>
<図表56.JRグループ各社の情報システム子会社一覧>
<図表57.大手IT事業者の鉄道IT>
<図表58.鉄道関連IT市場規模推移(2012~2017年度見込み)>
<図表59.鉄道事業者別の構成(貨物含む)>
<図表60.東京メトロ設備投資の内訳>
<図表61.鉄道ITビジネスにおける課題>
<図表62.鉄道総研での鉄道ITモニタリング関連テーマ>
<図表63.東京メトロの路線別のトンネル長>
<図表64.スマートメンテナンスでの主なターゲット>
<図表65.環境面での鉄道輸送の優位性>
<図表66.日本の空港と管理主体>
<図表67.空港の利用状況>
<図表68.業務別の空港IT>
<図表69.株式会社方式での空港事業委託先(国管理空港)>
<図表70.国土交通省・航空局・空港整備予算>
<図表71.空港IT市場規模推移(2012~2017年度見込み)>
<図表72.空港IT市場のカテゴリー別構成(2015~2016年度平均)>
<図表73.空港IT関連プロジェクト一覧①:2015年度>
<図表74.空港IT関連プロジェクト一覧②:2015年度>
<図表75.空港IT関連プロジェクト一覧①:2016年度>
<図表76.空港IT関連プロジェクト一覧②:2016年度>
<図表77.空港コンセッションのイメージ>
<図表78.国管理空港の運営委託(コンセッション)に関する検討状況>
<図表79.区分別港湾数/港湾管理者数一覧>
<図表80.主な港湾関連施設>
<図表81.用途分類と主な入港船舶の概略>
<図表82.カテゴリー別の主要ダムITプレイヤー>
<図表83.港湾IT市場規模推移(2012~2017年度見込み)>
<図表84.港湾IT市場のカテゴリー別構成(2015~2016年度平均)>
<図表85.港湾IT市場のエリア別構成(2015~2016年度平均)>
<図表86.港湾IT関連プロジェクト一覧①:2015年度>
<図表87.港湾IT関連プロジェクト一覧②:2015年度>
<図表88.港湾IT関連プロジェクト一覧①:2016年度>
<図表89.港湾IT関連プロジェクト一覧②:2016年度>
<図表90.河川情報ネットワークの概念図>
<図表91.河川法・水防法・その他関連法規の対象範囲>
<図表92.水系別の河川分類>
<図表93.河川区分及び管理者>
<図表94.河川管理施設のうち築50年を経過する施設割合の推移>
<図表95.河川防災の現状と課題>
<図表96.河川関連ITシステムの概要>
<図表97.河川関連での業務区分>
<図表98.河川情報センターでの発明関連情報>
<図表99.河川IT関連での主要入札案件(2015~2016年度)>
<図表100.河川IT市場規模推移(2012~2017 年度見込み)>
<図表101.河川IT市場メーカーシェア(2015~2016 年度平均)>
<図表102.河川監視ソリューション>
<図表103.河川管理の高度化開発プロジェクト>
<図表104.水害等の対応の高度化開発プロジェクト①>
<図表105.水害等の対応の高度化開発プロジェクト②>
<図表106.河川関連施設>
<図表107.ダムの用途と目的>
<図表108.ダムの目的別分類>
<図表109.ダム・堰コントロールシステムに必要な機能一覧>
<図表110.ダムITビジネスの位置づけとビジネス構成>
<図表111.情報化施工に向けての5つの重点目標>
<図表112.情報化施工に向けての10の取り組み(対応方針)>
<図表113.情報化施工技術のイメージ>
<図表114.水管理・国土保全局ダム予算推移(百万円)>
<図表115.ダムIT市場規模推移(2012~2017 年度見込み)>
<図表116.ダムIT市場メーカーシェア(2015~2016 年度平均)>
<図表117.カテゴリー別の主要ダムITプレイヤー>
<図表118.ダムITモニタリングに関する背景要因>
<図表119.有力ITベンダーのダムITビジネス>
<図表120.地方公営企業の決算規模の推移(2011~2015年度)>
<図表121.地方公営企業における水関係事業の決算額(2015年度)>
<図表122.地方公営企業の事業数>
<図表123.下水道事業の概要(2015年度)>
<図表124.水道事業の個別委託での区分と主たる委託業務内容>
<図表125.上水道での主なITシステム>
<図表126.東京都下水道局の主なITシステム>
<図表127.水道事業の現場におけるIoT活用イメージ>
<図表128.水道スマートメーターの実用化検討状況>
<図表129.水関連IT市場規模推移(2012~2017 年度見込み)>
<図表130.水道事業におけるコンセッション事業者の実施不可能/可能な範囲>
<図表131.水関連プロジェクト一覧:2015年度>
<図表132.水関連プロジェクト一覧:2016年度>
<図表133.有力ITベンダー及び水道サービス事業者の水関連ビジネス>
<図表134.シンガポールの水関連事業者>
<図表135.自治体・民間企業の海外での上水関連ビジネス>
<図表136.総合通信局別の整備状況>
<図表137.防災/警察関連ビジネスの業務構成>
<図表138.防災/警察関連プロジェクト一覧:2015年度>
<図表139.防災/警察関連プロジェクト一覧:2016年度>
<図表140.防災/警察IT市場規模推移(2012~2017年度見込み)>
<図表141.防災/警察IT市場のカテゴリー別構成(2015~2016年度平均)>
<図表142.防災/警察IT市場の地域別の内訳(2015~2016年度平均)>
<図表143.主要防災ITプレイヤー一覧>
<図表144.有力IT事業者の防災/警察関連IT>

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59108300 2017年版 スマート農業の現状と将来展望 ~省力化・高品質生産を実現する農業IoT・精密農業・農業ロボットの方向性~
C59101800 2017年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望 ~セパレーター編~
C59101600 2017年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望 ~負極材編~
C59102000 2017年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望 ~主要四部材編~