自動車ノイズ対策

発刊日: 2015/01/22 体裁: B5 / 33頁
資料コード: R56204802 PDFサイズ: 0.7MB
カテゴリ:

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 32,400円 (本体 30,000円 消費税 2,400円 )
定価 64,800円 (本体 60,000円 消費税 4,800円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査期間:2014年10月 ※当レポートは左記の期間に調査を実施した商品です

≪YDBおよび弊社定期刊行物をご利用のお客様へ≫
Yano E plus/Yano News/Yano Reportの定期購読会員およびYDB会員のお客様は、当レポートを各冊子にてもご確認いただけます。

リサーチ内容

電動化・電子制御化・電波利用の進展でEMC 対策ニーズが増大

【調査要領】
(1)調査主旨と方法
  近年の電動化・電子制御化・電波利用の進展で自動車へのエレクトロニクス系部品の
  搭載増加が続いていることをベースとして、車載分野でのEMC対策の必要性が
  高まっている。本レポートはこの自動車のノイズ対策の現状を捉えることを目的とした。
  主要プレーヤーへの直接取材(9社)、を主体に文献、ウェブ・調査を併用した。
(2)調査期間
  2014年8月26日~9月25日(Yano E plus2014年10月号再編集)
(3)企画・制作
  エネルギー&機械産業グループ

【収録内容】
1.はじめに
  1-1.自動車のEMC規制とその対応
    (1)自動車EMCの国際規格の動向
    【表1.欧州の自動車EMC規格(ECE R10)の基本項目】
    (2)完成車メーカーのEMC規格
  1-2.自動車のEMC対策の概要
    (1)自動車のEMC問題の特徴
    (2)イミュニティ対策の基本
    (3)エミッション対策の基本
    ①広帯域エミッショ
    ②狭帯域エミッション
    (4)HEV/EVのEMC対策
2.自動車EMC関連市場の動向
  2-1.ECUと車載モータの搭載状況
    【図・表1.自動車1台当たりECU搭載数のWW市場推移・予測(数量:2012-2018年予測)】
    【図・表2.ECUのWW市場系統別構成比(数量:2013年)】
    【図・表3.自動車1台当たりモータ搭載数のWW市場推移・予測(数量:2012-2018年予測)】
    【図・表4.車載モータのWW市場系統別構成比(数量:2013年)】
  2-2.車載用コンデンサの市場規模
    【図・表5.車載用コンデンサの総WW市場規模推移・予測(金額:2012-2018年予測)】
  2-3.コンデンサの内訳とインダクタの使用状況
    【図・表6.車載用コンデンサのWW市場種類別内訳(金額:2013年)】
    【図・表7.車載用MLCCのWW市場主要用途(数量:2013年)】
    【図・表8.車載用アルミ電界コンデンサのWW市場主要用途(数量:2013年)】
    【図・表9.車載用インダクタのWW市場種類別内訳(金額:2013年)】
  2-4.自動車用ワイヤハーネス市場の概況
3.注目企業・機関の動向
  3-1.自動車EMC関連部品・部材メーカー
    (1)TDK株式会社
    (2)エルナー株式会社
    (3)コーア株式会社
    (4)住友電装株式会社/住友電気工業株式会社
    (5)東光株式会社/株式会社村田製作所
  3-2.自動車EMC 計測機器/ソフト関連
    (1)株式会社JSOL(ジェイソル)
    (2)株式会社キーサイト・テクノロジー合同会社
    【図1.キーサイト・テクノロジー/N9038A MXE】
    (3)株式会社ノイズ研究所
    【図2.ノイズ研究所/空間電磁界可視化システム3Dオプション】
  3-3.自動車EMC対策サポート/試験サービス関連
    (1)株式会社UL Japan
    (2)株式会社アイキャス
    (3)株式会社イー・エム・シー・ジャパン(EMCJ)
    【図3.EMCJのリバブレーションチャンバー】
    (4)株式会社システムデザイン研究所
    (5)一般社団法人KEC関西電子工業振興センター

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 32,400円 (本体 30,000円 消費税 2,400円 )
定価 64,800円 (本体 60,000円 消費税 4,800円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C58107900 2016年版 EMC・ノイズ対策関連市場の現状と展望
C58107500 2016 車載モータ市場の最新動向と将来展望
C58113600 2016 自動運転システムの可能性と将来展望 ~Tier1/自動車メーカーの開発動向~
C58120800 2017 次世代モビリティ市場の最新動向と将来展望
C58120700 2017年版 フォースフィードバックデバイス市場の現状と将来展望