ダイヤモンド薄膜市場

発刊日: 2016/06/15 体裁: B5 / 26頁
資料コード: R58200802 PDFサイズ: 2.0MB
カテゴリ:

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 32,400円 (本体 30,000円 消費税 2,400円 )
定価 64,800円 (本体 60,000円 消費税 4,800円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

本調査レポートは、定期刊行物 Yano E plus 2016年3月号 に掲載されたものです。

リサーチ内容

~耐磨耗部材コーティングの分野で実用化が進んできたが、いよいよ電子デバイスとしての可能性が開花しようとしている!~

1.ダイヤモンド薄膜とは
2.ダイヤモンド薄膜の結晶状態
  2-1.単結晶
  2-2.多結晶
  2-3.アモルファス
3.ダイヤモンド薄膜の需要分野
  3-1.耐磨耗部材
  3-2.電子部材
  3-3.ヒートシンク
  3-4.光学部材
  3-5.バリア部材
  3-6.電極
  3-7.その他
4.ダイヤモンド薄膜の市場規模推移と予測
    【図・表1.ダイヤモンド薄膜の国内およびWW市場規模推移と予測
    (金額:2013-2018年予測)】
    【図・表2.ダイヤモンド薄膜の用途別国内市場規模推移と予測
    (金額:2013-2018年予測)】
5.ダイヤモンド薄膜のシェア
    【図・表3.ダイヤモンド薄膜の国内市場における企業シェア(2015年)】
6.ダイヤモンド薄膜関連の企業および団体等の取組動向
  6-1.学校法人青山学院大学/並木精密宝石株式会社
    【図1.平坦性に優れたエピタキシャルダイヤモンド厚膜】
    【図2.周期的に配置したダイヤモンドのマイクロニードル】
    【図3.マイクロニードル法によって作製されたダイヤモンド基板】
  6-2.学校法人慶應義塾大学
    【図4.ダイヤモンド電極の応用展望】
  6-3.株式会社神戸製鋼所
  6-4.国立研究開発法人産業技術総合研究所
  6-5.住友電気工業株式会社
  6-6.ハムジャパン株式会社
  6-7.国立大学法人東京工業大学
  6-8.国立大学法人東京大学
  6-9.国立大学法人東北大学
  6-10.株式会社ナノテック
  6-11.日本アイ・ティ・エフ株式会社
  6-12.国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)
    【図5.CVD法で作製した12C同位体濃縮ダイヤモンド単結晶基板】
  6-13.三菱マテリアル株式会社
  6-14.学校法人早稲田大学
7.ダイヤモンド薄膜の見通し

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 32,400円 (本体 30,000円 消費税 2,400円 )
定価 64,800円 (本体 60,000円 消費税 4,800円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
R57203202 ナノダイヤモンド市場
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
R59300200 LCDからOLEDへの転換で求められる新機能性光学フィルム
C58124400 2017年版 静電容量方式タッチパネル・部材市場の徹底分析 ~Foldable・Flexible端末の立ち上りに商機あり!~
D57100803 Yano E plus 2016年3月号(No.096)