エキスパートシリーズ   開発者からみたLCD光学フィルムの提案型営業のポイントと顧客満足度向上策

発刊日: 2016/11/07 体裁: A4 / 16頁
資料コード: R58302100 PDFサイズ: 2.5MB
カテゴリ:

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 37,800円 (本体 35,000円 消費税 2,800円 )
定価 75,600円 (本体 70,000円 消費税 5,600円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

エキスパートシリーズとは
Close

矢野経済研究所では、2016年より大手企業等でご活躍されたシニアの方々を当社の「社外マイスター」としてお迎えし、現役時代に培った経験、知見、人脈などを矢野経済研究所の事業活動を通じて、社会に還元していただくための新たな組織を立ち上げました。エキスパートシリーズは、社外マイスターの方が執筆した、新たな切り口によるオリジナルレポートです。長年培った経験・知見による技術や開発、市場への目利き力で、従来の市場調査資料とは一味違った情報をご提供いたします。

本レポートは、弊社社外マイスターであり、住友化学等で長年光学フィルムの開発を手掛けられた岡田豊和氏(客員研究員)がとりまとめました。

リサーチ内容

本調査レポートは、偏光板メーカーの営業担当者の役割と機能を整理し、顧客満足を与えるための営業活動とはいかにあるべきかということについて、技術担当者の視点から考察いたしました。

■掲載内容

1.LCD用光学フィルムメーカーから見た顧客の分類と本レポートの目的
    (図1)LCD用光学フィルムの顧客への供給ルート
2.製品納入プロセスと製品納入後の営業の対応
  2.1 顧客への製品納入プロセス
    (図2)顧客への納入プロセス
  2.2 製品納入後の対応
    (図3)製品納入後の営業担当者の任務
3.営業の役割と営業に求められる能力
    (図4)商品最適化のための光学系
4.顧客満足について
  4.1 商品供給主義から顧客優先志向への転換
    (図5)商品供給主義から顧客優先志向へ
  4.2 顧客満足度を高めるための原則
  4.3 顧客満足向上のために
    (図6)顧客満足を高める三原則
  4.4 優良顧客と一般顧客
  4.5 顧客不満足とはなにか
  4.6 従業員の満足なくして顧客満足なし
5.製品力(製品の価値)について
6.顧客ニーズの変化に対応(ヤマト運輸と白ハト食品産業の例)
    (図7)満足創造の経営方針
    (図8)白ハト食品工業の目指すダイヤモンド
7.品質保証部門の役割と営業担当者との一体対応について
    (図9)品質クレームが発生したときの一般的な処置のながれ
    (図10)問題の可視化
    (図11)品質保証と一体となった顧客満足の三原則
8.おわりに
9.参考文献

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 37,800円 (本体 35,000円 消費税 2,800円 )
定価 75,600円 (本体 70,000円 消費税 5,600円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
R58301700 R2RとグリーンプロセスによるフレキシブルLCDの技術的優位性
R58301300 新しい機能を有する光学フィルムを開発する為の秘訣 新機能の発掘と新規光学フィルムを開発する為の知恵と工夫
R58302500 現行&次世代タッチパネルの技術動向 ~静電容量式TPの課題と光学式TPの新技術を材料動向と合わせて解説~
R58309300 ディスプレイにおけるグリーンプロセス革命~現行製造システムの限界とプロセス導入による生産イノベーション~
R58309500 図解を中心にリソグラフィ技術を解説(下巻)~リソグラフィの現状と将来~