マテリアル

プラスチック

2016年05月09日 更新

金属・セラミックス 他

2015年04月13日 更新

紙・パルプ

2016年05月09日 更新

2015年国内の包装用ハイバリア性材料市場は、食品メーカーや流通業界において、食品ロスの削減に向けて食品の保存期間長期化のニーズが高まっており、アルミ蒸着フィルムや透明蒸着フィルムを中心にハイバリア性の包装材料の需要が増加傾向にある。ただし、新たにハイバリア性の包装材料が採用されたことで、食品ロスが減少することにより、包装材料そのものの需要縮小で相殺されるケースもみられる。

詳細を見る

最新マーケットレポート

2013年度のコーティング受託加工実績は、国内の生産活動の回復により高い伸びを示した。今後は引き続き自動車関連も含め、エネルギー・環境関連、航空機関連、医療機器関連などコーティングにとっての新分野開拓により新たな市場創出を目指していく必要がある。

詳細を見る

プレスリリース