マテリアル

プラスチック

2017年04月04日 更新

金属・セラミックス 他

2015年04月13日 更新

紙・パルプ

2017年02月01日 更新

 QDシート用バリアフィルムは、2016年前半まではシリカや窒化ケイ素といった無機材料をスパッタリングで多層積層したタイプが主流であったが、コストダウンが強く求められたことから、透明蒸着フィルムとPETフィルムとをラミネートしたタイプの採用が開始されている。

詳細を見る

最新マーケットレポート

2013年度のコーティング受託加工実績は、国内の生産活動の回復により高い伸びを示した。今後は引き続き自動車関連も含め、エネルギー・環境関連、航空機関連、医療機器関連などコーティングにとっての新分野開拓により新たな市場創出を目指していく必要がある。

詳細を見る

プレスリリース