2007~08年版 ITSテレマティクス市場予測レポート

将来有望なのは商用車向けか、乗用車向けか、歩行者向けか?また、考えられる普及・普及阻害要因とは-いま注目のITテレマティクス市場の現状・将来展望について考察する。

発刊日: 2007/03/25 体裁: A4 / 490頁
資料コード: C48102300 PDFサイズ:
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス / 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 178,200円 (本体 165,000円 消費税 13,200円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

2007~08年版 ITSテレマティクス市場予測レポート
-地図&位置情報応用の乗用車/商用車/歩行者向け通信サービス市場-


1.当レポートの構成
当レポートの構成は、下記のようにⅠⅡⅢの3編から成り、Ⅱは(1)~(5)の5章に分かれております。
Ⅰ.分析編
~2015年 テレマティクス市場予測
Ⅱ.データ編
(1)商用車向けサービス
(2)乗用車向けサービス
(3)GPS携帯電話向け(歩行者ナビ)サービス
(4)海外テレマティクスサービス
(5)インフラ協調システム(路車間通信/車車間通信/人車間通信)
Ⅲ.個票編
テレマティクス・サービスベンダの個別実態

2.調査対象サービス・企業・地域

[調査対象サービス]

(1)乗用車向けテレマティクスサービス
・G-BOOK  ・インターナビプレミアムクラブ  ・カーウィングス
・DSRC応用サービス(GS・駐車所等の自動決済サービス、プローブ情報サービス、他)
・ネットワーク型カーセキュリティサービス  ・緊急通報サービス
・遠隔診断サービス 他
(2)商用車向けテレマティクスサービス
・運行動態管理  ・デジタルタコグラフ  ・ドライブレコーダ
・ドライブレコーダ  ・タクシー業界のサービス  ・バス業界のサービス
(3)歩行者向けテレマティクスサービス(GPS携帯電話向けサービス)

(4)インフラ協調システム&サービス
・路車間通信システム  ・車々間通信システム  ・人車間通信システム  他
[調査対象先]
合計60社程度を取材。他に190社のサービスプロバイダ個票作成。
(1)自動車メーカ  (2)カーナビ&カーエレメーカ  (3)通信関連企業
(4)IT関連企業  (5)運行管理など商用車向けサービスベンダ
(6)地図情報関連企業  (7)その他のプロバイダ  (8)海外企業
[調査対象地域]
日本国内(一部、海外企業を調査)
[調査・分析方法]
専門調査員による海外/国内の面接取材から、各種分析を実施した。
[調査期間]
2006年10月~2007年3月


Ⅰ.分析編~2015年 テレマティクス市場予測
-市場予測と分野別可能性分析,利用メディア-


1.テレマティクスの定義
1-1.今回のテレマティクス対応ハードの領域
1-2.今回のテレマティクス・サービスの領域
1-3.テレマティクス・サービスの定義
1-4.テレマティクス・サービス産業の構造
図:「テレマティクスサービス産業の構造」
2.テレマティクス市場(~2015年推移予測)
2-1.今回のテレマティクス市場予測の視点
(1)テレマティクス市場規模 その数字を比較する「矢野経済/ITS Japan/政府」

(2)テレマティクス車載端末市場規模(カーナビ/ETC DSRC/ネットワーク型セキュリティ)
表:テレマティクス車載端末ハード市場規模推移予測(02~15年、台数/金額)

(3)テレマティクスサービス分類別市場規模 2007/2015年
-大きな影響与えるGPS携帯電話用サービス-
表:「テレマティクスサービス分類別市場規模(金額ベース,2007年/2015年)」

(4)テレマティクスはシンクライアント化時代の主役となる

(5)今回のテレマティクス市場予測の視点
2-2.国内テレマティクス・サービス市場予測
(2002~2015年,乗用車向け純正・アフタ/商用車向け/携帯電話向け)
(1)市場予測の概要

(2)テレマティクスサービス市場規模、(02~15年)
(乗用車向け純正/乗用車向けアフタ/商用車向け/携帯電話向け)
表:「国内テレマティクス・サービス市場規模 加入者数/加入車両数推移」
表:「国内テレマティクス・サービス市場規模 金額ベース推移」

(3)乗用車用純正テレマティクス
(トヨタG-BOOK/日産カーウィングス/本田インターナビプレミアムクラブ)
表:「カーナビ純正・市販別市場推移予測(台、02~15年)」
表:「国内乗用車向け(TNHM社純正カーナビ用)テレマティクス・サービス」
-1.トヨタG-BOOKの~2015年予測
-2.日産カーウィングスの~2015年予測
-3.本田インターナビプレミアムクラブの~2015年予測

(4)乗用車向けアフタ・テレマティクス(ネットワーク型セキュリティ)
サービス推移予測(2003~2015年,台数/金額)
表・グラフ:「乗用車向けアフタ・テレマティクス(03~15年、台数/金額)」

(5)商用車用・運行動態管理システム市場推移予測
表・グラフ:「商用車用・運行動態管理システム市場(03~15年、台数/金額)」

(6)携帯電話用テレマティクス・サービス市場推移予測
表:「携帯電話用テレマティクス・サービス市場(02~15年、台数/金額)」

3.テレマティクス市場拡大のキーポイント
表:「国内テレマティクスサービス市場2004~2015年タイムスケジュールとキーポイント」
(1)~2006年までのテレマティクス市場キーポイント
-1.2005年、道路公団民営化
-2.2006年、商用車向けテレマティクスサービス参入100社超

(2)2007年のテレマティクス市場キーポイント
-1.2007年、PReVENTでの技術標準化受けインフラ協調システム開発進む
-2.2007年、GPS携帯電話用位置情報コンテンツベンダ活性化
-3.2007年、ナンバーポータビリティで通信モジュールを車載に
-4.2007年、第2次DSRC作戦で駐車場・GSでの自動料金収受動くか?

(3)2008~2010年のテレマティクス市場キーポイント
-1.2008年、警察庁もDSSS全国普及
-2.2008年、ドライブレコーダ搭載義務化(?)。10年デジタコ搭載義務化
-3.2010年、複合メディア搭載テレマティクス端末普及

(4)2011年のテレマティクス市場キーポイント
-1.2011年、アナログ放送帯域活用にて歩行者ナビ市場がブレイク!
-2.2011年、プローブ情報サービスで“安全装置としてのナビ”が普及
-3.2011年、準天頂衛星サービス始動
-4.2011年、マイクロソフトがVICSに対抗して動き出すか?

(5)2012年のテレマティクス市場キーポイント
-1.2012年、アナログ放送帯域活用にて歩行者ナビ市場がブレイク!

(6)2014年のテレマティクス市場キーポイント
-1.2014年、インフラ協調動く!

(7)2015~20年のテレマティクス市場キーポイント
-1.2015~20年、第3次DSRCとしてインフラ協調が本格化

(8)2020年のテレマティクス市場キーポイント
-1.20年、第4次DSRCとして動画像プローブ

4.テレマティクスの分野別可能性分析
4-1.乗用車向け純正テレマティクスサービス市場予測と可能性分析
(1)乗用車向けテレマティクスサービスのアプリ別可能性一覧
表:「乗用車向けテレマティクスサービスのアプリ別可能性一覧」

(2)GSや駐車場におけるDSRC応用自動料金収受サービスの可能性

(3)クルマのエネルギー情報をカーナビのアプリに

(4)エンタメ系サービスの今後

(5)メールサービスの今後

(6)ネットワーク型カーセキュリティサービスの今後
図:「今後のネットワーク型カーセキュリティサービス案」
(7)遠隔故障診断サービスの今後

(8)電子プレートの現状

(9)乗用車向けサービス加入者の利用実態

(10)携帯電話向けサービスとの融合の難しさ

(11)携帯電話向けサービスベンダA社/テレマティクスサービス事業の運用コスト
表:「携帯電話向けサービスの運用コスト内訳」

(12)自動車メーカB社/テレマティクスサービス事業の運用コスト

(13)シンクタンクC社/トヨタと日産の立場

(14)トヨタ、日産、本田の次世代テレマティクス戦略

(15)サービスプロバイダD社/テレマティクスの阻害要因
4-2.乗用車向けアフタテレマティクスサービスの市場予測と可能性分析
(1)ネットワーク型カーセキュリティ市場分析

(2)ネットワーク型カーセキュリティ端末台数推移
表・グラフ:「ネットワーク型カーセキュリティ端末推移(03~10年、台数/金額)

(3)ネットワーク型カーセキュリティ端末台数シェア
表・グラフ:「ネットワーク型カーセキュリティ端末シェア(06年、台数/シェア)
4-3.商用車向けテレマティクスサービス市場予測と可能性分析
(1)運行動態管理システム市場分析
-1.市場の歴史(1985年~)と特徴
-2.市場動向(2001~07年)とその背景
-3.市場推移予測の根拠
-4.メーカシェア
-5.都心部乗り入れ規制で需要拡大か!?
-6.運行動態管理システム・端末台数推移(2003~2010年)
表・グラフ「運行動態管理システム・端末台数推移(2003~2010年)」
-7.2005/06/07年運行動態管理端末台数シェア
表・グラフ「2005/06/07年運行動態管理端末台数シェア」

(2)デジタルタコグラフ市場分析
-1.市場の歴史(1985年~)と特徴
-2.デジタコ台数推移(2003~2010年)
表・グラフ「デジタコ台数推移(2003~2010年)
-3.2005/06/07年デジタコ台数シェア
表・グラフ「2005/06/07年デジタコ台数シェア」

(3)ドライブレコーダー市場分析
-1.市場の歴史と実態
-2.ドライブレコーダー台数推移(2003~2010年)
表・グラフ「ドライブレコーダー台数推移(2003~2010年)」
-3.2005/06/07年ドライブレコーダー台数シェア
表・グラフ「2005/06/07年ドライブレコーダー台数シェア」

(4)商用車向けテレマティクスサービスベンダ実態個票
「個票掲載内容」

1.商用車用車載システム<運行管理(パケット対応)/デジタコ/ドラレコ>販売実績
(車載端末数ベース:05年/06年見込み/07年予測)
2.運行管理システム(ASP型)販売状況
3.運行管理システムの市場動向、将来性
4.ユーザ動向(販売状況の背景、ユーザの業種別導入状況)
5.製品のセールスポイント
6.他の商用車用(BtoB)テレマティクス・アプリの可能性をどう見るか
7.競合他社について

「個票掲載企業名」
-1.いすゞトラックステーション(運行動態管理システム)
-2.日産ディーゼル工業(運行動態管理システム)
-3.富士通(運行動態管理システム/デジタコ)
-4.ドコモ・システムズ(運行動態管理システム)
-5.デンソー(運行動態管理システム/デジタコ)
-6.NTTコミュニケーションズ(運行動態管理システム)
-7.日立製作所(運行動態管理システム)
-8.松下電工ロケーションシステムズ(運行動態管理システム)
-9.日米電子(運行動態管理システム)
-10.矢崎総業(運行動態管理システム/デジタコ/ドライブレコーダー)
-11.ホリバアイテック(デジタコ/ドライブレコーダー)
-12.KYB(ドライブレコーダー)
-13.日本交通事故鑑識研究所(ドライブレコーダー)
-14.練馬タクシー(ドライブレコーダー)
-15.データ・テック(ドライブレコーダー)
-16.富士通テン
4-4.GPS携帯電話向けテレマティクスサービス市場予測と可能性分析
(1)ドコモが拍車をかけたGPS携帯電話向けテレマティクスサービス

(2)GPS携帯電話向けテレマティクスサービス(歩行者ナビ)のポジション

(3)2007年、ナンバーポータビリティで通信モジュールを車載に

(4)2010年、複合メディア搭載テレマティクス端末普及

(5)2011年、準天頂衛星サービス始動

(6)2012年、アナログ放送帯域活用にて歩行者ナビ市場がブレイク!
4-5.インフラ協調システム&サービス市場予測と可能性分析
(1)インフラ協調システム概要
表:「自動車安全システム分類」
表:「アクティブセイフティ(予防安全)システム分類」

(2)インフラ協調システムの概念と狙い
図:「インフラ協調システムの概念図」

(3)路車間通信システムの現状と将来

(4)車車間通信システムの現状と将来

(5)インフラ協調プロジェクトの普及ストーリー

(6)日本サプライヤの本音

5.テレマティクスのメディアはどうなるか
(1)シンクタンクA社/日本のテレマティクスはDSRC-VICS中心で

(2)カーエレメーカB社/世界のITS用メディアはどうなるのか
-1.「ガリレオ+UWB」
-2.24GHz/79GHzレーダ・フュージョンセンサシステム
-3.DSRC

(3)カーメーカC社/車載でのメディアの可能性
-1.車載でのデジタル放送の可能性
-2.車載でのBluetoothの可能性
-3.車載でのモバイルの可能性
-4.電子ナンバープレートの可能性

(4)カーエレメーカD社/車載でのメディアの可能性
表:「米国、欧州、日本におけるインフラ協調システム用メディア」

(5)カーエレメーカE社/DSRC撤廃→GPS携帯電話→RF-ID

(6)半導体メーカF社/ミリ波レーダと通信システムとの統合
-1.mmはレーダ ~検出機能~
-2.RF-IDタグ ~識別機能
-3.通信統合ミリ波センサー

(7)半導体メーカG社/WiMAXによるテレマティクス

(8)カーエレメーカH社/利用メディアの違いによるテレマティクスサービス差異
表:「利用メディアの違いによるテレマティクスサービス差異」

(9)カーエレメーカI社/DSRCの車への応用
-1.ETC車載機のID利用サービス
-2.(官)次世代道路サービス
-3.(民)決済・情報提供サービス

(10)携帯電話関連メーカJ社/デジタルラジオの可能性

(11)カーメーカK社/3G携帯電話の問題

(12)カーエレメーカL社/RF-IDの可能性

(13)カーエレメーカM社/DSRCの可能性と問題点

(14)カーエレメーカN社/車々間通信で期待のアナログ放送&DSRCホッピング

(15)カーエレメーカO社/DSRCと無線LANの比較
表:「DSRCと無線LAN比較」

(16)カーエレメーカP社/歩行者&自転車向けインフラ協調用メディア
-1.携帯電話
-2.DSRC
-3.無線LAN

(17)カーエレメーカQ社/歩行者&自転車向けインフラ協調用メディア

(18)カーエレメーカR社/世界の路車間通信、その規格とアプリはどうなる?

(19)総務省/車載用BWAとその利用シーン
図:「4Gモバイルが出るまでのBWAロードマップ」

(20)総務省/ITSに用いられる通信と要素技術
図:「ユビキタスのITS研究開発(研究開発の推進)」
表:「ユビキタスITSの研究開発(研究開発する要素技術)」

Ⅱ.データ編(1)商用車向けサービス
市場動向と参入企業戦略

1.当レポート第ⅤⅡ章掲載 商用車向けテレマティクスサービス
個票83社リスト(2006年12月調査)
「個票掲載内容」
サービス業者名・サービス名・サービス開始時期・継続状況・
現状のサービス実態(加入者数・アクセス数等)・個票掲載頁

2.2004年版レポート掲載 商用車向けテレマティクスサービス
個票87社リスト(2006年12月追跡調査)
「個票掲載内容」
サービス業者名・サービス名・サービス開始時期・継続状況・
現状のサービス実態(加入者数・アクセス数等)・個票掲載頁(04年度版掲載)

3.商用車向けテレマティクス市場 全体動向
3-1.運行動態管理システムメーカA社/今後の有力企業はココだ!

3-2.エコドライブシステムメーカB社/導入時の実態と問題点

3-3.デジタルタコグラフメーカC社/進む運行動態管理&エコドライブとの一体化

3-4.ドライブレコーダメーカD社/まだまだ全貌掴みきれない注目市場

3-5.ETCメーカE社/難しいETC搭載義務化

3-6.矢崎総業/中型以下のトラック需要狙い、車載端末融合化を推進

3-7.矢崎総業/商用車向け車載端末の将来

表:「商用車向けテレマティクス車載端末の一覧」

3-8.日産自動車/次世代商用車向テレマティクス

3-9.日本IBM/新時代の物流サービスをこう考える

4.運行動態管理システム市場動向,有力企業の戦略
4-1.いすゞ自動車/次世代テレマティクス戦略商品「みまもり君」

4-2.デンソー/運行動態管理システム5つの製品ラインアップ
-1.PATRACS(パトラックス)
-2.OmniTRACS(オムニトラックス)
-3.ユートラックス
-4.MBC2002富士通製)
-5.ナビスタント
表:デンソー/5製品比較表
4-3.デンソー/ITソリューションベンダとしてのデンソー

4-4.運行管理システムメーカA社/運行管理システムメーカとしてのいすゞと日野

4-5.ドコモマシンコム/運行動態管理システム

4-6.富士通/デジタコと運行動態管理システムの“今”と“将来”

4-7.矢崎総業/運行動態ASP

4-8.トワード物流/運行動態管理システム
表:TRU-SAMの車載端末1台当たりの費用効果金額

4-9.トヨタ自動車/トヨタの商用車向けテレマティクス

4-10.NTTソフトウェア/運行動態管理システム

4-11.ダックシステム/ケータイ運行管理「Lap Movewr」

4-12.KDDIau/GPSMAP

4-13.クラリオン/商用車向けテレマティクス

4-14.ドコモマシンコム/運行管理ASP
表:GPS機能付き携帯電話での申し込み一覧表
表:位置専用携行型端末での申し込み一覧表

4-15.シンクタンクA社/デンソーに携帯型運行動態管理システムができるのか?

4-16.光栄/統合輸配送管理システム
表:「『配車エキスパートK220』とデジタコの比較表」

5.エコドライブシステム市場動向,有力企業の戦略
5-1.省エネ法改正の概要とポイント
荷主の義務・輸送業者の義務・データ取得の方法

5-2.いすゞ自動車&KDDI/みまもりくんオンラインサービス

5-3.ドコモ・システムズ/エコドライブ推進プロジェクト
図:「ドコモのエコドライブサポートシステム

5-4.日野自動車/エコドライブ支援システム

5-5.シンクタンクA社/ガソリン高時代のテレマティクス「燃費向上サービス」

6.デジタルタコグラフ市場動向,有力企業の戦略
6-1.タコグラフ搭載義務化の現状

6-2.エコドライブシステムの分類
表:「エコドライブシステムメーカの3分類」

6-3.松下電器産業/商用車用マルチ端末の次世代戦略

6-4.カーエレメーカA社/A社の考えるデジタコ市場の狙い目

6-5.カーエレメーカB社/デジタルタコグラフの次世代ロードマップ

6-6.カーエレメーカC社/アナログタコ→デジタコシフト時代のサバイバル戦略

6-7.モバイルリンク/大塚商会とのアライアンス

7.ドライブレコーダ市場動向,有力企業の戦略
7-1.カーエレメーカA社/ドラレコの普及のキーポイントと問題点

7-2.シンクタンクA社/ドラレコ

7-3.都バス/ドライブレコーダ導入

7-4.三菱電機/ドライブレコーダの現状と将来性

7-5.物流会社B社/セイフティレコーダ導入効果

7-6.データテック/セイフティレコーダ

7-7.松下/ドラレコは乗用車向けには難しい

7-8.KYB/ドラレコは乗用車向けで大きく伸びる

7-9.カーエレメーカC社/ドラレコはタクシー○、トラック運送▼

7-10.デンソー/ドラレコのマルチ一体化の8t線引き論
表:「搭載車両別」ドラレコとデジタコの一体化」

7-11.シンクタンクD社/ドラレコは欧州プローブカー端末化する

7-12.シンクタンクE社/ドラレコの効果

7-13.シンクタンクF社/ドラレコ普及の可能性

7-14.カーエレメーカG社/ドラレコの4分類

Ⅱ.データ編(2)乗用車向けサービス
市場動向と参入企業戦略

1.当レポート第ⅤⅠⅠ章掲載乗用車向けテレマティクスサービス
個票18社リスト(2006年12月調査)
「個票掲載内容」
サービス業者名・サービス名・サービス開始時期・継続状況・
現状のサービス実態(加入者数・アクセス数等)・個票掲載頁

2.2004年版レポート掲載乗用車向けテレマティクスサービス
個票31社(2006年12月追跡調査)
「個票掲載内容」
サービス業者名・サービス名・サービス開始時期・継続状況・
現状のサービス実態(加入者数・アクセス数等)・個票掲載頁(04年度版掲載)

3.トヨタ・ホンダ・日産のテレマティクス比較
3-1.トヨタ/G-BOOK ALPHA

3-2.ホンダ/インターナビ・プレミアムクラブ

3-3.日産/カーウィングス

4.3社のアプリ分野別にみた注力度比較

5.トヨタ・ホンダ・日産のテレマティクス料金プラン
(1)トヨタ/G-BOOKの料金プラン

(2)ホンダ/インターナビ・プレミアムクラブの料金プラン

(3)日産/カーウィングスの料金プラン

6.乗用車メーカ別テレマティクスサービス採用一覧
表:「乗用車メーカ別テレマティクスサービス採用一覧」

7.自動車メーカの戦略,考え方
7-1.シンクタンクA社/自動車メーカが目指すべきもの

7-2.カーナビメーカB社/インターナビ・プレミアムクラブ強さの秘密
表:「最新の乗用車向け純正テレマティクスの現状」

7-3.シンクタンクC社/日本のテレマティクスの行方

7-4.シンクタンクD社/日本版Eコールの結果

7-5.自動車メーカE社/プローブ情報サービスの次世代ロードマップ

7-6.本田技研工業/プローブ情報システムの将来

7-7.本田技研工業「プレミアムクラブ」の次世代戦略

7-8.トヨタ自動車のITSのイメージ

7-9.トヨタ自動車/地図差分配信技術を開発

7-10.トヨタ自動車のITS組織

7-11.トヨタ自動車「G-BOOK ALPHA」の特徴
-1.ヘルプネット
-2.G-セキュリティ
-3.Gルート検索
-4.G-SOUND
-5.オペレータサービス
7-12.日産自動車「カーウィングス」の特徴

7-13.カーエレメーカF社/日産のITS戦略

7-14.カーエレメーカG社/コンパスリンク利用状況をふりかえって

8.カーナビ&カーエレメーカの戦略,考え方
8-1.カーエレメーカA社/松下電器産業のITS戦略を語る
-1.ITS中長期計画
-2.G-BOOK事業
-3.DSRC事業に注力する理由
8-2.松下電器産業/クライアント端末の性格に応じた配信内容シフト

8-3.カーエレメーカB社/地上波デジタル戦略

8-4.シンクタンクC社/UIMカード戦略

8-5.カーナビメーカD社/カーメーカのテレマティクス  176

8-6.クラリオン/iフォーマットでのテレマティクス

8-7.アルパイン/ルーフのテレマティクス


8-8.ケンウッド/DLNAによるテレマティクス

8-9.デンソー/「G-BOOK ALPHA」用リモートセキュリティシステム

8-10.富士通テン/テレマティクスへの姿勢

8-11.シンクタンクE社/ナビメーカ次の一手

8-12.NEC/市販テレマティクス

8-13.日立/交通情報ソリューション

8-14.カーエレメーカF社/プローブ情報サービス

8-15.シンクタンクF社/ドラレコ市場分析

9.サービスサプライヤの戦略,考え方
9-1.エディア/VICS利用テレマティクス戦略

9-2.PNDメーカA社/PNDでのテレマティクス戦略

9-3.サービスサプライヤB社/国内テレマティクスサービスの可能性
(1)モバイル放送
(2)ナビタイム
(3)VICS
9-4.サービスサプライヤC社/地理空間法案地図事業は国家的サービスに

9-5.キーウォーカー&ゼンリン/位置情報ポータルサイト

9-6.VICS/VICSの海外進出

9-7.VICS/VICSの事業モデル

9-8.シンクタンクD社/VICSの競合は現れるのか


9-9.シンクタンクE社/(財)データベース振興センター

9-10.ゼンリン/ゼンリンの次世代戦略

9-11.サービスベンダF社/リアルタイムオートオークションサービス

9-12.サービスベンダG社/インターネットITSの概念とコンテンツ提供
(1)基本ケース型
(2)モバイルインターネットサービス型
(3)マルチキャスト型サービス
(4)複合メディア利用ケース
図:「インターネットITSの概念図」
9-13.自動車メーカH社/クルマはウェアラブルコンピュータになりうるか?

9-14.サービスベンダI社/インターネットITSの稼動性

9-15.サービスベンダJ社/市販テレマティクス

9-16.カーディーラK社/リモートカーメンテナンスサービスの可能性


9-17.翼システム/(株)ブロードリーフ設立

9-18.サービスベンダL社/駐車中のカーメンテサービス

9-19.サービスベンダM社/クルマへの広告&クーポン配信

10.通信関連企業の戦略,考え方
10-1.カーナビメーカA社/日本と世界の衛星の現状

10-2.カーナビメーカB社/日本のGPS衛星の現状

10-3.通信機メーカC社/日本のLBS市場の始動

10-4.KDDIとゼンリン/カメラ携帯電話とリアルマップを利用した新アプリ

10-5.モバイルキャスト/Bluetoothによるテレマティクス環境

10-6.サービスベンダD社/インターネットITSの新潮流

11.IT関連企業の戦略,考え方
11-1.IT業界有識者/カーセンサと融合する自動車保険商品

11-2.IT業界有識者/Web2.0的サービスとしてのプローブ情報サービス

11-3.IT企業A社/テレマティクスの将来

Ⅱ.データ編(3)GPS携帯電話向け

(歩行者ナビ)サービス市場動向と参入企業戦略

1.当レポート第ⅤⅡ章掲載GPS向けテレマティクスサービス
個票85社リスト(2006年12月調査)
「個票掲載内容」
サービス業者名・サービス名・サービス開始時期・継続状況・
現状のサービス実態(加入者数・アクセス数等)・個票掲載頁

2.2004年版レポート掲載GPS向けテレマティクスサービス
個票52社(2006年12月追跡調査)
「個票掲載内容」
サービス業者名・サービス名・サービス開始時期・継続状況・
現状のサービス実態(加入者数・アクセス数等)・個票掲載頁(04年度版掲載)

3.通信関連企業の戦略,考え方
3-1.KDDI/auのITS戦略

3-2.通信キャリアA社/車載機向け通信モジュールの可能性と問題点

3-3.通信業界識者/au携帯電話のITS利用技術のキーポイント~2010年予測
(1)ハンズフリー
(2)ベクトル地図ビューア
(3)2次元コードとの連携
(4)3次元歩行者ナビ
(5)ウルトラ3G
(6)3G
3-4.NTTドコモ/自動車と携帯電話

3-5.NTTドコモ/携帯電話のコンテンツとはどういうものか

3-6.NTTドコモ/携帯電話のエリア別使われ方とテレマティクス

3-7.通信キャリアB社/ケータイと車載端末のプラットフォーム融合

3-8.カーエレメーカC社/日本版e911を正式発表

4.サービスサプライヤの戦略,考え方
4-1.サービスサプライヤA社/携帯電話向けテレマティクスの有力プレーヤ達
(1)ナビタイム
(2)エディア
(3)アドバンストメディア
4-2.サービスサプライヤA社/携帯電話向けテレマティクスの有力プレーヤたち
(1)音楽
(2)地図を利用したインフォメーション
(3)地図を利用した広告やクーポン
4-3.サービスサプライヤC社/テレマティクス用端末は何になるのか

4-4.サービスサプライヤD社/トヨタ&ドコモのアライアンス

4-5.サービスサプライヤE社/auとドコモのGPS携帯電話戦略の違い

4-6.サービスサプライヤF社/DSRCの撤廃→GPS携帯電話→RF-ID

4-7.サービスサプライヤG社/歩行者ナビはフルマップナビ導入版

4-8.ナビタイム/サービスと会員数の推移
表「サービスと会員数の推移」

4-9.シンクタンクH社/ナビタイムの世界戦略を分析する
-1.北米戦略
-2.欧州戦略
-3.中国戦略
4-10.シンクタンクI社/ナビタイムも油断できない米国企業の逆襲  222
表「主要各国の国際戦略キーワード一覧」

4-11.コンテンツサプライヤJ社/「カワイくて持って歩きたい地図」が
テレマティクス市場をリードする

4-12.コンテンツサプライヤK社/テレマティクスの地図メーカ・サバイバル

4-13.コンテンツサプライヤL社/テレマティクス時代の地図コンテンツビジネス

4-14.コンテンツサプライヤL社/地図コンテンツメーカの問題

4-15.コンテンツサプライヤM社/携帯電話というメディアのすごさ  226

4-16.コンテンツサプライヤN社/カーナビと歩行者ナビの違い

4-17.コンテンツサプライヤO社/3Dマップの可能性

5.IT関連企業の戦略,考え方
5-1.三菱電機/位置情報サービス戦略
-1.Coco-DATES(ココデイツ)サービス
-2.PASサービス
-3.AQLOC(端末)
5-2.富士通/GPS携帯電話用サービス

5-3.Google /Google Mapsの可能性
図:「Google Mapsのマッシュアップサービス携帯」

Ⅱ.データ編(4)海外テレマティクスサービス

市場動向と参入企業戦略

1.海外テレマティクス概要
1-1.世界に打ち出すクルマのネットワーク化

1-2.欧・米・日本・アジアのITSテレマティクス
(1)エリアごとの違い
(2)北米のITSテレマティクス状況
(3)欧州のITSテレマティクス状況
(4)日本のITSテレマティクス状況
(5)アジアのITSテレマティクス状況

2.欧州テレマティクス市場の実態と各社企業戦略
2-1.カーメーカA社/欧州テレマティクス端末は高機能PNDになる

2-2.カーメーカB社/欧州のフローティング(プローブ)カーシステム
(1)欧州テレマティクスサービスの特徴

(2)英国フローティングカーサービス「FCD」(IT IS社)
-1.概要
-2.IT IS社のFCD機能
-3.顧客ニーズ
-4.システム概要
-5.ビジネスモデル
-6.同社がこれまで学んだこと
2-3.カーメーカC社/欧州の緊急通報システム

2-4.カーメーカD社/欧州のテレマティクスサービス有力ベンダの現状  241
-1.Fleetstar‐OnlineATX
-2.BMW Assist(BMW)
-3.Connected Drive(BMW)
-4.COMANDシステム(メルセデス・ベンツ)
-5.Volvo On Call
-6.bCONNECT
2-5.カーメーカF社/欧州の位置情報衛星戦略

2-6.カーメーカG社/欧州リアルタイム交通情報
表:「TMCのサービスプロバイダ」

2-7.カーナビメーカH社/欧州ナビ&車載端末市場動向

3.北米テレマティクス市場の実態と各社企業戦略
3-1.カーメーカA社/北米でのテレマティクスサービス

3-2.カーエレメーカB社/北米でのテレマティクスサービス
表:「米国の車両データを用いたテレマティクスサービス事例」

3-3.OnStar/北米での魅力は「遠隔車両診断システム」にあり
-1.概要
-2.サービス内容
-3.利用方法
-4.設置例
-5.OnStar普及の要因
-6.OnStarの課題
3-4.ATX Technologies/車両データ管理システムで北米テレマティクスをリード
表:「ATX社の主要な車両データ管理システム」

3-5.Networkcar/インターネットによる車載故障診断サービス

3-6.511サービス/旅行者向けの携帯電話&インターネット情報サービス
-1.概要
-2.511コールの活動目標
-3.511コールの特徴
-4.511コールの目標
3-7.ホンダ/XM衛星ラジオ利用テレマティクス
(1)オンスターとの違い

(2)ガラスアンテナ利用でカーデザインに配慮
表:「XM NavTrafficのメッセージ内容」
図:「XM NavTrafficのシステム構成」

(3)XMサテライトの技術原理
図:「XMサテライトラジオ受信原理」
図:「XMサテライトラジオオーディオシステム」
3-8.Traffic.com/多様な交通情報源とユーザニーズの橋渡し
-1.概要
-2.ミッション
-3.特徴
-4.ビジネスモデル
-5.公共機関に与える利点
3-9.GENTEX/バックミラー型GM「オンスター」端末
表:「GENTEX社のバックミラーオンスタ端末の製品一覧」

3-10.Google Earth/VWニューコンセプト車両「カメレオン」用ナビ開発

3-11.Google /カーナビに近づくGoogle Maps

3-12.マイクロソフト/Win EmbeCEのGPSシステム開発応用

3-13.マイクロソフト/Blue&Me Navはナビ機能に加え内蔵電話、GPSを搭載

Ⅱ.データ編(5)インフラ協調システム

(路車間通信/車車間通信/人車間通信
市場動向と参入企業戦略

1.インフラ協調システムの推移と推進体制
1-1.日本のインフラ協調におけるプロジェクト推移
図:「インフラ協調の推移~2010年」

1-2.日本のインフラ協調推進体制
図:「日本のインフラ協調プロジェクト推移」

1-3.世界のインフラ協調プロジェクトの最新動向
(1)日欧米のITS/インフラ協調プロジェクト推移&比較
図:「欧米のITSプロジェクト推移」
図:「日欧米の車々間通信プロジェクト比較」
(2)欧州のITS/インフラ協調プロジェクトの最新動向
(3)北米のITS/インフラ協調プロジェクトの最新動向
1-4.インフラ協調プロジェクトの普及ストーリー
(1)インフラ協調プロジェクトの普及の流れ
(2)スカイプロジェクトにおける路車間/車車間実験
(3)スカイプロジェクトにおける人車間システム

2.路車間通信システムの可能性分析
2-1.路車間通信システムの通信インフラ
表:「日欧米の路車間/車車間システム用通信規格比較表」

2-2.路車間通信システムの普及タイムスケジュール

2-3.路車間通信システムの有望アプリケーション

2-4.道路標識インフラとしてのDSRC路車間通信システム

2-5.プローブ情報システムの可能
(1)プローブ情報システムの現状
(2)プローブ情報システムの主な用途
表:「プローブ情報システムの用途
(3)プローブ情報システムの問題
(4)プローブ情報システムの運用イメージ
図:「プローブ情報システムの運用イメージ」  273

3.車々間通信システムの可能性分析
3-1.車々間通信システムの実態
(1)車々間通信システムの概要
(2)車々間通信システムの最新動向
(3)車々間通信システムが目指すもの
(4)車々間通信システムの2006年進展状況
(5)車々間通信システムの特徴
3-2.車々間通信システムのアプリケーション
(1)車々間通信システムのアプリ分野
図:「車々間通信のアプリ分野」
(2)車々間通信システムの周波数別に見たアプリケーション
(3)車々間通信システムアプリケーション
(安全系)、(効率系)、(娯楽系)
3-3.車々間通信システムの実現課題

3-4.車々間通信プローブの可能性
(1)車々間通信プローブの特徴
表:「車々間通信プローブの特徴」
(2)車々間通信プローブのアプリ
(3)車々間通信プローブの問題点
(4)車々間通信プローブの民間利用
3-5.車々間通信システムの普及シナリオ

3-6.世界における車々間通信システムの最新動向
表:「欧米の主要な車々間通信システムプロジェクト/団体」

4.人車間通信システムの可能性分析
4-1.人車間通信システムの概要

4-2.人車間通信システムの世界エリア別需要分析

4-3.人車間通信システム普及の可能性と問題点

4-4.人車間通信システムのHMI

4-5.人車間通信システム普及へのスケジュール

4-6.人車間通信システムの参入プレーヤ

5.主要メーカの動向,考え方
5-1.トヨタ自動車/インフラ協調システムの狙いと種類

5-2.日産自動車/「SKYプロジェクト」の実施は2010年を超えて

5-3.本田技研工業/インフラ協調システムも自前主義で推進

5-4.欧州3大B(BENZ、BMW、ボッシュ)のインフラ協調戦略
-1.BENZの開発注力ポイント
-2.BMWの開発注力ポイント
-3.ボッシュの開発注力ポイント
5-5.日本自動車業界のインフラ協調開発戦略

5-6.NEC/車々間通信システム開発に注力

5-7.日本自動車業界のDSRC開発戦略

5-8.沖電気工業/ユビキタス無線ネットワーク接続機器の開発

6.海外インフラ協調システムの状況
6-1.欧・米・日のITS/インフラ協調の組織
図:「欧・米・日のITS/インフラ協調推進組織」
図:「欧・米・日のITS/インフラ協調推進組織の連携状況」
図:「欧・米・日のインフラ協調推移ロードマップ」
6-2.欧州のインフラ協調システム
(1)e-Safetyフォーラム概要

(2)e-Safetyの研究・開発プロジェクト
-1.AIDE
-2.EASIS
-3.GST
-4.HUMANIST
-5.PreVENT
-6.C2CCC
6-3.米国のインフラ協調システム
(1)運輸省主導のプロジェクト
表:「米国運輸省のITS関連主要プロジェクト」
(2)VII(Vehicle Infrastructure Integration)
(3)CICAS(交差点事故防止)
(4)GM-Develops vehicles with a sixth sense-
(5)DCX-vehicle Infrastructure Integration(VⅡ)
(6)BMW-Advanced probe vehicle safety application
(7)VW of America-VⅡ for safety and Mobility
(8)MN-DOT-Intersection Decicion Support-
(9)SAFESPOT(IP)

Ⅲ.個票編
テレマティクス・サービスベンダの個別実態
(テレマティクスサービス事業者186社個票掲載)

「個票掲載内容」
企業名・所在地・サービス名・加入者数・サービス内容・サービス料金・
ハードウェア価格・データ通信の方法・現時点や今後のサービス展開

乗用車向けテレマティクスサービス個票18社リスト
トヨタ、日産、本田、加藤電機、パーク24、三菱商事、インクリメント・ピー/三井物産、他18社

商用車向けテレマティクスサービス個票83社リスト
いすゞ自動車、日産ディーゼル工業、日野自動車、矢崎総業、デンソー、住友電工フィールドシステム、
松下電工インフォメーションシステムズ、ドコモ・システムズ、NECシステムテクノロジー、
NECソフト、沖電気工業、NTTコミュニケーションズ、三菱電機、日立モバイル、
他83社
GPS携帯電話向け(歩行者)テレマティクスサービス個票85社リスト
ナビタイムジャパン、セコム、CSPセントラル警備保障、ゼンリンデータコム、エディア、
ドコモシステムズ、伊予エンジニアリング、ユニアデックス、KDDI(au)、ドコモシステムズ、
楽天トラベル、松下電器産業、バンダイ/ウィルコム、YOZAN、中部日本電気ソフトウェア、
他85社

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 178,200円 (本体 165,000円 消費税 13,200円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C48116430 2006年度版 太陽電池部材市場の現状と将来展望
C48116500 2007年版 中国自動車部品の世界調達実態 ~メーカー別・部品別詳細解剖~
C48114200 2007 ITアウトソーシングサービス市場の実態と将来展望
C49106400 2007 訪問販売市場白書
C49201300 2007年版 ブロードバンド白書