2002~03年版 カーナビゲーション/車載用情報通信システム市場

発刊日
2002/06/28
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 340頁
資料コード
C43111200
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

はじめに

第1章.カーエレクトロニクスの進化とITS市場に関する考察

Ⅰ.日本における自動車生産台数の現状と将来予測

表「四輪車生産台数(国内)」
表「四輪車新車登録台数・軽自動車販売台数(国内)」
表「乗用車輸出台数(国内)」
表「世界全体の自動車生産台数」
表「世界地域別生産台数(乗商合計)」
Ⅱ.次世代自動車(ITSカー)の出現とその背景
1. ITSは、ひとまず電機メーカにシフト
2. 自動車はエレクトロニクスの固まり。重要技術はモータ、電池、CCD、液晶/EL
3. 変わる自動車業界ピラミッド構造、変わるコア事業
4. 走行系・ボディ系装置にも情報通信技術が多用されていく
表「期待される次世代カーエレクトロニクス装置一覧表」
5. カーエレ装置の進化と、ITSカー出現のスケジュール
表「カーエレクトロニクス装置進化の歴史」
6. AHS、JSKの存在意義


第2章.カーナビゲーション/車載端末の市場実態と次世代戦


Ⅰ.カーナビゲーション市場のこれまでの推移概要(81~2002年度)

Ⅱ.ナビ・メーカの流通ルート別参入状況
1.国内  2.欧州  3.米国
表 「ナビ・メーカの流通ルート別参入状況一覧(標準搭載・メーカOP/ディーラOP/市販/OEM、調達先)」
Ⅲ.カーナビゲーションシステム参入企業/製品一覧表(2002年6月の状況)
・表「流通ルート別ナビ製品一覧(ブランドメーカ、製造メーカ、システム名、発売時期、搭載車種、ユーザ小売価格、発売時期、モニタ<付属・別売・一体型>状況、ネットサービス対応状況、VICSアダプタ、音声入出力対応状況、地図ソフト規格、製品の特徴)
(1)標準搭載(自動車メーカ別)   (2)メーカOP(自動車メーカ別)
(1) ディーラOP(自動車メーカ別)  (2)市販(カーナビメーカ別)
Ⅳ.国内カーナビ市場分析
Ⅳ-1.国内 カーナビ市場分析
Ⅳ-1-1.2001年カーナビ市場動向
表「カーナビの台数ベース市場規模推移 01/00年」
Ⅳ-1-2.2002年カーナビ市場動向
表「カーナビの台数ベース市場規模推移02/01年」
Ⅳ-1-3.コスト動向
Ⅳ-2.国内カーナビ市場規模/メーカシェア
(2000/01/02年、台数ベース、流通チャネル別<市販/ディーラOP/ メーカOP/OEM>)
表「カーナビゲーション市場規模/メーカシェア(国内2000年度)」
表「カーナビゲーション市場規模/メーカシェア(国内2001年度)
表「カーナビゲーション市場規模/メーカシェア(国内2002年度見込み)」
グラフ 「2000年国内カーナビ市場メーカシェア(台数)」
グラフ 「2001年国内カーナビ市場メーカシェア(台数)」
グラフ 「2002年国内カーナビ市場メーカシェア(台数見込み)」

Ⅳ-3.国内カーナビ チャネル別市場規模(市販/ディーラOP/メーカOP
表「チャネル別市場規模/メーカシェア(国内2000年度)」
表「チャネル別市場規模/メーカシェア(国内2001年度)」
表「チャネル別市場規模/メーカシェア(国内2002年度見込み)」
グラフ 「2001年国内市販市場メーカシェア」
グラフ 「2002年国内市販市場メーカシェア(見込み)」
グラフ 「2001年国内ディーラOP市場メーカシェア」
グラフ 「2002年国内ディーラOP市場メーカシェア(見込み)」
グラフ 「2001年国内メーカOP市場メーカシェア」
グラフ 「2002年国内メーカOP市場メーカシェア(見込み)」

Ⅳ-4.国内カーナビゲーション2005年市場予測
Ⅳ-4-1.~2005年 国内カーナビ市場予測
Ⅳ-4-2.1993~2005年 国内カーナビ市場推移(市場規模・価格・新車への搭載率、他)
表「カーナビの国内市場規模(純正/市販別)・出荷価格・新車への搭載率推移(93~2005)①」
表「カーナビの国内市場規模(純正/市販別)・出荷価格・新車への搭載率推移(93~2005)②」
図表「カーナビの国内1990~2005年市場推移予測」
Ⅴ. 海外カーナビ市場分析
Ⅴ-1.欧米 カーナビ市場分析
Ⅴ-1-1.欧米カーナビ市場概要
Ⅴ-1-2.欧州カーナビ市場分析
Ⅴ-1-3.米国カーナビ市場分析
Ⅴ-2.欧米カーナビゲーションの市場規模推移予測95~2005年(台数)
グラフ「欧州/米国カーナビ市場推移予測(95~2005年)」

Ⅴ-3.欧米カーナビ市場メーカシェア(2001/2005年)
表「カーナビゲーション欧州市場/メーカシェア(2001/2005年度)」
表「カーナビゲーション米国市場/メーカシェア(2001年度)」

Ⅴ-4.欧米カーナビ参入企業の戦略,考え方
(1)デジタル地図メーカA社/日・欧・米のテレマティクス端末の違い(欧米)
(2)カーナビメーカB社/アイシンAWの海外戦略(欧)
(3)カーナビメーカC社/揺れ動く欧州カーナビメーカ(欧)
(4)カーナビメーカD社/デンソーのカーナビ世界戦略(欧米)
(5)カーメーカE社/日・欧カーナビ市場規模(欧)
(6)カーナビメーカF社/ノキアに学ぶべき欧州カーナビ戦略(欧)
(7)マイクロソフト/米国 車載プラットフォームへの進出(米)

Ⅴ-5.アジア カーナビ参入企業の戦略,考え方
(1)東南アジア/シーメンスVDOのカーナビ事業展開
(2)台湾/日産カーナビ動向、ITSの国家戦略
(3)カーナビメーカB社/トヨタの中国戦略
(4)カーナビメーカC社/現代自動車の韓国戦略
(5)豪州/トラックで進化、ナビはデンソーが展開
Ⅵ.次世代車載端末市場予測と分析
Ⅵ-1.国内市販市場の通信ナビ/DVD、CD,HDDナビ/ポータブルナビ推移予測
表 99~05年市販通信カーナビ市場規模推移
表 01/02年形態別メーカシェア<通信ナビ/DVD/CD/HDDナビ、ポータブル>

Ⅵ-2.通信型カーナビ市場
Ⅵ-2-1.通信カーナビ市場分析
Ⅵ-2-2.主要企業の通信カーナビに参入動向,考え方
(1)パイオニア/通信カーナビで「シミュレーション・ルートガイダンス」
(2)ケンウッド/地図配信型カーナビで、リアルタイム地図
(3)東芝/東芝の考えるテレマティクス&In-Car Computing
(4)カーナビメーカA社/車載メディアは何がいいか
(5)カーナビメーカB社/HDRカーナビ
(6)九州松下電器/「でるナビ」用ネットはPHS

Ⅵ-3.HDDカーナビ市場
Ⅵ-3-1.HDDカーナビ市場分析
Ⅵ-3-2.某ヘビーユーザが感じたHDDカーナビ
表「某カーナビヘビーユーザが感じた主要HDDカーナビ比較表」
Ⅵ-3-3.主要各社のHDDナビ戦略,考え方
(1)主要カーメーカ、カーナビメーカ/2002年、HDD製品投入進む
(2)パイオニア/次世代通信カーナビ戦略
(3)松下グループ/HDDカーナビ戦後の松下カーナビ再編成
(4)カーナビメーカA社/パイオニアHDDナビにおける音楽コンテンツ取り扱い
(5)東芝/カーナビ用HDDドライブ
(6)カーナビメーカA社/HDDナビが売れて、利益減少か!?
(7)カーナビメーカB社/著作権でもめた!? HDD
(8)アルパイン/HDDナビでも本格派を狙う
(9)パイオニア/ナビ用HDD発注は、発売半年前、突然に!
(10)パイオニア/パソコン事業失敗の原因
(11)松下通信工業/HDDカーナビ発売遅れの原因
(12)カーナビメーカC社/HDDカーナビの欠点
(13)アイシンAW/トヨタの配信事業に対応するも、提携は系列外も考えていく
(14)カーナビメーカE社/HDD調達の難しさ
(15)HDDメーカF社/カーナビ用HDDの問題と可能性
(16)松下通信工業/業務用HDDナビ
(17)ソニー/HDDカーナビに対する考え方
(18)カーナビメーカG社/IBM「マイクロドライブ」
(19)KDDI/車載での音楽コンテンツ・ダウンロードの可能性
(20)大同特殊鋼/車載記憶装置の今後
(21)三菱電機/HDDカーナビに対する考え方
(22)富士通/米国ハーツ用HDD

Ⅵ-4.カーPC市場
Ⅵ-4-1.カーPC市場分析
Ⅵ-4-2.主要各社のカーPC戦略,考え方 120
(1)クラリオン/オートPC「CADIAS」でテレマティクスを狙う
(2)カーエレメーカA社/カーPCのインタフェース、開発動向、記憶装置
(3)カーエレメーカB社/将来のHDDナビにはソフトモデム搭載必須!?
(4)カーエレメーカC社/カーPCの出荷状況
(5)マイクロソフト/WCE+A戦略
(6)パイオニア/カーPC戦略
(7)ケンウッド/カーPC戦略
(8)デンソー/WinCEカーナビ

Ⅵ-5.車載PDA市場
Ⅵ-5-1.車載PDA市場分析
Ⅵ-5-2.主要各社の車載PDA戦略,考え方
(1)シンクタンクA社/車載PDAについての考察
(2)シンクタンクB社/車載PDAにおける日本・欧州の違い
(3)シンクタンクC社/ノキアのテレマティクス端末製造は?
(4)シンクタンクD社/女性ニーズが車載PDA推進の原動力か
(5)シンクタンクE社/車載PDAの流通チャネルはどこになるか
(6)仮想移動体通信事業者F社/車載PDAの需要は無い
(7)トヨタ/次世代カー「POD」での車載PDA
(8)カーエレメーカG社/車載PDAの狙いは業務用車両市場
(9)カーエレメーカH社/車載PDAの世界市場予測
(10)カーナビメーカI社/車載PDAは欧州、純正、軽自動車だ
(11)カーナビメーカJ社/車載PDA市場の参入企業動向
(12)カーナビメーカL社/アイシン精機の車載PDA戦略
(13)カーナビメーカM社/パイオニアの車載PDAに対する考え方
(14)三洋電機/車載PDAよりも、「軽の女性向車載端末」が重要
(15)三洋電機/携帯型カーナビ、GPSケータイと三つ巴の戦い
(16)九州松下電器/車載PDAは時期尚早も、今後は未定
(17)日立製作所/次世代車載端末市場のタイムスケジュール
(18)富士通テン/マンナビはいけるが、車載PDAは難しいのでは
(19)NEC/カルソニックカンセイと提携
(20)セイコーエプソン/GPSケータイは脅威だ
(21)ヒューレットパッカード/GPSケータイは脅威

Ⅵ-6.オフボードカーナビ市場
Ⅵ-6-1.オフボードカーナビの概念と市場の現状
Ⅵ-6-2.主要各社のオフボードカーナビ戦略,考え方
(1)カーナビメーカA社/オフボードカーナビ時代の問題点
(2)カーナビメーカB社/やがてはHDDナビと融合していく
(3)富士通テン/オフボードカーナビが純正採用
(4)パイオニア/オフボードカーナビは車載PDAと融合していく
(5)三洋電機/オフボードカーナビは業務用から
(6)マイクロソフト/HCXと「PPAS」仕様の次世代カーナビ共同

Ⅵ-7.主要企業の次世代車載端末戦略
(1)東芝/車載端末の次世代モデル
(2)トヨタ/トヨタのカーナビ用OS
(3)デンソー/高齢者向けナビではなく、運動能力対応ナビ
(4)カーナビメーカA社/標準搭載大型モニタと、リムーバブル車載端末のシステム
(5)カーナビメーカB社/1リットルカー搭載カーナビ
(6)アルパイン/今後の製品系列
(7)HCX/組織体系と狙い
(8)カーナビメーカC社/2005年「モービルオフィス」のアプリ(前回流用)
(9)カーエレメーカD社/カーPCによる車両制御のアプリ(前回流用)
(10)カーナビメーカE社/部品ごとの故障診断表示 (前回流用)
(11)カーナビメーカF社/カーPCは、外部にメインサーバ持つ「音声認識クライアント端末」になる(前回流用)
(12)通信機器メーカG社/制御系カーPCの概念 (前回流用)

第3章.車載用情報通信システムの品目別/市場実態と将来予測


■車載用情報通信システムの定義(カーナビ以外)
表「第Ⅲ章の調査対象品目と調査目的

Ⅰ.VICS受信機市場
Ⅰ-1.市場概要
Ⅰ-2.国内VICS受信機市場推移予測
Ⅱ.テレマティクス(車載ネットワークサービス)市場
Ⅱ-1.国内テレマティクス市場
Ⅱ-1-1.国内 主要テレマティクスサービスの現状(一覧表)
表「国内の主要テレマティクスサービスの現状一覧①」
表「国内の主要テレマティクスサービスの現状一覧②」
表「国内の主要テレマティクスサービスの現状一覧③」
表「国内の主要テレマティクスサービスの現状一覧④」
Ⅱ-1-2.国内 自動車メーカのテレマティクス戦略
Ⅱ-1-3.国内テレマティクスサービスの問題点
Ⅱ-1-4.テレマティクスサービスと、他のネットワークサービスとの比較分析
表「テレマティクスサービス/異業種ネットワークサービスとの比較表」 (2002年6月現在)
Ⅱ-1-5.各社のテレマティクスサービス動向、考え方
(1)カーエレメーカA社/テレマティクスに関する考え
(2)CK(カルソニックカンセイ)/コンパスリンク戦略
(3)カ-エレメーカB社/日本のテレマティクスへの疑問
(4)パイオニア/車載エージェントによる次世代カーナビアプリ
(5)三井物産/第3のテレマティクスサービス「エージェント機能」戦略 図「テレマティクス・サービスの推移」
(6)三井物産/地図配信サービスの可能性と課題
(7)マイクロソフト/テレマティクスには異業者企業が多く参入
(8)カ-エレメーカC社/プロバイダ主導へのシフトが重要
(9)カ-エレメーカD社/業界再編必至のテレマティクスサービス業界
(10)カ-エレメーカE社/日産はどうする・・・
(11)カ-エレメーカF社/プロバイダ主導のビジネスに誘導すべき
(12)デジタル地図メーカG社/Eメールを使ったアプリ
(13)カ-エレメーカH社/トヨタの強引さが鍵
(14)NTTコムウェア/モバイルエージェント「Teatray」使用サービス発進か!?

Ⅱ-2.海外テレマティクス市場
Ⅱ-2-1.米国の主要テレマティクスサービス一覧
表「米国の主要テレマティクスサービスの現状一覧」(2002年1月)
Ⅱ-2-2.欧州の主要テレマティクスサービス一覧
表「欧州の主要テレマティクスサービスの現状一覧」(2002年1月)
Ⅱ-2-3.各社の動向、考え方(欧米国市場)
(1)GM/オンスターの加入・脱退状況(米)
(2)GM/オンスターの端末(米)
(3)ATX/オンスターサービスとの違い(米)
(4)フォード/ウィングキャスト(米)の停滞
(5)カーエレメーカA社/米国において緊急通報サービスが普及した背景(米)
(6)カーエレメーカB社/テレマティクスのビジネス特許戦争(米)
(7)カーメーカC社/オペレータのいるテレマティクスの優位性(欧米)
(8)カーメーカD社/GMオンスターの本当の狙い(米)
(9)カーメーカE社/車中ですごす時間の長さが米国テレマティクスの特徴に(米)
(10)カーエレメーカF社/米国では何故カーナビではなくテレマティクスなのか(米)
(11)カーエレメーカG社/GMオンスター実際の使用比率(米)
(12)マイクロソフト/マイクロソフトの自動車ビジネス(米)
(13)マイクロソフト/車載で考えられるアプリケーション(米)
(14)マイクロソフト/米国ネットカー市場予測(米)
(15)マイクロソフト/プラットフォーム標準化が不可欠。「Car.Net」をPR(米)
(16)マイクロソフト/テレマティクス産業の構造(米)

Ⅱ-3.車両盗難防止・探索システム市場
Ⅱ-3-1.主要各社の動向、考え方
(1)セコム/ココセコム2002戦略は、ケータイ向サービスから
(2)セコム/ガリバーとの提携戦略
(3)カーエレメーカA社/ココセコム2001出荷数量は30万台では
(4)カーエレメーカB社/ココセコム成長の軌跡
(5)カーエレメーカC社/盗難車防止・探索市場の企業グループ相関関係
(6)オムロン/ネットワーク戦略「M2M」
(7)松下電工/2002年から通信一体型GPS端末事業スタート
(8)加藤電機/PHS位置情報で盗難車探索を
Ⅲ.緊急通報/MAYDAYサービス市場
Ⅲ-1.市場概要
Ⅲ-2.各社のテレマティクスサービス動向、考え方
(1)トヨタ/トヨタのHELPNETに対する考え
(2)カーナビメーカA社/HELPNETの姿勢こそテレマティクスではないか
Ⅳ.ETC/DSRC市場
Ⅳ-1.ETC市場概要
Ⅳ-2.ETC端末市場推移予測
グラフ「ETC端末出荷台数推移(01~05年)
Ⅳ-3.各社のETC/DSRCサービス動向、考え方
(1)カーエレメーカA社/DSRCサービスの可能性と、モバイルとの棲み分け
(2)カーエレメーカB社/DSRCサービスの将来
(3)ORSE/ETCの現状
(4)ORSE/ETCカード
(5)ORSE/モバイルETCの可能性について
(6)デンソー/プローブカーとDSRCアプリは重なる
(7)大日本印刷/SIMカードで、モバイル市場ピラミッド構造に風穴を
(8)カーエレメーカC社/インフラとしてのDSRC
(9)カーエレメーカD社/DSRC事業の夢と問題点
(10)カーエレメーカE社/GPSを使用してETCができる
(11)カーエレメーカF社/GPSを使用してETCができる
(12)オートバックス/DSRCサービス拠点を目指す
(13)カーエレメーカG社/ネットワークとしてのDSRC
Ⅴ.運行動態管理システム市場
Ⅴ-1.運行動態管理システム市場概要
Ⅴ-2.運行動態管理システム市場の現状  -増えつづける参入企業-
Ⅴ-3.市場規模分析(ASP型除く)-PDA、デジタコ、ケータイとの融合予測-
Ⅴ-4.市場規模分析(ASP型)  -ドコモが引き出すか、潜在需要-
Ⅴ-5.運行動態管理システム市場規模推移予測(2000~05年)
表・グラフ「運行動態管理システム・端末台数推移」
Ⅴ-6.運行動態管理システム市場メーカシェア(2000~02年)
表・グラフ「運行動態管理端末台数シェア(ASPを除く)
Ⅵ.デジタル地図・カーナビソフト市場
Ⅵ-1.交通情報規制緩和により、地図情報との融合サービス市場が胎動
Ⅵ-2.各社のデジタル地図・カーナビソフト事業動向、考え方
(1)カーエレメーカA社/ゼンリンとIPCの関係性
(2)カーナビメーカB社/キウイ以後は、付加価値競争に
(3)カーナビメーカC社/複数のフォーマットに対応する事の辛さ
(4)パイオニア/3Dマップで、マイクロソフトと提携
(5)ゼンリンデータコム/地図配信事業の戦略企業
(6)MBA/デジタル地図メーカ
(7)デジタル地図メーカE社/地図配信時代の企業動向を予測する
(8)カーナビメーカF社/ゼンリンはカーナビメーカ競合になるか?
(9)デジタル地図メーカG社/ゼンリンの米国展開におけるハードル
Ⅶ.レーザレーダ/ミリ波レーダ使用ACCS(=オートクールズコントロールシステム)市場
Ⅶ-1.レーザレーダ使用ACCS市場
(1)レーザレーダ使用ACCSの搭載車種・搭載比率と概況
(2)レーザレーダ使用ACCSの今後の進化予測
Ⅶ-2.ミリ波レーダ使用ACCS市場 208
(1)ミリ波レーダ使用ACCS市場概況
(2)ミリ波レーダ使用ACCS/企業の参入・開発動向
(3)ミリ波レーダ使用ACCS/普及時期予測
(4)車載ミリ波画像システム
Ⅶ-3.部品メーカA社の考え方
Ⅷ.車載カメラ、及び画像市場
Ⅷ-1.リアビューカメラ(後方確認装置)市場
Ⅷ-1-1.リアビューカメラ(後方確認装置)市場規模、製品コスト
Ⅷ-1-2.リアビューカメラ市場メーカシェア(2001年)
表・グラフ「車載カメラ(リアビューカメラ)市場シェア(2001年)」
Ⅷ-1-3.リアビューカメラ市場参入企業動向,カメラ方式推移
(1)松下グループ/2社3部門で対応する層の厚さ
(2)カルソニックカンセイ/日産純正をクラリオンとで分け合う
(3)カメラメーカ他社の動向/クラリオン、京セラ
(4)カメラモジュール,周辺デバイス参入企業の動向
(5)車載カメラ方式の推移
Ⅷ-2.ASV/AHS関連システム市場
Ⅷ-2-1.ASVシステムの概念と機能
Ⅷ-2-2.ASV/AHS関連アプリケーションと市場推移
(1)車載カメラ/画像処理応用アプリ一覧  
表「期待される次世代車載カメラ/画像処理システム一覧表」
(2)軽車両にもカメラ搭載の動きが
(3)インフラ系アプリケーションも有望---車両ナンバー検知システム

Ⅷ-3.車載用個人認証システム
Ⅷ-3-1.車載用個人認証システム市場の現状/顔認証か、アイリスか?
(1)指紋認証から、顔認証か、アイリスか?
(2)車載用顔認証の市場形成期
(3)医療用エレクトロニクスの車載利用
Ⅷ-3-2.主要参入企業の戦略
(1) オムロン/車載用顔認識アプリケーション戦略
①盗難車追跡システム
②居眠り運転防止システム
③エアバッグ制御システム
④ETC本人確認
(2)オムロン/指紋照合でエンジンキー
(3)オムロン/キーエントリーから顔認証への進化
(4)東芝/顔認証「FacePass」と、CMOSカメラの車載利用
(5)カーエレメーカA社/クルマでの個人認証は、まずエンジンキー代替から
(6)カーエレメーカB社/車載系と画像系の相性の良さ
(7)NEC/指紋認証で、ハンドル位置調整のアプリ
(8)松下通信工業/車と携帯での虹彩認証
Ⅸ.車載Bluetooth市場
Ⅸ-1.Bluetooth市場の概要
Ⅸ-2.車載Bluetooth市場参入企業動向
(1)ケンウッド/Bluetooth推進しようにも、他社は動かず
(2)ケンウッド/車載Bluetooth―-その戦略と成長阻害要因
(3)クラリオン/車載Bluetoothは、まずケータイが動いてから
(4)カーエレメーカA社/Bluetoothに強い東芝のチップが主流に
(5)カーナビメーカB社/音声ではなく、ハンズフリーEメールが動く
(6)トヨタ/Bluetoothと無線LANの併走
(7)東芝/SDカードから見たBluetooth
(8)インフィニオン/欧州陣営がBluetoothに必死な理由
Ⅹ.車載アンテナ市場
Ⅹ-1.車載アンテナ技術の重要性
Ⅹ-2.車載アンテナの種類と参入メーカ
Ⅹ-3.トヨタの車載アンテナ戦略
Ⅹ-4.ガラスアンテナの設計スケジュール
XI.インパネ/コクピット市場
ⅩⅠ-1.インパネ/コクピット市場概要
ⅩⅠ-2.インパネ/コクピット市場参入企業動向
(1)住友電工/AV抜きのコクピットモジュール。アンテナ内製へ
(2)カルソニックカンセイ/10.5インチモニタのモジュール、HELPNET採用も
(3)カーエレメーカA社/コクピット周辺の動き。モジュールというもの。
(4)BMW/BMW7シリーズの次世代コクピット戦略
(5)松下通信工業/ネットワークカーのコクピット周辺図
XⅡ.車内LAN市場
ⅩⅡ-1.車内LAN市場概要
ⅩⅡ-2.車内LAN市場参入企業動向
(1)カーエレメーカA社/注目の「情報系LAN」と「走行/ボディ系LAN」の融合アプリ
(2)カーエレメーカB社/欧州カ-メーカで搭載進むMOST
(3)ケンウッド/USBは難しい
(4)マイクロソフト/IEEE1394対応は様子見
XⅢ.車載デジタル放送市場
ⅩⅢ-1.車載デジタル衛星放送市場の現状
ⅩⅢ-1-1.デジタル衛星放送市場の現状と将来
(1)デジタル衛星放送の種類
(2)米国/衛星ラジオ放送2社の歴史と現状
(3)米国/衛星ラジオ放送2社の推移予測(~2004年)
(4)国内/モバイル放送の現状
ⅩⅢ-1-2.車載デジタル衛星放送機器市場
(1)チューナメーカ
(2)カーAVメーカの苦悩
(3)カーメーカの苦悩
ⅩⅢ-2.国内/デジタルラジオ放送市場の概要
ⅩⅢ-3.欧州/デジタルラジオ放送市場の概要
ⅩⅢ-4.車載デジタル放送機器用デバイス市場参入企業動向
(1)ミツミ電機/米国 衛星ラジオ放送用アンテナ
(2)ミツミ電機/米国 衛星ラジオ放送用アンテナ
XⅣ.カーAV市場
ⅩⅣ-1.カーAV市場概要
(1)世界カーAV市場概要(2002~2006年の動向)
(2)国内カーAV市場概要
(3)カーCDプレーヤ(海外)市場規模推移
表・グラフ「世界カーCDプレーヤ市場規模推移(1996~06年)」
(4)カーMDプレーヤ(海外)市場規模推移
表・グラフ「世界カーMDプレーや市場規模推移(1996~06年)」
(5)カーステレオ(海外)市場規模推移
表・グラフ「世界カーステレオ市場規模推移(1996~06年)」
(6)カーCDプレーヤ(国内)市場規模推移
表・グラフ「国内カーCDプレーヤ市場規模推移(1996~06年)」
(7)カーMDプレーヤ(国内)市場規模推移
表・グラフ「国内カーMDプレーや市場規模推移(1996~06年)」
(8)カーステレオ(国内)市場規模推移
表・グラフ「国内カーステレオ市場規模推移(1996~06年)」
ⅩⅣ-2.カーAV市場参入企業動向
(1)カーエレメーカA社/カーAVメーカ⇔自動車メーカ相関関係
(2)ケンウッド/DVDプレーヤ一体型カーナビ
(3)パイオニア/車載DVDプレーヤ
(4)カーエレメーカB社/カーナビとテレビ
(5)ソニー/HDDカーAV
(6)東芝/ICケータイオーディオ
XⅤ.リアシートエンタテイメント市場
ⅩⅤ-1.リアシートエンタテインメント市場の市場動向
(1)ソニー/トヨタ次世代カー「POD」技術の外販もある
(2)日産/エルグランドのリアシートDVD
(3)本田技研工業/「ステップWG-N」はリアシートにプラグ付き
(4)マツダ/リアシートDVD
(5)ケンウッド/リアシート用モニタ
(6)カーナビメーカA社/車載DVDシアタの電源をどうするか・・・環境とカーナビ
XⅥ.車々間通信システム市場
ⅩⅥ-1.車々間通信システム市場の概要

第4章.カーナビ/ITSシステム・メーカ14社製造・販売実態及び次世代戦略個票

<システムメーカ14社の個票掲載内容>

★会社概要   ★業績推移

1.ITSに関する体制と考え方
★ITS関連の開発部門/販売部門の組織・人員数・体制
★テレマテティクスに対する考え方・狙い
2.カーナビゲーション・システム担当部署
★開発部門・体制  
★製造拠点/生産体制/OEM調達状況  
★販売部門・体制
3.カーナビ/カーPCの出荷実績推移(世界地域別)
★ 国内/欧州/米国別(市販/純正別、2000・2001・2002年度<数量・金額>、供給先カーメーカ)
4.カーナビ/カーPCの出荷実績推移(国内チャネル別数量)
★ 市販/他社へのOEM/ディーラOP/標準搭載・メーカOP別(2000・2001・2002年度<数量・金額>)
★ 内、インターネットカーナビの比率
5.カーナビの国内・流通ルート別出荷台数比率(2001年度)
★OEM/標準搭載・メーカOP/ディーラOP/市販別 出荷比率
★ 市販の内訳:カー用品(オートバックス系/イエローハット系/その他)
カー用品以外(家電・量販・百貨店、電装部品流通系、カーレンタル・その他)
6.カーナビ用の部材調達先/調達状況
★地図DB 
★マイクロプロセッサ
★LCD
★VICSユニット
★音声認識システム
★アンテナ
★GPSユニット
★DVD-ROM
★ハンズフリーユニット/モデムアダプタ
7.車載用情報通信関連システム・機器の出荷推移(ナビ以外)
<調査内容>
参入済み/開発中/参入意図無し、市場投入時期、供給先カーメーカ、出荷数量(2002・2003年)
<調査対象>
★カーPC
★MAYDAY端末
★ナビ用ソフト
★VICS
★車載情報サービス
★車両運行管理システム
★ETC端末
★ミリ波レーダ
★レーザレーダ
★CCD+画像処理
★HUD
8.カーナビ、車載用情報通信システムの市場についての動向
★カーナビ国内市場 
★カーナビ海外市場 
★カーPC  
★テレマティクス/車載ネットサービス 
★インターネットナビ  
★ETC車載端末  
★ダッシュボード   
★ポータブルナビ
<個票掲載するカーナビメーカ>
●アイシン・エイ・ダブリュ
●アルパイン
●九州松下電器
●クラリオン
●ケンウッド
●ザナヴィ・インフォマティクス
●三洋電機
●住友電気工業
●ソニー
●デンソー
●パイオニア
●富士通テン
●松下通信工業
●三菱電機

第5章.カーナビ・メーカの部品調達実態と主要部品メーカの動向

Ⅰ.ナビ用モニタ

1.全体動向
2.カーナビ用モニタの今後の姿と、企業の次世代動向
3.ナビ・メーカ別にみたモニタ採用実態(2002年6月時点)
表「ナビ・メーカ別/LCD採用実態」
4.カーナビ用モニタにおける有機ELの可能性分析と、参入企業動向
(1)NEC/ケータイで有機ELを先行
(2)三洋電機/2002年、有機ELケータイを計画。車載はその後
(3)パイオニア/カーナビにおける有機ELの可能性分析
(4)東北パイオニア/時系列で見た「有機EL搭載端末の推移」
(5)液晶メーカA社/東北パイオニアと三洋電機の"差"を分析する
(6)TDK/無機ELの可能性を分析する
(7)オプトレックス/車載用小型有機ELを開発
(8)日本精機/インパネ用に小型有機EL事業を展開
Ⅱ.ナビ用GPSアンテナ
1.全体動向
2.GPS/セルラーアンテナ
3.GPSケータイ用アンテナ
4.エプソン/次世代 高感度GPSモジュール
5.米国のGPS政策と欧州ガリレオ計画
(1)米国のGPS政策
(2)欧州のガリレオ計画
6.JPLの高精度D-GPS
7.日本のGPS政策基本方針
(1)日米間のGPS協議
(2)国産の衛星事業
8.香港のGPS事情
9.韓国のGPS事情
10.中国のGPS事情
11.カーナビ・メーカ各社のGPSアンテナ調達先(2002年6月時点)
表「ナビ・メーカ別/GPSアンテナ採用実態」
Ⅲ.ナビ用ソフト
1.ナビ・メーカ別にみたデジタル地図DB(2002年6月時点)
表「ナビ・メーカ別/地図DB採用実態」
Ⅳ.カーナビ用MPU
1.カーナビ用MPUの機能,需要,企業動向 327
(1)カーナビ用MPUに求められる機能
(2)市場分野別/ミドルウェアのニーズ 表「搭載プラットフォーム別/MPUミドルウェアのアプリ需要」
(3)車載用チップの分野別/参入企業の違い 表「カーエレ分野別/チップ開発担当企業」
(4)カーナビ用MPU市場の企業動向
2.カーナビメーカのMPU採用実態(2002年6月時点)
表「ナビ・メーカ別/マイクロプロセッサ採用実態」
Ⅴ.カーナビ用OS
1.カーナビ用OSの現状と歴史
2.マイクロソフト社の「WinCE for Automotive」戦略
3.「WinCE for Automotive」の評判
(1)欧州メーカからの評判
(2)カーナビメーカA社からの評判
(3)カーナビメーカB社からの評判
(4)カーナビメーカC社からの評判
Ⅵ.カーナビ用音声認識システム
1.カーナビにおける音声認識システム市場の現状
2.カーナビ・メーカ各社の音声認識ソフト調達先(2000年12月時点)
表「ナビ・メーカ別/音声認識ソフト採用実態」
Ⅶ.カーナビ用VICSユニット
1.カーナビメーカのVICSユニット採用状況(2002年6月時点)
表「ナビ・メーカ別/VICSユニット採用実態」
Ⅷ.カーナビ用DVD-ROMドライブ
1.カーナビメーカ各社のDVD-ROMドライブ調達先(2002年6月時点)
表「ナビ・メーカ別/DVD-ROM採用実態」
2.車載用メディアはどのように変わっていくか
Ⅸ.カーナビ用HDD
1.カーナビメーカのHDD採用状況(2002年6月時点)
表「ナビ・メーカ別/HDD採用実態」
Ⅹ.車載用ハンズフリーユニット
1.車載用ハンズフリーユニット採用状況(2002年6月時点)
表「ナビ・メーカ別/ハンズフリーユニット、モデムアダプタ採用実態」

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。