2003年版 ビジュアルコミュニケーションシステム市場

発刊日
2002/10/25
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 343頁
資料コード
C43115100
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第Ⅰ章 ブロードバンド時代のビジュアル・コミュニケーション
-進化するカメラ/ネットワークが、新たな市場を創出する-


1.当調査レポートの狙いと内容

2.ブロ-ドバンド普及と、ビジュアル・コミュニケーション需要の拡大

図・表「DSLサービスの利用者数(加入)」
図・表「FTTHサービスの利用者数(加入)」
図・表「CATVインターネットサービスの利用者数(加入)」

3.ブロ-ドバンド時代の監視カメラはどういうものか?

4.マルチセンシング・コミュニケーション時代への飛躍
-時代は「ビジュアル」から「マルチセンシング」へ-

(1)監視/FAカメラから、環境センシングサーバ(マルチセンシングサーバ)の時代へ
(2)立ち上がるか、センシングソリューション市場!
(3)熟練工のカンを生かせないハイテクメーカは生き残れない

5.携帯型カメラ端末市場の将来
―カメラケータイ、デジカメ、デジタルカムコーダの競合・同一化・棲み分け-

(1)カメラケータイvs.デジカメ/競合は一部。企業間競争は激化
図「デジカメ/カメラケータイの競合状況図」
(2)デジカメvs.デジタルカムコーダ/市場は融合(同一化)。日本企業は高級機路線でサバイバル

6.ビジュアル・コム事業者ケーススタディ「オフィス・ノア」
-IPマルチキャストで「通信と放送の融合時代」を生き抜く-

(1)オフィス・ノア/オフィス・ノアの画像事業の歴史
(2)オフィス・ノア/IPV6の時代のモバイル・インターネット放送に可能性
(3)オフィス・ノア/放送事業者権「IPマルチキャスト」取得
(4)オフィス・ノア/ナンシーの方向性
(5)オフィス・ノア/客の財布を開かせるマルチキャスト戦略
(6)オフィス・ノア/モバイル・ライブ配信実験
(7)オフィス・ノア/世界のIPマルチキャスト状況
(8)オフィス・ノア/監視系アプリにおけるIPマルチキャストの有効性

7.ビジュアル・コミュニケーション品目別/参入企業状況
(1)ビジュアル・コミュニケーション品目別/参入企業一覧

 表「2002ビジュアル・コミュニケーション市場参入企業一覧表」

(2)ビジュアル・コミュニケーションの品目別/参入メーカ

表「ビジュアル・コミュニケーション品目別/参入メーカ」

(3)2001~02年の撤退企業

表「01~02年 品目別/撤退企業一覧」

8.ベンダ25社の考えるWEBカメラ/ライブ配信サービスの可能性と実態

8-1.ビジュアルコミュニケーションシステムベンダ25社に聞いた「WEBカメラの市場性」
8-2.ビジュアルコミュニケーションシステムベンダ25社に聞いた「ライブ配信サービスの市場性」
8-3.ビジュアルコミュニケーションシステムベンダ24社に聞いた「ライブ配信サービスの実施状況」


第Ⅱ章 ビジュアル・コミュニケーション市場の品目別/市場実態と次世代分析

Ⅰ.WEBカメラ市場

1.WEBカメラとカメラサーバ
-WEBカメラとカメラサーバを分離して捉える事で市場が明確化する-

2.WEBカメラ市場の現状と将来 35
-WEBカメラが作る新市場"簡易遠隔モニタリング"-
-CCTV分野への導入はわずか10~20%にすぎない-

3.WEBカメラ世界市場推移(2001~05年、海外/国内別、台数ベース)

図表「WEBカメラ出荷台数推移」(世界市場)

4.WEBカメラ国内市場メーカシェア(2001年実績/02年見込み、国内、台数ベース)

図表「WEBカメラ国内メーカシェア」

5.WEBカメラ市場/参入企業の戦略と、主要ベンダ・識者の同市場に対する考え方

(1)WEBカメラメーカA社/セキュリティショー展示の目玉
(2)シンクタンクB社/WEBモニタリングは監視カメラシステムと異なる市場
(3)三菱電機/カメラ関連事業の3本柱
(4)WEBカメラメーカC社/CVSもWEBカメラに触手
(5)CCTVベンダD社/最近の「監視システム見積書」の書き方
(6)CCTVベンダE社/WEBカメラの脅威と、成長要因
(7)CCTVベンダF社/WEBカメラ事業の"つらさ"
(8)大手CCTVベンダG社/ネットワーク監視時代のCCTVメーカ・サバイバル
(9)松下通信工業/WEBカメラ市場の普及時期とは
(10)ニコン/ネットワークインテグレータの新規参入も
(11)三菱電機/ネットワークインテグレータの脅威
(12)オフィス・ノア/監視市場におけるアジアカメラメーカとの差別化戦略案
(13)オフィス・ノア/ノアから監視系システムベンダへのサバイバル・メッセージ
(14)九州松下電器/松下電器のWEBカメラ戦略
(15)WEBカメラメーカH社/北米市場におけるアクシスの覇権状況
(16)九州松下電器/松下WEBカメラの他社製品との差別化戦略
(17)三菱電機エンジニアリング/マルチセンサカメラを指向
(18)沖電気工業/2極化する監視市場と、沖の方向性
(19)キャノン/遠隔操作型WEBカメラでアクシスとの競合に
(20)オリンパス光学工業/FA分野にもあるWEBカメラ市場の可能性
(21)松下電器産業/ライブ配信でなく、ホームセキュリティでなく、やはり監視市場だ
(22)オフィス・ノア/WEBカメラはホームセキュリティまでが限界
(23)オフィス・ノア/WEBカメラに必要なモーションJPEGとIPマルチキャスト
(24)東芝/PC不要のWEBカメラ投入
(25)日立製作所/WEBカメラよりも、MPEG2カメラを重視
(26)ソニー/CCTVユーザ→WEBカメラへ
(27)日立国際電気/WEBカメラというよりも、まずはLANカメラ事業から
(28)ネットカムビジョン/同社WEBカメラは屋外用
(29)富士通/同社WEBカメラはOEM
(30)オフィス・ノア/コンシューマ系なら「WEBカメラ&ケータイ連携」をナンシーで
(31)オフィス・ノア/オフィス・ノアの監視アプリ事業
(32)オフィス・ノア/遠隔モニタリングのネットワーク
(33)オフィス・ノア/ライブ配信用カメラ
(34)スカイ・シンク・システム/WEBカメラ画像をケータイやPDAで
(35)ファインスクウェア/ベンチャー企業はWEBカメラASPで勝負
(36)アイミディア/セキュリティソリューションASP事業

2002年WEBカメラ製品一覧
≪メーカ名/製品名・型名/発売時期/価格/備考(装備・機能)≫


Ⅱ.カメラサーバ市場


1.カメラサーバ市場の現状と将来
―高速通信・環境センサ対応等のメリットで、CCTVの大半が代替の可能性も―

2.カメラサーバ国内市場推移(2001~05年、国内、台数ベース)

図・表「カメラサーバ出荷台数推移(国内市場)」

3.カメラサーバ国内市場メーカシェア(2001年実績/02年見込み、国内、台数ベース)

図・表「カメラサーバ国内メーカシェア」

4.カメラサーバ市場/参入企業の戦略と、主要ベンダ・識者の同市場に対する考え方

(1)シンクタンクA社/CCTVの競合はカメラサーバである
(2)中央電子/CCTVの競合はカメラサーバである
(3)αΩソフト/カメラサーバでのソリューションベンダ
(4)CBC/配信サーバ事業
(5)東芝/配信サーバ出荷開始
(6)池上通信/配信ステーション
(7)日立製作所/MPEG1配信ステーション
(8)日立製作所/MPEG2カメラ
(9)日本ビクター/ライブ配信サーバ
(10)ソニー/配信ステーション
(11)タイテック/MPEG4画像伝送装置とWEBカメラ
(12)ソフトバンク・コマース、TDK/遠隔監視ビジネスに進出

2002年カメラサーバ製品一覧
≪メーカ名/製品名・型名/発売時期/価格/備考(装備・機能)≫


Ⅲ.MPEG4、その他画像圧縮関連市場


1.MPEG4、その他画像圧縮関連市場/参入企業の戦略と、主要ベンダ・識者の同市場に対する考え方

(1)セル・コーポレーション/MPEG4カメラ戦略
(2)東芝/MPEG4カメラ
(3)タイテック/MPEG4カメラとWEBカメラの市場性比較
(4)ディー・ティー・サーキットテクノロジー/MPEG4モジュール事業開始
(5)オフィス・ノア/ノアの画像事業の歴史

 
2002年MPEG4カメラ製品情報
≪メーカ名/製品名・型名/発売時期/価格/備考(装備・機能)≫


Ⅳ.テレビ会議システム市場


1.テレビ会議システム市場動向
-同時多発テロとブロードバンド普及が追い風。今後も堅調に推移-
-いつか必ず爆発するカンファレンス市場。上位3社で独占のままか・・・?-

2.テレビ会議システム市場推移予測(2001~05年、海外/国内別、台数ベース)

図・表「テレビ会議システム出荷台数推移(世界/国内、2001~05年、台数)

3.テレビ会議システム国内市場メーカシェア(2001年実績/02年見込み、台数ベース)

図・表「テレビ会議システム国内メーカシェア(2001/2002年、台数)

4.テレビ会議システム/参入企業の戦略と、主要ベンダ・識者の同市場に対する考え方

(1)ポリコム/Pテル合併と今後の狙い
(2)ダイトエレクトロン/テレビ会議市場の今後と、ポリコムの製品戦略
(3)TANDBERG/大型製品に注力。金額では30%のシェア?
(4)国内テレビ会議システムメーカA社/Pテル買収成立の影に、米国復権の願いあり
(5)ソニー/テロ以降の世界市場の変化
(6)デジタル・メディア・ラボ/録画DBとの連携による"テレビ会議の次世代アプリ"
(7)パイオニア/テレビ会議市場参入


テレビ会議システム製品一覧
≪メーカ名/製品名・型名/発売時期/価格/備考(装備・機能)≫


Ⅴ.監視系(動画遠隔モニタリング)システム市場


1.監視系(動画遠隔モニタリング)システム市場動向
-堅調に推移するも、WEBカメラ/カメラサーバシステムへの移行も-

2.監視系(動画遠隔モニタリング)システム市場推移予測

図・表「監視系システム(遠隔モニタリング)出荷台数推移(2001~05年、国内、台数)」

3.監視系(動画遠隔モニタリング)システム国内市場メーカシェア

図・表「監視系システム(遠隔モニタリング)国内メーカシェア(2001年実績/02年見込み、台数)」

4.監視系(動画遠隔モニタリング)システム/参入企業の戦略と、主要ベンダ・識者の同市場に対する考え方

(1)CCTVベンダA社/最近の「監視システム見積書」の出し方
(2)ティアック/監視システム市場参入の狙い


Ⅵ.テレビ電話専用機市場


1.テレビ電話専用機市場動向
-IP対応の製品に活路も、DTC・カメラケータイに代替されるか-

2.テレビ電話専用機/参入企業の戦略と、主要ベンダ・識者の同市場に対する考え方

(1)テレビ電話メーカA社/三菱電機のみが一生懸命
(2)タイテック/画像伝送カスタマイズ技術で、幅広くユーザ開拓
(3)ギンガネット/画像伝送カスタマイズ技術で、幅広くユーザ開拓
(4)シンクタンクB社/Lモード電話のテレビ電話化が動くのでは
(5)デバイスメーカC社/テレビ電話の実売価格

2002年テレビ電話製品一覧
≪メーカ名/製品名・型名/発売時期/価格/備考(装備・機能)≫


Ⅶ.DTC市場/サーバ用テレビ電話ソフト市場


1.DTC市場動向 92
-Pテル脱退で、先行き不透明なDTC市場。しかし。-
-ブロードバンド対応WEBカンファレンスとして、再び動き出した大手企業の触手-

2.DTC市場推移予測(2001~05年、国内、台数ベース) 95

図・表「DTC出荷台数推移(2001~05年、国内、台数ベース)」

3.DTC/参入企業の戦略と、主要ベンダ・識者の同市場に対する考え方 96

(1)クレオ/Pテル合併と今後の狙い 96
(2)DTCベンダA社/DTCの画質 96
(3)DTCベンダB社/DTCの可能性 97
(4)DTCベンダC社/遠隔モニタリングサービスの欠点と、次世代双方向アプリ 97
(5)シンクタンクD社/WinXPがDTC需要を大きく促進させるのでは? 97

 
2002年DTC(DeskTopConference=パソコン会議システム)製品一覧 99
≪メーカ名/製品名・型名/発売時期/価格/備考(装備・機能)≫

Ⅷ.PCカメラ市場


1.PCカメラ市場動向 102
-倍々ゲームの急成長市場。PC標準搭載の動き鈍いが、外付けで人気・・・-

2.PCカメラ市場推移予測(2001~05年、国内、台数ベース)

図・表「外付けPCカメラ出荷台数推移(2001~05年、国内、台数ベース)」

3.PCカメラ国内市場メーカシェア(2001年実績/02年見込み、台数ベース)

図・表「外付けPCカメラ国内メーカシェア(2001/02年、台数ベース)

4.PCカメラ/参入企業の戦略と、主要ベンダ・識者の同市場に対する考え方

(1)某PCカメラメーカA社/PCカメラ市場の現状とニーズ多様化動向
(2)NEC/PCカメラ搭載パソコンを市場投入
(3)某PCカメラメーカB社/PC・ケータイ・PDA。各々の標準搭載カメラ用途は異なったものに
(4)松下通信工業/松下通工におけるカメラ事業戦略
(5)松下通信工業/虹彩個人認証付きPCカメラ戦略
(6)大手カメラメーカC社/「WEBカメラ→PCカメラ」置き換えの可能性
(7)大手カメラメーカD社/5年後のTOYカメラ
(8)ソニー/バイオ用カメラ
(9)ノバック/PCカメラの用途
(10)台湾ソリッドカム(SolidCam社)/35万画素PCカメラで日本進出
(11)台湾マステック(Mustek社)/自社ブランドメーカとして欧州・日本に進出

 
2002年PCカメラ製品一覧
≪メーカ名/製品名・型名/発売時期/価格/備考(装備・機能)≫


Ⅸ.デジカメ/TOYカメラ市場


1.デジタルカメラ市場動向
-2003年は2,600万台の世界市場に。上位占める日本メーカ-

図「デジタルカメラ世界需要(台数、日/欧/北米/アジア、2000/01/02年)」

2.TOYカメラ市場動向
-カメラケータイに代替される時代に、メーカが繰り出すサバイバル戦略は-

3.TOYカメラ/参入企業の戦略と、主要ベンダ・識者の同市場に対する考え方

(1)タカラ/TOYカメラとホームセキュリティカメラ
(2)カシオ/デジカメ製造戦略
(3)台湾NIKKO ENERGY社/2001年から日本進出
(4)台湾エイサー社/PC付属は自社ブランド、外付けはOEM
(5)三洋電機/OEMの雄、無線LAN対応デジカメをスタート


2002年トイカメラ製品一覧
≪メーカ名/製品名・型名/発売時期/価格/備考(装備・機能)≫


Ⅹ.カメラケータイ市場


1.ケータイ/PHS/IMT-2000市場動向

(1)国内出荷は2001年度4,520万台、2002年度 4,195万台見込
(2)国内出荷は2001年度4,520万台、2002年度 4,195万台見込
図表「移動体通信サービス加入者数(ケータイ/PHSのキャリア別、2001/2002年度)」

2.国内移動体通信端末(携帯電話/PHS/IMT-2000)市場動向
-総出荷数量減少の中、カメラケータイがメーカの優劣を分けた-

(1)2001年度――対前年比7%減でも、NECとシャープは好調
(2)2002年度――ドコモもカメラケータイ投入、調達先シャープは580万台
図表「国内メーカ別/移動体通信(携帯電話+PHS+IMT-2000)出荷台数推移(2000/01/02年度)」

3.カメラケータイ(カメラ搭載携帯電話)市場動向 132
-カメラケータイ出荷は2001年度600万台、2002年度2,300万台見込-

(1)2001年度――「写メール」ヒットで600万台出荷 132
(2)2002年度――カメラはケータイのキーデバイスとなった 132
表「国内メーカ別/カメラケータイ出荷予測(2001/2002年度、台数)」
表「2002年度カメラケータイ端末標準スペック予想」
(3)カメラケータイの歴史 134
図「2000~2002年 カメラケータイの機器、用途、機能の推移」
図「2000~2002年 カメラケータイの誕生から普及までの歴史」

4.第三世代携帯電話(IMT-2000)市場動向
-動画メール対応の「Cdma 2000 1x」機で、各メーカ横並び競走-

表「国内メーカ別/第三世代携帯電話(IMT-2000)出荷予測(2001/2002年度、台数)」

5.カメラケータイ/参入企業の戦略と、主要ベンダ・識者の同市場に対する考え方
-Jフォンが突っ走り、auはついつい後を追う。ドコモは冷めつつも参入-
-カメラケータイの悩み!?「端末コストアップと、通信料金が増えない」-

(1)カメラケータイのヘビーユーザA/「撮られる側の不安」を解決できた製品がほしい
(2)カメラケータイのヘビーユーザB/カメラケータイの形状
(3)カメラケータイのヘビーユーザC/カメラケータイとデジカメのカード共有化
(4)シンクタンクD社/カメラケータイユーザの撮っているもの
(5)シンクタンクE社/カメラケータイの画素数
(6)ケータイ用コンテンツメーカF社/カメラケータイにおけるプリントアウト
(7)ケータイ用コンテンツメーカG社/GPSとカメラとの融合アプリに期待
(8)ケータイ用コンテンツメーカH社/GPSとカメラとの融合アプリに期待
(9)ケータイメーカI社/FOMAとJフォンの圧縮規格の違い
(10)シンクタンクJ社/ドコモのカメラアプリ
(11)NTTドコモ/2系列のカメラケータイの位置付け
(12)NTT-ME、ドコモ/FOMA利用のテレビ会議サービス事業化
(13)KDDI/今後1~2年は動画と写真がサービスの核。伸びるデータのARPU
(14)KDDI/キャリア間の写真付きメールの互換性状況
(15)ケータイメーカK社/KDDIのカメラケータイ戦略
(16)ケータイメーカL社/Jフォンのカメラケータイ戦略
(17)シンクタンクM社/Jフォン社長交代後のカメラケータイ戦略
(18)ソニーエリクソン/ソニーエリクソンのカメラケータイ戦略
(19)ケータイメーカN社/「ドコモ⇔シャープ⇔Jフォン」の関係性
(20)松下通信工業/カメラケータイ事業動向
(21)NEC/カメラケータイ事業動向
(22)三洋電機/カメラケータイ事業戦略
(23)カメラケータイユーザO/40代にとってのカメラケータイ
(24)シンクタンクP社/カメラケータイ

6.海外のカメラケータイ市場/参入企業の戦略と、主要ベンダ・識者の同市場に対する考え方 145

(1)シンクタンクA社/カメラケータイが海外で難しい理由
(2)シンクタンクA社/欧州カメラケータイ市場の動向
(3)ボーダフォン/欧州でカメラケータイ販促
(4)ソニー/世界のケータイメーカ「カメラケータイ戦略」


ⅩⅠ.その他のカメラ搭載携帯型端末市場


1.カメラ搭載PHS

(1)NTTドコモ/テレビ電話PHS
(2)CBC/PHSカードによるネットワークカメラ

2.リストカメラ

(1)カシオ計算機/リストカメラのカメラモジュール
(2)ソニー/時計型ビデオカメラ試作機

3.カメラ搭載パーソナルロボット

(1)NTT西日本、タカラ/遠隔操作用パーソナルロボット
(2)バンダイ/ネットワークロボット開発

4.無線ネットワークカメラ

(1)鷹山/MPEG2ワイヤレス画像伝送システム
(2)メルコ/無線ネットワークカメラ


2002年リストカメラ製品一覧
≪メーカ名/製品名・型名/発売時期/価格/備考(装備・機能)≫


第Ⅲ章 システムベンダ30社の個別製造・販売実態と次世代戦略


[調査内容]

企業概要

① ビジュアル.コミュニケーションシステムの品目別/出荷台数

(2001年実績・2002年見込・2003年予測、出荷台数)
調査対象品目は、下記の通り
動画像伝送システム(テレビ会議/監視系システム)、MPEG4カメラ、WEBカメラ、
カメラサーバ、テレビ電話、DTCキット、DTCソフト、サーバ用テレビ会議ソフト、
パソコンカメラ、TOYカメラ、カメラケータイ、カメラ搭載PDA

② ビジュアル・コミュニケーションシステムの製品調達元(システム/CCDチップ/CMOSチップ)
③ ビジュアル・コミュニケーションシステムの品目別/担当部署
④ ビジュアル・コミュニケーションシステムの品目別/流通ルート

<国内/輸出(北米・欧州・アジア)、直販/OEM/代販比率、OEM先・代理店>

⑤ ビジュアル・コミュニケーションシステムの市場動向・シェア予測

1)自社製品の特徴・PRポイント
2)WEBカメラの可能性について
3)ライブ配信サービスの可能性について
4)ライブ配信サービスの対応状況


[個票掲載企業] ( )内は、各社別調査対象製品

【WEBカメラ/カメラサーバ系メーカ】

1.アクシスコミュニケーションズ(WEBカメラ/カメラサーバ)
2.アルファ・オメガソフト(WEBカメラ/カメラサーバ)
3.キヤノン販売(WEBカメラ/カメラサーバ/パソコンカメラ)
4.ソニー(WEBカメラ)
5.中央電子(カメラサーバ)
6.日本ビクター(WEBカメラ/動画像伝送システム・監視系システム)
7.マルチメディア21(WEBカメラ)
8.横河エム・エー・ティー(カメラサーバ)

【動画像伝送・テレビ会議・監視系システムメーカ】

9.旭硝子(動画像伝送システム・テレビ会議)
10.NTT西日本(動画像伝送システム/テレビ会議)
11.NTT東日本(動画像伝送システム・テレビ会議/テレビ電話)
12.日立製作所(動画像伝送システム・監視系システム)
13.プリンストンテクノロジー(動画像伝送システム・テレビ会議)
14.ポリコム(動画像伝送システム・テレビ会議)
15.松下通信工業(動画像伝送システム・監視系システム/パソコンカメラ)
16.三菱電機(動画像伝送システム・監視系システム/テレビ電話)
17.ログイット(動画像伝送システム・テレビ会議/DTCキット)

【DTCメーカ】

18.ジャパンメディアシステム(DTCキット)
19.トーメンサイバービジネス(DTCキット)
20.日本システムウエア(DTCキット)
21.日本電気(DTCキット/動画像伝送システム・監視系システム)

【パソコンカメラメーカ】

22.アイ・オー・データ機器(パソコンカメラ)
23.アスメック(パソコンカメラ)
24.アルファデータ(パソコンカメラ)
25.ノバック(パソコンカメラ)
26.ロジクール(パソコンカメラ)

【テレビ電話メーカ】

27.イミコム(テレビ電話)
28.タイテック(テレビ電話)
29.日立テレコムテクノロジー(テレビ電話)

【その他】

30.サイバーリンク


第Ⅳ章 映像ライブ配信サービス/Webモニタリング市場の実態と参入企業の次世代戦略


Ⅰ.ライブ配信サービス市場


1.ライブ配信サービス市場の現状と将来
-有利なNTT系列、住設機材メーカ、LAN設備/ビル設備業者-

2.ライブ配信サービス/主要ベンダの同市場に対する考え方、戦略

(1)CCTVメーカA社/まだ不備な点が多い、教育現場のモニタリングASP事業
(2)CCTVメーカB社/教育現場の遠隔モニタリングは、ASP業者の仕事になる
(3)CCTVメーカC社/店舗遠隔モニタリングは、マーケティング領域に踏み込む
(4)東芝/幼稚園児遠隔監視、FAラインネットにWEBカメラを導入
(5)富士写真フィルム/「ケータイ向静止画コンテンツ配信ASP事業」の可能性
(6)NTTドコモ/「Vライブ」主要アプリと導入例・展開例
表「Vライブサービスの主要アプリと導入例・展開例」
(7)松下通信工業/ライブ配信ASP「おでスポカメラ」戦略
(8)NECソフト/画像遠隔相談システム
(9)アルファ映像企画/ライブ映像配信ストリーミング自動生成ツール

3.ライブ配信サービス/参入企業のサービス実態個票

[調査内容]

企業概要

①ライブ配信サービスの名称
②サービス開始時期 
③サービス提供企業
④サービス内容
⑤特徴
⑥サービス対象
⑦サービス価格
⑧販売目標
⑨サービス導入の背景      

[個票掲載企業] ( )内は、各社別調査対象サービス名

1.アイアイジェイメディアコミュニケーションズ(イージーライブパック)
2.アイアイジェイメディアコミュニケーションズ(ビデオカンファレンスブリッジ)
3.アイアイジェイメディアコミュニケーションズ(ライブ中継サービス)
4.アクティビジョン(Live One Day Pack)
5.アットホームジャパン(@NetHome)
6.アルファ・オメガソフト(アイ・シー・ペット[給餌システム])
7.アンヴィ(アンヴィ英会話)
8.イーオン(ネットキャンパス)
9.イーオン(Fomalishコース)
10.インターネットテレビジョン(iengine)
11.インデックス(S-modeによるサービス)
12.エヌ・ティ・ティ・アイティ(MeetingPlaza遠隔レッスンサービス)
13.NTT-ME(WEBカメラインターネットサービス)
14.NTT-ME(全方位・全方向リアルタイム動画配信サービス)
15.NTT-ME(WAKWAKピアルWEBカメラサービス)
16.NTT-ME(WAKWAKパーティ)
17.NTT-ME/サンシャイン/日立電子テクノシステム(学校安全システム)
18.エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト(スマートストリーム)
19.NTTドコモ(iショット)
20.NTT東日本(フレッツコネクト)
21.NTT-BB(BROBA)
22.MTC(プリントパーク)
23.オフィスノア(K-stream)
24.オムロン(おかおネット)
25.キヤノン/日立インフォメーションテクノロジー(WebViewLive)
26.九州日本電気ソフトウェア(ももちcamera9)
27.九州松下電器(みえますねっとサービス)
28.キンデン(千都泥棒)
29.GINGANET(ギンガネットクラブ)
30.サイバーキャスト・ジャパン(Live!ストリーミングサービス)
31.サイバネットシステム(WebEx Meeting Center)
32.サンシャイン(ビルガード)
33.三洋電機(ホームヘルスシステム)
34.三洋電機(中継映像WEB配信用セットの貸与)
35.シー・ネット(国会TV)
36.Jストリーム(ライブバリューパック)
37.セイコーインスツルメンツ(キャラde写メール)
38.綜合警備保障(るすメイト)
39.ソニーマーケティング(パーキャスTV)
40.タイトー(占ナビ)
41.中国放送
42.ディムーブ(パノライブ・モバイル)
43.ニフティ(EyeballパティオLite)
44.日本航空(世界のLIVE画像)
45.日本テレコム(Media Stream)
46.ノキア・ジャパン(World Pics)
47.日立インフォメーションテクノロジー/日立東北ソフトウェア/
日立ネットビジネス/日立製作所(モアイ)
48.ビーマップ(モニタリング倶楽部)
49.ヒビノドットコム(LIVEストリーミング配信)
50.フジキャスト(b-LIVE)
51.富士ゼロックス(ナレッジドライブ)
52.ホーチキ(S-mode Lite)
53.松下通信工業(おでスポカメラ)
54.松下電器産業(Panasonic Stream Cast)
55.メガフュージョン(ミーティングテーブル)
56.モバイルテレビジョン(Watcha)
57.有線ブロードネットワークス(梨元教授のブロードバンド芸能大学)
58.横井通信工業(ライブ中継サービス)
59.よんでんメディアワークス(インターネットライブ中継サービス)
60.ランドサービス(日本一早い初日の出)
61.リズム ブロードバンド ソリューションズ(stream NET LIVE)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。