2002年版 臨床検査市場の展望と戦略

発刊日
2002/09/30
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 256頁
資料コード
C44106300
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

112,200
102,000
10,200
224,400
204,000
20,400
336,600
306,000
30,600
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 臨床検査市場の展望と戦略

1.グローバルサイズで進む再編、臨床検査薬メーカー集約化 国内メーカーも本格的世界戦略を迫られる
(グラフ)・検体検査と生体検査医療費(実施料)の主要検査分類別規模比較
(グラフ)・米ドル換算でみた国内臨床検査薬メーカーの売上高(臨薬・機器)推移
2.臨床検査薬・機器の売上推移からみたメーカーシェア変動
(グラフ)・検体検査医療費の年次推移
(表)・検体検査市場の実施料・判断料別及びその他検査医療費の推移
(グラフ)・臨床検査薬市場の成長推移と予測
(グラフ)・主要検査分野別市場構成比(01→02年度予想)
3.検体検査医療費拡大推計(2000年度詳細)
(表)・臨床検査薬(体外診断薬)市場の成長推移
(表)・臨床検査薬売上高ランキング('01年度実績、'02年度予想)
(グラフ)・世界の臨床検査薬(機器)メーカー・売上高推移
(表)・海外診断薬企業の臨床検査薬部門売上高状況(1999~2001年度)
(表)・海外診断薬企業の業績状況(1999~2001年度)
(グラフ)・主要臨床検査薬(機器)メーカーの輸出動向
(表)・主要臨床検査薬(機器)メーカーの輸出状況(2001年度実績)
(表)・臨薬協(日本臨床検査薬協会)調査による臨床検査薬売上推移


第2章 感染症・肝炎検査薬市場の最新動向

〔主要感染症患者数推計と臨床検査薬市場〕
(表)・厚労省統計による主要傷病別総患者数及び「感染症及び寄生虫症」の総患者数
(グラフ)・主要感染症疾患および肝疾患、胃ガン、血液ガン等の推計患者数推移
(グラフ)・肝炎ウイルス関連検査の検査項目(分類)別医療費市場(00年度推計)
(グラフ)・肝炎ウイルス関連検査の検査項目別金額構成比推移(96→00年度)
(表)・肝炎ウイルス関連検査の検査項目別医療費推移
(表)・主要肝炎の特徴・患者数・ウイルスマーカー
(表)・HCV抗体検査薬の製品一覧
(表)・HBV検査薬(HBs-Ag)の製品一覧
(グラフ)・臨床検査薬市場のメーカーシェア(2001→2002年度予想)
〔臨床検査薬売上メーカーシェア推移(2000→2001年度)〕
(グラフ)・一般検査薬市場のメーカーシェア
(グラフ)・血液学的検査薬市場のメーカーシェア
(グラフ)・生化学的検査薬市場のメーカーシェア
(グラフ)・免疫学的検査薬市場のメーカーシェア
(グラフ)・微生物学的検査薬市場のメーカーシェア
(グラフ)・R.I.検査薬市場のメーカーシェア
(表)・臨床検査薬・機器売上高ランキング('99年度~'01年度実績、'02年度予想)臨床検査
(表)・臨床検査薬メーカー(一部総合メーカー含む)の業績推移と臨床検査薬売上高(2000~2001年度実績)
(表)・臨床検査薬メーカーの収益性(売上高経常利益率)ランキング(2000~2001年度実績)
(表)・臨床検査薬有力メーカーの検査分野別売上高シェア('01年度実績)
(表)・臨床検査薬の分野別メーカー・シェアランキング('00年度,'01年度)
(表)・臨床検査薬の分野別メーカー売上状況('01年度,前年比)
(表)・臨床検査薬の分野別メーカー売上状況('02年度見込,前年比)


第3章 臨床検査薬メーカーの展望と戦略


(1).アークレイ
開発・管理(本社)、製-販(子会社)分離体制のソリューションビジネス
医療機関向けと個人向けの製品ラインアップで両極対応

(2).シスメックス
02年度検査薬売上トップに踊り出るか。血液学的検査薬では
断トツシェアさらに高まる(56.5%→59.6%)

(3).ダイナボット
臨床検査薬低迷期も医薬部門合併(北陸製薬)で企業規模拡大へ

(4).ロシュ・ダイアグノスティックス
臨床検査向け、ゲノム・バイオ研究向けの両輪が好調推移

(5).富士レビオ
中外診断科学を傘下に加え、免疫学的検査薬でさらに強化体制

(6).バイエル メディカル
新たな再編の予感、"バイエル - ベーリング"の可能性も

(7).和光純薬工業
新戦略、富士レビオとの共同販売もスタート

(8).栄研化学
新規遺伝子増幅法(LAMP法)の応用期待広がる

(9).オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックス
HCV検診需要拡大(NAT検査)で02年度に期待

(10).日本ベクトン・ディッキンソン
DNAチップのクロンテックも加わり業容拡大

(11).ダイアヤトロン
生化学、免疫、血液学の3分野を核にRIA(DPC製品)でも実績

(12).デイド ベーリング
米国本社が"債務の株式化"策で企業基盤改善図る


【主要臨床検査薬メーカー・検査分野別売上推移】

第一化学薬品、ファルマシア
協和メデックス、日水製薬
デンカ生研、極東製薬工業
シノテスト、三光純薬
カイノス、テイエフビー
医学生物学研究所、日本ビオメリュー
塩野義製薬、ミズホメディー
セロテック

〔調査個表〕
アークレイ
シスメックス
ダイナボット
ロシュ・ダイアグノスティックス
富士レビオ
バイエルメディカル
和光純薬工業
栄研化学
オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックス
日本ベクトン・ディッキンソン
ダイアヤトロン
デイド ベーリング
三和化学研究所
第一化学薬品
ファルマシア
協和メデックス
日水製薬
デンカ生研
極東製薬工業
シノテスト
エイアンドティー
三光純薬
カイノス
テイエフビー
医学生物学研究所
日本ビオメリュー
塩野義製薬
ミズホメディー
セロテック

第4章 ゲノム・バイオ研究用試薬機器市場の展望と戦略

1.ポストゲノムにテイクオフ、バイオ研究の新段階
2.ライフサイエンス、環境、エネルギー、食品など多分野に対応
3.ミレニアム・プロジェクトから「東京ゲノム・ベイ計画」へ
4.ゲノム・バイオリサーチ市場を支える試薬・機器ビジネス

(企業編)

1.アプライドバイオシステムズジャパン
2.アマシャム バイオサイエンス
3.日立ハイテクノロジーズ


第5章 関連資料編


(表)・検体検査の(検査分野,項目別-病院・診療所別,入院・入院外別)医療費〔拡大推計〕
(表)・生体検査の(検査分野,項目別-病院・診療所別,入院・入院外別)医療費〔拡大推計〕

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

112,200
102,000
10,200
224,400
204,000
20,400
336,600
306,000
30,600

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。