2002年版 ポリプロピレン市場の徹底分析

発刊日
2002/09/30
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 187頁
資料コード
C44106900
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第一章:ポリプロピレン市場の展望

日本ポリケム、チッソの統合で合併劇は最終章へ
国際競争力を高めた大型プラント新設で海外玉の流入は防げるか
勝ち残りへの道をどこに見出す、シェアと利益確保の両立こそ本当の課題
日本のPPメーカーは需要創出型の素材メーカーに脱皮せよ


第二章:ポリプロピレン市場の動向

【1】各社のPP生産体制
SMPO30万tプラント、出光石化20万tプラント新設大型プラントを立ち上げ、コスト競争力を高める

【2】需要分野別の動向と展望
1.総出荷量
日本ポリケム・チッソ連合と三井住友ポリオレフィンが100万t規模で2強に
2.国内販売
3.射出分野
(1)自動車自動車生産は2001年は不振も2002年は輸出が好調 PPメーカーはグローバル統合材の供給体制確立が課題
(2)家電 アッセンブリメーカーの海外生産シフトと輸入材の増加が影響 今後も付加価値分野としての位置付けは難しく
(3)日用品・雑貨・その他大型ヒット商品不在であるものの、 付加価値の高い分野での技術開発続く
4.フィルム
(1)OPP大ロット発注によるOPPメーカーのコスト削減策で樹脂メーカーとの系列色が復活傾向
(2)CPPシーラントフィルム向けなど各PPメーカーの特殊グレード出荷量が増加
5.押出
食品シートでは発泡PPが伸長傾向、さらに今後も高まる見込み
6.繊維
各社不織布に注力し繊維全体出荷量は増加傾向にあるも輸入PPも増加傾向
7.その他
(1)中空
(2)フラットヤーン
(3)輸出
メーカー各社のPP用途別販売動向(2000~2002年見込み)
【3】PP種類別市場動向
2001年のPP種類別内訳はホモ約40%、ランダム約20%、ブロック約40%

【4】PPコンパウンドの動向
コストダウンのためにコンパウンド内製化率は今後も上昇傾向に

【5】高機能PPの動向
1.高溶融張力PP(HMS-PP)
各社の多くが2001年以降伸長傾向に 食品シートのPSP代替として出荷量が増加
2.ガラス長繊維強化PP
モジュール化ニーズを汲み取り、動き出したガラス長繊維強化PP
チッソ「ファンクスター」の2002年出荷量では前年比倍増以上を見込む
3.重合型(リアクター)TPO
自動車コンパウンドの改質材やゴム代替需要として増加
4.メタロセンPP
日本ポリケム、メタロセン触媒によるランダムPP「ウィンテック」上市
世界の先駆けを目指しブロックコポリマーでの開発も進む
PP輸出入の動向(1998~2001年)

第三章:ポリプロピレンメーカーの動向と戦略

三井住友ポリオレフィン
アジアのトップメーカーに君臨
今後は生産体制などの見直しを進め、さらなる飛躍を目指す
2002年4月よりグランドポリマーと住友化学PP事業を統合
合理化や技術面でのシナジー効果が現出しはじめる
自動車分野、OPP分野など多くの分野でトップシェアを確立
コンパウンドでは内製率向上のため外注委託量を削減
外注委託では自社生産能力を上回った生産量や小口が中心に
北米4拠点、東南アジア2拠点、中国1拠点の計7拠点を確保
今後は中国での新拠点設立を検討する一方、欧州での基盤の再構築が課題に

日本ポリケム
需要分野における全方位展開と技術力の強みを活かし、
付加価値分野拡充を図る
四日市工場生産中止
今後のS&Bはアライアンスの行方を見据えて判断
自動車分野、フィルム、押出、繊維分野を最重要に位置づけ
メタロセンPP「ウィンテック」を2001年10月に上市
既存製品の代替ではなく、付加価値の高い分野の開拓に注力
リアクターTPOの生産量は2~3万t、すべて自消での使用
インラインコンパウンドについてはアライアンスを含めて
設備の有効利用を図っていくことを検討
中国でのPPコンパウンド拠点を強化
今後は欧州でのPPコンパウンド拠点の再構築が課題

出光石油化学
樹脂に材料設計や加工技術などを組み合わせ
付加価値を高めたソリューションビジネスを推進
2003年5月には20万t/年の大型プラントが稼動予定
自動車、フィルム、押出、繊維を重点分野に位置付け
出光とトクヤマの持つ強みをさらに活用
トクヤマ「P.E.R.」を「出光TPO」のブランド名に統一
専用ラインを活かしさらなる差別化グレードの開発に注力
PPコンパウンドの販売量は増加傾向
2003年度以降には10,000t/年規模のコンパウンド設備増設も検討
PPコンパウンド世界5極体制確立を目指す
2002年4月に「試作」から「実用評価」までの支援を行う「開発サイト」を新設
加工技術を活かしたソリューションビジネスを軸に高付加価値企業の確立を目指す
ニート・コンパウンドの大口は「バルクコンテナ物流システム」
出荷比率は年間生産量の2割を超え拡大傾向

チッソ
高度な技術力を活かし付加価値の高い分野へシフト
自動車、フィルム、押出、繊維が重要分野
長繊維強化PP「ファンクスター」が伸長傾向
自動車分野の金属代替と高度な技術力が伸長要因
コンパウンドは自動車向けで伸長
今後も内製率を高め、外注委託量を削減傾向
CPPや自動車向けの伸張傾向により
ランダム・ブロックの生産量が増加傾向

サンアロマー
バセルグループの技術とネットワークを相互活用し、グループの一翼を担う
2001年8月に大分2号設備を停止
他プラントのデボトルネッキングや浮島ポリプロの株式取得により減少分を補完
2001年は射出全般、押出向けで出荷量が増加
特に2002年では自動車分野でさらなる伸長を見込む
重合型TPO「キャタロイ」プロセスPPの消費量増加
単体での販売増加に加え自消分も伸長傾向
中国でのプラットフォームを構築し、
バセルグループ全体で最適供給体制を目指す

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。