2003 世界のディーゼルエンジン乗用車市場

発刊日
2003/09/08
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 305頁
資料コード
C45101100
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 世界のディーゼルエンジン乗用車市場の現状

1-1.日米欧ディーゼルエンジン乗用車市場の全体像の把握
1-1-1.世界乗用車市場におけるディーゼル車の位置付けと自動車メーカー各社におけるポジショニング
1-1-1-1.拡大する世界のディーゼルエンジン乗用車市場
1-1-1-2.自動車メーカー各社のディーゼルエンジン乗用車の位置付けと戦略
1-1-1-3.ディーゼルエンジン乗用車を取り巻く市場環境
(a) 環境規制対応技術の動向
(b) 環境規制とディーゼル技術
1-1-2.欧州市場の動向
1-1-2-1.過去13年間の乗用車完成車トータル新車登録台数の推移
1-1-2-2.過去13年間のディーゼル乗用車新車登録台数とディーゼル化率の推移
1-1-2-3.欧州主要5ヶ国ディーゼル乗用車新車登録台数とディーゼル化率の推移
1-1-2-4.主要4ヶ国別(独、仏、伊、英)メーカー別ディーゼルエンジン乗用車新車登録台数の過去5年間の推移と競争力分析
(a) フランスのメーカー別ディーゼルエンジン新車登録台数シェアの推移
(b) ドイツのメーカー別ディーゼルエンジン新車登録台数シェアの推移
(c) イタリアのメーカー別ディーゼルエンジン新車登録台数シェアの推移
(d) 英国のメーカー別ディーゼルエンジン新車登録台数シェアの推移
1-1-2-5.主要4ヶ国における日系自動車メーカーの新車登録台数シェアの推移
1-1-2-6.主要2ヶ国(独、仏)におけるディーゼルエンジン乗用車生産台数の推移とメーカー別シェア
(a) ドイツ国内ディーゼルエンジン乗用車の生産台数
(b) フランス国内ディーゼルエンジン乗用車の生産台数
1-1-3.日本市場の動向
1-1-3-1.完成車新車登録台数とディーゼル化率
1-1-3-2.主要日系自動車メーカー別ディーゼルエンジン新車登録台数の推移
1-1-3-3.過去10年間の国内ディーゼルエンジン車保有台数
(a) 過去10年間のガソリン・ディーゼル車トータル保有台数
(b) 過去10年間のディーゼル乗用車保有台数
1-1-4.北米市場の動向
1-1-4-1.ディーゼルエンジン乗用車市場
1-1-4-2.北米市場へ参入する自動車メーカー
1-1-4-3.北米市場の今後の動き
1-1-5.世界のディーゼルエンジン乗用車のOEM供給体制
1-2.ディーゼルエンジン乗用車市場を取り巻く環境
1-2-1.日米欧の排出ガス環境規制
1-2-2.軽油に含まれる硫黄含有量の比較と日米欧政府の対応
1-2-3.OECD主要国におけるガソリンと軽油の市場価格比較

第2章 主要ディーゼルエンジン関連部品の世界市場の動向

2-1.噴射系―コモンレールシステム・ユニットインジェクター市場
2-1-1.主要4社のCRS生産量とメーカー別シェア
2-1-2.ユニットインジェクター(UIS)の乗用車市場
2-1-3.主要自動車メーカーとの需給関係
2-2.排ガス浄化システム-DPF(Diesel Particulate Filter)市場
2-2-1.主要フィルターメーカーの製品内容と最近の動き
2-2-2.日系メーカーの生産体制
2-2-3.DPFの今後の市場性

第3章 世界のディーゼルエンジンの開発技術動向


3-1.環境対策への技術動向
3-1-1.燃焼改善―予混合圧縮着火燃焼(Homogeneous Charge Compression Ignition)
3-1-1-1.予混合圧縮着火―HCCI
3-1-1-2.新ACE社の予混合圧縮着火燃焼―PREDIC
3-1-2.噴射系―コモンレールシステム(CRS)
3-1-2-1.最大燃料噴射圧と欧州環境規制
3-1-2-2.噴霧の微粒子化と噴射孔径
3-1-3.高過給化―ターボチャージャーとEGR
3-1-4.DPF(Diesel Particulate Filter)
3-1-4-1.概要
3-1-4-2.原材料別フィルター特性比較
3-1-4-3.主要フィルターメーカー各社のDPF特性比較
3-1-4-4.主要メーカーのフィルター生産コスト
3-1-4-5.主要フィルターメーカー各社のDPFと今後の計画
3-1-4-6.コロナ放電プラズマ技術のDPF―サミットAEA社
3-1-5.NOx低減技術―尿素選択還元型触媒(Urea-Selective Catalytic Reduction)システム
3-1-6.NOx/PM同時削減触媒技術―Diesel Particulate-NOx Reduction System:DPNR
3-2.欧米の自動車産業界とディーゼル技術開発の動向
3-2-1.EUCAR(European Council for Automotive R&D)
3-2-2.英国Recardo社 101
3-2-3.USCAR:United States Council for Automotive Research

第4章 主要自動車メーカーの最新動向と今後の展望

4-1.トヨタ自動車株式会社
4-1-1.自動車事業部門の概要
4-1-2.ディーゼルエンジンラインナップと生産規模
4-1-3.注目される排ガス浄化装置“DPNR”
4-1-4.コンセプトカー「ES3(イーエスキュービック)」
4-1-5.注目される今後の欧州戦略とディーゼルエンジン乗用車への期待
4-1-6.アジア地区でのディーゼルエンジン生産強化
4-2.日産自動車株式会社
4-2-1.自動車事業内容の概要
4-2-1-1.完成車トータル国内外生産台数の推移
4-2-1-2.完成車トータル地域別販売台数の推移1
4-2-2.欧州におけるディーゼルエンジン乗用車の新車登録台数
4-2-3.完成車トータル国内新車登録台数の推移
4-2-4.ディーゼルエンジン乗用車生産体制
4-2-4-1.ディーゼルエンジン搭載乗用車モデルと生産工場
4-2-5.日産自動車のディーゼルエンジンの特徴と環境規制対策
4-2-5-1.欧州用ディーゼルエンジンの特徴
4-2-5-2.「M‐Fire燃焼」
4-2-5-3.「M‐Fire燃焼」採用自社開発ディーゼルエンジン
4-2-5-4.DPFの研究開発
4-2-6.今後の課題と展望
4-2-6-1.低コスト化
4-2-6-2.日米欧市場への展望
4-3.いすゞ自動車株式会社
4-3-1.自動車事業内容の概要
4-3-1-1.完成車トータル国内・海外生産台数の実績と計画
4-3-1-2.完成車トータル国内新車登録台数
4-3-2.大型・小型ディーゼルエンジン
4-3-2-1.大型・小型ディーゼルエンジン生産実績
4-3-2-2.ディーゼルエンジンOEM供給
4-3-3.国内生産工場と車輌エンジンモデル
4-3-4.いすゞとGMの関係
4-3-5.いすゞのディーゼルエンジンの特徴
4-3-5-1.いすゞのディーゼルエンジン
4-3-5-2.燃焼技術の向上による排ガス低減
4-3-5-3.コンピューター制御システム(ECU)の自社開発
4-3-6.環境対策への技術と戦略
4-3-6-1.DPF
4-3-6-2.NOx削減
4-3-6-3.燃料噴射圧の高圧化
4-3-6-4.「エルフ」KR用クリーンディーゼル 4HL1
4-4.マツダ株式会社
4-4-1.自動車事業内容の概要
4-4-1-1.完成車トータル国内生産台数の推移
4-4-1-2.完成車トータル国内販売台数と輸出台数の推移
4-4-1-3.完成車トータル国内新車登録台数の推移
4-4-2.ディーゼルエンジン乗用車生産体制
4-4-2-1.ディーゼルエンジン搭載乗用車モデルと生産工場
4-4-2-2.欧州向けディーゼルエンジン乗用車生産台数
4-4-3.ディーゼルエンジン乗用車展開市場―欧州市場
4-4-4.マツダのディーゼルエンジンの特徴と環境規制対策
4-4-4-1.次世代ディーゼルエンジンの特徴
4-4-4-2.縦渦燃焼(Expansive Vertical Vortex Combustion)
4-4-4-3.DPF
4-4-5.ディーゼルエンジン開発課題と今後の戦略
4-4-5-1.低エミッション化、低燃費化、低コスト化
4-4-5-2.今後の戦略
4-5.VW(フォルクスワーゲン)
4-5-1.VWグループ
4-5-2.自動車事業部門の売上の推移
4-5-2-1.完成車トータルの生産台数と販売台数
4-5-2-2.完成車トータルの地域別出荷台数
4-5-2-3.モデル別生産台数
4-5-3.VW/Audiブランドのディーゼル乗用車
4-5-3-1.欧州におけるVWブランドのガソリン・ディーゼル乗用車新車登録台数の推移
4-5-3-2.欧州主要4ヶ国におけるVW/Audiブランドディーゼル乗用車新車登録台数の推移1
4-5-3-3.ドイツにおけるVW/Audiブランドの出力別・モデル別ディーゼルエンジン搭載車出荷台数の推移
(a) 概要
(b) ブランド別ディーゼルエンジン搭載車出荷台数の推移
4-5-4.VWグループディーゼルエンジンの噴射系システムの特徴
4-5-4-1.ボッシュのユニットインジェクター(UIS)
4-5-4-2.Siemensとの合弁会社設立:ピエゾ制御のユニットインジェクター
4-5-5.環境技術への取り組みと方向性
4-5-6.今後の戦略
4-5-6-1. 高級車フェートンへのターボディーゼル投入
4-5-6-2.北米のSUV市場へのディーゼル車の展開
4-6.BMW
4-6-1.BMWグループの売上実績の推移
4-6-2.BMW自動車部門の生産と出荷台数
4-6-2-1.完成車トータル出荷台数の推移
4-6-2-2.生産拠点―完成車生産工場
4-6-2-3.BMWグループのエンジン生産拠点
4-6-3.BMWブランドのディーゼルエンジン乗用車
4-6-3-1.ディーゼルエンジン乗用車出荷台数の推移
4-6-3-2.欧州主要4ヶ国におけるBMWブランドディーゼルエンジン新車登録台数の推移
4-6-4.BMWグループのディーゼルエンジンと環境対策
4-6-4-1.第2世代コモンレール採用の3.0L直列6気筒と3.9LV型8気筒ディーゼルエンジン
4-6-4-2.環境対策
4-6-5.市場戦略
4-6-5-1.米国市場への参入時期
4-6-5-2.ミニブランド戦略
4-7.ダイムラークライスラー
4-7-1.ダイムラークライスラーグループ
4-7-1-1.グループ全体の売上実績の推移
4-7-2.ダイムラークライスラー自動車事業
4-7-2-1.自動車部門のグループ別売上実績の推移
4-7-3.ダイムラーグループ
4-7-3-1.ダイムラーグループ地域別販売台数
4-7-3-2.ダイムラーグループ車種別販売台数
4-7-3-3.欧州主要4ヶ国におけるメルセデスベンツのディーゼルエンジン新車登録台数の推移
4-7-4.クライスラーグループ
4-7-4-1.クライスラーグループ地域別販売台数
4-7-4-2.クライスラーグループ車種別販売台数
4-7-4-3.欧州主要4ヶ国におけるクライスラーのディーゼルエンジン新車登録台数の推移
4-7-5.最新ディーゼルエンジンモデルの開発と環境技術
4-7-5-1.メルセデスベンツEクラス搭載V8気筒ディーゼルエンジン:E400CDIとCクラス搭載の4 気筒ディーゼルエンジン:C200CDI、C220CDI
(a) E400CDI 195
(b) C200CDIとC220CDI
4-7-5-2.環境技術
(a) 選択触媒還元(SCR)の商用車への導入
(b) バイオ燃料の開発
4-7-6.ディーゼルエンジン乗用車市場戦略
4-7-6-1.米国市場へのディーゼルエンジン車投入
4-7-6-2.三菱自動車へのディーゼルエンジン供給
4-7-7.今後のディーゼルエンジン技術の方向性
4-7-7-1.Global Engine Allianceとメルセデスベンツのディーゼルエンジン技術
4-7-7-2.ディーゼルエンジン開発のキーコンセプト
(a) スーパーチャージャーとコモンレールシステム
(b) エンジンの低コスト化
4-8.PSA プジョー・シトロエングループ
4-8-1.PSAグループ全体の事業内容と売上実績
4-8-2.自動車部門の売上実績
4-8-2-1.地域別出荷台数
4-8-2-2.車種別生産台数
4-8-2-3.生産工場
4-8-3.PSAディーゼルエンジン乗用車
4-8-3-1.PSA完成車トータル生産台数とディーゼルエンジン車生産台数
4-8-3-2.欧州主要4ヶ国におけるディーゼルエンジン乗用車新車登録台数
4-8-4.PSAとフォードのディーゼルエンジン開発
(a) 1.6L HDi/Duratorq TDCi
(b) 2.0L HDi/Duratorq TDCi
(c) 2.7L V6ターボディーゼルエンジン
4-8-5.DPF
4-8-5-1.燃料添加型DPF
4-8-5-2.技術的課題と第二世代燃料添加型DPF
4-8-6.環境問題と技術開発
4-9.Renault(ルノー)
4-9-1.ルノーグループ全体の売上実績
4-9-2.自動車部門売上実績
4-9-2-1.地域別売上実績
4-9-2-2.「ルノー」ブランド完成車トータル販売台数
4-9-2-3.「ルノー」ブランド完成車トータル生産台数
4-9-3.ディーゼルエンジン乗用車
4-9-3-1.ディーゼルエンジン乗用車の生産台数
4-9-3-2.ディーゼルエンジン乗用車のラインナップ
4-9-3-3.欧州主要4ヶ国におけるディーゼルエンジン乗用車新車登録台数
4-9-3-4.欧州主要4ヶ国におけるルノーのディーゼル乗用車新車登録台数のシェア
4-9-4.環境技術と今後の戦略
4-9-4-1.DPF
4-9-4-2.ルノーの市場戦略

第5章 主要ディーゼルエンジン関連部品メーカーの現状と事業展開


5-1.Robert Bosch GmbH(ボッシュ)
5-1-1.事業全体の売上の推移
5-1-2.ディーゼルシステム事業部門概要
5-1-2-1.ディーゼルシステム事業部門売上規模
5-1-2-2.ディーゼルシステム部門の売上高と研究開発費
5-1-2-3.地域別売上規模と構成比
5-1-3.ディーゼルシステム部門の製品別売上規模と製品販売台数
5-1-3-1.製品別売上規模と構成比
5-1-3-2.製品別販売台数
5-1-4.今後の製品販売計画
5-1-5.ボッシュの燃料噴射システムの開発経緯
5-1-6.ディーゼルシステム生産・研究開発拠点
5-1-7.コモンレールシステム(CRS)
5-1-7-1.CRSの開発ロードマップ
5-1-7-2.第三世代CRS
5-1-7-3.第四世代CRS
5-1-7-4.CRSの今後の方向性
5-1-8.ユニットインジェクターシステム(UIS)
5-1-9.焼結金属製DPF
5-1-10.今後の展望
5-2.株式会社デンソー
5-2-1.デンソーのコモンレールシステム(CRS)開発の経緯と現状
5-2-2.デンソーのCRSの特徴―第一世代と第二世代CRS
5-2-2-1.サプライポンプ
5-2-2-2.インジェクター
5-2-2-3.ノズル噴孔径
5-2-2-4.高圧噴射と複数回噴射の効果
5-2-3.今後の方向性と技術革新
5-2-3-1.噴射の高圧化の問題
5-2-3-2.ピエゾアクチュエーターのインジェクター
5-2-4.OEM供給先と生産体制
5-2-4-1.OEM供給先
5-2-4-2.生産工場
5-2-4-3.CRSの生産台数
5-2-4-4.CRSの売上高
5-2-5.今後の市場戦略
5-3.旭硝子株式会社
5-3-1.窒化ケイ素(Si3N4)製DPF用ハニカムセラミックフィルター
5-3-1-1.窒化ケイ素(Si3N4)製DPF用セラミックフィルターの特徴
5-3-1-2.窒化ケイ素製フィルターの生産工程
5-3-1-3.窒化ケイ素(Si3N4)製フィルターの基本特性
(a) 窒化ケイ素(Si3N4)製フィルターのサイズと形状
(b) 窒化ケイ素製セラミックフィルターの壁厚と孔の大きさ
5-3-2.技術的課題と問題
5-3-2-1.窒化ケイ素の化学的安定性
5-3-2-2.触媒の劣化
5-3-2-3.触媒のコスト
5-3-2-4.コージェライト製DPFの将来的な脅威
5-3-3.今後のDPF市場
5-3-3-1.燃料添加型か触媒担持型か
5-3-3-2.DPF採用時期
5-4.イビデン株式会社
5-4-1.炭化ケイ素(SiC)製DPF用ハニカムセラミックフィルター
5-4-1-1.SiC製フィルターの特徴
5-4-1-2.SiCの基本特性とハニカム形状
5-4-2.PSA間歇再生式DPFの仕組み
5-4-2-1.PSA用DPFの技術的課題
5-4-2-2.今後の方向性
5-4-3.生産体制
5-4-4.DPF用SiC製セラミックフィルターの出荷実績
5-4-5.仏自動車メーカーとのビジネス展開
5-4-6.DPFの今後
5-5.日本ガイシ株式会社
5-5-1.ディーゼルエンジン乗用車DPF用セラミックフィルター
5-5-2.SiC製触媒担持型DPF用セラミックフィルター
5-5-2-1.日本ガイシ製Si-SiCハニカムセラミックフィルターの特徴
5-5-2-2.Si-SiC製フィルターの基本特性
5-5-2-3.形状・サイズ
5-5-3.Si-SiC製フィルター生産
5-5-3-1.生産体制
5-5-3-2.生産工程
5-5-4.技術課題と問題

第6章 世界のディーゼルエンジン乗用車市場展望~2010年


6-1.世界のディーゼルエンジン乗用車市場展望
6-1-1.技術動向
6-1-2.日米欧自動車メーカーの動向
6-1-3.市場規模
6-2.日米欧の市場別ディーゼルエンジン乗用車市場予測
6-2-1.欧州乗用車市場
6-2-2.日本
6-2-3.米国
6-3.環境規制対応の主要ディーゼルエンジン技術と市場規模予測
6-3-1.コモンレールシステム(CRS)市場規模予測
6-3-2.DPF市場規模予測
6-4.世界のディーゼルエンジン乗用車市場の10年展望

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。