2003~2004年版 バイオベンチャーの現状と展望

発刊日
2004/03/26
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 381頁
資料コード
C45104300
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 バイオインダストリーの現状と展望

1.バイオインダストリーの動向
1)バイオ医薬品開発動向
2)医薬品開発の国際化(グローバル化)
2.バイオインダストリーの市場規模
1)バイオインダストリー市場規模推移(国内)
2)日米欧の市場規模比較
3.カテゴリー別市場概要
1)ゲノム創薬
(1)概要
(2)主要企業の動向
2)ゲノミクス・プロテオミクス
3)テーラーメード医療
(1)概要
4)バイオインフォマティクス
(1)概要
(2)バイオインフォマティクスの主要参入企業一覧
(3)市場動向
5)バイオ支援機器・試薬・受託サービス
6)再生医療
(1)概要
(2)再生医療の参入企業動向
◇医薬品企業
◇再生医療ベンチャー企業
◇医療用具企業
7)糖鎖工学
8)食品・農業
9)動物・畜産
10)環境
4.バイオインダストリーに向けた国の取り組み
1)国のバイオインダストリー政策
2)国のライフサイエンス予算
3)各省庁の予算と主なプロジェクト
(1)経済産業省
(2)文部科学省
(3)農林水産省
(4)厚生労働省
(5)環境省
5.特許出願動向と国際比較
1)バイオテクノロジーにおける特許戦略
2)バイオテクノロジー産業における特許動向
3)日米欧の競争力比較
6.バイオインダストリー市場の将来展望


第2章 バイオテクノロジー産業におけるバイオベンチャーの現状と展望

1.バイオベンチャーをとりまく市場環境
1)政府のバイオベンチャー促進政策
2)バイオ参入企業のバイオビジネス戦略
(1)製薬関連企業のバイオビジネス戦略
(2)化学関連企業のバイオビジネス戦略
(3)IT関連企業のバイオビジネス戦略
(4)食品関連企業のバイオビジネス戦略
(5)環境関連企業のバイオビジネス戦略
(6)大手商社のバイオビジネス戦略
①三井物産
②伊藤忠商事
3)バイオベンチャーキャピタルの動向
(1)バイオベンチャーキャピタルの最新動向
(2)バイオベンチャーファンド
(3)バイオベンチャーファンドの設立状況
(4)今後の市場見通し
4)地域別バイオインキュベーション(バイオクラスター)の動向
(1)バイオ産業クラスター
(2)地域におけるバイオ産業クラスター形成への取り組み
ⅰ)北海道バイオ産業クラスター振興戦略
ⅱ)関東地域産業活性化プロジェクト
①経済産業省関東経済産業局
②東京都
③千葉県
④横浜市
⑤茨城県
ⅲ)近畿バイオ関連産業プロジェクト
①神戸医療産業都市構想
②彩都ライフサイエンスパーク
③バイオ情報ハイウェイ構想
5)TLO(技術移転機関)の現状
(1)TLOの設置状況
(2)TLOの特許移転の状況
6)産学連携の動向
7)大学発ベンチャーの状況
(1)大学発ベンチャーの動向
(2)大学発バイオベンチャーの動向
2.バイオベンチャー380社の市場構成
1)年別設立件数(1990年~2003年)
2)カテゴリー別設立動向
3)地域別分布状況
3.バイオベンチャー設立・運営の現状と課題
1)創出・育成のパターン
2)資金調達
3)人材確保
4)特許戦略
5)事業提携
6)株式公開・ストックオプション
7)成功に向けたビジネスモデル
4.バイオベンチャーの将来展望


第3章 バイオベンチャーの市場評価(バイオ関連企業650社へのアンケート調査)

調査実施概要
調査票
集計分析
<アンケート回答者の概要>
<アンケート調査集計結果>

1.現在取り組んでいるバイオ事業分野
2.市場分野別進展見通し
3.強化するバイオ研究分野
4.バイオ事業強化するための事業施策
5.バイオ事業拡大上の課題
6.政府に望む支援策・改善策
7.経営上の課題
8.産学協同連携の有無・連携先
9.注目しているバイオベンチャー企業名


第4章 バイオベンチャー65社の事業実態


〔掲載企業〕
  • (株)アドジーン
  • (株)アドバンジェン
  • (株)アフェニックス
  • (株)アムニオテック
  • (株)イーベック
  • インターサイト・ナノサイエンス(株)
  • (株)インフォジーンズ
  • (株)インプランタイノベーションズ
  • (株)NRLファーマ
  • (株)エムズサイエンス
  • (株)LTTバイオファーマ
  • (株)エンバイオテック・ラボラトリーズ
  • オステオジェネシス(株)
  • クラスターテクノロジー(株)
  • クリングルファーマ(株)
  • (株)ケムジェネシス
  • サイファージェン・バイオシステムズ(株)
  • (株)サイメディア
  • (株)ザナジェン
  • (株)GBS研究所
  • (株)ジーンケア研究所
  • ジーンフロンティア(株)
  • (株)ジェー・ジー・エス
  • ジェー・ビー・セラピュティクス(株)
  • (株)ジェネティックラボ
  • ジェノダイブファーマ(株)
  • (株)ジェノメンブレン
  • ジェンザイム・ジャパン(株)
  • (株)ジュオン メディカル システム
  • (株)植物ゲノムセンター
  • ステムセルサイエンス(株)
  • (株)セルシード
  • (株)セルフリーサイエンス
  • セルメディシン(株)
  • (株)ダナフォーム
  • (株)地圏環境テクノロジー
  • (株)DNAチップ研究所
  • (株)ディーエヌエーバンク
  • ディスカバリー・バイオテクノロジーズ(株)
  • (株)トランスアニメックス
  • ナノキャリア(株)
  • 日生バイオ(株)
  • (株)ノバスジーン
  • バイオ・エナジー(株)
  • (株)バイオセレンタック
  • (株)バイオバンク
  • (株)バイオマーカーサイエンス
  • (株)バイオマトリックス研究所
  • (株)パルマビーズ研究所
  • (株)ビーシーエス
  • ヒュービット ジェノミクス(株)
  • ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(株)
  • (株)ファスマック
  • (株)ファルマデザイン
  • (株)ミレニアムゲートテクノロジー
  • (株)メイズ
  • (株)メディカルイメージラボ
  • (株)メディネット
  • (株)メディビック
  • リンク・ジェノミクス(株)
  • (株)リンフォテック
  • (株)レナサイエンス
  • (株)ロコモジェン
  • (株)ワールドフュージョン
  • (株)ワイエス研究所

第5章 バイオベンチャー465社リスト

〔掲載企業〕
アーカイラス・エンジニアリング,アーク・リソース,iGENE,アイシン・コスモス研究所,アイ・ディ・テクニカ,アイテックリサーチ,アイバイオコン サルティング,アクシオヘリックス,アズバイオ,アヅマックス,アテクト,アドヴァンストテクノロジ,アトー,アドサイエンス・テクノロジー,アドジー ン,アドバンジェン,アドバンストスキンリサーチ研究所,アフェニックス,アプライド バイオシステムズ ジャパン,アプライドメディカルリサーチ,アプロサイエンス,アマシャム バイオサイエンス,アマルガム,アミノアップ化学,アムサイト,アムジェン,アムニオテック,アリジェン


アルファメッドサイエンス,アロマ研究所,アンジェスMG,EM環境浄化技研,イーベック,イーメックス,遺伝子栄養学研究所,イニシアム,医薬分子設計 研究所,いらご研究所,インシリコサイエンス,インターキュア,インターサイト・ナノサイエンス,インターバイオテクノ,インテック・ウェブ・アンド・ゲ ノム・インフォマティクス,インビトロジェン,インビトロテック,インフォジーンズ,インプランタイノベーションズ,ウルトラバイオテクノロジー研究所, エイコム,HID,エイブル,エルエイシステムズ,エーエムアール,エーシーバイオテクノロジーズ,エースバイオプロダクト,エーティー・ラボ


A-HITBio,エコニクス,エス・ピー・ジーテクノ,エスアールディ,エスティーアイ インターナショナル,エスペックオリゴサービス,NRLファーマ,N.A.gene,エヌシーアイエムビー・ジャパン,エピロン,エフェクター細胞研究 所,エフ・ソリューションズ,エムズサイエンス,LTTバイオファーマ,エルメックス,エルメッドエーザイ,エンジニアリング・システム,エンテストジャ パン,エンバイオテック・ラボラトリーズ,王子計測機器,応微研,応用医学研究所,オー・エス・ピー,オーテック,オーファンリンク,オープンループ,大 山豆腐,オキシジェニクス


オステオジェネシス,オリエンタルバイオサービス,オンコセラピー・サイエンス,オンコレックス,カーボン・ナノテク・リサーチ・インスティチュート,海 洋バイオテクノロジー研究所,カケンジェネックス,片岡器械,カルディオ,ガルファーマ,環境テクノ,カン研究所,キアゲン,キティー,機能性ペプチド研 究所,キャンバス,九州メディカル,キヨモトバイオ,ギンコバイオメディカル研究所,グライナージャパン,クラスターテクノロジー,グリーンゴールドバイ オシステム,グリーンテック,グリーンバイオ,クリングルファーマ,クレディアジャパン,クロモリサーチ,ケア・ネットワーク


ゲイト,ケー・エー・シー,ゲノムサイエンス研究所,ゲノム創薬研究所,ケムジェネシス,ゲン・コーポレーション,健康予防醫學研究所,膠原病研究所,抗 体研究所,広和エムテック,コージンバイオ,ゴールド興産,ゴールド発酵技術研究所,国際バイオインフォマティクス研究所,コスミックコーポレーション, コスモ・バイオ,コパセティック,コンビメートリックス,サイエンス・テクノロジー・システムズ,サイエンス・フロンティアズ,サイクレックス,サイ ファージェン・バイオシステムズ,細胞科学研究所,サイメディア,ザイヤ,坂本バイオ,札幌イムノ・ダイアグノスティック・ラボラトリー,ザナジェン


産業技術研究所,サンテクノ,サンルイ インターナショナル,シー・ピー・アール,ジーエスプラッツ,ジーエヌアイ,CTCラボラトリーシステムズ,シーバイオン,GBS研究所,ジーンアクト, ジーンケア研究所,ジーンコントロール,ジーンテクノサイエンス,ジーンデザイン,ジーンネット,ジーンフロンティア,ジーンワールド,シェアードファー マ,ジェージーエス,ジェー・ビー・セラピュティクス,ジェネシス・テクノロジーズ,ジェネティックラボ,ジェネテック,ジェノダイブファーマ,ジェノッ クス創薬研究所,ジェノファンクション,ジェノミディア,ジェノメンブレン


ジェンザイム・ジャパン,シグマジェノシスジャパン,システムバイオティックス,ジナリス,シバヤギ,シミック,ジャパン・ターフグラス,ジャパン・ ティッシュ・エンジニアリング,ジュオン メディカル システム,生薬発酵研究所,省力林業研究所,植物育種研究所,植物ゲノムセンター,植物DNA機能研究所,シロウマサイエンス,深海バイオベンチャーセン ター,進化創薬,スカラテック,スキノス,スキル・ヴィジョン,スクラム,ステムセルサイエンス,スポットファイアー・ジャパン,住商バイオサイエンス, 住商ファーマインターナショナル,生体分子計測研究所,生物技術研究所,生物有機化学研究所


セテック,セファナス,セルシード,セルフリーサイエンス,セルメディシン,セレスター・レキシコ・サイエンシズ,セロテック,先端医学生物科学研究所, 先端生命科学研究所,ゾイジーン,創薬技術研究所,そーせい,ソネット・エムスリー,大地興園,大地の香,ダイナコム,タウザー研究所,タウンズ,ダコ・ サイトメーション,ダテコンセプト,ダナフォーム,蛋白科学研究所,地圏環境テクノロジー,ツーセル,筑波リエゾン研究所,TSメリクロン,ディーエヌ エーバンク,TMセルリサーチ


ティー・ケー・クラフト,ディースリー研究所,ティーセル研究所,TUMジーン,DNAチップ研究所,ディスカバリー・バイオテクノロジーズ,テイッシュ エンジニアリングイニシアティブ,ティッシュターゲティングジャパン,ディナベック研究所,テカン ジャパン,テクノフローラ,テクノメディカ,デバイス・ナノテク・リサーチ・インスティチュート,テラメックス,東京分子医学研究所,動注化学療法研究 所,東洋新薬,特殊免疫研究所,トッケン,トップエコロジー,トミーデジタルバイオロジー,トランスアニメックス,トランスサイエンス,トランスジェニッ ク,ドリームインキュベーター,ナインラボ,長良サイエンス,ナノキャリア


ナノデバイス・システム研究所,ナベインターナショナル,ナルク,ニチニチ製薬,ニチレイ バイオサイエンス事業部,日研生物医学研究所,日生バイオ,ニップンテクノクラスタ,ニッポン ジーンテク,日本医学臨床検査研究所,日本遺伝子研究所,日本カンタム・デザイン,日本厚生科学研究所,日本抗体研究所,日本ジェネティクス,日本バイオ カルタ,日本バイオサービス,日本バイオテクノ,日本バイオリサーチセンター,日本バイオロジカルズ,日本ベクトン・デイッキンソン クロンテックカンパニー,日本メディカルリサーチ,日本レーザ電子,日本老化制御研究所,ニムラ・ジェネティック・ソリューションズ,ニューロクレック ス,ネイチャーテクノロジー,ネーテック


ネオ・モルガン研究所,ネッパジーン,脳機能研究所,ノバスジーン,ノベルテック,野村マイクロ・サイエンス,パーキンエルマージャパン,バーネット・イ ンターナショナル,バイオ・エナジー,バイオ・ジェネシス・テクノロジー・ジャパン,バイオ・ナノテック・リサーチ・インスティチュート,バイオイミュラ ンス,バイオ医療情報,バイオインフォデザイン・ジャパン,バイオエックス,バイオ科学,バイオ化研,バイオキャリアテクノロジー,バイオクラフト,バイ オ・クリーンシステム,バイオコム・システムズ,バイオコントロール研究所,バイオザック・ジャパン,バイオジェン・ジャパン,バイオセレンタック,バイ オセンサー研究所,バイオセンター,バイオット


バイオテクニクス,バイオテック,バイオテック・ヘルスケア・パートナーズ,バイオテックジャパン,バイオトリート,パイオニアバイオサイエンス研究所, バイオバンク,バイオビジョン・キャピタル,バイオ・ファイン・ケミカルズ研究所,バイオフェニックス,バイオフューチャー,バイオフロンティア研究所, バイオフロンティア パートナーズ,バイオベンチャーバンク,バイオマーカーサイエンス,バイオマスター,バイオマティクス,バイオマトリックス研究所,バイオ リーダース ジャパン,バイオリプレイス,バイオレンジャーズ,バイオロジカ,パイケーク,バイコム,バイファ,ハイファリンク研究所,ハイペップ研究所,パシフィッ クバイオロジックス


ハブ,浜口微生物研究所,林原生物化学研究所,ハラテック,はるにれバイオ研究所,パルマビーズ研究所,ビアコア,ビーエフ研究所,ビーエム機器,BMT ハイブリッド,ビーエル,ビークル,ビーシーエス,ビーロード,ビオテック,ビッグバイオ,ビッグベン,ヒュービット ジェノミクス,ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ,ピルム,ファーマフーズ研究所,ファクト,ファスマック,ファルマデザイン,フェニクスバイ オ,フューエンス,プライミューン,プライムテック


プラッツ,プラネトロン,フリーラジカル制御研究所,フルイドウェアテクノロジーズ,ブレインビジョン,ブレーンベース,プレシジョン・システム・サイエ ンス,プレスクライブ・ゲノミックス,フレンドセル研究所,プロジェクトユー,プロテイオス研究所,プロテイン・エクスプレス,プロテインウエーブ,プロ テインクリスタル,プロテジーン,プロテック,プロフェニックス,プロメガ,プロリゴ・ジャパン,フロンティア・サイエンス,分子生理化学研究所,ベイ バイオサイエンス,ベックス,ペプタイド ドア,ペプチド研究所,ベリタス,ヘリックス研究所,ヘルス・ウェーブ・ジャパン


ペルセウスプロテオミクス,ベレブノ,ベンタナ・ジャパン,ベンチャーラボ,北斗科学産業,星野科学,ポストゲノム研究所,北海道環境バイオセクター,北 海道グリーン興産,北海道グリーンバイオ研究所,北海道システム・サイエンス,北海道バイオインダストリー,ホリバ・バイオテクノロジー,マイクロアク ア,マイクロ化学技研,マイクロテック・ニチオン,マイクロバイオ,マイクロメディックス,マイサイエンス,マクロテック,松本微生物研究所,マホレック ス,マリンケミカル研究所,マリーンテクノロジー研究所,マルキンバイオ,未病医学研究センター,ミルス生命科学研究所,ミレニアムゲートテクノロジー


メイズ,メッセンジャー・スケープ,メディア研究所,メディカル・プロテオスコープ,メディカル・マイクロテクノロジー,メディカルイメージラボ,メディ カルシード,メディカルプラッツ,メディネット,メディビック,メドジェル,メビオール,免疫生物研究所,免疫分析研究センター,モリーオ,安井器械,薬 効ゲノム情報,矢内原研究所,ユージーン,ユース・テクノコーポレーション,ユニーテック,ユニコロイド,ユメディカ,ラカン,ラビトン研究所,リバー ス・プロテオミクス研究所,リバネス,リブテック


リプロセル,リメラ,リンク・ジェノミクス,リンパ球バンク,リンフォテック,レクメド,レドックス・バイオサイエンス,レナサイエンス,レノバサイエン ス,レノメディクス研究所,ロコモジェン,ロム,ワールドフュージョン,ワイエス研究所,ワイズセラピューティックス,和研薬,ワンセル


<図表目次>
表-日本のバイオインダストリー市場
図-日本のバイオインダストリー市場
図-2002年度と2010年のバイオインダストリー市場の分野別比率の比較
表-バイオインダストリー市場の日米欧比較
表-(ゲノム創薬)主要企業の動向
表-バイオインフォマティクス企業のサービス内容
表-バイオインフォマティクスの主要参入企業一覧
表-バイオインフォマティクスの市場規模
表-ゲノムを中心としたバイオ支援機器・試薬と参入企業
表-ゲノムを中心としたバイオ支援機器・試薬・受託サービスの市場規模推移
図-ゲノムを中心としたバイオ支援機器・試薬・受託サービスの市場規模推移
表-(再生医療の参入企業動向)医薬品企業
表-(再生医療の参入企業動向)再生医療ベンチャー企業
表-(再生医療の参入企業動向)医療用具企業
表-糖鎖研究企業、研究機関一覧
表-食品・農業分野 主要企業一覧
表-動物・畜産分野 主要企業一覧
表-環境バイオ市場の市場規模構成
図-国のライフサイエンス関連予算の推移
表-各省庁のバイオ関連予算の推移
表-経済産業省のライフサイエンス分野の予算 2003年度
表-文部科学省のライフサイエンス分野の予算 2003年度
表-農林水産省のライフサイエンス分野の予算 2003年度
表-2003年度の主要な農林水産研究開発プロジェクト
表-厚生労働省のライフサイエンス分野の予算 2003年度
表-環境省のライフサイエンス分野の予算 2003年度
図-ゲノム関連技術の日米欧中 出願人国籍別の出願状況(世界全体)
図-ゲノム関連技術の日米欧中 出願人国籍別出願比率(1991~2000年)
図-ゲノム関連技術の日米欧中 1991~2000年の出願件数年平均伸び率
図-ライフサイエンスの日米欧中 出願人国籍別の出願状況(世界全体)
図-ライフサイエンスの日米欧中 出願人国籍別出願比率(1991~2000年)
図-ライフサイエンスの日米欧中 1991~2000年の出願件数年平均伸び率
表-日本の出願人におけるライフサイエンス個別技術の特許出願状況(1991~2000年)
表-日本が優位にある技術分野における日米欧出願人別比較
表-ライフサイエンス関連技術の技術概要
表-ライフサイエンスにおいて日本に期待される分野
表-政府のバイオベンチャー促進政策
表-ベンチャーに対する支援策
表-化学関連企業のバイオビジネス戦略
表-IT関連企業のバイオビジネス戦略
表-食品関連企業のバイオビジネス戦略
表-環境関連企業のバイオビジネス戦略
表-バイオナノ研究開発プロジェクト(ENRIプロジェクト)
表-三井物産のバイオ事業分野
表-伊藤忠商事のバイオ事業分野
表-日本のバイオベンチャーファンド一覧
図-日米欧投資残高の推移
表-ベンチャーキャピタル本体及び投資事業組合による新規・追加投資先の業種分布
表-全国各地の産業クラスター計画(経済産業省)
表-知的クラスター創成事業の実施地域概要(文部科学省)
図-北海道バイオ産業クラスター振興戦略(“バイオアイランド北海道”実現に向けた総合戦略)
図-北海道の大学発バイオベンチャー数の推移
表-首都圏におけるゲノム科学の国際拠点形成
表-技術移転機関(承認TLO)
表-承認TLOにおける特許移転の状況(平成15年3月末までの累計)
表-産学官連携制度の経緯
図-国立大学等における受託研究の受入状況
表-国立大学の共同研究センター一覧
表-私立大学ベンチャー研究開発拠点一覧
表-大学発ベンチャーの企業数推移
図-大学発ベンチャーの企業数推移
表-大学発バイオベンチャー(バイオ・医療分野)の設立推移
図-大学発バイオベンチャー(バイオ・医療分野)の設立推移
表-大学発ベンチャー531社の事業分野別比率
図-大学発ベンチャー531社の事業分野別比率
表-企業と大学研究機関の包括提携
図-バイオベンチャーの設立推移
表-カテゴリー別 バイオベンチャー数と伸長率
表-カテゴリー別 バイオベンチャー企業名一覧
表-都道府県別バイオベンチャー企業数一覧(2003年10月現在)
表-都道府県別バイオベンチャー企業名一覧
図-バイオベンチャー発展プロセスモデル
図-バイオベンチャー、大企業、大学・研究機関の連携

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。