2006年版 調剤薬局の実態と展望

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

発刊日
2006/09/25
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 383頁
資料コード
C48105200
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
231,000
210,000
21,000
346,500
315,000
31,500
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

リサーチ内容

第1章 調剤薬局の実態と展望

調剤薬局の実態と展望

1.医薬分業の動向
【図】保険調剤の処方せん枚数・受取率の推移
【図】調剤件数と処方せん枚数の推移
【図】調剤点数の推移
【表】受取率別都道府県数
2.調剤薬局を取り巻く動向

3.調剤薬局市場の動向
1)主要参入企業の動向
2)出店戦略
3)営業活動
4)薬剤師およびその他社員の育成
5)調剤薬局事業以外の展開
【表】主要調剤薬局の調剤薬局以外の主な事業展開
4.今後の展望
【表】主要3社の業績および店舗数比較
【表】主要調剤薬局チェーンの売上高推移
【表】保険調剤の動向(全保険〈社保+国保+老人〉)2005年度
【表】都道府県別・処方せん受取率推計(全保険〈社保+国保+老人〉)2005年度
【表】諸指標の状況2005年度
【図】直近3年の都道府県別処方せん受取率の推移
【表】諸指標の都道府県別順位(2006年2月)
【表】都道府県別保険薬局数と請求薬局の状況(2006年2月)
【表】2001年以降のドラッグ業界における主な合併および提携状況
【表】薬事関係業態数調査(2004年度末現在)

第2章 主要調剤薬局の実態

1.日本調剤(株)
・毎年30店舗の出店継続し2009年3月期に連結売上高910億円、300店舗目指す
メディヴァンスとの提携で医療モールへの出店加速化
【表】業績推移
【表】処方せん単価内訳
【表】出店・閉店数推移
【表】地区別処方せん応需実績
【表】品目別販売実績推移
【表】店舗一覧
2.クラフト(株)
・M&Aを含め毎期30~40店舗の増加を計画。L.A.メディカル
マネジメントとの提携によるメディカルモールへの出店が本格化
【表】業績推移
【表】処方せん単価内訳
【表】出店・閉店数および薬剤師数推移
【表】地区別処方せん応需実績
【表】地区別調剤売上高推移
【表】品目別販売実績推移
【図】組織図
【表】店舗一覧
3.(株)アインファーマシーズ
・本部機能の一部を東京に移転、首都圏の店舗開発強化
GE薬専門卸が稼動、下期中に自社医薬品購入金額の20%の販売目指す
【表】業績推移
【表】出店・閉店数および薬剤師数推移
【表】グループ店舗数推移
【表】店舗一覧
4.総合メディカル(株)
・医療コンサル事業の一環として調剤事業を進展
年間20店舗を超える新規出店ペースの維持により調剤売上高400億円へ
【表】業績推移
【表】出店・閉店数および薬剤師数推移
【表】地区別処方せん応需実績
【表】品目別販売実績推移
【表】店舗一覧
5.(株)阪神調剤薬局
・全国展開に向け店舗増に重点、年間20店舗前後の出店を継続
新たな収益源確保へ医療モールへの出店を本格化
【表】業績推移
【表】出店・閉店数および薬剤師数推移
【表】地区別処方せん応需実績
【表】地区別売上高推移
【表】品目別販売実績推移
【図】組織図
【表】店舗一覧
6.薬樹(株)
・首都圏で年間5~6店舗出店し、店舗網は120店規模に。自社開発の
調剤システム機器駆使し他社との差別化図る。治験支援事業も軌道に
【表】業績推移
【図】組織図
【表】店舗一覧
7.たんぽぽ薬局(株)
・門前一等立地の開発力を武器に出店エリアを拡大
M&Aも視野に150店舗体制を目指す
【表】業績推移
【表】店舗一覧
8.クオール(株)
・マンツーマン出店による独自の事業モデル確立により着実な成長
上場によりさらなるステップアップを目指す
【表】業績推移
【表】品目別販売実績推移
【表】地区別売上高推移
【図】組織図
【表】店舗一覧
9.(株)フロンティア
・ワタキューグループとの連携を強みに全国展開
M&Aも視野に150店舗体制を目指す
【表】業績推移
【表】店舗一覧
10.ファーマライズ(株)
・在宅医療強化し地域医療の発展に貢献。店舗網拡充にはM&Aを積極的活用
東京から大阪までの東海道エリアが92店舗中51店舗
【表】業績推移
【表】出店・閉店数および薬剤師数推移
【図】組織図
【表】店舗一覧
11.(株)ファーコス
・2008年3月期末100店舗射程圏に。介護報酬改定で介護支援専門員増強へ
介護施設対応調剤薬局新設を計画
【表】業績推移
【表】出店・閉店数および薬剤師数推移
【表】店舗一覧
12.(株)アインメディカルシステムズ
・地域中核病院の門前中心に、1店舗当たり売上高は4億円超と業界首位
2010年1月期50店舗、売上高200億円目指す
【表】業績推移
【表】出店・閉店数および薬剤師数推移
【表】地区別処方せん応需実績推移
【表】地区別販売実績
【表】品目別販売実績推移
【図】組織図
【表】店舗一覧
13.(株)メディカル一光
・M&Aにより関東地区に進出。2009年2月期に連結売上高160億円を計画
調剤に次ぐ事業の柱目指し介護事業分野にも参入
【表】業績推移
【表】出店・閉店数推移
【表】事業区分別販売実績推移
【表】地区別処方せん応需実績推移
【表】地区別調剤売上高推移
【図】組織図
【表】店舗一覧
14.(株)アイセイ薬局
・2009年3月期に売上高は倍増の195億円を計画。マンツーマン型に特化し
首都圏は医療モールに重点、東海・関西地区は単独出店を重視
【表】業績推移
【表】店舗一覧
15.アポロメディカルホールディングス(株)
・社名変更と同時に持株会社へ
医療と介護のトータルケアサービス体制を強化
【表】業績推移
【表】店舗一覧
16.(株)メディカルファーマシィー
・新宿NSビル内店舗をアンテナショップ的店舗にリニューアル
2006年9月期のグループ売上高は横ばいの114億円
【表】業績推移
【表】出店・閉店数および薬剤師数推移
【表】店舗一覧
17.(株)冨士バイオメディックス
・調剤薬局事業は安定収益源として、秋田から沖縄まで46店舗を展開
2010年5月期に調剤薬局事業売上高110億円目指す
【表】業績推移
【表】店舗一覧
18.札幌臨床検査センター(株)
・毎期3店舗程度の出店で5年以内に50店舗、売上高100億円体制の構築目指す
検査受託医療機関に対する営業活動に注力
【表】業績推移
【表】店舗一覧
19.(株)マルベリー
・薬剤だけではなく食事や療養環境など幅広い提案で地域貢献目指す
将来的には中小薬局のボランタリー的組織の構築を計画
【表】業績推移
【表】店舗一覧

第3章 ドラッグチェーンの調剤戦略

1.本格的な拡大期を迎えるドラッグチェーンの調剤事業
2.(株)マツモトキヨシ
3.(株)サンドラッグ
4.(株)CFSコーポレーション
5.(株)スギ薬局
6.(株)クリエイトエス・ディー
7.セガミメディクス(株)
8.(株)ジップ・ホールディングス
9.(株)キリン堂
10.(株)コクミン
11.(株)セイジョー


第4章 調剤薬局支援ビジネスの実態

1.(株)EMシステムズ
・調剤薬局向けシステムは自社リプレースが過去最高のペースで伸長
調剤薬局事業も順調に伸び、連結売上高は110億円超に拡大予想
【表】業績推移
【表】調剤薬局向け支援システムの売上件数推移
【表】営業拠点数の推移
【表】拠点一覧
2.三洋電機(株)
・レセコン「ファーネス・EX」、対話型電子薬歴管理システムが順調に伸びる
入力ミス軽減へ2次元コードの本格普及図る
【表】メディカル事業本部営業拠点
3.(株)三菱電機ビジネスシステム
・「調剤Melphin」「Melhis」が主力商品。データセンターや
保守サービス体制充実し、チェーン薬局向け売上拡大に注力
【表】事業所(支社、支店)一覧
【図】組織図
4.(株)総合経理研究所
・最主力製品「調剤くん」は2007年3月期30%増の導入目指す
今後は患者薬歴データの共有化システムの普及拡大にも注力
【表】業績推移
【表】調剤薬局向け支援事業の売上高(金額、導入件数、獲得会員数)
【表】販売代理店契約会社(販社)数の推移
【表】販売代理店一覧
5.(株)イーメディカル
・当面の目標は数量ベースで累計3,000台の達成
インターネットの仕組みを軸に、低価格を訴求し新規開拓を強化
【表】業績推移
【表】調剤薬局向けシステムの売上高(金額、台数)
【表】販売代理店契約会社(販社)数の推移
6.(株)メディカルシステムネットワーク
・三井物産、ニチイ学館との提携で顧客開拓を推進、ネットワークは
全国規模に拡大。調剤薬局は300億円体制を構築
【表】業績推移
【表】医薬品等関連事業(調剤支援システム)の売上高、契約店舗数推移
【表】部門別売上高推移
【図】グループ図
【表】(株)ファーマホールディング店舗一覧

第5章 主要調剤薬局の企業個表
・企業別個表
(1)会社概要
(2)業績推移

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
231,000
210,000
21,000
346,500
315,000
31,500

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。