2003~2004年版 環境バイオビジネスの現状と将来展望

発刊日
2004/02/25
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 237頁
資料コード
C45202900
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

企画趣旨
Close

はじめに

近年、有害化学物質などによる土壌・地下水汚染、河川・湖沼・ダムの水質汚染、生活ごみなどの廃棄物処理、リサイクルが緊急な社会問題となっています。特 にトリクロロエチレン、テトラクロロエチレン等の有機塩素系化合物による土壌・地下水汚染は深刻で、2003年4月より「土壌汚染対策法」が施行され、本 格的な環境浄化が始まろうとしています。

また、CO2排出量削減においては、日本は2008~2012年までに1990年比マイナス6%とする国際公約を実現するため、「地球温暖化対策推進大 綱」を策定し、国をあげての対策が行われようとしています。これにより、2005年からは、各企業に対して炭素税の導入、自主協定、排出権取引などCO2 の温室効果ガスの削減が義務づけられることも予想されます。

一方、都市ごみ問題も埋立て、焼却処分の能力が各自治体で限界に達しつつある中で、生活ごみの約30%を占める生ごみ処理を微生物処理により分解、減量化する生ごみ処理装置の需要が伸びています。

このように環境汚染・浄化問題を解決する方法として、注目されているのがバイオテクノロジーです。バイオテクノロジーの環境関連への応用は、大気、土壌、 地下水、植生(緑化)、河川、下水・排水処理、海洋、廃棄物、環境保全、環境基盤整備と多岐にわたり、その役割は益々に高まりつつあります。

今回の調査は、上記のようなバイオテクノロジーによる環境ビジネスの現状を調査し、各市場の市場性分析及び将来予測を行なっています。何卒、貴社マーケティング戦略立案のための参考資料として是非ご利用ください。

株式会社矢野経済研究所
生命科学産業調査本部
環境プロジェクトチーム

調査概要
Close

調査対象

〔1〕環境計測・モニタリング市場
1-1 指標生物による環境モニタリング
1-2環境分析用バイオセンサ
1-3環境計測用DNAチップ
1-4バイオアッセイを利用した環境モニタリング

〔2〕環境保全市場
2-1CO2固定化システム
2-2生物脱臭剤
2-3生物脱臭装置
2-4微生物土壌改良剤
2-5生物利用農薬
2-6微生物水質浄化剤
2-7窒素・リン除去装置
2-8水質直接浄化システム

〔3〕環境修復市場
3-1バイオレメディエーション
3-2ファイトレメディエーション

〔4〕廃棄物処理・リサイクル・資源回収市場
4-1家庭用生ゴミ容器(コンポスター)
4-2家庭用生ゴミ処理機
4-3業務用生ゴミ処理機
4-4都市ゴミ用コンポストシステム
4-5下水汚泥用コンポストシステム
4-6バクテリアリーチング

〔5〕低環境負荷市場
5-1生分解性プラスチック
5-2バイオマスエネルギー

〔6〕環境創造・復元市場
6-1屋上緑化
6-2ビオトープ
6-3ミチゲーション

〔7〕基盤整備市場
7-1浄化槽(合併浄化槽)



調査・編集期間

2003年11月~2004年2月


調査方法

弊社専門研究員による参入企業への直接面談調査、電話調査を主とする。一部、新聞・雑誌・インターネット情報によりデータの補足をしている。

リサーチ内容


第1章 環境バイオビジネス市場の市場概況

1.環境バイオビジネス市場の概要

1)環境バイオビジネスの分類

2)環境バイオビジネスの市場規模推移

3)環境バイオビジネスの市場動向
〔1〕環境計測・モニタリング市場(生物環境モニタリング)
1-1 指標生物による環境モニタリング
1-2環境分析用バイオセンサ
1-3環境計測用DNAチップ
1-4バイオアッセイを利用した環境モニタリング
〔2〕環境保全市場
2-1CO2固定化システム
2-2生物脱臭剤
2-3生物脱臭装置
2-4微生物土壌改良剤
2-5生物利用農薬
2-6微生物水質浄化剤
2-7窒素・リン除去装置
2-8水質直接浄化システム
〔3〕環境修復市場
3-1バイオレメディエーション
3-2ファイトレメディエーション
〔4〕廃棄物処理・リサイクル・資源回収市場
4-1家庭用生ゴミ容器(コンポスター)
4-2家庭用生ゴミ処理機
4-3業務用生ゴミ処理機
4-4都市ゴミ用コンポストシステム
4-5下水汚泥用コンポストシステム
4-6バクテリアリーチング
〔5〕低環境負荷(環境負荷予防、省エネルギー、省資源)市場
5-1生分解性プラスチック
5-2バイオマスエネルギー
〔6〕環境創造・復元市場
6-1屋上緑化
6-2ビオトープ
6-3ミチゲーション
〔7〕基盤整備市場
7-1浄化槽(合併処理浄化槽)

4)環境バイオビジネスの動向(項目別要約)
〔1〕環境計測・モニタリング市場
〔2〕環境保全市場
〔3〕環境修復市場
〔4〕廃棄物処理・リサイクル・資源回収市場
〔5〕低環境負荷市場(環境負荷予防、省エネルギー、省資源)
〔6〕環境創造・復元市場
〔7〕基盤整備市場

2.環境バイオビジネスの拡大要因

3.環境バイオビジネスの分野別成長事業、技術、製品とその背景

4.環境バイオビジネスの将来展望



第2章 環境バイオビジネスの市場分析(各論)


〔1〕環境計測・モニタリング市場

1-1 指標生物によるモニタリング
1.市場概要
2.製品一覧
3.参入企業・研究機関
4.市場規模推移
5.需要動向
6.技術開発動向
7.将来性

1-2 環境分析用バイオセンサ
1.市場概要
2.製品一覧
(1)BODセンサ
(2)有害物質検知センサ
3.参入企業・研究機関
4.市場規模推移
5.需要動向
6.技術開発動向
7.将来性

1-3 環境計測用DNAチップ
1.市場概要
2.製品一覧
3.参入企業・研究機関
4.市場規模推移
5.需要動向
6.技術開発動向
7.将来性
8.参入企業事例
(1)インフォジーンズ
(2)北陸先端科学技術大学院大学

1-4 バイオアッセイを利用した環境モニタリング
1.市場概要
2.製品一覧
3.参入企業・研究機関
(1)バイオアッセイ法による抗体・試薬及びキットのメーカーと販売業者
(2)バイオアッセイ法を使用した受託サービス業者
4.市場規模推移と参入企業シェア
(1)バイオアッセイを利用した環境モニタリングの市場規模推移
(2)バイオアッセイ法による抗体・試薬及びキット市場の参入企業シェア
(3)バイオアッセイ法による受託サービス市場の参入企業シェア
5.需要動向
6.技術開発動向
7.将来性
8.参入企業事例
(1)エンバイオテック・ラボラトリーズ
(2)東レリサーチセンター


〔2〕環境保全市場

2-1 CO2固定化システム
1.市場概要
2.製品一覧
3.参入企業・研究機関
4.需要動向
5.将来性

2-2 生物脱臭剤
1.市場概要
2.製品一覧
3.参入企業・研究機関
4.市場規模推移
5.需要動向
6.技術開発動向
7.将来性
8.参入企業の動向

2-3 生物脱臭装置
1.市場概要
2.製品一覧
3.参入企業・研究機関
4.市場規模推移
5.需要動向
6.技術開発動向
7.将来性

2-4 微生物土壌改良剤
1.市場概要
2.製品一覧
3.参入企業・研究機関
4.市場規模推移と参入企業シェア
(1)微生物土壌改良剤の市場規模推移
(2)VA菌根菌の市場規模推移と参入企業シェア
5.需要動向
6.技術開発動向
7.将来性
8.参入企業の概要

2-5 生物利用農薬
1.市場概要
2.製品一覧
3.参入企業・研究機関
4.市場規模推移と参入企業シェア
(1)市場規模推移
(2)参入企業シェア
5.需要動向
6.技術開発動向
7.将来性
8.参入企業の動向

2-6 微生物水質浄化剤
1.市場概要
2.製品一覧
3.参入企業・研究機関
4.市場規模推移
5.需要動向
6.技術開発動向
7.将来性

2-7 窒素・リン除去装置
1.市場概要
2.製品一覧
3.参入企業・研究機関
4.市場規模推移
5.需要動向
6.技術開発動向
7.将来性

2-8 水質直接浄化システム
1.市場概要
2.製品一覧
3.参入企業・研究機関
4.市場規模推移
5.将来性


〔3〕環境修復市場

3-1 バイオレメディエーション
1.市場概要
2.参入企業・研究機関の動向
(1)参入企業の動向
(2)研究機関の動向
3.参入企業・研究機関
4.市場規模推移と参入企業シェア
(1)市場規模推移
(2)参入企業シェア
5.需要動向
6.技術開発動向
7.将来性

3-2 ファイトレメディエーション
1.市場概要
2.参入企業・研究機関の動
(1)参入企業の動向
(2)研究機関の動向
3.参入企業・研究機関
4.市場規模推移
5.需要動向
6.技術開発動向
7.将来性

〔4〕廃棄物処理・リサイクル・資源回収市場

4-1 家庭用生ゴミ容器(コンポスター)
1.市場概要
2.製品一覧
3.参入企業・研究機関
4.市場規模推移と参入企業シェア
(1)市場規模推移
(2)参入企業シェア
5.需要動向
6.技術開発動向
7.将来性

4-2 家庭用生ゴミ処理機
1.市場概要
2.製品一覧
3.参入企業・研究機関
4.市場規模推移と参入企業シェア
(1)市場規模推移
(2)参入企業シェア
5.需要動向
6.技術開発動向
7.将来性

4-3 業務用生ゴミ処理機
1.市場概要
2.製品一覧
3.参入企業・研究機関
4.市場規模推移と参入企業シェア
(1)市場規模推移
(2)参入企業シェア
5.需要動向
6.技術開発動向
7.将来性

4-4 都市ゴミ用コンポストシステム
1.市場概要
2.製品一覧
3.参入企業・研究機関
4.市場規模推移
5.需要動向
6.将来性

4-5 下水汚泥用コンポストシステム
1.市場概要
2.参入企業の動向
3.市場規模推移
4.需要動向
5.技術開発動向
6.将来性

4-6 バクテリアリーチング
1.市場概要
2.参入企業・研究機関の動向
3.将来性


〔5〕低環境負荷(環境負荷予防、省エネルギー、省資源)市場

5-1 生分解性プラスチック
1.市場概要
2.参入企業の動向
3.参入企業・研究機関
4.市場規模推移と参入企業シェア
(1)市場規模推移
(2)参入企業シェア
5.需要動向
6.技術開発動向
7.将来性

5-2 バイオマスエネルギー(バイオガス関連プラント中心)
1.市場概要
2.参入企業の動向
(1)参入企業の動向
(2)バイオガス関連プラント参入企業と実績
3.市場規模推移と参入企業シェア
(1)市場規模推移
(2)参入企業シェア
4.需要動向
5.技術開発動向
6.将来性


〔6〕環境創造・復元市場

6-1 屋上緑化
1.市場概要
2.参入企業・研究機関
3.市場規模推移と構成別シェア
(1)市場規模推移
(2)屋上緑化市場の構成別シェア
4.技術開発動向
5.将来性

6-2 ビオトープ
1.市場概要
2.参入企業・研究機関の動向
3.市場規模推移
4.将来性

6-3 ミチゲーション
1.市場概要
2.参入企業の動向
3.将来性


〔7〕基盤整備市場

7-1 浄化槽(合併浄化槽)
1.市場概要
2.製品一覧
3.参入企業・研究機関
4.市場規模推移と参入企業シェア
(1)市場規模推移
(2)参入企業シェア
5.需要動向
6.技術開発動向
7.将来性

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています