Advanced HEV Technology 2003 -電気自動車市場(HEV編)-

発刊日
2003/09/25
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 153頁
資料コード
C45301000
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

■ワールドワイドで展開するHEV(ハイブリッド車)市場の現状

No1 REPORT NO01 3つのHEVセグメント
No2 多様化するHEV
No3 HEVの3つのカテゴリー
No4 REPORT NO02 HEVは国際競争の時代へ
No5 フォードによるHEV市場参入
No6 欧州ではストロングHEVは低調
No7 国内におけるHEV展開
No8 REPORT NO03 日米欧HEVマーケットの現況
No9 累計販売台数は、2003年末で21,3000台
No10 日米欧のHEVに対する温度差
No11 REPORT NO04 ストロングHEV市場動向
No12 ストロングHEVの定義と方向性
No13 ストロングHEVにおける様々なオプション

  • REPORT NO05 マイルドHEV市場動向
  • マイルドHEVの定義と方向性
  • マイルドHEV用では42Vリチウムイオン
  • マイルドHEV用ISG
  • REPORT NO06 ミニHEV市場動向
  • クラウンHEVはミニHEV
  • リチウムイオンミニHEV
  • ミニHEVにおける電気二重層キャパシタの可能性
  • REPORT NO07 THSⅡは電気で走る
  • THSⅡへの進化
  • モーター駆動のもうひとつの意味

■42V系HEV(簡易型)の開発動向と市場展望 REPORT NO08 ミニHEV「ヴィッツ」の意味
 

No14 自動車用リチウムイオンバッテリー搭載
No15 ミニHEV機構はクラウンと同一
No16 REPORT NO09 フォード「エスケープHEV」
No17 アイシンAWのハイブリッドシステム導入
No18 三洋電機のニッケル水素バッテリー
No19 エスケープのハイブリットテクノロジー
No20 REPORT NO10 HEVトラックの実用化
No21 日産ディーゼルのキャパシタハイブリット
No22 ディーゼル車におけるキャパシタの可能性
No23 REPORT NO11 鉛蓄電池のHEV適用可能性
  • 鉛蓄電池による42Vバッテリーの可能性
  • 鉛蓄電池についての様々なオプション
  • むしろ、脱鉛蓄電池の可能性
  • REPORT NO12 HONDAのシビックHEV
  • モーターアシストによる高効率化の思想
  • THSⅡとIMA
  • マイルドHEVの市場性
  • REPORT NO13 電気二重層キャパシタの可能性
  • パワーシステムの電気二重層キャパシタ
  • 見えてきた電気二重層キャパシタの限界
  • キャパシタにおける日清紡の取り組み

■フルスペックHEVの開発動向と市場展望 REPORT NO14 自動車用キャパシタ市場展望

No24 活性炭市場と自動車用キャパシタの可能性
No25 キャパシタ用セパレータ市場
No26 海外キャパシタメーカーの動向
No27 REPORT NO15 ニッケル水素バッテリーの進化
No28 ニッケル水素バッテリーの技術開発
No29 正極材料の違い
No30 HEV用での今後の展望
No31 REPORT NO16 パナソニックEVエナジーの戦略
No32 すでに20万台分のニッケル水素バッテリーを出荷
No33 2010年まではニッケル水素が主流
  • REPORT NO17 リチウムイオン電池の技術動向
  • ニッケル水素からリチウムイオンへ
  • バッテリーメーカーの開発動向
  • REPORT NO18 マンガン系からニッケル系へ
  • マンガン系で開発を進めるNECラミリオンエナジー
  • ニッケル系による実用化の可能性
  • ニッケル系は軍事用ですでに実用化
  • REPORT NO19 駆動用/発電用モーター開発動向
  • HEV用駆動用モーターの条件
  • モーターコアの製造技術
  • ネオジウム系磁石

■HEV用デバイス開発状況と市場展望 REPORT NO20 モーターの製造技術

No34 油圧シリンダー方式によるカシメ技術
No35 東芝は独自のモーターで新規参入
No36 REPORT NO21 進展するXバイワイヤー
No37 Xバイワイヤーの搭載
No38 Xバイワイヤーテクノロジーとハイブリットテクノロジー
No39 HEVの上をいくTOYOTAのバイワイヤー
No40 REPORT NO22 ストロングHEVのコスト構成
  • ニッケル水素バッテリーの低価格化
  • 駆動用モーターの低価格化
  • ストロングHEVのコストは30万円弱
  • REPORT NO23 マイルドHEVのコスト構成
  • マイルドHEVのコストは20万円弱
  • 42Vリチウムイオンバッテリーの価格低減
  • REPORT NO24 ミニHEVのコスト比較
  • ミニHEVのコストは10万円弱
  • キーとなるのは電気二重層キャパシタのコスト低減
  • REPORT NO25 HEVデバイスの使い分け
  • HEVのセグメント
  • HEVの種類別エネルギーデバイス採用可能性
  • REPORT NO26 HEVの競争力
  • HEVの位置づけ
  • HEVは自動車技術の本流である。
  • 「つなぎ」と「本流」の違い。
  • REPORT NO27 ストロングHEV市場予測
  • ストロングHEV市場展望
  • ストロングHEVは、つなぎではない。
  • ストロングHEV市場展望
  • REPORT NO28 マイルドHEV市場規模予測
  • マイルドHEV市場展望
  • マイルドHEVの本命は42Vリチウムイオンバッテリー
  • マイルドHEV市場は欧州が中心の展開
  • REPORT NO29 ミニHEV市場規模予測
  • ミニHEV市場展望
  • ミニHEVの本命はディーゼル
  • 市場は欧州を中心に広がる
  • REPORT NO30 HEV総市場規模予測
  • HEVのタイプ別総市場規模推移
  • HEVの地域別総市場規模推移

■ワールドワイドHEV市場データ

Fig1 ワールドワイドHEV市場市場規模推移(2000~2003年見込み、台数・金額ベース)
Fig2 日米欧三極のHEV普及状況と市場動向(2003年、台数・金額ベース)
Fig3 HEV市場のシステム別市場規模内訳(2003年、台数・金額ベース)
Fig4 HEV市場ワールドワイドメーカーシェア(2003年、台数・金額ベース)
Fig5 ワールドワイドHEV市場展望(→2010年)
Fig6 42V系HEV(簡易型)市場規模推移とメーカーシェア(2003年、台数・金額ベース)
Fig7 42V系HEV(簡易型)市場展望(→2010年)
Fig8 フルスペックHEV市場規模推移とメーカーシェア(2003年、台数・金額ベース)
Fig9 フルスペックHEV市場展望(→2010年)
Fig10 HEV用ニッケル水素バッテリー価格動向 (2003年)
Fig11 HEV用電気二重層キャパシタ価格動向 (2003年)
Fig12 HEV用リチウムイオンバッテリー価格動向 (2003年)
Fig13 HEV用エネルギーデバイスメーカーシェア(2003年、台数・金額ベース)
Fig14 HEV用駆動用モーターメーカーシェア(2003年、台数・金額ベース)
Fig15 HEV用パワーデバイスメーカーシェア(2003年、台数・金額ベース)
Fig16 HEV用各種デバイス使用状況とメーカーシェア(2003年、個数ベース)
Fig17 HEV用ニッケル水素バッテリーの量産規模と価格相関
Fig18 HEV用リチウムイオンバッテリーの量産規模と価格相関
Fig19 HEV用駆動用モーターの量産規模と価格相関
Fig20 HEV用パワーデバイスの量産規模と価格相関

■ワールドワイドHEV市場の市場規模予測

Fig21 国内簡易型HEV市場規模予測(→2010年、台数ベース)
Fig22 国内フルスペックHEV市場規模予測(→2010年、台数ベース)
Fig23 日米欧三極の簡易型HEV市場規模予測(→2010年、台数ベース)
Fig24 日米欧三極のフルスペックHEV市場規模予測(→2010年、台数ベース)
Fig25 HEV市場のエネルギーデバイス種類別市場規模予測(→2010年、台数ベース)
Fig26 HEV市場のハイブリッド方式別市場規模予測(→2010年、台数ベース)
Fig27 ワールドワイドHEV市場の市場拡大パターン予測
Fig28 2010年のワールドワイド自動車市場におけるPEV/FCEVとの競合状況
Fig29 2010年のワールドワイド自動車市場におけるHEVの割合予測(2010年、台数ベース)
Fig30 2010年のワールドワイドHEV市場の車種別構成比予測(2010年、台数ベース)
Fig31 2010年のワールドワイドHEV市場における国内自動車メーカーの位置づけ予測
Fig32 ワールドワイドHEV総市場規模予測(→2010年、台数ベース)
Fig33 ワールドワイドHEVの自動車総市場におけるシェア予測(→2010年、台数ベース)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。