2005-06年版 ビジュアルコミュニケーションシステム市場

発刊日
2005/01/25
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 247頁
資料コード
C46105600
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第Ⅰ章 ブロードバンド時代のビジュアル・コミュニケーション
-BB時代のコンテンツ制作システムに進化するビジュアルコム-


1.当調査レポートの狙いと内容
2.ブロ-ドバンド普及と、ビジュアル・コミュニケーション需要の拡大
図「DSLサービスの利用者数(加入)2002~04年」
図「FTTHサービスの利用者数(加入)2002~04年」
図「CATVインターネットサービスの利用者数(加入)2002~04年」
3.監視ネットワークの将来と、オールIP化の可能性
4.IPv6のアプリとしてのビジュアル・コミュニケーション
5.ビジュアルコム市場へのITベンダ参入動向
(1)ITベンダのビジュアルコム参入1.「シスコシステムズ期待の技術と提携策」
(2)ITベンダのビジュアルコム参入2.「日本SGIのカメラサーバ事業参入」
(3)ITベンダのビジュアルコム参入3.「NECの映像配信ソリューション事業」
6.人間のコミュニケーションレベル
7.テレビ電話は民生需要がリードする
8.マルチセンシング・コミュニケーション時代への飛躍
(1)監視/FAカメラから、環境センシングサーバ(マルチセンシングサーバ)の時代へ
(2)立ち上がるか、センシングソリューション市場!
(3)熟練工のカンを生かせないハイテクメーカは生き残れない
9.ビジュアル・コミュニケーション品目別/参入企業状況
(1)ビジュアル・コミュニケーション品目別/参入メーカ
(2)2003~04年の撤退企業
表「2003~04年 品目別/撤退企業一覧」
表「2001~02年 品目別/撤退企業一覧」
10.ビジュアル・コミュニケーションシステムベンダ21社に聞いた
「ビジネス用途として売れている分野」
(各社の製品品目/回答企業名/ビジネス用途として売れている分野)
11.ビジュアル・コミュニケーションシステムベンダ20社に聞いた
「ビジネス用途として、今後注力していく分野」
(各社の製品品目/回答企業名/ビジネス用途として今後注力していく分野)
12.ビジュアル・コミュニケーションシステムベンダ7社に聞いた
「ホーム用途として売れている分野」
(各社の製品品目/回答企業名/ホーム用途として売れている分野)
13.ビジュアル・コミュニケーションシステムベンダ14社に聞いた
「ホーム用途として、今後注力していく分野」
(各社の製品品目/回答企業名/ホーム用途として今後注力していく分野)

第Ⅱ章 ビジュアル・コミュニケーション市場の品目別/市場実態と次世代分析

Ⅰ.ネットワークカメラ市場
1.ネットワークカメラとカメラサーバの位置付け
-ネットワークカメラとカメラサーバを分離して捉える事で市場が明確化する-
2.ネットワークカメラ市場の現状と将来
(1)ネットワークカメラの位置付け
(2)CCTV代替と、他の需要分野
(3)ベンダ競合状況
3.ネットワークカメラ世界市場推移(2001~06年, 海外/国内別, 台数)
グラフ・表「ネットワークカメラ出荷台数推移(世界市場、台数、2001~06年)」
4.ネットワークカメラ国内市場メーカシェア(03年実績/04年見込、国内、台数)
グラフ・表「ネットワークカメラ国内メーカシェア(国内、台数、2003/04年)」
5.ネットワークカメラ市場/参入企業の戦略と、主要ベンダ・識者の同市場への考察
(1)ソニー/AOSTからのOEM
(2)ソニー/ソニー製ネットワークカメラ製品群
(3)TOA/次世代戦略
(4)松下電器/BB時代のカメラ
(5)コンサル会社A社/地方市場
(6)シンクタンクB社/当てが外れたホーム需要
(7)シンクタンクC社/「CCTV→ネットワークカメラ」へのシフト状況
(8)ニチゾウ電子制御/ネットワークカメラ戦略
(9)三洋電機/ネットワークカメラ戦略
(10)松下電工/ネットワークカメラのホームユース
(11)司システム/ホーム用防犯監視カメラシステム「ドーベルマン」
(12)台湾「Huper Laboratories」/ネットワークカメラ
(13)CSP/ネットカメラ応用ホームセキュリティ
(14)松下電器産業/ネットワークカメラ戦略
(15)アクシスコミュニケーション/ネットワークカメラ戦略
(16)カメラメーカD社/アクシスのネットワークカメラ戦略を見て思う
表「2004年ネットワークカメラ製品一覧」
≪メーカ名/製品名・型名/発売時期/価格/備考(装備・機能)≫
Ⅱ.カメラサーバ市場の現状と将来
1.カメラサーバ市場の現状と将来
(1)カメラサーバの位置付けと特徴
(2)環境センサへの対応
(3)CCTV、デジタルビデオとの競合状況
2.カメラサーバ市場推移(2001~06年、国内、台数)
グラフ・表「カメラサーバ出荷台数推移(国内、台数、2001~06年)」
3.カメラサーバ国内市場メーカシェア(2003年実績/04年見込、国内、台数)
グラフ・表「カメラサーバ国内メーカシェア(台数、2003~04年)」
4.カメラサーバ市場/参入企業の戦略と、主要ベンダ・識者の同市場への考察
(1)シンクタンクA社/CCTVを代替するWEBネットワーク
(2)松下電器産業/監視ネットワークはイントラが有利
(3)日本SGI/小型カメラサーバ「ViewRanger」をリリース
(4)日本SGI/小型カメラサーバ「ViewRanger」、マルチサーバ「SensorRanger」
(5)NEC/カメラサーバ「MobileStream」をリリース
(6)ブレインズ/カメラサーバのフュージョン化と需要増
(7)トリワークス/ネットワークカメラ管理ソフト
(8)NEC/映像配信ソリューション「3G Virdnet」
(9)日立製作所/DVR VS カメラサーバ
(10)中央電子/DVRとの競合よりも、マルチサーバを狙う
(11)ティービーアイ/おとなのオモチャ無人店舗システム
(12)キヤノン/DVR VS カメラサーバ
表「2004年カメラサーバ製品一覧」
≪メーカ名/製品名・型名/発売時期/価格/備考(装備・機能)≫
Ⅲ.テレビ会議システム市場動向
1.テレビ会議システム市場の現状と将来
(1)テレビ会議システム市場の推移
(2)テロ、中国/SARS、e-Japan構想による特需分析
(3)今後の需要分析とその背景
2.テレビ会議システム世界市場推移(2001~06年、海外/国内別、台数)
グラフ・表「テレビ会議システム出荷台数推移(国内/海外、台数、2001~06年)」
3.テレビ会議システム国内市場メーカシェア(03年実績/04年見込、国内、台数)
グラフ・表「テレビ会議システム国内メーカシェア(台数、03/04年)」
4.テレビ会議システム市場/参入企業の戦略と、 主要ベンダ・識者の同市場への考察
(1)シンクタンクA社/テレビ会議の機能
(2)ポリコム/テレビ会議需要層の変化
(3)TANBERG/TANBERGの将来
(4)富士通/IP-PBXを使った多地点画像会議
(5)ソニー/2004年テレビ会議市場をこう見る
(6)日立ハイブリッド/同社のテレビ会議戦略
(7)ソニー/専用テレビ会議システムの優位性
(8)ソニー/テレビ会議システムのアプリ展開
(9)ポリコム/テレビ会議発展の理由
(10)シンクタンクB社/テレビ会議の用途
(11)シンクタンクC社/導入阻害要因の克服
(12)TANBERG/同社のテレビ会議戦略
(13)ポリコム/同社の企業力
表「2004年テレビ会議システム製品一覧」
≪メーカ名/製品名・型名/発売時期/価格/備考(装備・機能)≫
Ⅳ.監視系(動画遠隔モニタリング)システム市場動向
1.監視系(動画遠隔モニタリング)システム市場の現状と将来
2.監視系(動画遠隔モニタリング)システム市場推移(2001~06年、国内、台数)
グラフ・表「監視系システム出荷台数推移(国内、台数、2001~06年)」
3.監視系(動画遠隔モニタリング)システム市場メーカシェア
(2003年実績/04年見込、国内、台数)
グラフ・表「監視系システム(遠隔モニタリング)国内メーカシェア(03/04年、台数、%)」
Ⅴ.テレビ電話専用機市場の現状と将来
1.テレビ電話専用機市場の現状と将来
(1)テレビ電話専用機の推移
(2)参入メーカの動向
2.テレビ電話専用機市場/参入企業の戦略と、主要ベンダ・識者の同市場への考察
(1)KDDI/テレビ電話の可能性
(2)東芝/地域コミュニティにおけるテレビ電話需要
(3)シンクタンクA社/携帯テレビ電話が促進するテレビ電話需要
(4)富士通/専用テレビ電話のサバイバル
(5)ソニー/PS2でのビデオチャット
(6)ギンガネット/テレビ電話での防災
(7)岩崎通信機/IPv6
(8)日立コミュニケーション/IP電話によるテレビ電話
(9)e-Gateway/IP電話でのテレビ電話アプリ
表「2004年テレビ電話製品一覧」
≪メーカ名/製品名・型名/発売時期/価格/備考(装備・機能)≫
Ⅵ.DTC(DeskTopConference=パソコン会議システム)市場の現状と将来
1.DTC(DeskTopConference=パソコン会議システム)市場の現状と将来
(1)DTC市場の推移
(2)DTC製品の4分類
(3)DTC市場の成長実態
(4)主要DTCメーカの動向
(5)DTC市場拡大要因
(6)ASPサービス事業者増加と、その可能性
2.DTC市場推移(2001~06年、国内、台数)
グラフ・表「DTC国内出荷台数推移(国内、台数、2001~05年)」
3.DTC国内市場メーカシェア(2003年実績/04年見込、国内、台数)
グラフ・表「DTC国内メーカシェア(国内、台数、2003/04年)」
4.DTC市場/参入企業の戦略と、主要ベンダ・識者の同市場への考察
(1)シンクタンクA社/DTCの4タイプ
(2)シンクタンクB社/DTCベンダの戦略
(3)シンクタンクC社/DTCとITソリューションとの融合
(4)DTCメーカD社/スピーディな意思決定ツールとしてのDTC
(5)トーメンサイバービジネス/ITソリューションやVOIPとの連携
(6)DTCメーカE社/DTCの注目企業
(7)DTCメーカF社/米国でのビジネスはASP
(8)ギンガネット/NOVA遠隔教育システム事業の実績
(9)ギンガネット/DTCシステムの利用コスト
(10)ギンガネット/DTCシステム事業好調の理由
(11)シスコシステムズ/DTC製品をリリース
(12)マイクロソフト/多拠点間ビデオ会議システムをリリース
(13)ギンガネット/ソフトウェア型DTCの欠点
(14)エイネット/ソフトウェア型DTCの優位性
(15)日立/IPテレフォニーにおける映像アプリ
(16)三菱電機/DTCにおけるベンチャーの強さ
(17)台湾「Huper Laboratories」/WEBモニタリングソフト
(18)WebEX/ASPサービス業者向けツール市場の実態
(19)WebEX/同社の強み
(20)ゼッタテクノロジー/ルーム型付加機能としてのDTC
(21)丸紅テレコム/イントラ用DTC
(22)DTCメーカG社/WebEXの凄さ
(23)JENS/ASP用DTC
表「2004年(セットトップボックス型)DTC製品一覧」
≪メーカ名/製品名・型名/発売時期/価格/備考(装備・機能)≫
表「2004年(ソフトをサーバにインストールする)DTC製品一覧」
≪メーカ名/製品名・型名/発売時期/価格/備考(装備・機能)≫
表「2004年(ASPサービス業者への供給型)DTC製品一覧」
≪メーカ名/製品名・型名/発売時期/価格/備考(装備・機能)≫
Ⅶ.PCカメラ市場の現状と将来
1.PCカメラ市場の現状と将来
(1)PCカメラ市場の推移
(2)PCカメラ市場参入メーカの動向
2.PCカメラ市場推移(2001~06年、国内、台数)
グラフ・表「外付けPCカメラ出荷台数推移(国内、台数、2001~06年)」
3.PCカメラ国内市場メーカシェア(2003年実績/04年見込、国内、台数)
グラフ・表「外付けPCカメラシェア(国内、台数、2003/04年)」
4.PCカメラ市場/参入企業の新戦略
(1)PCカメラメーカA社/LAN接続ポート付PCカメラ
(2)ロジクール/顔を追いかけるPCカメラ
表「2004年PCカメラ製品一覧」
≪メーカ名/製品名・型名/発売時期/価格/備考(装備・機能)≫
Ⅷ.デジタルカメラ市場の現状と将来
1.デジタルカメラ市場の現状と将来
(1)デジカメ世界市場推移予測
グラフ・表「デジタルカメラ世界市場推移(日・米・欧・中国/アジア、台数、02~05年)」
(2)デジカメ国内市場苦戦の理由
(3)デジタル一眼レフ市場の本格化
(4)進む海外市場シフト
2.デジタルカメラ主要参入メーカの動向
(1)オリンパス
(2)コニカミノルタホールディングス
(3)京セラ
(4)松下電器産業
(5)ソニー
(6)カシオ計算機
(7)キヤノン
(8)富士写真フィルム
(9)コダック
Ⅸ.カメラ搭載携帯電話市場の現状と将来
1.カメラ搭載携帯電話市場の推移
(1)2003年 国内市場
(2)2004年 国内市場
表「2004年度カメラ搭載携帯電話出荷台数見込」
(メーカ名、CMOS、CCD、TOTAL、台数)
(3)2004年 世界市場
(4)カメラモジュールの状況と、今後の競争の行方
2.カメラ搭載携帯電話市場/参入企業の戦略と、主要ベンダ・識者の同市場への考察
(1)シンクタンクA社/カメラケータイで撮った画像をどうするか・・・の事業化
(2)シンクタンクB社/カメラ搭載携帯電話成功の主な理由
(3)シンクタンクC社/カメラ搭載携帯電話の最近の傾向
(4)シンクタンクD社/カメラ搭載携帯電話の問題点
(5)シンクタンクE社/カメラ搭載携帯電話の今後
表「2004年携帯を使った監視&テレビ会議システム一覧」
≪メーカ名/製品名・型名/発売時期/価格/備考(装備・機能)≫
表「2004年カメラ付きPDA」
≪メーカ名/製品名・型名/発売時期/価格/備考(装備・機能)≫
表「2004年MPEG2画像」
≪メーカ名/製品名・型名/発売時期/価格/備考(装備・機能)≫

第Ⅲ章 システム・ベンダ38社の個別製造・販売実態と次世代戦略


[調査内容]

企業概要

1.ビジュアル.コミュニケーションシステムの品目別/出荷台数
(2003年実績・2004年見込・2005年予測、出荷台数)
◆調査対象品目◆
・動画像伝送システム(テレビ会議/監視系システム)
・ネットワークカメラ
・カメラサーバ
・DTC=PC会議システム(STB型/サーバへのソフトインストール型/ASPサービス用ツール)
・テレビ電話
・パソコンカメラ
・ライブ映像配信サービス/テレビ会議サービスへの対応
2. 品目別/担当部署
3.品目別/製品調達元
4.ASPサービス事業(ライブ映像配信/テレビ会議サービス)への考え方
5.ハード流通状況(国内/海外,OEM先/代理店)
6.市場動向・シェア予測
1)自社製品の特徴・PRポイント
2)品目別/欧州市場について
3)品目別/米国市場について
4)品目別/現場、どの分野で売れているのか -ビジネス用途/ホーム用途-
5)品目別/将来的に、可能性ある需要分野はどこか -ビジネス用途/ホーム用途-
6)品目別/可能性あるアプリは何か
7)競合状況について
8)今後の映像ソリューションについて
9)ユーザニーズをどう捉えているか

●個票掲載企業●


【ネットワークカメラ/カメラサーバ系ベンダ13社】
1.アイ・オー・データ機器 (ネットワークカメラ)
2.アイピー・スクエア (カメラサーバ)
3.アクシスコミュニケーションズ (ネットワークカメラ、カメラサーバ)
4.AOSテクノロジーズ (ネットワークカメラ、カメラサーバ、DTCシステム)
5.キヤノン (ネットワークカメラ、カメラサーバ、DTCシステム)
6.三洋電機 (ネットワークカメラ)
7.システム・ケイ (ネットワークカメラ、カメラサーバ)
8.ソニー (ネットワークカメラ、動画像伝送システム/テレビ会議、DTCシステム)
9.中央電子 (カメラサーバ)
10.日本SGI (カメラサーバ)
11.日本ビクター (ネットワークカメラ、カメラサーバ、動画像伝送システム/監視系)
12.パナソニックコミュニケーションズ (ネットワークカメラ)
13.三菱電機 (カメラサーバ、動画像伝送システム/監視系)
【動画像伝送・テレビ会議・監視系システムベンダ6社】
14.タンバーグ日本支社 (動画像伝送システム/テレビ会議)
15.日本電気エンジニアリング (動画像伝送システム/テレビ会議)
16.日立製作所 (動画像伝送システム/監視系)
17.VTVジャパン (動画像伝送システム/テレビ会議)
18.ポリコム (動画像伝送システム/テレビ会議、DTCシステム)
19.松下電器産業 (ネットワークカメラ、カメラサーバ、動画像伝送システム/監視系)
【テレビ電話システムベンダ1社】
20.タイテック (テレビ電話)
【DTCシステムベンダ13社】
21.北村製作所 (ASPサービス業者向けDTCツール)
22.ギンガネット (DTCシステム)
23.空 (DTCソフト)
24.クレオ (DTCソフト)
25.高度圧縮技術研究所 (DTCソフト)
26.ジャパンメディアシステム (DTCソフト)
27.トーメンサイバービジネス (DTCソフト)
28.ネットワンシステムズ (DTCソフト)
29.日立ハイブリッドネットワーク (DTCソフト)
30.ブイキューブブロードコミュニケーション(ASPサービス業者向けDTCツール)
31.富士通 (ASPサービス業者向けDTCツール)
32.ユニアデックス (DTCソフト)
33.ロゴスウェア (DTCソフト)
【携帯電話を使った監視&テレビ会議システムベンダ1社】
34.アイカムス・ラボ (携帯を使った監視&テレビ会議システム)
【パソコンカメラベンダ4社】
35.エレコム (パソコンカメラ)
36.グリーンハウス (パソコンカメラ)
37.日立マクセル (パソコンカメラ)
38.ロジクール (パソコンカメラ)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。