2004~05年版 製造業の新時代情報戦略

発刊日
2004/10/20
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 186頁
資料コード
C46109000
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第一章 RFIDソリューション概要

1. RFIDとは

1.1 RFIDの概要
1.2 RFIDの基礎
(1) パッシブタグとアクティブタグ
表 「パッシブタグ・アクティブタグ分類表」
(2) データの読み書き
表 「読み取り専用・書き換え可能タグ分類表」
(3) 形状
2. RFIDソリューション 今後の展開
2.1 RFIDのロードマップ
図 「電子タグの利活用高度化マップ」
2.2 利活用ネットワークの広がり
図 利活用ネットワークの拡大
(1) 単一(シングル)プラットフォーム
(2) 共通(マルチ)プラットフォーム
(3) 連携(フェデレイティッド)プラットフォーム
2.3 電子タグにひもづく情報の広がり
図 タグに紐づく情報の高度化
(1) 静的な情報 7
(2) 履歴情報 7
(3) リアルタイムに変化する情報
2.4 利活用高度化モデル
図 利活用高度化モデル
(1) 相互連携型モデル(コラボレーション・モデル)
(2) 付加価値情報型モデル(インテリジェント・モデル)
(3) 融合型(コンバージェンス・モデル)
3. 実証実験や事例
3.1 実証実験および事例90
表 「実証実験および事例90一覧」
3.2 現状の問題点
(1) 普及を阻む3大要因
(2) 実証実験から分かった問題点
1. 真ん中の列は読み取り困難
2. 箱の中身の一括読み取りは困難
3. 胸ポケットに入れると読み取り困難
4. RFID普及スケジュール予測
4.1 ウォールマートの動き
表 ウォールマートRFID導入計画表
4.2 サプライチェーン実証実験
表 平成16年度 電子タグ実証実験事業 採択結果
4.3 UFH帯タグの登場
4.4 響プロジェクト
4.5 製造業におけるRFID普及予測
(1) 図書館・書籍(参考)
(2) アパレル
(3) 製造業全般
表 製造業におけるRFID普及の流れ
1. 2004年
2. 2005年
3. 2006年
4. 2007年
図 経済波及効果の推移
図 製造業向けRFID普及予測

第二章 製造業のニーズ動向

1. 製造業の考えるRFIDとは
1.1 製造業の本音
(1) 「興味はある」が「様子見」している製造業
(2) バーコード代替のニーズ
(3) RFIDの動機は「バーコードではできない」から
(4) 個体識別とトレーサビリティへのニーズ
(5) UHF帯への期待
(6) 満足できるタグ価格
(7) フォーナインに耐えられるのか
(8) ライフサイクルの99%で遊ぶRFIDタグ
(9) 製造業の考えるRFIDタグの課題
1.2 株式会社INAXの事例
(1) RFID導入の意義
(2) RFID実験概要
1. 実験目的と趣旨
2. 実験対象製品とその特徴
3. 実験のポイント
(3) INAXのRFID実験
1. RFID導入に至るフローチャート
表 「RFID導入に至るフローチャート」
2. 一次元バーコードの限界
3. 二次元バーコードの限界
4. INAXが期待するバーコードにないRFIDのメリットとは
1.3 加工組立企業のニーズ動向
(1) 生産現場におけるバーコード適用状況
〔生産体制〕
〔加工分野におけるバーコードの適用〕
〔出荷分野におけるバーコードの適用〕
〔製造履歴(トレーサビリティ)管理〕
〔今後の課題・希望〕
〔RFIDへの期待〕
(2) 生産現場のシステムの特徴
(3) 加工組立産業の個体識別へのニーズ
1. 個体識別への対応
2. 問題となるトレーサビリティの範囲
3. “情物一致“の意外な方法
4. 認識率向上を求めるユーザー
(4) 既存インフラがRFIDを阻む
1.4 化学メーカーにおけるニーズ
(1) フレキシブルコンテナの特徴
1. バーコードが使いにくい
2. 再利用する
3. 比較的高額である―1枚2万円、業界全体で280億円
(2) 求める効果と課題
1. 入出荷管理も資産管理もトレーサビリティも一度に解決
2. 導入を迷わせる要因
2. ソリューション別ニーズ調査
2.1 全般の動向
2.2 在庫管理
(1) 概要
(2) 各社の考え(システム概要、課題・問題、RFIDを導入する必要条件)
2.3 入出荷管理
(1) 概要
(2) 各社の考え(システム概要、課題・問題、RFIDを導入する必要条件)
2.4 生産管理
(1) 概要
(2) 各社の考え(システム概要、課題・問題、RFIDを導入する必要条件)
2.5 トレーサビリティ
(1) 概要
(2) 各社の考え(見方とRFIDを導入する条件)
2.6 SCM
(1) 概要
(2) 各社の考え(見方とRFIDを導入する条件)
2.7 その他興味のあるアプリケーション
(1) 概要
(2) 各社の考え
2.8 RFIDの導入が進まない理由
(1) 概要
(2) 各社の考え
2.9 その他
(1) 概要
(2) 各社の考え

第三章 RFIDソリューション戦略

1. RFIDソリューションの状況
1.1 アプリケーションの開発傾向
1.2 ウォールマートがRFIDを導入する理由
1.3 EPC Networkとは
図 EPC Networkシステム概要
2. RFIDを取り巻く環境
2.1 制約条件
図 RFIDを取り巻く環境/制約条件
2.2 コスト条件
2.3 RFIDのメリットの考え方
図 RFIDメリット ロジックツリー
(1) バーコード延長
1. ハードメリット
2. ソフトメリット
(2) バーコード以外
3. 各システムベンダーのRFID応用ソリューション
3.1 富士通
セル生産支援ソフト(製品名未定)

3.2 三菱マテリアル
M2S dataTube
図 M2S dataTubeシステム概要

3.3 MTI(日本郵船グループ)
完成車一貫輸送システム VTRANS
図 VTRANS システム概要図
通い箱の多国籍間輸送システム

3.4 NEC情報システムズ
SFCPOP/J
図 SFCPOP/J システム概要図

3.5 日立製作所
生産履歴管理ソリューション他
表 ミューチップ応用ソリューション
図 トレースフォワード/トレースバック概念図

3.6 大日本印刷 92
コンテナ物流管理実証実験
図 コンテナ物流管理実証実験 概要
スターターキット(工程管理システムほか)

3.7 オラクル
Oracle Sensor-Based Services
図 RTLS概要

3.8 NTTコムウェア
RFIDミドルウェア

3.9 サン・マイクロシステムズ
Sun Java System RFID Software
図 Sun Java System RFID Software システム概要図

3.10 日本ユニシス
Information Wharf
図 Information Wharf 構成図

3.11 NEC
RFID Manager

3.12 SAP
AII(Auto-ID Infrastructure)
図 AII 機能概要

3.13 SSAグローバル
SSA Warehouse Management(RFID対応)
図 ASN概要
図 ASN概要(RFID対応時)
4. RFIDソリューションベンダーの戦略
4.1 ターゲット市場と種類
(1) 概要
(2) 各社戦略一覧
4.2 製品戦略
(1) 概要
(2) 各社戦略一覧
4.3 価格戦略
(1) 概要
(2) 各社戦略一覧
4.4 流通戦略
(1) 概要
(2) 各社戦略一覧
4.5 受注状況・市場の見通し
(1) 概要
(2) 各社戦略一覧
4.6 主要事例
(1) 概要
(2) 各社の状況一覧
4.7 開発体制・人数
(1) 概要
(2) 各社戦略一覧
4.8 注目競合企業
(1) 概要
(2) 各社の見方
4.9 RFIDソリューション全般の今後の市場性
(1) 概要
(2) 各社の見方
4.10 RFID普及の阻害要因など
(1) 概要
(2) 各社の見方

第四章 個別企業実態調査票


1. ユーザー企業編
(1) 株式会社INAX
(2) クラリオン株式会社
(3) シルバー精工株式会社
(4) THK株式会社
(5) TDK株式会社
(6) 東光株式会社
(7) ニチアス株式会社
(8) 富士重工業株式会社
(9) 三井化学株式会社
(10) 三菱電機株式会社
(11) 横河電気株式会社
(12) ライオン株式会社
2. ベンダー企業編
(1) SAPジャパン株式会社
(2) NTTコムウェア株式会社
(3) 株式会社MTI
(4) サン・マイクロシステムズ株式会社
(5) 大日本印刷株式会社
(6) 日本SSAグローバル株式会社
(7) 日本オラクル株式会社
(8) 日本ユニシス株式会社
(9) 株式会社日立製作所
(10) 富士通株式会社
(11) 三菱マテリアル株式会社

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。