2005年版 医療関連ビジネス実態調査

発刊日
2005/06/20
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 186頁
資料コード
C46117900
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
231,000
210,000
21,000
346,500
315,000
31,500
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 医療関連ビジネスの展望と戦略

院内業務のアウトソーシングが基本もその形態は徐々に変化

(表) 主要医療関連サービスの市場規模推移
(表) 株式を公開している主要医療関連サービス企業の概要
(表) 主な病院関連のPFI事業
医療機関以外に、保険者、エンドユーザー支援もビジネス範囲とすべき
(図) 医療関連ビジネスのトレンド
病院内を消費活動の場と捉える視点は要注目
(図) 総合商社による新しい医療関連ビジネスの動き
(図) 注目される医療関連サービス
(グラフ) 医療関連サービス委託率の推移
(グラフ) 病院100床あたりの科目費用推移

第2章 医療周辺アウトーシングビジネスの展望

(1) 医療事務代行ビジネス
・病院委託率は40%強、成長途上の1,600億円市場。 後発のNJCが台頭
(2) 滅菌代行ビジネス
・日本ステリ、MSS、鴻池メディカル、エアウォーター軸に市場形成
・(表) 滅菌代行サービスに関する企業動向
・(表) 主な滅菌センターの所在地および企業系列
・(表) 日本滅菌業協議会正会員名簿
(3) 院内消毒・清掃ビジネス
・一般清掃は飽和ぎみ、手術室、清潔エリア等の消毒清掃は有望
・ (図) 院内清潔エリアの消毒・清掃市場への参入
(4) 医療廃棄物処理ビジネス
・対象物は確実に増加、院内処理、院外処理とも非焼却が伸びる方向
・(表) 主な非焼却型中間処理施設
・(図) 主な非焼却型中間処理施設マップ
・(表) 主な非焼却型医療廃棄物処理装置
・(表) 各種非焼却型装置のメリット・デメリット
・(表) 医療廃棄物を受け入れている主要中間処理施設リスト
(5) 病院・福祉施設給食ビジネス
・ 福祉施設系が伸長。M&AとCK開設で動き
・ (グラフ) 日本メディカル給食協会会員会社の給食受託状況
・ (表) 日本メディカル給食協会正会員名簿
(6)臨床検査ビジネス
・包括医療進展で縮小傾向の5,000億円市場。SRLは富士レビオと統合
・(表) 主要臨床検査センターの売上高・経常利益の推移
・(表) 全国有力検査センターの売上ランキング及び申告所得利益率
・(表) 衛生検査所業務医療関連サービスマーク認定数(都道府県別)

第3章 新しい医療関連ビジネスの台頭

(1)予防医療ビジネス
・ 健康診断(人間ドック)と健康食品(サプリメント)を2大市場と理解
・ (グラフ) 健康食品の市場規模推移
・ 郵送検診サービス、会員制医療クラブなどに注目集まる
・ (表) 郵送検診サービスを展開する主な企業、法人
・ (表) 最近開設された主な会員制健康・医療クラブの概要
・ (表) 人間ドック・健診施設機能評価認定施設
(2)保健指導ビジネス
・健診結果をもとにした保健指導サービスへの参入相次ぐ
・保険者の保健事業予算は硬直化、保険者再編期、 企業本体の別予算化がカギ
・(表) 保健指導事業を推進する主な企業、団体
・本格事業への飛躍期間近。コールセンター機能の取り込みはカギ
・(表) 電話健康相談関連の主要企業
・(表) 平成16年度「健康サービス産業創出支援事業」 コンソーシアム採択案件
・(表) 保険者機能を推進する会参加健康保険組合
・(表) 10億円以上の保健事業費を計上する健康保険組合 
・(グラフ) 年間保健事業費の多い健康保険組合
(3)院内におけるアメニティー向上ビジネス
・コンビニエンスストアの院内出店ラッシュなどに見る病院売店の進化
・(表) 主要コンビニエンスストアの病院内店舗開設状況
・(表) 病院売店運営を行なう主な企業
・(グラフ )主要コンビニエンスストアの病院内開設店舗数
・(グラフ )主要コンビニエンスストア病院内店舗数シェア
・ICカードシステム、クレジットカード利用などの新サービス続々開始
・(表) 医療機関におけるクレジットカード決済浸透状況
・(表) ICカード、インターネット関連サービスなどで 新しい取り組みをする主な病院
(4)医療専門職の人材ビジネス
・医局による医師供給機能低下を補うべく医師紹介業が伸長
・看護師分野は一般派遣解禁を睨み人材派遣会社などが布石
・(表) 主な医師紹介会社
・(図) 医師、看護師紹介業の今後の展望(概念図)
(5)開業支援ビジネス
・診療所の開設を企業が支援。医療モール開発は今後の有望株
・(グラフ) 一般診療所の開設動向
・(グラフ) 一般診療所数の推移
・調剤薬局、ハウスメーカー、デベロッパー、ゼネコン等がモール開発に触手
・(表) 医院開業支援等を標榜する主な企業
・(表) 主な医療モール一覧

第4章 医療関連ビジネスに関するアンケート調査結果

◇ 医師、看護師の人材紹介サービス等に関するアンケート調査結果
Q1.医師・看護師の年間採用数
Q2.採用予定に対しての充足度
Q3.医師、看護師の主な中途採用手段
Q4.利用経験のあるまたは利用を検討している人材紹介会社
Q5.今後の人材紹介会社利用傾向
Q6.人事異動の行えるグループ病院、クリニック、施設など
◇ 手術室・中央材料室のアウトソーシング・サービスに関するアンケート調査結果
1.アンケート回収病院数
2.手術室、年間手術件数
3.手術室の日常清掃、消毒実施者
4.手術室の日常清掃、消毒その他補助業務実施企業および満足度
5.手術室日常清掃の外部委託可能性
6.清浄度環境モニタリングの実施状況
7.清浄度環境モニタリング実施企業および満足度
8.中央材料室における主要保有装置メーカー
(超音波洗浄機、ウォッシャーディスインフェクター、EOG滅菌器、AC滅菌器)
9.中央材料室における主要装置保有台数
10.中央材料室における勤務者数の状況
11.滅菌業務の外部委託状況
12.滅菌業務の外部委託企業および満足度
13.滅菌業務の外部委託の可能性
14.物品物流管理の外部委託状況
15.物品物流管理の外部委託の位置づけ
16.部品物流管理の外部委託企業名および満足度

第5章 関連資料

・ 「健康サービスビジネス化研究会」中間提言(概要)(経済産業省)
・ 「健康サービスビジネス化研究会」中間提言 (経済産業省)
・ 健康保険法に基づく保健事業の実施等に関する指針(厚生労働省)
・ (表)1万人以上の被保険者を有する健康保険組合
・ (表)日本病院寝具協会会員名簿

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
231,000
210,000
21,000
346,500
315,000
31,500

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。