2004年版 RF-ID(無線ICタグ)市場マーケティングレポート

発刊日
2004/05/31
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 442頁
資料コード
C46200200
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

220,000
200,000
20,000
440,000
400,000
40,000
660,000
600,000
60,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

1. 調査目的

RF-ID(無線ICタグ)の各市場に存在する潜在ユーザーニーズを横断的に調査・研究することによって市場全体の可能性と市場性を展望し、現状の把握と将来予測を行うことで関連各社の事業戦略立案の基礎資料に供することを目的とする。


2. 調査対象先

目次参照


3. 調査方法

専門調査員によるテレホンサーベイを主とした。また補完的に直接面接取材も併用した。


4. 調査,編集期間

2004年3月~2004年5月


5. 企画,調査,編集責任

株式会社 矢野経済研究所 大阪支社
電子システム産業調査本部

リサーチ内容

~はじめに~

矢野経済研究所が昨年(2003年12月31 日)発刊しご好評いただいた「RF-ID(無線ICタグ)市場マーケティングレポート」が、市場の主要なメーカー・SIの視点に入りこみRF-ID(無線 ICタグ)というシステムの将来性を研究するものであったとすれば、今回のレポートはRF-ID(無線ICタグ)市場に潜在するユーザー企業に緊密な調査 を行い、その実感に満ちた声から、つまり市場のニーズの側からRF-ID(無線ICタグ)市場を鑑みるものであります。

2003年12月に当研究所が行った調査では、RF-ID(無線ICタグ)市場の市場規模推移は2003年度で1,450万枚と見込まれており、2010 年度では流通分野や物流分野など様々なアプリケーションの成長から、約80倍の12億枚までに成長するという推計が出ています。

RF-ID(無線ICタグ)市場は、とても変化の激しい市場です。新聞や雑誌、テレビなどでも毎日のように新しいニュースが届けられ、市場はめまぐるしく 進化しています。大きなニュースの一例としては、2003年9月24日から11月23日にかけてNTTデータ、丸紅、マルエツの3社が実証実験を行った、 ICタグ(荷札)を使った物流・流通実験があります。この実証実験にはエスビー食品などの食品メーカー17社、菱食などの卸会社7社、実験協力企業として 大日本印刷など合計30社が参加し、読み取り装置と通信するタグについても4万枚余りを使用して、消費者を巻き込んだ大規模なものとなりました。これらの 技術革新は、情報開示などのユーザビリティー、トレーサビリティーの面から大きな成果をあげています。

この様な市場の動向を受け、当レポートでは各ベンダー企業に対し今後の展開や戦略について綿密なヒアリング調査行ったバックデータを基に、多様な視点から広範な分析を実現しています。
最後になりますが、本レポート作成にあたり、貴重なお時間と貴重な資料を、ご提供頂いた取材企業の皆様及び各方面の方々に、多大なるご協力を頂きました。この場をお借り致しまして深く感謝の意を表する次第です。

2004年5月
電子システム産業調査本部
RF-ID(無線ICタグ)プロジェクトチーム



第Ⅰ章 潜在ユーザー分析


1.調査企業一覧

(1)製造(FA)分野
(2)流通分野
(3)物流分野
(4)アミューズメント分野
(5)レンタルリース分野

2.現在導入している自動認識システム
(1)現在使用している自動認識システム

(2)現在使用している自動認識システムの満足度
1.各自動認識システムユーザー別満足度
2.一次元バーコード
ⅰ)RF-ID(無線ICタグ)を積極的に導入したいユーザー
ⅱ)RF-ID(無線ICタグ)を導入したいユーザー
ⅲ)RF-ID(無線ICタグ)を導入したくないユーザー
3.二次元バーコード
ⅰ)RF-ID(無線ICタグ)を積極的に導入したいユーザー
ⅱ)RF-ID(無線ICタグ)を導入したいユーザー
ⅲ)RF-ID(無線ICタグ)を導入したくないユーザー

(3)現在使用している自動認識システムの課題・問題点

(4)現在付き合いのあるSIERやベンダー

3.RF-ID(無線ICタグ)に対する興味・関心
(1)最も関心のあるRF-ID(無線ICタグ)のアプリケーション
1.製造(FA)分野
2.流通分野
3.物流分野
4.アミューズメント分野
5.レンタルリース分野

(2)取引先などからのRF-ID(無線ICタグ)の導入要望
1.導入要望に対するユーザーの導入意向(レスポンス)

4.RF-ID(無線ICタグ)の導入意向
(1)RF-ID(無線ICタグ)の導入意向
1.ユーザーの導入意向と採用計画予定
ⅰ)積極的に導入したいユーザーの採用計画予定
ⅱ)導入したいユーザーの採用計画予定
2.ユーザーの導入意向と満足度
ⅰ)積極的に導入したいユーザーの現行システムに対する満足度
ⅱ)導入したいユーザーの現行システムに対する満足度
ⅲ)導入したくないユーザーの現行システムに対する満足度

(2)RF-ID(無線ICタグ)を導入したくない理由

(3)RF-ID(無線ICタグ)を導入したい理由

(4)RF-ID(無線ICタグ)を導入した場合の使用目的

(5)現在、RF-ID(無線ICタグ)を導入に踏み切れない理由
1.積極的に導入したいが踏み切れないユーザーの理由
2.導入したいが踏み切れないユーザーの理由

(6)RF-ID(無線ICタグ)の今後の採用計画予定

5.調査票

6.業種選択の内訳と有効サンプル数



第Ⅱ章 自動認識・関連ビジネスの動向

1.RF-ID(無線ICタグ)市場
(1)2010年度予測で市場規模は12億1,400万枚に
(2)RF-ID(無線ICタグ)の需要分野別構成比推移グラフ(数量ベース)
(3)RF-ID(無線ICタグ)のアプリケーション展望

2.ICカード市場
(1)2010年度予測で市場規模は4億2,000万枚に
(2)ICカードの需要分野別構成比推移グラフ(数量ベース)
(3)ICカードのアプリケーション(需要分野)展望

3.バイオメトリクス市場
(1)2010年度予測で400億円市場に
(2)需要分野・用途別市場
(3)識別方式(タイプ)別市場
(4)バイオメトリクスの解説と市場拡大の要因

4.二次元バーコード市場
(1)2005年度予測で二次元バーコードリーダーは120.5億円市場に
(2)未導入企業(潜在ユーザー)調査
(3)二次元バーコードの説明と市場拡大の要因

5.ユビキタスコンピューティング市場
(1)ユビキタスの説明と調査のアウトライン
(2)ユビキタスについての消費者アンケート調査

6.金融端末市場(ATM/CD機など)
(1)ATM市場
(2)CD市場

7.その他関連市場
(1)POS市場
(2)スキャナ一体型ハンディターミナル市場


第Ⅲ章 個別企業実態調査票

1.製造(FA)分野
株式会社 秋田書店
アサヒビール 株式会社
株式会社 アシェット婦人画報社
味の素 株式会社
味の素ゼネラルフーヅ 株式会社
伊藤ハム 株式会社
エーザイ 株式会社
江崎グリコ 株式会社
岡本 株式会社
株式会社 オンワード樫山
カゴメ 株式会社
株式会社 加ト吉
カルソニックカンセイ 株式会社
カルピス 株式会社
株式会社 川島織物
クロスプラス 株式会社
株式会社 ケーヒン
株式会社 小糸製作所
株式会社 講談社
コカ・コーライーストジャパンプロダクツ 株式会社
株式会社 サンエー・インターナショナル
参天製薬 株式会社
株式会社 自重堂
シャープ 株式会社
株式会社 ジユン
ジョンソン・エンド・ジョンソン 株式会社
株式会社 新潮社
新日本法規出版 株式会社
スタンレー電気 株式会社
ソフトバンクパブリッシング 株式会社
株式会社 ダイアナ
タイコエレクトロニクスアンプ 株式会社
大日本製薬 株式会社
大鵬薬品工業 株式会社
株式会社 ダイヤモンド社
株式会社 宝島社
田辺製薬 株式会社
中央出版コア 株式会社
中京コカ・コーラボトリング 株式会社
中部飼料 株式会社
株式会社 デサント
東京書籍 株式会社
株式会社 東京ニユース通信社
東洋水産 株式会社
株式会社 徳間書店
利根コカ・コーラボトリング 株式会社
豊田合成 株式会社
株式会社 ナルミヤ・インターナショナル
日本化薬 株式会社
日本農産工業 株式会社
日本ハム 株式会社
日本ベーリンガーインゲルハイム 株式会社
株式会社 日本放送出版協会
日本ミルクコミュニティ 株式会社
日本配合飼料 株式会社
バイエル薬品 株式会社
萬有製薬 株式会社
日立ホームアンドライフソリューション 株式会社
日立マクセル 株式会社
ヒロタ 株式会社
ファイザー 株式会社
株式会社 富士薬品
フーセンウサギ 株式会社
フタバ産業 株式会社
船井電機 株式会社
ブルーミング中西 株式会社
株式会社 毎日コミュニケーションズ
株式会社 マガジンハウス
松下電池工業 株式会社
南九州コカ・コーラボトリング 株式会社
ミネベア 株式会社
美濃屋 株式会社
明治製菓 株式会社
株式会社 明電舎
メルシャン 株式会社
森永製菓 株式会社
八千代工業 株式会社
雪印乳業 株式会社
よつ葉乳業 株式会社
株式会社 ルック

2.流通分野
アイジャパン 株式会社
株式会社 アイリスメガネ
株式会社 アペックス
飯塚薬品 株式会社
イズミヤ 株式会社
株式会社 伊東屋
株式会社 イトーヨーカ堂
株式会社 イワキ
株式会社 ウオッチマン
株式会社 エーエム・ピーエム・ジャパン
株式会社 オークワ
オリジン東秀 株式会社
株式会社 紀伊國屋書店
株式会社 キリン堂
株式会社 近鉄百貨店
株式会社 クスリのアオキ
株式会社 くすりの福太郎
株式会社 クラモト
株式会社 グリーンクロス・コア
株式会社 クロノス
株式会社 京急ステーションサービス
株式会社 ケーヨー
コーナン商事 株式会社
株式会社 コメリ
サークルケイ・ジャパン 株式会社
株式会社 サダマツ
株式会社 三省堂書店
株式会社 サンリブ
株式会社 シジシージャパン
シダックスフードサービス 株式会社
株式会社 ジュンク堂書店
株式会社 書泉
株式会社 住商ドラッグストアーズ
株式会社 精文館書店
セガミメディクス 株式会社
株式会社 ゼノン
株式会社 セーブオン
株式会社 大丸
株式会社 髙島屋
株式会社 高田薬局
株式会社 ダブリュ・アイ・システム
株式会社 テイツー
株式会社 デイリーヤマザキ
東海キヨスク 株式会社
株式会社 東急ストア
株式会社 東急百貨店
株式会社 東京メガネ
株式会社 21
株式会社 ドラッグイレブン
株式会社 ドラッグストアバイゴー
株式会社 ドラッグヤマモト
株式会社 ナフコ
株式会社 ぱぱす
東日本キヨスク 株式会社
株式会社 ビジョンメガネ
株式会社 フジ
株式会社 富士メガネ
株式会社 渕紙
株式会社 ブックエース
株式会社 ブックバーン
株式会社 ブックランドカスミ
株式会社 フレッセイ
株式会社 プレナス
株式会社 文真堂書店
株式会社 ベスト販売
HOYAヘルスケア 株式会社
株式会社 松坂屋
丸善 株式会社
株式会社 三城
株式会社 南九州ファミリーマート
ミニストップ 株式会社
株式会社 明林堂書店
株式会社 メガネスーパー
株式会社 メガネの相沢
株式会社 メガネフラワー
株式会社 ユタカファーマシー
ユニー 株式会社
株式会社 横浜ファーマシー
株式会社 ルック・ヒライ
株式会社 和真

3.物流分野
愛和食品 株式会社
株式会社 赤ちゃん本舗
味の素物流 株式会社
株式会社 エクセル
王子物流 株式会社
大阪魚市場 株式会社
大塚倉庫 株式会社
沖縄日通エアカーゴサービス 株式会社
兼松繊維 株式会社
カメイ 株式会社
キリン物流 株式会社
クラレトレーディング 株式会社
鴻池運輸 株式会社
興和 株式会社
国分 株式会社
株式会社 サザビー
山九 株式会社
株式会社 三景
サントリーフーズ 株式会社
株式会社 三友小網
株式会社 三陽商会
三洋セールスアンドマーケティング 株式会社
株式会社 ジーエスアイクレオス
シャネル 株式会社
上新電機 株式会社
スターゼン 株式会社
住友商事 株式会社
株式会社 住友倉庫
西武運輸 株式会社
全日本空輸 株式会社
全農サイロ 株式会社
第一貨物 株式会社
ダイムラー・クライスラー日本 株式会社
タキヒヨー 株式会社
田村駒 株式会社
ダンザス丸全 株式会社
TSネットワーク 株式会社
東京エレクトロン 株式会社
株式会社 東京スタイル
東レインターナショナル 株式会社
トナミ運輸 株式会社
トヨタ輸送 株式会社
株式会社 新潟食品運輸
西川産業 株式会社
西野商事 株式会社
株式会社 ニチロ
日東ロジスティクス 株式会社
日本貨物航空 株式会社
日本サムスン 株式会社
株式会社 日本ダンロップ
日本通運 株式会社
日本エアコミューター 株式会社
株式会社 日本航空ジャパン
日本トランスオーシャン航空 株式会社
日本ビクター 株式会社
日本ユニシス 株式会社
パイオニア 株式会社
株式会社 八州
株式会社 バンテック
株式会社 日立物流
ピップトウキョウ 株式会社
株式会社 富士ロジテック
株式会社 フードサービスネットワーク
松下ロジスティクス 株式会社
丸全昭和運輸 株式会社
三井倉庫 株式会社
三井物産 株式会社
三菱化学物流 株式会社
株式会社 三菱電機ライフネットワーク
株式会社 明治屋
名鉄運輸 株式会社
モリリン 株式会社
株式会社 ヤギ
安田倉庫 株式会社
ヤマト・グローバル・フレイト 株式会社
株式会社 山星屋
ユーテック 株式会社
ユニチカ通商 株式会社
株式会社 リョーサン
株式会社 レナウン

4.アミューズメント分野
エイペル 株式会社
有限会社 エルスペース
株式会社 オリエンタルランド
株式会社 ガイア
関東開発 株式会社
株式会社 合田観光商事
高知県競馬組合
有限会社 コスモ企画
財団法人 滋賀県文化振興事業団
株式会社 志摩スペイン村
常磐興産 株式会社
シンクス 株式会社
株式会社 スガイ・エンタテインメント
株式会社 鈴鹿サーキットランド
泉陽興業 株式会社
株式会社 ダイエー
東亜興行 株式会社
株式会社 東急文化村
東京テアトル 株式会社
常磐興業 株式会社
TOHOシネマズ 株式会社
長島観光開発 株式会社
株式会社 ニラク
社団法人 福岡県モーターボート競走会
有限会社 藤田
プレビ 株式会社
三井グリーンランド 株式会社
宮島競艇施行組合
株式会社 山崎屋
財団法人 横須賀芸術文化財団

5.レンタルリース分野
アムゼ 株式会社
株式会社 クオーク
興銀リース 株式会社
株式会社 コスモ通商
株式会社 ザ・サードプラネット
株式会社 サンセイコーポレーション
株式会社 サンレジャー
社会福祉法人 滋賀県視覚障害者福祉協会
株式会社 シチエ
写光レンタル 株式会社
ジャストリース 株式会社
昭和リース 株式会社
センチュリー・リーシング・システム 株式会社
ダイヤモンドリース 株式会社
中央コンピューター 株式会社
株式会社 ティ・アイ・ディ
東京リース 株式会社
東銀リース 株式会社
東芝ファイナンス 株式会社
東販リーシング 株式会社
社会福祉法人 日本点字図書館
日本教育情報機器 株式会社
ニューコ・ワン 株式会社
株式会社 ビッグスポット
株式会社 ビデオシティ
財団法人 広島市文化財団
株式会社 フカツ電化社
富士通リース 株式会社
財団法人 北海道文学館
三谷リース 株式会社

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

220,000
200,000
20,000
440,000
400,000
40,000
660,000
600,000
60,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。