2005年版 カー用品の購入と自動車関連サービスに関する意識調査

発刊日
2005/05/31
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 154頁
資料コード
C47102800
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

88,000
80,000
8,000
176,000
160,000
16,000
264,000
240,000
24,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

市販カー用品は、大きく嗜好品、消耗品のふたつのカテゴリーに分類出来るが、ここ数年の傾向としては、嗜好品は、新車販売台数の伸び悩みによって、新規取付や買い替えの需要が低迷傾向にあり、消耗品は、低年式車保有台数の増加に伴ってニーズが増えると想定されるが、単価下落や買い控えにより需要増には至っていない。

このような環境下において、嗜好品の分野ではカーナビ、盗難防止機器、ETC等のカーエレクトロニクス商品の進化など、個別にみると伸びているカテゴリーも存在するが、これら嗜好品の分野では、自動車メーカー、ディーラーの純正装着品の設定が進み、工場出荷時あるいは納車時に装着される用品の種類が増え始めており、こうした動向が脅威となりつつある。

そこで、今後のカー用品産業において、ユーザーの消費行動の現状と求められるサービスを明らかにするため、「カー用品に関する消費者意識調査」を実施し、自動車ユーザーの傾向を分析。



第1章 調査実施要綱

1.調査方法

2.調査対象

3.調査期間

4.対象者の属性

5.調査内容(質問項目)


第2章 調査結果概要

1.自動車関連、カー用品の消費意欲と傾向

2.商品分野別のカー用品購入傾向

3.新しいサービスの利用意向

4.業態別のアフターサービス利用状況


第3章 集計結果

1.自動車関連、カー用品の消費意欲と傾向
(1)自動車に関わる支出についての考え方
1.自動車購入
2.整備費(消耗品)
3.整備費(消耗品以外)
4.維持費(車検、保険、駐車場代など)
(2)昨年と比較した自動車に関わる支出の変化
1.自動車購入
2.整備費(消耗品)
3.整備費(消耗品以外)
4.維持費(車検、保険、駐車場代など)

2.カー用品の購入に関わる意識
(1)自動車購入時期別・購入形態別のカー用品購入傾向
(2)カー用品店の利用頻度
(3)カー用品店で提供されると良いと思うサービス
(4)この1年間における整備費・維持費の金額

3.新しいサービスの利用動向
(1)中古カー用品店の認知度
(2)中古カー用品店の利用理由
(3)中古カー用品店の今後の利用意向

4.業態別のアフターサービス利用状況
(1)車検サービスの利用状況
1.業態別の車検サービス利用状況
2.車検サービス利用満足度
3.業態別の車検サービス利用満足度
4.車検サービスの満足度評価理由(自由回答)
(2)点検サービスの利用状況
1.業態別の点検サービス利用状況
2.点検サービス利用満足度
3.業態別の点検サービス利用満足度
4.点検サービスの満足度評価理由(自由回答)
(3)外装修理サービスの利用状況
1.業態別の外装修理サービス利用状況
2.外装修理サービス利用満足度
3.業態別の外装修理サービス利用満足度
4.外装修理サービスの満足度評価理由(自由回答)
(4)故障修理サービスの利用状況
1.業態別の故障修理サービス利用状況
2.故障修理サービス利用満足度
3.業態別の故障修理サービス利用満足度
4.故障修理サービスの満足度評価理由(自由回答)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

88,000
80,000
8,000
176,000
160,000
16,000
264,000
240,000
24,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。