2006年版 ポリプロピレン市場の徹底分析

発刊日
2006/03/27
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 166頁
資料コード
C47117200
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

はじめに


第1章 ポリプロピレン市場の展望

PPの進化こそユーザーに「価値」をもたらす
  • 価値はユーザーのハンドリングなくして生まれない
  • 需給逼迫を背景に売り先を絞り込むなど、利益重視の姿勢が鮮明に
  • グローバル競争の縮図と化すアジア市場
  • 中国、欧米メジャーに加え、中東、台湾、韓国メーカーが入り乱れる
  • 触媒、ポリマーが新たな領域へ
  • ユーザーとの真の協業が「価値」あるサプライチェーンを生む

第2章 ポリプロピレン市場の動向

【1】各社の生産体制
JPP、鹿島工場30万t/年プラントの新設を正式に決定
系列の大型化は30万t/年規模がベンチマークに
住友化学、「ラービグ計画」により世界4極でのPP生産能力は175万t/年へ
今後、他メーカーでも海外展開の着手・加速化の動きが顕在化
【2】需要分野別動向と展望
1.総出荷量
05年の総出荷量は国内需要、輸出ともに好調で過去最高となる300万t/年を突破
2.国内需要
輸出の位置づけ等の販売戦略の違いがシェア変動に大きく影響
プライムポリマーはシェアダウン、サンアロマーは住友化学を逆転
3.射出分野
(1)自動車
自動車メーカーの生産台数増を背景に、PP需要も堅調に推移
サンアロマー、住友化学の2社はトヨタ圏などでの採用増によりシェアアップ
JPP、プライムポリマーは商圏の広さから販売量は伸び悩む
メタロセン触媒など次世代ポリマーによる自動車材の開発が活発化
外板の樹脂化としてPPでも動き出す、コスト、比重では優位も物性面では依然課題
架橋タイプの置き換えとして、内装表皮材で拡販につなげるメーカーもワイヤーハーネス
ではリスク管理の観点からノンハロ・ノンリンニーズが顕著
中国ではトヨタ、日産、ホンダが50万台/年を視野に積極的な設備投資が進む
(2)家電
今後も注力分野とは位置付けにくい状況が続く
(3)日用品・雑貨・その他
ヨーグルトなど射出容器でのPS代替が本格化の可能性も
4.フィルム分野
(1)OPP
ユーザーの差別化につながるグレードの開発が焦点
「ラベルシュリンクのPP化」に期待が集まる一方、「PETボトルの単一樹脂化」の動きも
OPPフィルム業界の低利益体質にいかに向き合い、どう主導していくか
(2)CPP
レトルト対応グレードでシェアを握る住友化学が一人勝ちの様相も
プライムポリマー、サンアロマーも戦略グレード投入の構え
光学用プロテクトフィルム向けで需要拡大の可能性が高まる
5.押出分野
容リ法改正を前に、発泡PPでの展開強化の動きが活発化
内嵌合せ性が開発の焦点、JPPは独自の多層シート投入で市場席巻を狙う
6.繊維分野
主力用途のスパンボンドは海外からの製品輸入で低価格化が進む
7.その他分野
PPメーカー各社とも医療用途など付加価値用途にフォーカス
(1)中空
(2)輸出
【3】PPコンパウンドの動向
  • インラインコンパウンドを軸としたコンパウンド体制がスタンダードに
  • インラインコンパウンドの生産量は全体の38.1%にまで拡大も
  • コンパウンド・インライン化の動きは2006年がピークに
  • 外注委託分は2005年66,000t程度とここ数年で半減
  • 内製コンパウンドのダウンサイジングもPP事業合理化策の1つ
  • 日系自動車メーカーの世界展開にあわせ、PPメーカーの海外展開はさらに加速化
  • 鉄鋼、ガラスなど、自動車分野を取り巻く素材産業はグローバル市場での寡占化が主流
【4】高機能PPの動向
(1)高溶融張力PP(HMS-PP)、発泡PP
発泡PPではJPP「ニューフォーマー」が圧倒的な強さを示す
(2)ガラス長繊維強化PP
モジュール化の進展により需要拡大も、トヨタでの採用が今後の焦点
(3)リアクターTPO
PP、エラストマーの代替材として需要を拡大
自動車やフィルム分野を中心に、ターゲットとする用途・分野で各社の棲み分けが進む
(4)メタロセンPP
グローバルレベルでメタロセンPPの動きが活発に
JPP、プライムポリマーではブロックコポリマーやTPOへの活用も進める


第3章 ポリプロピレンメーカーの動向と戦略

プライムポリマー
  • 「付加価値分野」の拡大を成長源と位置づけ、あらゆる面で選択と集中を徹底
  • 05年4月、三井化学および出光興産のPO事業統合会社として始動
  • 付加価値・汎用を峻別し、それぞれに最適化したビジネスモデルの構築を目指す
  • 世界最大レベルの大型2系列を有し、国内販売シェアの4割を占める
  • 輸出量は2005年20万t超、今後は差別化グレードでの海外展開に乗り出す
  • 世界トップのコンパウンド事業を柱に自動車材でのグローバルシェア拡大に注力
  • ユーザーとの共同開発を通じ、OPP、CPPの高付加価値化を推進
  • フィルムコンデンサ、光学用プロテクトフィルムなど、特殊用途で圧倒的な存在感を示す
  • 発泡PPでの展開強化に向け、技術シナジーの創出に注力
  • 繊維分野ではグループ内での一貫体制によるコスト競争力で強さを発揮
  • リアクターTPO「プライムTPO」は化粧シートを中心に販売量は堅調推移
  • オフライン設備の拡充なども含め、コンパウンド内製化率のアップを進める
  • 国内外有力メーカーとの提携によるポリマー供給基盤の強化も検討
日本ポリプロ
  • 「質」「量」の両面から、さらなる成長を目指す
  • 市況変動にできる限り左右されない強靭な収益体質の構築へ
  • 鹿島30万t/年プラントの新設を決定、小規模系列の廃棄と合わせ15万t/年を増産
  • フル生産・フル販売、国内需要を優先し輸出量を絞る
  • 「高機能フィラーMB工法」はインパネ、バンパーでの採用が増加
  • 食品・医療向けインジェクション品を注力分野と位置づけ拡販に注力
  • PPの「薄肉・軽量化」を訴求、PS代替を取り込み販売増につなげる
  • OPPでは共押出、パール調、ラベルシュリンク向けでの展開を強化
  • 「ウィンテック」はプロテクトフィルム向けとしても適性を示す
  • シート事業と一体となった高機能品の開発を積極化
  • 内嵌合蓋対応の発泡多層シート「エコロEX」は2006年春にも投入の予定
  • 「ウィンテック」はフィルム、シート、繊維と用途開拓が進む
  • 「ファンクスター」は自動車分野を中心に依然成長、販売量は1万t強に拡大
  • リアクターTPO「ニューコン」は自動車向けコンパウンドのベース材として使用拡大
  • メタロセン触媒を使用したグレードの早期市場投入に向けた研究開発を加速化
  • インラインコンパウンドの生産量は2005年で全体の35%にまで拡大
  • オフラインコンパウンド体制の再編成が進む
  • 2006年初めに中国コンパウンド拠点で増設、1.8万t/年にまで能力を拡大
住友化学
  • 「真のグローバルプレイヤー」を目指し、新たなステージに踏み出す
  • 自社・気相法技術を核としたPP事業の高付加価値化を推進
  • 2005年6月に千葉ポリプロのデボトル増強を実施、生産能力を計36万t/年に拡大
  • 06年3QにもPE設備をPPに転換、TPCのPP生産能力は57万t/年に
  • 自動車部品向けブロックコポリマーの生産体制も強化
  • 「ラービグ計画」は08年後半稼動を目指し、近く着工へ
  • PPは自社気相法2系列、70万t/年体制を予定
  • 2005年の自動車、CPP向け販売量は業界水準を上回る伸びを示す
  • モジュール化の進展を背景に、エンジン周りなどでも採用を拡大
  • ガラス長繊維PPはバックドアモジュールの基材などで実績を積み上げる
  • CPP分野ではブロックコポリマー、ターポリマーなどの戦略グレードで強さを発揮
  • 光学用プロテクトフィルム向けの需要拡大も取り込み、2桁の販売増につなげる
  • 真空・圧空成形容器での展開に注力、発泡分野は付加価値用途を模索
  • 完全非晶性PP「タフセレン」はラップフィルムでの採用を皮切りに
  • プロテクトフィルムなど粘着用途での展開拡大も視野に
  • プラントのS&Bに伴い、インライン設備を千葉ポリプロでのサイドラインに転換
  • 中国・広東省に同社初となる海外コンパウンド拠点を建設、06年中の稼動を予定

サンアロマー
  • エンドを見据えた「Value Creation」を軸に差別化戦略を追求
  • バセルの技術と独自の開発力を掛け合わせ、高機能・特殊化を推進
  • 2006年後半にバセル気相法のデボトル増強を実施し、計35.5万t/年体制へ
  • 自動車向け販売量は2004年、2005年と二桁の伸びを示す
  • 「キャタロイ」活用の戦略グレードがウェザーストリップ硬質部分などで採用拡大
  • シュリンクフィルムでは、不織布との複合ラベルに注力
  • 新規開発のレトルト対応のブロックコポリマーを市場投入へ
  • 試作機も導入し、インフレフィルム向けグレードの開発を本格化
  • 2004年末に「フードパッケージグループ」を設立
  • 薄肉射出容器向け透明PPをPS代替の戦略グレードと位置づけ拡販に注力
  • 韓国ポリミレイ社から輸入するメルトブローン用グレードが成長
  • 05年春に米・レイクチャールズが稼動、「キャタロイ」生産能力は4拠点56万t/年
  • 「ADFLEX」は自動車用途、「ADSYL」はラップフィルムで販売増
  • ジエーテル系PPはハイフローグレードを中心に数万t規模にまで販売量が拡大
  • 「ポリブテン-1」はユニークな特徴を活かし、2006年より本格販売
  • インラインコンパウンドが大幅増、オフライン設備も吐出量を増やし実質増産
  • 中国・「南波コンプレックス」は2006年2Qの本格稼動を予定

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。