2005年版 国内移動体通信市場動向調査

国内移動体通信加入動向、デバイス別市場概況(カメラ搭載、モバイルFelica搭載、TVチューナ搭載ほか)など/国内移動体通信市場に関する独自調査データを数多く掲載。

発刊日
2005/08/31
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 279頁
資料コード
C47201000
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章. 国内移動体通信加入動向

1:2004年度 国内移動体通信加入状況
2:2004年度 事業者別加入状況
3:2005年度 加入動向
4:2005年度 事業者別加入動向
5:モバイルインターネットサービス加入動向


第2章、移動体通信市場動向

Ⅰ:新規事業者参入問題
1:概況
2:2GHz帯における新規事業者の参入状況
3:既存事業者の反応

Ⅱ:ナンバーポータビリティ制の導入

Ⅲ:モバイルセントレックス

Ⅳ:FMC(Fixed Mobile Convergence)

Ⅴ:WiMAX市場
1:概況

Ⅵ:地上波デジタル放送対応携帯電話
1:携帯電話への地上波デジタル放送チューナ搭載
2:地上波デジタル(1セグ)対応機
3:携帯電話での地上波デジタル放送実現における問題点
4:放送事業者の「地上波デジタル放送」に向けた取り組み
5:携帯電話の地上波デジタル放送対応について
6:通信事業者のEPGアプリケーション
6-1:NTTドコモ「Gモバイル」
6-2:KDDI「EZテレビ」
6-3:インデックス「テモ」
7:放送局と通信事業者の関係と今後


第3章、移動体通信端末出荷動向
■ 2004年度 出荷動向
■ 2004年度 出荷動向 PDC
■ 2004年度 出荷動向 W-CDMA
■ 2004年度 出荷動向 CDMA2000 1X
■ 2004年度 出荷動向 PHS
■ 2005年度 出荷予測
■ 2005年度 出荷予測 PDC
■ 2005年度 出荷予測 W-CDMA
■ 2005年度 出荷予測 CDMA2000 1X
■ 2005年度 出荷予測 PHS


第4章、3G携帯電話の開発動向

Ⅰ:3G携帯電話の開発動向
1:概況
2:事業者別動向
2-1:KDDI
2-2:NTTドコモ
2-3:Vodafone

Ⅱ:チップセットメーカ動向
1:TI(Texas Insturuments)
2:ルネサス・テクノロジー
3:QUALCOMM
4:その他
4-1:EMP(ERICSSONN Mobile Platform)
4-2:Freescale
4-3:Intel


第5章、デバイス別市場概況


Ⅰ:カメラ搭載携帯電話
1:概況
2:CCD 対 CMOS
3:2005年度市場動向

Ⅱ:モバイルFelica搭載携帯電話
1:市場動向
2:NTTドコモの「モバイルFelica」戦略
2-1:基本方針
2-2:アプリケーション
2-3:端末普及
3:KDDI(au)の「モバイルFelica」戦略
3-1:基本方針
3-2:アプリケーション
3-3:端末の普及
4:Vodafoneの「モバイルFelica」戦略
4-1:基本方針
4-2:アプリケーション
4-3:対応端末の普及に関して

Ⅲ:TVチューナ搭載携帯電話
1:概況
2:消費者の反応
3:2005年度出荷動向

Ⅳ:メモリーカード搭載(音楽再生機能付)携帯電話
1:概況
2:規格別普及状況
3:2005年度小型メモリーカード出荷状況

Ⅴ:ハードディスク搭載携帯電話
1:概況
2:国内市場導入の可能性

Ⅵ:GPS搭載携帯電話
1:概況
2:NTTドコモの本格参入
3:KDDIの取り組み

Ⅶ:国際ローミング対応携帯電話
1:概況
2:事業者別対応状況
2-1:NTTドコモ
2-2:KDDI
2-3:Vodafone
2-4:ウィルコム

Ⅷ:Bluetooth搭載携帯電話
1:概況
2:Bluetoothを必要とするアプリケーション
3:携帯電話へのBluetooth搭載状況
4:2005年度の普及予測

Ⅸ:アプリケーション(Java、BREW)対応携帯電話
1:概況

Ⅹ:無線LAN対応携帯電話機

XI:フルブラウザ搭載携帯電話

XII:スマートフォン



第6章、通信事業者別事業戦略

1:NTTドコモ
1:2004年度レビュー 加入動向
2:2004年度レビュー サービス動向
3:2004年度レビュー 端末動向
4:2004年度レビュー 端末メーカ別
4-1:NEC
4-2:Panasonic
4-3:シャープ
4-4:富士通
4-5:三菱電機
4-6:Sonyericsson
5:2005年度 事業戦略
6:2005年度 サービス戦略
7:2005年度 端末調達
8:HSDPAの導入

2:KDDI(au)
1:2004年度レビュー 加入動向
2:2004年度レビュー サービス動向
3:2004年度レビュー 端末動向
4:2004年度レビュー 端末メーカ別
4-1:三洋電機
4-2:カシオ日立モバイルコミュニケーションズ
4-3:東芝
4-4:ソニーエリクソン
4-5:京セラ
5:2005年度 事業戦略
6:2005年度 サービス戦略
7:2005年度 端末調達
8:次世代通信への取り組み

3:Vodafone
1:2004年度レビュー 加入動向
2:2004年度レビュー サービス動向
3:2004年度レビュー 端末動向
4:2004年度レビュー 端末メーカ別
4-1:シャープ
4-2:東芝
4-3:三洋電機
4-4:NEC
4-5:三菱電機
4-6:NOKIA
4-7:Sonyericsson
4-8:MOTOROLA
5:2005年度 事業戦略
6:2005年度 サービス戦略
7:2005年度 端末調達

4:Tu-Ka
1:2004年度レビュー 加入動向
2:2004年度レビュー サービス動向
3:2004年度レビュー 端末動向
4:2004年度レビュー 端末メーカ別
4-1:京セラ
5:2005年度 事業戦略
6:2005年度 サービス戦略
7:2005年度 端末調達

5:ウィルコム
1:2004年度レビュー 加入動向
2:2004年度レビュー サービス動向
3:2004年度レビュー 端末動向
4:2004年度レビュー 端末メーカ別
4-1:京セラ
4-2:三洋電機
4-3:JRC(日本無線)
4-4:NECインフロンティア
4-5:本多エレクトロン
4-6:セイコーインスツルメンツ(SII)
5:2005年度 事業戦略
6:2005年度 サービス戦略
7:2005年度 端末調達

6:ソフトバンクBB
1:事業概況
2:新規参入サービス概要
3:コンテンツ
4:インフラ構築
5:端末調達
6:ビジネスモデル

7:イー・モバイル
1:事業概況
2:新規参入サービス概要
3:コンテンツ
4:インフラ構築
5:端末調達
6:ビジネスモデル


第7章、通信事業者個票
■ NTTドコモ
■ KDDI/au
■ Vodafone
■ Tu-Ka
■ ウィルコム
■ ASTEL
■ ソフトバンク株式会社
■ e-Access


第8章、通信機器メーカ個票
■ LG電子
■ NECインフロンティア
■ カシオ日立モバイルコミュニケーションズ
■ 京セラ
■ 三洋電機
■ シャープ
■ SII(セイコーインスツルメンツ)
■ ソニー・エリクソン
■ 東芝
■ NEC(日本電気)
■ JRC(日本無線)
■ NOKIA(ノキアジャパン)
■ 富士通
■ 本多エレクトロン
■ 松下電器産業(Panasonic)
■ 三菱電機
■ MOTOROLA(モトローラ)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。