2006年版 自由診療市場の展望と戦略

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

発刊日
2006/09/29
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 268頁
資料コード
C48108300
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
231,000
210,000
21,000
346,500
315,000
31,500
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

リサーチ内容

第1章 自由診療市場の展望と戦略
1-1.自由診療市場を取り巻く社会的環境
1-1-1.国民医療費の増大
1-1-2.医療分野における市場原理の導入
a.構造改革特区(株式会社による医療参入)
株式会社バイオマスター/セルポートクリニック横浜
b.混合診療の部分的解禁

1-2.市場概況

1-3.新しい動き
a.特定療養費制度拡充による未承認医薬品の使用
b.医療PFI
高知医療PFI株式会社
c.医療に関する広告規制の緩和

1-4.医療機関の経営問題

1-5.自由診療市場の今後の展望
a.医療保険・医療クレジット
b.保険診療、自由診療併設の診療所
c.セカンドオピニオン外来
d.カウンセリング分野
e.有名医師の健康相談


第2章 ガンの高度医療
2-1.がん高度治療全般
2-1-1.市場概況

2-2.免疫療法
2-2-1.免疫療法とは
2-2-2.免疫療法におけるビジネスモデル
2-2-3.関連医療機関・企業の動向
瀬田クリニック
白山通りクリニック
株式会社メディネット
株式会社リンフォテック
テラ株式会社
セレンクリニック
ジェー・ビー・セラピュティクス株式会社
株式会社細胞科学研究所
ミズマチ・タカラバイオ株式会社
セルメディシン株式会社
リンパ球バンク株式会社
日本ユーロテック株式会社
株式会社エフェクター細胞研究所

2-3.粒子線、重粒子線治療
2-3-1.高度先進医療と粒子線、重粒子線治療
2-3-2.粒子線・重粒子線治療の実態
(独)放射線医学総合研究所重粒子線医科学センター
国立がんセンター東病院
兵庫県立粒子線医療センター
筑波大学陽子船医学利用研究センター
若狭湾エネルギー研究センター
静岡県立静岡がんセンター
2-3-3.粒子線・重粒子線治療の展望
a.増える粒子線・重粒子線治療施設
群馬大学
山形大学
東京ベイ・メディカルフロンティアセンター
南東北陽子線治療センター
b.粒子線・重粒子線施設設立運営サービス会社の登場
(株)名古屋先進量子医療研究所
(株)山形先端医療研究所
NPO法人大阪粒子線癌治療研究所

2-4.ガン温熱療法(ハイパーサーミア)
2-4-1.ガン温熱療法(ハイパーサーミア)とは
2-4-2.市場概況
2-4-3.関連企業・団体の動向
日本ハイパーサーミア学界
山本ビニター株式会社
ルーククリニック


第3章 予防医療市場
3-1.予防医療の社会的背景
a.国民医療費の増大
b.国民の健康意識
c.メタボリックシンドローム

3-2.健診・人間ドック
3-2-1.健診市場の概略と展望
3-2-2.人間ドック
東海大学附属東京病院
(株)バイオマーカーサイエンス
Anti-Aging Doctors(株)
わかずきファミリークリニック
3-2-3.高度健診

3-3.ワクチン
3-3-1.市場概況
3-3-2.今後の展望
3-3-3.関連企業・団体の事業動向
(財)化学及血清療法研究所
デンカ生研(株)
(財)阪大微生物病研究所
(社)北里研究所生物製剤研究所
(財)日本ポリオ研究所

 
第4章 生活改善医療

4-1.不妊治療
4-1-1.不妊治療とは
4-1-2.市場概況
4-1-3.今後の展望と課題
a.少子化
b.現状の課題患者
4-1-4.当社アンケートにみる不妊治療の現状と展望
調査期間:2006年8月末~9月中旬
調査対象者:全国の不妊治療実施病院
アンケート送付数:722
< アンケート内容 >
問1  不妊治療の実施動向について
問2  月間で初診に訪れる患者(カップル)数
問3  初診の患者(カップル)数の3年前と比較した傾向
問4  患者数増加のために貴院で行っているPR手法
問5  不妊の原因は、男性か女性か双方か
問6  男女それぞれの原因の上位3位
問7  その原因についての最近の傾向
問8  不妊に効果の高い代替医療の考え方
問9  実施している検査方法
問10  顕微鏡授精(男性)以外の治療の実施有無
問11  診断・治療技術の開発において提携されている大学、医療機関、研究機関、企業
問12  生殖医療について、注目している研究や治療技術、その情報入手方法
問13  治療以外にカウンセリングなどの精神的サポートを行っているか
問14  不妊治療に関して取引のある主な業者名
問15  生殖医療全般に関わる自由意見
4-2.肥満治療
4-2-1.市場概況
a.肥満者の増大
b.国民の運動習慣
4-2-2.肥満の治療
4-2-3.医療機関の動向

4-3.男性更年期
4-3-1.市場概況
4-3-2.ED
a.市場概況
b.今後の展望
4-3-3.育毛治療
a.市場概況
b.育毛治療の現状
c.事例
TMCクリニック

4-4.アトピー
4-4-1.市場概況
a.アトピー性皮膚炎はなぜ起こるのか
b.「アトピービジネス」の存在
c.アトピー治療ガイドライン
d.医療機関により実践されている主な治療
4-4-2.今後の展望


第5章 関連資料
 
1.  癌免疫療法実施医療機関リスト
2.  温熱治療実施医療機関リスト
3.  不妊治療実施医療機関リスト
4.  PET健診/検査実施医療機関リスト
5.  プロペシア育毛治療実施医療機関リスト
6.  セカンドオピニオン実施医療機関リスト
7.  主な健診・人間ドック実施医療機関リスト

図表一覧

図表1-1 国民医療費に含まれるサービス
図表1-2 国民医療費(1985~2003年)
図表1-3 主な診療報酬改訂点
図表1-4 構造改革特区推進プログラムに盛り込まれた主な規制緩和項目
図表1-5 選定医療の種類
図表1-6 高度先進医療費用負担の仕組み
図表1-7 高度先進医療承認状況一覧(平成18年7月1日現在)
図表1-8 自由診療関連マーケットの規模
図表1-9 「未承認薬使用問題検討会議」における今後検討の対象とする医薬品のⅢ類型
図表1-10 医療施設における主なPFI事業
図表1-11 広告規制を緩和することとした事項
図表1-12 医療施設数推移
図表2-1 ガン免疫療法分類
図表2-2 悪性新生物による年間死亡者数
図表2-3 高度先進医療として活性化リンパ球療法が行われている医療機関
図表2-4 高度先進医療の粒子線・重粒子線治療
図表2-5 高度先進医療に占める粒子線・重粒子線治療
図表2-6 温熱治療の有効性がわかっているガン
図表3-1 メタボリック・シンドロームの診断基準
図表3-2 健診区分と費用負担
図表3-3 ライフステージによる健康診断と精度
図表3-4 主要健診機関(民間以外)と加盟団体
図表3-5 各種統計から見る健康診断の受診者数推移(2002~2005年)
図表3-6 主な健康診断受診者数推移グラフ(2002~2004年)
図表3-7 健診市場規模(2004年度)
図表3-8 内臓脂肪型肥満に着目した生活習慣病予防のための健診・保健指導の基本的な考え方について(厚生労働省)
図表3-9 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)対策総合戦略事業の概要(厚生労働省)
図表3-10 人間ドック受診者数(2004~2005年)
図表3-11 人間ドックによる6項目異常頻度(2002~2005年)
図表3-12 各医療機器メーカーの高度診断機器
図表3-13 デリバリーシステムを利用したPET施設
図表3-14 国内ワクチン生産金額内訳
図表3-15 インフルエンザワクチン製造量
図表3-16 予防接種法による疾病
図表3-17 ワクチン製造・輸入企業別製造品目一覧
図表4-1 不妊治療市場規模(自由診療)
図表4-2 出生数と出生率推移
図表4-3 年代別日本の推計人口
図表4-4 肥満者(BMI 125以上)の割合(男性)
図表4-5 肥満者(BMI 125以上)の割合(女性)
図表4-6 運動習慣者(男性)
図表4-7 運動習慣者(女性)
図表4-8 運動状況(男性)
図表4-9 運動状況(女性)
図表4-10 男性更年期外来
図表4-11 ED治療薬個人輸入価格一例
図表4-12 EDの原因となる疾患と外傷
図表4-13 アトピー性皮膚炎はなぜ起こるか
図表4-14 アトピーのアレルゲン
図表4-15 アトピー性皮膚炎治療ガイドライン
図表4-16 主なステロイド外用薬の臨床効果分類
図表4-17 保湿を目的とした主な外用薬(医薬品)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
231,000
210,000
21,000
346,500
315,000
31,500

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。