2007年版 予防医療市場の実態と展望

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

発刊日
2007/07/31
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 212頁
資料コード
C49104900
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

リサーチ内容

第1章 予防医療市場概論

1-1.予防医療の社会的背景
  a.国民医療費の増大
  b.国民の健康意識
1-2.政府主導で予防医療の発展期へ
1-3.予防医療市場の中心


第2章 がん予防市場

2-1.がん予防市場概略
  2-1-1.日本人の平均寿命と死因
  2-1-2.がん予防
    a.一次予防
    b.二次予防
  2-1-3.がん検診について
    a.がん検診受診者数とがん検診市場規模
    b.がん検診の現状
    c.PET健診の現状
2-2.がんの治療方法
  2-2-1.免疫療法
  2-2-2.遺伝子検査
    a.遺伝子検査とは
    b.遺伝子検査の現状
  2-2-3.免疫ドック
  2-2-4.機能性食品とがん抑制


第3章 抗加齢医療市場

3-1.抗加齢市場概略
  3-1-1.高齢化社会
    a.高齢化社会が抱える問題
    b.抗加齢医療
3-2.アンチエイジングドック
3-3.注目される療法
  3-3-1.キレーション療法
  3-3-2.サプリメント療法
  3-3-3.HGH療法
3-4.注目されるビジネスモデル
  a.アンチエイジングドックとサプリメントメーカーのタイアップ
  b.イムノサポート
  c.今後のビジネスモデル


第4章 生活習慣病予防市場

4-1.生活習慣病予防市場概略
  4-1-1.治療から予防へ
    a.健康日本21
    b.新健診・保健指導の実施
    c.地方自治体のメタボリックシンドロームへの取り組み
  4-1-2.メタボリックシンドロームとは
    a.メタボリックシンドローム概念の歴史
    b.メタボリックシンドローム診断基準
  4-1-3.メタボリックシンドローム患者数
    a.メタボリックシンドローム該当者数・予備群数
  4-1-4.現代人の生活習慣の状況
    a.運動習慣
    b.栄養摂取状況
4-2.生活習慣病予防市場
  4-2-1.生活習慣病・メタボリックシンドローム予防市場
  4-2-2.生活習慣病・メタボリックシンドローム予防市場規模
  4-2-3.一次予防市場
    a.トクホ市場規模
    b.フィットネスクラブ市場概況
    c.フィットネス機器市場概況
    ①市場規模
  4-2-4.二次予防市場
    a.家庭用健康管理機器市場規模
    ①家庭用血圧計
    ②体重計・体重体組成計
    ③主要参入企業のメタボリックシンドローム関連製品動向
    b.在宅検診
    ①市場概況
    ②生活習慣病検査キット
  4-2-5.三次予防市場
    a.肥満治療市場概況
    ①肥満者の増加
    ②国民の運動習慣
    ③肥満の治療
    ④医療機関の動向
4-3.今後の展望
  ①食生活習慣の改善
  ②運動習慣の改善
  ③「新健診・保健指導」導入における新たなマーケットの創出


第5章 メンタルケア市場

5-1.市場の背景
  a.現代人のストレス状況
  b.自殺者数の増加
  c.厚生労働省のメンタルヘルス方針
  d.企業のメンタルヘルスケア取り組み状況
5-2.EAP市場
  a.EAPとは
  b.市場規模
  c.EAP導入のメリット
  d.EAPサービス会社の分類
  e.ストレス診断機器
  f.今後の課題
5-3.主な参入企業
  ・株式会社アトラクス ヒューマネージ
  ・アドバンテッジEAP
  ・株式会社イ-プ
  ・ウェルリンク株式会社
  ・株式会社グッドウィル・フォーサイト
  ・株式会社ジャパンEAPシステムズ
  ・ティーペック株式会社
  ・ヒューマン・フロンティア株式会社
  ・株式会社ヒューマニーズ
  ・株式会社ピースマインド
  ・株式会社保健同人社
  ・株式会社ライフバランスマネジメント


参考資料

坑加齢医療実施施設一覧


【図表目次】

図表1-1 日本の人口構成比
図表1-2 国民医療費(1985年~ 厚生労働省)
図表1-3 国民医療費に含まれるサービス
図表1-4 高齢者が健康増進のために心がけていること
図表1-5 労働者健康福祉機構・勤労者予防医療センター・勤労者予防医療部一覧
図表1-6 予防医療の移行期から発展期へシフト
図表1-7 傷病分類別国民医療費(一般診療医療費)推移と上位疾患、急増疾患区分
図表1-8 疾患別患者数の推移
図表1-9 患者数(2005年)と前回比(2005年と2002年)
図表1-10 予防医療市場の中心
図表1-11 予防医療市場のセグメント
図表2-1 地域がん診療拠点病院指定一覧表
図表2-2 アメリカ人のがんの原因
図表2-3 がん予防手段(一次予防)
図表2-4 生活習慣とがんとの関連
図表2-5 IARCにより評価されたがん予防物質
図表2-6 アメリカ予防サービス特別委員会の主要がんの検診の評価
図表2-7 「がん検診の有効性評価に関する研究班」によるがん検診の「評価判定」
図表2-8 対策型がん検診の有効性
図表2-9 各種統計からみるがん検診受診数推移(2001~2005年)
図表2-10 2005年度がん検診市場規模
図表2-11 住民健診における各がん検診の実施状況
図表2-12 住民健診における国の指針以外のがん検診検査方法
図表2-13 住民健診における胃がん検診の個人負担額
図表2-14 健康診査受診者数
図表2-15 PET検査施設 開設数と合計数 推移(1979~2006年度)
図表2-16 アンケート調査からみたPET月間検査数
図表2-17 アンケート調査からみたPET-CT月間検査数
図表2-18 PET検査数比較(2004年調査分と今回)
図表2-19 PET検査保険診療健診比比較(2004年調査分と今回)
図表2-20 ガン免疫療法分類
図表2-21 悪性新生物による年間死亡者数
図表2-22 高度先進医療として活性化リンパ球療法が行われている医療機関
図表2-23 遺伝子検査件数
図表2-24 高度先進医療として、遺伝子診断を実施している医療機関
図表2-25 イムノサポートのガン免疫ドック導入の主な医療機関
図表2-26 がん治療で用いられる機能性食品の分類
図表2-27 がん治療における補完代替医療
図表2-28 主な機能性食品
図表2-29 機能性食品の有効性
図表3-1 各世代の悩み(2001年国民生活基礎調査)
図表3-2 加齢の諸原因
図表3-3 アンチエイジング医療の領域
図表3-4 武田総合病院で実施しているアンチエイジングドックの内容
図表3-5 高輪メディカルクリニックの健康寿命ドック検査内容
図表4-1 2008年度から実施される特定健診・保健指導の主な健診項目
図表4-2 都道府県の食育に関する要綱・計画等の策定状況
図表4-3 政令指定都市の食育に関する要綱・計画等の策定状況
図表4-4 メタボリックシンドローム予防のための健診・保健指導の基本的な考え方
図表4-5 健康づくりのための運動基準(2005 年)
図表4-6 メタボリックシンドロームに対する考え方
図表4-7 メタボリックシンドローム診断基準(WHO)
図表4-8 メタボリックシンドローム診断基準(アメリカ)
図表4-9 メタボリックシンドロームの診断基準(日本)
図表4-10 各メタボリックシンドローム診断基準のウエスト周囲径の相違
図表4-11 メタボリックシンドロームの病態メカニズム
図表4-12 メタボリックシンドローム該当者と予備群の状況(男性)
図表4-13 メタボリックシンドローム該当者と予備群の状況(女性)
図表4-14 メタボリックシンドローム該当者・予備群
図表4-15 運動習慣者
図表4-16 栄養素摂取状況(男性)
図表4-17 栄養素摂取状況(女性)
図表4-18 肥満者(BMI≧25)の割合年次推移(男性)
図表4-19 肥満者(BMI≧25)の割合年次推移(女性)
図表4-20 生活習慣病予防市場分類
図表4-21 生活習慣病・メタボリックシンドローム予防市場規模
図表4-22 「特定保健用食品」の許可を受けるための必要条件
図表4-23 特定保健用食品市場規模(メーカー希望小売価格ベース)
図表4-24 主要フィットネスクラブ企業の業績推移(売上高単位:百万円)
図表4-25 フィットネスクラブ会員年代別構成比(%)
図表4-26 フィットネスクラブ会員年代別構成比グラフ
図表4-27 有酸素運動と無酸素運動の比較
図表4-28 フィットネス機器の市場規模推移と予測(2001年~2007年)
図表4-29 家庭用電子血圧計の市場規模推移と予測(2002年~2006年)
図表4-30 体重体組成計の市場規模推移と予測(2002年~2006年)
図表4-31 在宅検診検査件数推移(万件)
図表4-32 運動状況(男性)
図表4-33 運動状況(女性)
図表4-34 肥満外来のある主な病院・クリニック
図表5-1 現代人の具体的ストレスの内容
図表5-2 年間自殺者推移
図表5-3 自殺の動機・原因
図表5-4 厚生労働省「事業場における労働者の心の健康づくりのための指針」
図表5-5 メンタルヘルス上の理由により休業した労働者のいる事業所の割合
図表5-6 企業のメンタルヘルスケア取り組み状況
図表5-7 取り組んでいるメンタルヘルスの具体的内容
図表5-8 メンタルヘルスケアに取り組んでいない理由別事業所割合
図表5-9 中小企業職業相談委託助成金制度
図表5-10 今後のEAP市場
図表5-11 EAP市場規模推移
図表5-12 EAP市場参入企業の分類

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。