2008年版 テーラーメイド医療に関する市場動向調査

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

発刊日
2008/02/27
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 200頁
資料コード
C49113130
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

363,000
330,000
33,000
726,000
660,000
66,000
1,089,000
990,000
99,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

リサーチ内容

こちらのマーケットレポートは、会員制ライブラリー(YDB/ヤノ・データ・バンク)でご覧いただくことはできません。

A 総論

1.テーラーメイド医療市場の現状と課題
  (1)市場の現状と注目動向
    ①テーラーメイド医療の概要
    ②オーダーメイド医療のメリットとデメリット
  (2)遺伝子治療の動向
  (3)市場の課題
2.参入企業と製品動向
  (1)参入企業動向
  (2)主要製品動向
3.テーラーメイド医療市場の市場規模
  (1)市場規模(2005年度~2007年度見通し)
  (2)企業別マーケットシェア(2006年度、2007年度見通し)
4.研究開発動向
    ①分子標的薬の研究開発の活発化
    ②遺伝子診断薬キット及び遺伝子検査技術の研究開発
    ③診断技術の標準化
    ④ヘルスケア市場への展開
    ⑤食品製造時の品質管理向け検査分野の開発
5.テーラーメイド医療関連プロジェクトの動向
    ①トキシコゲノミクスプロジェクト
    ②ファルマスニップコンソーシアム
    ③テーラーメイド医療基盤プログラム
    (文部科学省21世紀型革新的先端ライフサイエンス技術開発プロジェクト)
    ④テーラーメイド医療実現化プロジェクト
    (個人の遺伝情報に応じた医療の実現プロジェクト)
    ⑤MAQC(マイクロアレイ品質管理)プロジェクト
    ⑥JMCoEプログラム(Japan Molecular Center of Excellence)
    ⑦ゲノムベイ東京プロジェクト
6.関連規制動向
    ①個人遺伝情報保護
    ②副作用報告制度
7.流通構造
8.テーラーメイド医療市場の今後の見通し
  (1)市場規模予測(2008年度~2010年度)
  (2)市場展望
    ①今後の発展予測
    ②テーラーメイド医療の将来ビジネス像


B 市場分析編

Ⅰ.分子標的薬市場
1.分子標的市場の現状と課題
  (1)市場の現状と注目動向
  (2)市場の課題
    ①副作用の克服、作用機序の正確な解明
    ②産業界と行政、医師、研究者の連携
    ③ファーマコゲノミクスの臨床試験での利用
    ④血清マーカーを用いた分子標的薬感受性予測診断キットの開発
    ⑤分子標的薬ごとの遺伝子検査サービスの確立
2.参入企業と製品動向
  (1)参入企業動向
  (2)主要製品動向
3.分子標的薬市場の市場規模
  (1)市場規模(2005年度~2007年度見通し)
  (2)企業別マーケットシェア(2006年度、2007年度見通し)
4.研究開発動向
    ①末梢血管新生を誘導する遺伝子治療薬
    ②がんやエイズの遺伝子治療薬の開発
    ③膜タンパク質に作用する物質の開発
    ④抗腫瘍ウイルス製剤の開発
    ⑤ペプチドを利用した分子標的薬
    ⑥複数の分子を標的にした分子標的薬の開発
    ⑦プロテアソーム
    ⑧低分子抗体の開発
5.営業・マーケティング動向
6.流通構造
7.分子標的薬市場の今後の見通し
  (1)市場規模予測(2008年度~2010年度)
  (2)市場展望

Ⅱ.遺伝子診断薬市場
1.遺伝子診断薬市場の現状と課題
  (1)市場の現状と注目動向
  (2)市場の課題
    ①有用な診断マーカーの発見
    ②開発から薬事承認まで5年以上の長い期間がかかっていること
    ③保険適用
2.参入企業と製品動向
  (1)参入企業動向
  (2)主要製品動向
3.遺伝子診断薬市場の市場規模
  (1)市場規模(2005年度~2007年度見通し)
  (2)企業別マーケットシェア(2006年度、2007年度見通し)
4.研究開発動向
    ①薬物代謝にかかわる酵素であるチトクロムP450(CYP)などの研究
    ②ヒト遺伝子診断薬の開発
    ③LAMP法を使った診断薬の開発
    ④ノンコーディング・リボ核酸(ncRNA)、特にマイクロRNA(miRNA)の研究
    ⑤抗がん剤「ゲムシタビン」の副作用の有無に関与している特定の遺伝子の発見
    ⑥口腔扁平上皮がんを口をゆすいだ液で早期診断する新技術の開発
    ⑦数の個人差「コピー数多型(CNV)」解析
    ⑧爪の遺伝子検査キットの開発
    ⑨遺伝子検査の検出が迅速、簡便にできる遺伝子核酸クロマト技術の開発
5.営業・マーケティング動向
6.流通構造
7.遺伝子診断薬市場の今後の見通し
  (1)市場規模予測(2008年度~2010年度)
  (2)市場展望

Ⅲ.DNAチップ市場
1.DNAチップ市場の現状と課題
  (1)市場の現状と注目動向
  (2)市場の課題
    ①スピード化(オートメーション化・ハイスループット化)
    ②がん、アルツハイマー病など患者数の大きな疾病領域のSNP解析
    ③有用な診断マーカーの発見
    ④信頼性のアップ(解析精度の向上)
    ⑤製造コストの低減(コストダウン)
    ⑥遺伝子検査・診断の標準化、保険適用
2.参入企業と製品動向
  (1)参入企業動向
  (2)主要製品動向
3.DNAチップ市場の市場規模
  (1)市場規模(2005年度~2007年度見通し)
  (2)企業別マーケットシェア(2006年度・2007年度見通し)
4.研究開発動向
    ①がんの原因となるウイルスの有無や
    悪性度を数十分で検出するDNAチップの開発
    ②アクリル系合成樹脂製DNAチップの開発
    ③免疫研究用DNAチップ
    ④DNAチップの精度を向上させる技術開発
    ⑤検出装置の小型化
    ⑥膜タンパク質の機能を調べられるDNAチップの開発
    ⑦個性的なDNAチップの開発
    ⑧ダイヤモンド製電界効果トランジスタ(FET)を使ったDNAチップの開発
    ⑨コストダウンしたDNAチップの開発
5.営業・マーケティング動向
6.流通構造
7.DNAチップ市場の今後の見通し
  (1)市場規模予測(2008年度~2010年度)
  (2)市場展望

Ⅳ.遺伝子検査(受託臨床検査)市場
1.遺伝子検査市場の現状と課題
  (1)市場の現状と注目動向
  (2)市場の課題
    ①検査のスピード化、簡易化
    ②がんの悪性度を数十分で判定できる遺伝子診断技術の実用化
    ③病気の予見、早期発見市場の拡大
    ④保険適用
    ⑤医療分野以外への応用
2.参入企業と製品動向
  (1)参入企業動向
  (2)主要製品動向
3.遺伝子検査市場の市場規模
  (1)市場規模(2005年度~2007年度見通し)
  (2)企業別マーケットシェア(2006年度、2007年度見通し)
4.研究開発動向
    ①ヒト遺伝子の解明
    ②「SMAP法」によるスピーディな遺伝子診断
    ③SNP解析を唾液で簡単に出来る技術の開発
    ④RNA(リボ核酸)の解析に基づく検査・診断の開発
    ⑤遺伝子検査による発症リスク予測の研究(病気の予防)
    ⑥全自動ヒト遺伝子検査システムの開発
    ⑦乳がんのリンパ節転移迅速診断技術の開発
    ⑧尿による遺伝子検査技術の開発
    ⑨脳梗塞に関連する8遺伝子上の14個のSNPを同定
5.営業・マーケティング動向
6.流通構造
7.遺伝子検査市場の今後の見通し
  (1)市場規模予測(2008年度~2010年度)
  (2)市場展望

Ⅴ.抗癌剤感受性試験市場
1.抗癌剤感受性試験市場の現状と課題
  (1)市場の現状と注目動向
  (2)市場の課題
    ①保険適用の取得
    ②種々の培養法の開発
    ③エビデンスの確立
2.参入企業と製品動向
  (1)参入企業動向
  (2)主要製品動向
3.抗癌剤感受性試験市場の市場規模
  (1)市場規模(2005年度~2007年度見通し)
  (2)企業別マーケットシェア(2006年度、2007年度見通し)
4.研究開発動向
    ①スピード化、精度改善に向けた取り組み
    ②CD-DST法の更なる改良
5.営業・マーケティング動向
6.流通構造
7.抗癌剤感受性試験市場の今後の見通し
  (1)市場規模予測(2008年度~2010年度)
  (2)市場展望

Ⅵ.薬物血中濃度モニタリング市場
1.薬物血中濃度モニタリング市場の現状と課題
  (1)市場の現状と注目動向
  (2)市場の課題
    ①個別化医療の徹底化
    ②コンパクトで感度と再現性を備えた装置開発
    ③薬物による副作用に対する医師の認識のアップ
2.参入企業と製品動向
  (1)参入企業動向
  (2)主要製品動向
3.薬物血中濃度モニタリング市場の市場規模
  (1)市場規模(2005年度~2007年度見通し)
  (2)企業別マーケティングシェア(2006年度、2007年度見通し)
4.研究開発動向
    ①試薬の開発
    ②血中濃度モニタリング装置の開発
5.営業・マーケティング動向
6.流通構造
7.薬物血中濃度モニタリング市場の今後の見通し
  (1)市場規模予測(2008年度~2010年度)
  (2)市場展望

C 参入企業動向編

【製薬企業】
  ◆アステラス製薬
  ◆エーザイ
  ◆協和発酵工業
  ◆第一三共
  ◆武田薬品工業
  ◆中外製薬
【臨床検査薬・機器メーカー】
  ◆栄研化学
  ◆第一化学薬品
  ◆ロシュ・ダイアグノスティックス
【診断用DNAチップ】
  ◆アフィメトリクス・ジャパン
  ◆東芝
  ◆東レ
【臨床検査センター】
  ◆エスアールエル
  ◆ビー・エム・エル
  ◆ファルコバイオシステムズ
  ◆三菱化学メディエンス
  ◆メデカジャパン
【バイオ研究支援企業】
  ◆オリンパス
  ◆タカラバイオ
  ◆東洋紡績
  ◆ノバスジーン


図表目次

<図表-1>テーラーメイド医療の実行プロセス
<図表-2>オーダーメイド医療のメリットとデメリット
<図表-3>市場規模、テーラーメイド医療市場(2005年度~2007年度見通し)
<図表-4>企業別マーケットシェア、テーラーメイド医療市場、2006年度
<図表-5>ファルマスニップコンソーシアム参加企業一覧
<図表-6>参考:「テーラーメイド医療実現化プロジェクト」の対象疾患
<図表-7>市場規模予測、テーラーメイド医療市場、2008~2010年度
<図表-8>ゲノム医療の将来予測(フランシス・コリンズの予測)
<図表-9>テーラーメイド医療による事業機会の増加 概念図
<図表-10>テーラーメイド医療参入業界の相関図
<図表-11>医療提携体制の10年度(2017年)-概念図
<図表-12>分子標的薬
<図表-13>市場規模、分子標的薬市場、2005~2007年度
<図表-14>企業別マーケットシェア、分子標的薬市場、2006年度
<図表-15>市場規模予測、分子標的薬市場、2008~2010年度
<図表-16>臨床検査薬市場の成長推移と予測
<図表-17>市場規模、遺伝子診断薬市場、2005~2007年度
<図表-18>企業別マーケットシェア、遺伝子診断薬市場、2006年度
<図表-19>市場規模予測、遺伝子診断薬市場、2008~2010年度
<図表-20>市場規模、DNAチップ市場、2005~2007年度
<図表-21>企業別マーケットシェア、DNAチップ市場、2006年度
<図表-22>市場規模予測、DNAチップ市場、2008~2010年度
<図表-23>市場規模、遺伝子検査市場、2005~2007年度
<図表-24>企業別マーケットシェア、遺伝子検査市場、2006年度
<図表-25>市場規模予測、遺伝子検査市場、2008~2010年度
<図表-26>抗癌剤感受性試験の検査方法比較
<図表-27>抗癌剤感受性試験に対する医師の評価(アンケート調査、2003年)
<図表-28>市場規模、抗癌剤感受性試験市場、2005~2007年度
<図表-29>企業別マーケットシェア、抗癌剤感受性試験市場、2006年度
<図表-30>市場規模予測、抗癌剤感受性試験市場、2008~2010年度
<図表-31>血中濃度モニタリングの診療フロー
<図表-32>市場規模、薬物血中濃度モニタリング市場、2005~2007年度
<図表-33>企業別マーケティングシェア、薬物血中濃度モニタリング市場、2006年度
<図表-34>市場規模予測、薬物血中濃度モニタリング市場、2008~2010年度

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

363,000
330,000
33,000
726,000
660,000
66,000
1,089,000
990,000
99,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。