2007年版 日本のブラウンフィールド関連市場の現状と不動産再生展望

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

発刊日
2007/06/07
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 230頁
資料コード
C49201000
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

リサーチ内容

 

 

 

 

第1章 ブラウンフィールド関連市場の動向分析 1.ブラウンフィールドとは何か

 

 

 

 

(1)ブラウンフィールドの拡大・拡散化
(2)ブラウンフィールド問題とは何か
(3)ブラウンフィールド問題の社会への影響
2.ブラウンフィールド関連市場とは
3.米国のブラウンフィールド対策

 

 

 

(1)米国のブラウンフィールド
-1.スーパーファンド法とブラウンフィールドの誕生
-2.ブラウンフィールド発生の背景
-3.スーパーファンド法の問題点
(2)ブラウンフィールド開発に関する支援制度
(3)米国での関連市場の形成と日本への影響
-1.米国ブラウンフィールドビジネスの動向
-2.日本への影響~新会計基準による環境債務の計上へ~
-3.米国の土壌汚染浄化市場
4.欧州のブラウンフィールド再開発の動向

 

 

 

(1)CLARINETとRESCUE
(2)イングランド
(3)オランダ
(4)ドイツ
5.日本のブラウンフィールドに係る行政の動向

 

 

 

(1)国土交通省
-1.国土審議会の土地政策の基本的方針について
-2.各検討委員会の動向と施策の方向性
(2)環境省
(3)経済産業省
(4)東京都
6.日本のブラウンフィールドと不動産鑑定

 

 

 

(1)不動産鑑定評価基準の改正
(2)土壌汚染に関わる不動産鑑定評価上の運用指針
(3)経済協力開発機構(OECD)の対日都市政策勧告とブラウンフィールド
7.日本のブラウンフィールド関連ビジネスの市場規模

 

 

 

(1)ブラウンフィールド(土壌汚染地)の資産価値推計
(2)ブラウンフィールド関連市場規模
参考:土壌・地下水汚染浄化の市場規模推移と予測
(3)参入企業の動向
-1.土壌汚染調査・浄化
-2.不動産・ディベロッパー
-3.不動産ファンド
-4.金融・コンサル・保険・その他
参考:土壌保険市場
8.ブラウンフィールド関連業界の変貌

 

 

 

(1)不動産業界の動向
(2)不動産証券市場の動向
(3)金融庁の不動産ファンドへの姿勢

第2章 ブラウンフィールド関連市場参入企業の事業戦略

1.外資系企業の事業戦略

 

 

 

(1)環境エンジニアリングと不動産の動向
-1.環境エンジニアリング
-2.不動産関連
(2)米国有力不動産運用会社の日本進出状況
・AMBプロパティジャパンインク
・外資系不動産顧問会社A社
2.ブラウンフィールド関連事業者の事業戦略

 

 

 

-1.環境ファイナンス支援事業
-2.土地問題解決ビジネス会社
-3.エコランド・ファンド
-4.土壌汚染コンシェルジュサービス
-5.ブラウンフィールドソリューションのキープランナー
3.不動産証券化への影響
4.不動産鑑定会社/デュー・デリジェンス会社の事業戦略

 

 

 

(1)不動産鑑定会社の戦略
(2)デュー・デリジェンス会社の事業戦略
5.ディベロッパー・ゼネコンの事業戦略

 

 

 

(1)ディベロッパーの事業戦略
(2)ゼネコンの事業戦略

第3章 ブラウンフィールド関連市場の将来動向

1.現状の問題点と課題
2.ブラウンフィールド再生に向けての課題と方向性
3.ブラウンフィールド取引の課題と方向性


第4章 ブラウンフィールド関連市場の参入企業実態(17社)

1.株式会社アイ・エス・ソリューション
2.株式会社アースアプレイザル
3.株式会社アースアプレイザルGF
4.株式会社イー・アール・エス
5.株式会社淡海環境デザイン
6.株式会社大林組
7.国際航業株式会社
8.大成建設株式会社
9.三菱地所株式会社
10.三菱地所リアルエステートサービス株式会社
11.株式会社ランドコンシェルジュ
12.ランドソリューション株式会社
【金融系企業のブラウンフィールド関連市場参入実態】
13.株式会社グリーンアース
14.株式会社損保ジャパン・リスクマネジメント
15.野村不動産インベスメント・マネジメント株式会社
16.みずほ情報総研株式会社
17.日本政策投資銀行

 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。