2007年版 空気清浄関連市場の展望と戦略

発刊日: 2007/11/29 体裁: A4 / 329頁
資料コード: C49203600 PDFサイズ:
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス / ブランドビジネス、ライフスタイル

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 108,000円 (本体 100,000円 消費税 8,000円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 空気清浄関連市場の市場概要

1.空気清浄関連市場の定義
2.空気清浄機市場の全体分析
  (1) 空気清浄機市場の動向
  (2) 空気清浄機市場全体の市場規模推移(2000~2013年度予測)


第2章 空気清浄関連市場の市場動向分析

1.家庭用空気清浄機の市場動向
  (1) 市場動向と市場規模推移(2000~2013年度予測)
  (2) 参入企業動向と製品概要
  (3) 参入企業シェア(2006年度)
  (4) 販売動向と流通経路
  (5) 製品価格動向
  (6) 製品開発の動向と方向性
  (7) 脱臭機能の方式
  (8) 家庭用空気清浄機のフィルター方式の分類と動向
  (9) 家庭用空気清浄機のフィルター方式の比較
  (10)家庭用空気清浄機の今後の方向性
2.業務用空気清浄機・分煙機器の市場動向
  (1) 市場動向と市場規模推移(2002~2013年度予測)
  (2) 参入企業動向と製品概要
  (3) 参入企業シェア(2006年度)
    ① 業務用空気清浄機
    ② 分煙機器
  (4) 参入企業の市場動向と流通経路
    ★ オフィスの動向
    ★ 病院・高齢者施設の動向
    ★ 店舗の動向
    ★ ホテルの動向
    ★ パチンコホール・カラオケルームの動向
    ★ バス・鉄道車両の動向
    ★ ゴミ処理場の動向
  (5) 脱臭機能の方式/採用の動向
  (6) 今後の方向性
    ① 健康増進法への対応と影響
    ② 改正建築基準法への対応と影響
    ③ 環境型メンテナンス体制の整備
    ④ 空気清浄機能の一段の向上
    ⑤ 性能に関する基準の徹底
    ⑥ 市場における成長要因と阻害要因
3.業務用空気清浄機のメンテナンス動向
  (1) 市場動向
  (2) 参入企業動向
  (3) 今後の方向性


第3章 空気清浄関連市場の参入企業個別実態

家庭用空気清浄機
  □ 三洋電機株式会社
  □ 株式会社ゼンケン
  □ 象印マホービン株式会社
  □ ダイキン工業株式会社
  □ 日立アプライアンス株式会社
  □ 松下電器産業株式会社
業務用空気清浄機
  □ 株式会社オーデン
  □ ダイキン工業株式会社
  □ 株式会社トルネックス
  □ 松下エコシステムズ株式会社
  □ 三菱電機株式会社(中津川製作所)
  □ ミドリ安全株式会社
  □ 株式会社山武
  □ リコーエレメックス株式会社
空気清浄機メンテナンス
  □ 空気清浄機サービス株式会社


第4章 花粉症罹患者における家庭用空気清浄機の使用動向・評価調査

(インターネットによるアンケート調査)
〔Ⅰ〕調査方法・調査対象・調査項目・調査期間
〔Ⅱ〕事前調査結果の集計結果
  1.1次(事前)調査での回答者のプロフィール
  2.1次(事前)調査の集計結果
〔Ⅲ〕2次調査(本調査)での回答者のプロフィール
  1.2次調査回答者のプロフィール
    1-1. 回答者の性別(2次調査)
    1-2. 回答者の年齢(2次調査)
    1-3. 回答者の未既婚(2次調査)
    1-4. 回答者の職業(2次調査)
    1-5. 回答者の居住地(2次調査)
  2.2次調査回答者の花粉症の状況
    2-1. 花粉症経験(2次調査)
    2-2. 花粉症の程度(2次調査)
    2-3. 花粉症対策(2次調査)
  3.本調査(2次調査)の集計結果
    3-1.購入した空気清浄機のタイプ
    3-2.空気清浄機能付き家電製品のメイン機能
    3-3.使用している空気清浄機の台数
    3-4.主に使用している空気清浄機のメーカー(1~3台目計)
    3-5-1.主に使用している空気清浄機の入手時期(1~3台目計)
    3-5-2.主に使用している空気清浄機の入手状況(1~3台目計)
    3-6.主に使用している空気清浄機の利用場所(1~3台目計)
    3-7.主に使用している空気清浄機の集塵タイプ(1~3台目計)
    3-8.主に使用している空気清浄機の購入場所(1~3台目計)
    3-9.主に使用している空気清浄機の購入価格帯(1~3台目計)
    3-10.その商品(メーカー)を選んだ理由
    3-11.主に使用している空気清浄機の花粉対策の有効性
    3-12.空気清浄機が花粉対策として優れている点について
    3-13.空気清浄機の使用時期
    3-14.主に使用している空気清浄機の1日当たりの稼動時間
    (花粉が飛ぶ時期)
    3-15.主に使用している空気清浄機の1日の使用している時間帯
    (よく使用する時期)
    3-16.空気清浄機に今後必要な機能
    3-17.現在使用している空気清浄機の不満点
    3-18.今後、空気清浄機を買い替え・買い増しの場合の購入製品
    3-19.次に空気清浄機を購入する時期
    3-20.家庭用の空気清浄機に対して、要望すること、改善してほしい点


第5章 消臭・脱臭市場の動向分析

1.業務用消臭・脱臭機器の市場動向
  (1) 市場動向と市場規模推移(2000~2009年度予測)
    ① 業務用消臭・脱臭機器市場の概況
    ② 市場動向と市場規模推移(2001~2009年度予測)
  (2) 消臭・脱臭機器の対応分野と参入企業の製品概要
    ① 業務用消臭・脱臭機器市場の需要分野と対応機器
    ② 参入企業と製品概要
    ③ 参入企業の動向
    ⅰ)参入状況
    ⅱ)参入企業の製品販売動向
    ⅲ)参入企業の市場戦略
    ⅳ)参入企業の営業施策
    ⅴ)参入企業の問題点と課題
    ④ 今後の方向性
2.オゾン関連機器(オゾン発生器、オゾン水生成装置)
  ① 市場動向
    ⅰ)オゾン関連機器市場の概況
    ⅱ)参入企業
    ⅲ)市場動向と市場規模推移(2001~2009年度)
  ② 今後の方向性

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 108,000円 (本体 100,000円 消費税 8,000円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C53202600 2011年版 業務用空気清浄機/消臭・脱臭・除菌機器に関する市場調査
C49100300 2007~08年版 カーエレクトロニクス装置の市場実態と中期展望
C48207500 2007年版 RF-ID(無線ICタグ)のユーザーニーズ動向調査
C48119200 2007 家電専門店白書
C48116000 2007 多機能・複合型/複写機・プリンタ・FAX市場の実態と展望