2007年版 ピットサービス事業の現状と展望

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

1.調査対象

自動車アフターマーケットでピットサービス事業に関わる企業、団体、行政、個人など

2.調査実施期間

2006年10月1日~2007年10月10日

3.調査方法

①面接取材、アンケート調査、電話取材、など
②官公庁、業界団体などの統計資料の収集・分析
③弊社蓄積情報の収集・分析
 

リサーチ内容

序.ピットサービスとは


Ⅰ.自動車アフターマーケットの概況

1.自動車アフターマーケットの全体像
2.自動車アフターマーケットの市場環境
3.自動車アフターマーケットの市場規模
  (1)自動車関連
  (2)部品・用品関連
  (3)整備関連
  (4)インフラ・サービス関連


Ⅱ.自動車整備業の現状

1.市場動向
2.市場規模
3.整備業の業態変化
  (1)チェーン組織への加入による信頼性向上
  (2)業容の拡大
  (3)競合業態の増加
4.事業運営の現状
  (1)板金修理の現状
  (2)リース関連業務の現状
  (3)保険関連業務の現状
  (4)チェーン加盟業務の現状
  (5)車検の獲得策
  (6)車検点検に頼らない運営
5.整備業の課題


Ⅲ.補修部品の流通状況

1.部品流通の全体像
2.補修部品流通の変化
3.部品流通の現状と課題


Ⅳ.ピットサービス事業の現状分析

1.ピットサービス事業強化の背景
  (1)規制緩和の影響
  (2)自動車販売の低迷による影響
  (3)車検の競争激化
2.ピットサービスの業態勢力
  (1)業態別車検台数の推定①
  (2)業態別車検台数の推定②
3.ピットサービス事業の業態比較
  (1)ピットサービス事業展開の経緯
  (2)ピットサービス事業の特徴
  (3)ピットサービス事業の課題
  (4)今後の展開


Ⅴ.カー用品店のピットサービス事業

1.カー用品の市場動向
2.カー用品小売業の動向
3.カー用品の市場規模
4.カー用品店のピットサービス
  (1)ピットサービス事業展開の経緯
  (2)ピットサービス事業の特徴
  (3)ピットサービス事業の課題
  (4)今後の展開
5.主要カー用品店のピットサービス事業内容
  A.(株)オートバックスセブン(オートバックス店)
  B.(株)イエローハット(イエローハット店)
  C.(株)オートウェーブ(オートウェーブ店)
  D.(株)タクティー(ジェームス店)
  E.(株)モンテカルロ(モンテカルロ店)


Ⅵ.ガソリンスタンドのピットサービス事業

1.ガソリンスタンドの業界動向
2.市場規模
3.ガソリンスタンドのピットサービス
  (1)ピットサービス事業展開の経緯
  (2)ピットサービス事業の特徴
  (3)ピットサービスのラインナップ
  (4)ピットサービス事業の課題
  (5)今後の展開
4.主要ガソリンスタンドのピットサービス事業内容
  A.出光興業(株)(出光)
  B.コスモ石油(株)(コスモ)
  C.昭和シェル石油(株)(昭和シェル)
  D.新日本石油(株)(エネオス)


Ⅶ.車検チェーンのピットサービス事業

1.車検チェーンのピットサービス
  (1)ピットサービス事業展開の経緯
  (2)ピットサービス事業の特徴
  (3)リピーターの獲得策
  (4)ピットサービス事業の課題
  (5)今後の展開
2.主要車検チェーンのピットサービス事業内容
  A.アップルグループ本部(ダイハツ北部販売(株)内)(アップル)
  B.カーコンビニ倶楽部(株)(ヤマト車検)
  C.(株)コバック(コバック)
  D.(株)車検館(車検館)
  E.(株)侵害保険ジャパン(エア21車検)
  F.チャレンジグループ((株)サンモータース内)(チャレンジ)
  G.(株)ホリデー(ホリデー車検)
  H.(株)アルティア橋本(車検壱番館)
  I.㈲インフォテリア(さくら車検)
  J.シマダ自動車整備(デジタル車検ガリレオ)
  K.全国ロータス同友会(スマイル車検)
  L.(株)速太郎本部(車検の速太郎)
  M.(株)マッハFC(マッハGoGoGo車検)


Ⅷ.ディーラーのピットサービス事業

1.自動車ディーラー(メーカー)の現状と方向性
2.ディーラーのピットサービス事業
  (1)ピットサービス事業展開の経緯
  (2)ピットサービス事業の特徴と課題


Ⅸ.ピットサービスの利用先に関する消費者調査

〈調査実施要領〉
調査票
1.自動車関連店舗の利用状況
2.現在のピットサービスの利用先
3.今後のピットサービスの利用先
4.点検サービスの利用業態と評価
5.車検サービスの利用業態と評価
6.外装修理サービスの利用業態と評価
7.故障修理サービスの利用業態と評価


<図表のさくいん>

Ⅰ.自動車アフターマーケットの概況

自動車アフターマーケットの全体像
保有・登録台数の予測
車種別の平均車齢推移
平均車齢・乗用車
使用年数・乗用車
車種別の平均使用年数推移
自動車維持関連・世帯当たり年間支出額推移
自動車維持関連・1世帯当たり年間消費支出
将来人口の推計
自動車関連
部品・用品関連①
部品・用品関連②
整備関連
インフラ・サービス関連


Ⅱ.自動車整備業の現状

整備業の事業規模
整備業事業所数
分野別整備売上高
1事業所平均整備売上高
部品・外注原価率
整備売上高の内訳
分野別継続検査(車検)台数


Ⅲ.補修部品の流通状況

自動車部品アフターマーケットの全体像
補修用部品・国内出荷
自動車メーカー12社の補修部品・用品売上高
自動車機械工具販売実績
補修部品・卸売額推定
1事業所平均部品原価率の算出方法


Ⅳ.ピットサービス事業の現状分析

自動車整備資格の法改正
「道路運送車両法」改正内容の概要
ディーラー・整備工場の車検数推定
業態別車検入庫台数
主要カー用品店の車検入庫台数
主要ガソリンスタンドの車検入庫数
主要車検チェーンの車検入庫数
この1年間に行った自動車関係の店
この2~3年のピットサービスの利用先
Q37.車検サービスの利用先を選んだ理由
次回のピットサービス依頼先


Ⅴ.カー用品店のピットサービス事業

カー用品店の経営指標
主要カー用品店・店舗数
タイヤメーカー系列・店舗数
市販カー用品・商品別国内出荷推移
市販カー用品・市場規模
市販カー用品・商品別国内出荷規模
カー用品分類表
企業別、事業規模


Ⅵ.ガソリンスタンドのピットサービス事業

ガソリンスタンドの商品別売上高
摘発油・軽油販売量、給油所数
油種別粗利益
ガソリンスタンドの系列別店舗数
主要ガソリンスタンドの業態開発
石油元売企業のカー用品店
企業別、事業規模


Ⅶ.車検チェーンのピットサービス事業

主要車検チェーンの展開状況
企業別、事業規模


Ⅷ.ディーラーのピットサービス事業

自動車メーカー12社の補修部品・用品売上高
主要メーカーのメンテナンスパック


Ⅸ.ピットサービスの利用先に関する消費者調査

調査対象者の属性①
調査対象者の属性②
Q57.この2~3年間の自動車維持保有支出の考え方
Q30.この1年間に行った自動車関連の店
この2~3年間のピットサービスの利用先
次回のピットサービス依頼先
Q32.この2~3年間の点検サービスの利用
Q34.点検依頼先の評価
Q33.点検サービスの利用先を選んだ理由
Q35.次回、点検に出そうと思う業者
Q36.この2~3年間の車検サービスの利用
Q38.車検依頼先の評価
Q37.車検サービスの利用先を選んだ理由
Q40.次回、車検に出そうと思う業者
Q41.この2~3年間の外装修理の利用
Q43.外装修理依頼先の評価
Q42.外装修理サービスの利用先を選んだ理由
Q45.次回、外装修理に出そうと思う業者
Q46.この2~3年間の故障修理の利用
Q48.故障修理依頼先の評価
Q47.故障修理サービスの利用先を選んだ理由
Q49.次回、故障修理に出そうと思う業者
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C49100300 2007~08年版 カーエレクトロニクス装置の市場実態と中期展望
C48300900 ネットワーク化するドライブレコーダ市場の新展開とその戦略
C54109400 2012年版 産業用熱交換器市場の現状と展望
C52105600 2010年版 半導体パッケージ市場の展望と戦略
C52104900 2010年版 ペットビジネスマーケティング総覧