2008年版 有機EL市場の現状と将来展望~パネル・製造装置編~

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

OLEDパネルメーカーおよびOLED製造装置について市場調査を実施した

発刊日
2008/08/07
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 188頁
資料コード
C50105600
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

調査概要
Close

調査目的:OLEDパネルメーカーおよびOLED製造装置について、動向を調査した。
       今後のOLED市場動向の詳細を把握することを目的とする。
調査対象品目:OLEDパネル/OLED製造装置
調査対象企業:国内および海外(韓国・台湾)のOLEDパネルメーカー/国内および韓国の製造装置メーカー
          国内および海外の材料メーカー
調査方法:当社専門調査員による直接面談取材および一般公開文献調査による
調査期間:2008年1月~2008年6月

リサーチ内容

第1章 OLEDの市場規模動向

1-1.OLED市場規模
  (1)OLED市場規模
    ①全体規模
    ②OLED出荷金額推移
    ③OLED出荷数量推移
  (2)参入メーカー
  (3)PMOLED市場メーカー別市場シェア
    ①PMOLEDメーカー別出荷動向(出荷金額)
    ②PMOLEDメーカー別出荷動向(出荷数量)
    ③PMOLED市場用途別市場シェア
  (4)AMOLED市場メーカー別市場シェア
    ①AMOLEDメーカー別出荷動向(出荷金額)
    ②AMOLEDメーカー別出荷動向(出荷数量)
    ③AMOLED市場用途別市場シェア
1-2.OLEDビジネスの現状について
  (1)OLED市場参入企業の動向
    ①日本のOLED参入メーカーの動き
    ②韓国のOLED参入メーカーの動き
    ③台湾のOLED参入メーカーの動き
  (2)OLED参入メーカーによる事業提携・共同開発
    ①事業提携・共同開発プロジェクト
    ②OLED市場における2007年~2008年の企業買収
1-3.パネル量産メーカーによる生産の現状
  (1)生産規模から見るパネルメーカーの戦略(生産数量)
    ①PMOLED
    ②AMOLED
  (2)製品用途から見るパネルメーカーの戦略
    ①OLED市場の流れ
    ②PMOLEDパネルメーカーの製品用途戦略
    ③AMOLEDパネルメーカーの製品用途戦略
  (3)各社のOLEDパネル製品用途の動向(用途、出荷先、パネルサイズ)
    ①PMOLED
    ②AMOLED
  (4)用途ごとのパネル開発
    ①車載用パネルの開発
    ②携帯電話メインパネル搭載への課題


第2章 OLEDパネルの技術動向

2-1.OLEDのデバイス構造
  (1)PMOLEDとAMOLED
  (2)発光方向:トップエミッションとボトムエミッション
  (3)マルチフォトン構造について
2-2.カラー方式
  (1)概要
  (2)RGB三色塗り分け方式
  (3)白色+CF方式
  (4)CCMを利用した方式
2-3.製造の現状
  (1)製造装置タイプ・成膜蒸着方法
  (2)材料使用効率
  (3)成膜蒸着サイズ(基板サイズ)
  (4)歩留まり
  (5)材料開発について
  (6)TFT基板タイプ


第3章 製造装置動向

3-1.製造装置開発の現状
3-2.OLEDパネル開発に伴う製造技術・製造装置の変遷
  (1)パネル開発の変遷
  (2)装置形態と搬送方法
  (3)対応基板サイズ
3-3.OLEDパネルの製造工程について
  (1)発光層の成膜、蒸着成膜の難しさについて
  (2)成膜蒸着について
3-4.各メーカーによる量産装置技術
  (1)成膜方法の変遷、点蒸発源からライン状蒸発源へ
    ①トッキのパラレルショット蒸発源
    ②アルバックのリニアソース
  (2)開発中の新型装置
    ①アルバックとトッキの新型量産装置
    ②三菱重工のインライン装置
    ③日立造船の縦型面蒸発源


第4章 各社の動向

4-1.ソニー
  4-1-1.事業概要
  (1)組織
    ①ソニーの事業
  (2)OLED事業の概況
    ①ソニーにおけるOLED事業の取り組み
    ②AMOLED
    ③投資計画
    ④戦略
  4-1-2.生産・製品概況
  (1)生産体制
    ①生産・研究拠点と生産規模
  (2)OLEDの製品について
    ①製品用途
  (3)製造技術と技術開発動向
    ①製造技術
    ②大型パネルに向けての開発
  4-1-3.その他
  (1)ソニーと出光興産との材料の共同開発
4-2.パイオニア
  4-2-1.事業概要
  (1)概要
  (2)OLED事業の概況
    ①OLED事業の取り組み
    ②PMOLED事業の出荷数量と出荷金額
  4-2-2.生産・製品概況
  (1)生産・研究拠点、及び生産規模
  (2)PMOLEDの製品動向
  (3)製造技術と技術開発動向
    ①パネル構造および製造技術
    ②りん光材料の採用
    ③開発動向
  4-2-3.その他
  (1)タッチパネル搭載型OLEDパネル
4-3.TDK
  4-3-1.事業概要
  (1)概要
  (2)OLED事業の概況
    ①OLED事業の取り組み
    ②PMOLED事業の出荷数量と出荷金額
  4-3-2.生産・製品概況
  (1)生産動向
  (2)OLEDの製品について
    ①製品用途
    ②TDK製品の特徴
  (3)製造技術と技術開発動向
    ①製造技術
    ②開発動向
  4-3-3.その他
  (1)クロスライセンス・共同開発
4-4.富士電機アドバンストテクノロジー
  4-4-1.事業概要
  (1)組織
  (2)同社のOLED事業
  (3)強み
  4-4-2.研究概況
  (1)パネルの特徴および製造工程
    ①OLEDパネルについて
    ②OLEDパネル部分の製造工程
  (2)デバイス構造
    ①CCM(Color Changing Media)
    ②「CCM」から「Advanced CCM」へ
    ③CCMの成膜方法
    ④層の構造(リバーストップエミッション)
4-5.東北デバイス
  4-5-1.事業概要
  (1)事業概要
  (2)OLED事業の概況
    ①PMOLED
    ②資金について
    ③戦略
  4-5-2.生産・製品概況
  (1)生産・研究拠点と生産規模
  (2)OLEDの製品について
  (3)製造技術
    ①東北デバイスのOLEDパネルとその製造方法
    ②東北デバイスにおけるOLED製造技術の特徴
    ③「シングルチャンバマルチユース」
    ④局所クリーン化
  (4)開発スケジュール
    ①材料について
    ②封止技術と薄型化
4-6.サムスンSDI
  4-6-1.事業概要
  (1)組織
  (2)OLED事業の概況
    ①OLED事業について
    ②PMOLED
    ③AMOLED
    ④戦略
  4-6-2.生産・製品概況
  (1)生産体制
    ①生産・研究拠点
    ②生産規模
  (2)OLEDの製品について
    ①製品用途
  (3)製造技術と技術開発動向
    ①製造技術
    ②材料使用効率について
    ③開発動向
4-7.LD Display
  4-7-1.事業概要
  (1)組織
    ①LGグループについて
    ②LG Display沿革
    ③LGにおけるOLED事業の取り組み
  (2)OLED事業の概況
    ①PMOLED(LG電子)
    ②AMOLED(LG Display)
  4-7-2.生産・製品概況
  (1)生産体制
    ①研究拠点
    ②生産拠点
  (2)OLEDの製品について
    ①製品用途
  (3)製造技術と技術開発動向
    ①製造技術
    ②開発動向(カラー化と大型化について)
  4-7-3.その他
  (1)照明用途について
  (2)Kodakとのクロスライセンス
  (3)LG Chemicalが英UDCと材料の共同開発
4-8.CMEL
  4-8-1.事業概要
  (1)組織
  (2)CMELにおけるOLEDの取り組み
    ①CMELのはじまり
    ②OLED事業概況
  (3)投資計画および戦略
    ①投資計画
    ②CMELのAMOLED事業戦略
    ③CMELの強み(低コスト)
    ④製品ロードマップ
  4-8-2.生産・製品概況
  (1)生産体制
  (2)AMOLED製品について
    ①AMOLED製品用途
    ②CMELのAMOLEDパネル販売について
  (3)製造技術と技術開発動向
    ①CMELによるAMOLED製造技術
    ②デバイス構造について
    ③歩留まりについて
    ④TFT基板技術について
    ⑤成膜蒸着技術の大型化への対応について
    ⑥材料について
    ⑦ダークスポット対策
  (4)AMOLED市場のこれから
    ①CMEL社によるAMOLEDパネル製造と市場のこれから
    ②AMOLEDパネルの普及について
  4-8-3.その他
  (1)今後の大型化について、製造技術からのアプローチ
4-9.Univision Technology
  4-9-1.事業概要
  (1)沿革
  (2)OLED事業の概況
    ①PMOLEDの出荷動向
    ②戦略
  4-9-2.生産・製品概況
  (1)生産・研究拠点と生産規模
  (2)PMOLEDの製品動向
  (3)製造技術と技術開発動向
  4-9-3.今後の展望
4-10.トッキ
  4-10-1.事業概要
  (1)組織
    ①トッキの事業
    ②トッキにおけるOLED事業の取り組み
  4-10-2.生産・製品概況
  (1)研究・製造拠点
  (2)製品種類
  4-10-3.開発動向
  (1)現在使用されている製造装置の課題
    ①現状と要求
    ②蒸発源の開発
    ③材料使用効率について
    ④タクトタイムの短縮化
    ⑤大型化への課題(G3.5からG4へ)
    ⑥基板大型化に伴う装置形態と搬送方法
    ⑦異物管理について
  (2)新型装置開発
  (3)トッキの強み
  4-10-4.その他
  (1)キヤノングループの一員となったことについて
  (2)アライアンス・共同開発について
    ①膜封止技術についての共同開発/技術提携
    ②材料メーカーとの共同開発について
    ③国プロ参加(高分子材料に関する共同開発)
4-11.アルバック
  4-11-1.事業概要
  (1)概要
  (2)OLED事業の概況
    ①OLED事業の取り組み
    ②投資計画
  4-11-2.生産・製品概況
  (1)生産体制
  (2)製品動向
    ①概要
    ②量産装  置New-ZELDA
    ③アルバックの蒸発源(リニアソース)について
  (3)技術開発動向
    ①新型装置の開発について
    ②コダックとの共同開発について
    ③インクジェット装置について
    ④OLED装置についてのアプローチ
4-12.斗山メカテック
  4-12-1.事業概要
  (1)組職
    ①斗山メカテック事業概要
    ②韓国でのパネル産業の位置づけと斗山メカテックのOLED事業参入まで
    ③斗山メカテックのOLED事業参入状況
  4-12-2.生産概要
  (1)生産拠点
  (2)製品種目
    ①標準品
    ②OLED新型装置
  4-12-3.技術・開発動向
  4-12-4.将来展望
4-13.KDDI
  4-13-1.通信会社としてのコンセプト
  4-13-2.OLEDパネルの採用と「Lismo Video」
  4-13-3.OLEDパネル搭載機種の広まりについて
  (1)auでのOLEDパネル搭載についての方針


第5章 OLEDの市場将来予測

5-1.OLED市場規模
  (1)全体OLED市場規模
    ①全体規模(PM+AM)
    ②出荷金額(PM/AM)
    ③出荷数量(PM/AM)
  (2)用途別推測
    ①PMOLEDパネル用途別出荷推量推移予測
    ②AMOLEDパネル用途別出荷推量推移予測
5-2.今後の展望
  (1)PMOLED市場の可能性と今後
  (2)AMOLED市場の可能性と今後
    ①アプリケーションごとのAMOLEDパネル搭載にあたっての課題
  (3)大型テレビの量産に向けて
 

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。