2008年版 ナノインプリント関連市場の現状と将来展望

転写装置、モールド、転写関連材料を手掛ける有力メーカ/商社から、周辺技術(電子描画装置、検査装置)を手掛ける有力メーカ、更にナノインプリントのアプリケーションとなる製品を製造・販売する有力メーカに至るまでナノインプリント関連市場の広範囲を市場調査した。

発刊日: 2008/10/30 体裁: A4 / 297頁
資料コード: C50113800 PDFサイズ:
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:ナノプリント装置、モールド、材料など「ナノプリント技術」を用いた市場動向について、参入各社の戦略を調査し、
       業界関係者の参考資料として作製することを目的とする。
調査対象:ナノプリント装置を製造・販売する有力メーカ、商社/ナノプリントモールドを製造する有力メーカ
       ナノプリント用材料を製造する有力メーカ/微細加工装置、及び検査装置を製造・販売する有力メーカ
       ナノプリントのアプリケーションとなる製品を製造・販売する有力メーカ
調査方法:当社研究員による直接ヒアリングをベースに文献調査を併用
調査・分析期間:2008年4月~2008年10月

リサーチ内容

第1章 ナノインプリント技術全般における現状

1.現状におけるナノインプリントの市場概要
2.ナノインプリント技術の概要紹介
3.転写装置の技術概要
  3-1.転写原理別
  3-2.転写方式別
4.モールドの技術概要
  4-1.ナノインプリントモールドの製造プロセス
  4-2.モールドの主要材料別傾向
5.転写関連材料の技術概要(転写樹脂材料、離型剤)
  5-1.材料の種類


第2章 ナノインプリント技術(転写装置/モールド/転写関連材料)

1.転写装置の市場及び技術動向
  1-1.装置市場の概要(2005~2008年度推移)
  1-2.転写装置メーカ各社の製品について
  1-3.アプリケーション毎における装置の技術動向と今後の展望
2.モールドの市場及び技術動向
  2-1.モールド市場の概要(2007年推計規模)
  2-2.材料別の割合
  2-3.アプリケーション毎におけるモールドの技術動向と今後の展望
  2-4.モールド作製における技術課題
  2-5.単独ビジネスとしてのモールドビジネスのあり方について
3.転写関連材料(転写用樹脂、離型剤)の市場及び技術動向
  3-1.転写関連材料市場の概要(2007年推計規模)
  3-2.材料別の割合
  3-3.転写関連材料の技術動向
  3-4.単独ビジネスとしての材料ビジネスのあり方について
4.海外におけるナノインプリント動向
  4-1.米国
  4-2.欧州
  4-3.韓国
  4-4.台湾


第3章 周辺装置など関連技術・装置市場の動向

概要
1.電子描画技術
  1-1.課題
  1-2.技術動向
  1-3.電子描画装置市場
2.検査技術
  2-1.課題
  2-2.技術動向
  2-3.検査装置市場


第4章 関連メーカ各社の動向

第1節 転写装置メーカ
  1. Obducat/キヤノンマーケティングジャパン株式会社
  2.東芝機械株式会社
  3.Molecular Imprints/伯東株式会社
  4.EV Group
  5.日立グループ
  6.SCIVAX株式会社
  7.丸紅情報システムズ株式会社
  8.リソテックジャパン株式会社
第2節 モールドメーカ
  9.NTT-ATナノファブリケーション株式会社
  10.大日本印刷株式会社
  11.凸版印刷株式会社
  12.HOYA株式会社
第3節 転写関連材料メーカ
  13.旭硝子株式会社
  14.ダイセル化学工業株式会社
  15.東京応化工業株式会社
  16.東洋合成工業株式会社
  17.ダイキン化成品販売株式会社
  18.住友スリーエム株式会社
第4節 関連装置メーカ
  19.株式会社エリオニクス
  20.株式会社クレステック
  21.株式会社レイテックス


第5章 アプリケーションの市場・技術動向

はじめに ~ 主要アプリケーションのナノインプリント採用・検討状況の概要
1.次世代ハードディスク
2.高輝度LED
3.光学部材分野 概要
  3-1.導光板
  3-2.反射防止フィルム
  3-3.偏光板
  3-4.波長板
  3-5.光導波路
4.バイオデバイス
5.有機EL
6.半導体
7.太陽電池


第6章 ナノインプリント技術・市場の将来展望

1.転写装置市場の将来展望
  1-1.2010年までの市場規模推移
  1-2.量産アプリケーションの可能性 ~半導体関連市場について~
  1-3.ナノインプリント転写装置ビジネスの将来展望
2.モールド市場の将来展望
  2-1.2010年17億円規模へ向けて
  2-2.ナノインプリント・モールドビジネスの将来展望
3.転写関連材料市場の将来展望
  3-1.転写関連材料市場の動向
  3-2.転写関連材料ビジネスの将来展望
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C50109400 2008年版 世界半導体パッケージ市場の現状と展望
C49100300 2007~08年版 カーエレクトロニクス装置の市場実態と中期展望
C48205400 2006年版 IP電話関連機器市場
C48116430 2006年度版 太陽電池部材市場の現状と将来展望
C48118300 2007年版 商用車市場の現状と展望