融合するドライブレコーダ市場の新展開とその戦略

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

注目のドライブレコーダ市場についての新戦略を市場調査した。

発刊日
2008/09/24
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 217頁
資料コード
C50301200
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
286,000
260,000
26,000
429,000
390,000
39,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

調査概要
Close

調査目的:ドライブレコーダにおける開発動向、商品ラインナップの現状分析を踏まえ、ドライブレコーダ関連市場の
       将来展望を俯瞰する。
調査対象:ドライブレコーダメーカ、構成部品サプライや、関係庁省、研究機関等
調査方法:当社研究員のよる直接取材、電話取材、文献調査等
調査期間:2008年7月~9月

リサーチ内容

Ⅰ.ドライブレコーダ市場の概要

Ⅰ-Ⅰ ドライブレコーダ市場の現状と課題
  Ⅰ-Ⅰ-Ⅰ ドライブレコーダの定義
  Ⅰ-Ⅰ-Ⅱ ドライブレコーダ市場の変遷・参入の経緯
  Ⅰ-Ⅰ-Ⅲ ドラレコの搭載状況
  Ⅰ-Ⅰ-Ⅳ ドライブレコーダ市場における課題
Ⅰ-Ⅱ ドライブレコーダ市場の長期展望


Ⅱ.市場別動向

Ⅱ-Ⅰ コンシューマ用
  Ⅱ-Ⅰ-Ⅰ コンシューマ市場概要と搭載状況
  Ⅱ-Ⅰ-Ⅱ ネット通販・オプション化―拡大する流通チャネル
  Ⅱ-Ⅰ-Ⅲ コンシューマ市場特有のニーズ
  Ⅱ-Ⅰ-Ⅳ エンターテインメント用途について
  Ⅱ-Ⅰ-Ⅴ EDRの技術要件が策定、純正ドラレコへの発展の可能性は?
  Ⅱ-Ⅰ-Ⅵ 自動車メーカオプションの将来像
  Ⅱ-Ⅰ-Ⅶ アフター製品の将来像
  [コラム] ドライブレコーダ使用レポート
Ⅱ-Ⅱ  タクシー
  Ⅱ-Ⅱ-Ⅰ 搭載状況(販売台数・シェア)と市場展望
  Ⅱ-Ⅱ-Ⅱ 地域別販売動向
  Ⅱ-Ⅱ-Ⅲ タクシー業界特有のニーズ
  Ⅱ-Ⅱ-Ⅳ オプションカメラの役割
  Ⅱ-Ⅱ-Ⅴ タクシーが防犯活動・事件捜査に一役買う?
  Ⅱ-Ⅱ-Ⅵ タクシー業界における導入コストメリット
Ⅱ-Ⅲ トラック
  Ⅱ-Ⅲ-Ⅰ 搭載状況(販売台数・シェア)と市場展望
  Ⅱ-Ⅲ-Ⅱ 様々な導入背景と特有のニーズ
  Ⅱ-Ⅲ-Ⅲ ネットワークを使った運行管理に進化
  Ⅱ-Ⅲ-Ⅳ 補助金による導入促進状況
  Ⅱ-Ⅲ-Ⅴ トラック業界における導入コストメリット
Ⅱ-Ⅳ バス
  Ⅱ-Ⅳ-Ⅰ 搭載状況(販売台数)と市場展望
  Ⅱ-Ⅳ-Ⅱ バス業界特有のニーズ
  Ⅱ-Ⅳ-Ⅲ バス業界における導入コストメリット
Ⅱ-Ⅴ 社用車・リース車両・その他業務用車両


Ⅲ.構成部品別動向

Ⅲ-Ⅰ カメラモジュール
  Ⅲ-Ⅰ-Ⅰ CCD/CMOSセンサ採用動向
  Ⅲ-Ⅰ-Ⅱ 技術動向
  Ⅲ-Ⅰ-Ⅲ 今後も続くCMOSカメラの技術革新
  Ⅲ-Ⅰ-Ⅳ 多様化するカメラへのニーズ
Ⅲ-Ⅱ 記憶装置
Ⅲ-Ⅲ 加速度センサ
  Ⅲ-Ⅲ-Ⅰ 加速度センサの重要性
  Ⅲ-Ⅲ-Ⅱ 高度化するトリガ設定
  Ⅲ-Ⅲ-Ⅲ コスト動向
Ⅲ-Ⅳ GPS受信モジュール
Ⅲ-Ⅴ ネットワーク関連


Ⅳ.海外のドライブレコーダ市場動向

Ⅳ-Ⅰ 米国市場
  Ⅳ-Ⅰ-Ⅰ ネットワークを活用した安全運転支援技術
  Ⅳ-Ⅰ-Ⅱ EDRの搭載と映像の必要性
  Ⅳ-Ⅰ-Ⅲ 日本製ドラレコの販売動向
Ⅳ-Ⅱ 欧州市場
Ⅳ-Ⅲ アジア諸国


Ⅴ.ドライブレコーダを取り巻く環境

Ⅴ-Ⅰ インターネットITS協議会の取り組み
Ⅴ-Ⅱ 国土交通省の取り組み
  Ⅴ-Ⅱ-Ⅰ EMS普及事業の成果
  Ⅴ-Ⅱ-Ⅱ 事業者向けエコドライブ支援の強化と今後の課題
  Ⅴ-Ⅱ-Ⅲ 調査・研究・ツール提供
  Ⅴ-Ⅱ-Ⅳ 標準化や普及に向けた取り組み
Ⅴ-Ⅲ 自動車保険会社の動向
  Ⅴ-Ⅲ-Ⅰ ドラレコを活用した安全運転コンサルティングサービスの動向
  Ⅴ-Ⅲ-Ⅱ ドラレコ搭載車の保険料について
Ⅴ-Ⅳ 事故対策への活用


Ⅵ.主要メーカ動向

日本交通事故鑑識研究所
矢崎総業
ホリバアイテック
練馬タクシー
富士通テン
株式会社データ・テック
KYB株式会社
株式会社あきば商会
オプテックス株式会社
株式会社インテリジェントスイッチ・プロジェクト・エンタープライズ
クラリオン株式会社
株式会社ベンチャークラフト
CBC株式会社
富士ソフト株式会社
株式会社エルモ社


Ⅶ.製品別機能一覧


図表目次

図1- 1.ドライブレコーダの仕組みと活用
図1- 2.ドライブレコーダ開発の歴史
図1- 3.ドライブレコーダ市場の推移
図1- 4.ドライブレコーダ市場の将来予測
図2- 1.コンシューマ市場におけるドラレコ参入状況
図2- 2.コンシューマ市場におけるドラレコ販売台数推移
図2- 3.コンシューマ市場におけるドラレコ販売台数シェア(2008年)
図2- 4.価格帯別販売台数・割合(コンシューマ市場,2008年)
図2- 5.販路別販売台数(コンシューマ市場,2008年)
図2- 6.記憶媒体別販売台数(コンシューマ市場,2008年)
図2- 7.エルモ社SUV-Cam製品外観(写真はSUV-CamⅡ)
図2- 8.クラウンマジェスタのCMOSカメラ
図2- 9.富士重工業「EyeSight」CCDステレオカメラ
図2- 10.Paparazzi / PZ-83 装着後の様子
図2- 11.Paparazzi / PZ-83 映像データのスクリーンショット
図2- 12.タクシー市場におけるドラレコ販売台数推移
図2- 13.タクシー市場におけるドラレコ販売台数シェア(2008年)
図2- 14.タクシー事業者におけるドライブレコーダの導入理由
図2- 15.トラック事業者へのドライブレコーダ販売台数
図2- 16.トラック市場におけるドラレコ販売台数シェア(2008年)
図2- 17.KYB「車両運行マネージメントシステム」の車載画面
図2- 18.「くるみえ」サービスの概要
図2- 19.インターネットドライブレコーダ機能のサービス概要
図2- 20.バス事業者へのドライブレコーダ販売台数
図2- 21.バスに搭載されるドライブレコーダ
図2- 22.社用車・リース市場におけるドラレコ販売台数推移
図2- 23.社用車市場におけるドラレコ販売台数シェア(2008年)
図3- 1.CCD/CMOSドライブレコーダへの採用動向
図3- 2.SMK製車載用カメラモジュール
図3- 3.セイコーエプソン製画像コントローラIC「S2S65A00」
図3- 4.アラウンドビューモニターの画面
図3- 5.HDRカメラと一般的なイメージセンサの画像比較
図3- 6.暗所での撮影画像の比較
図3- 7.記憶装置の採用動向とそれぞれの強み
図3- 8.加速度の大きさによる記録方式とオプテックス社の波形判定方式
図3- 9.2軸・3軸加速度センサのコスト推移
図3- 10.佐川急便 危険エリア進入時のハザード機能 イメージ図
図4- 1.米国DriveCam社のドライブレコーダ「Drivecam」
図4- 2.韓国UBone社製ドライブレコーダの製品外観
図4- 3.台湾Create Electronic Optical Co.,LTD.製ドライブレコーダの製品外観
図4- 4.TUNG THIH ELECTRONIC CO., LTD製カメラモジュールの製品外観
図5- 1.インターネットITSにより実現する社会
図5- 2.インターネットITSの概念図
図5- 3.IIC車載システムの機能と構成
図5- 4.プローブ安全運転支援サービスイメージ
図5- 5.プローブエコドライブ支援サービスイメージ
図5- 6.交通事故件数と死者数の推移(1992~2007年)
図6- 1.次世代PNDのモックアップ カメラ付きPND
表1- 1.イベント記録型・常時記録型の利点・欠点
表1- 2.ドライブレコーダ市場の推移
表1- 3.ドライブレコーダ市場の将来予測
表2- 1.ドライブレコーダとEDR(Event Data Recorder)の違い
表2- 2.J-EDR 報告データ要素のフォーマット
表2- 3.ハイヤー・タクシー交通共済協同組合による導入支援状況
表2- 4.タクシー強盗の発生・検挙件数
表2- 5.タクシー事業者におけるドラレコ導入による増分コスト・減分コスト
表2- 6.完成車メーカによる携帯電話通信網を利用した運行管理サービス
表2- 7.ドライブレコーダ搭載に対する団体や自治体による主な補助制度
表2- 8.トラック事業者におけるドラレコ導入による増分コスト・減分コスト
表2- 9.エコドライブモニター事業車両データ
表2- 10.バス事業者におけるドラレコ導入による増分コスト・減分コスト
表3- 1.日本ケミコンCMOSカメラモジュールのラインナップ
表5- 1.プローブ情報活用サービスの内容
表5- 2.保険会社による安全運転コンサルティングサービス
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
286,000
260,000
26,000
429,000
390,000
39,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。