2008 HDD関連市場の現状と展望

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

HDD関連参入各社(ドライブメーカー、メディアメーカー、磁気ヘッドメーカー、基板メーカー)にヒアリングし、HDD関連市場を市場調査。

発刊日
2008/10/29
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 138頁
資料コード
C50115600
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
264,000
240,000
24,000
396,000
360,000
36,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

調査概要
Close

調査対象:HDD、及びメディア・磁器ヘッド等のHDD関連分野を手懸ける企業
調査方法:当社研究員による直接面接取材をベースに、電話、e-mail等を併用
調査期間:2008年7月~10月

リサーチ内容

総論 ~HDD市場の現状と展望

1.2007年のHDD市場と2008年の見通し
  1.1.HDDの市場規模推移
    表/図1 HDDの市場規模推移(2006年~2008年見込)
  1.2.口径別の市場動向
    3.5インチは堅調、2.5インチはノートPC向けや3.5インチからのダウンサイジング
    により好調
    図1 口径別の台数構成比((2006年~2008年見込)
  1.3.HDDのメーカーシェアと各社の動向
    (1)躍進するWestern Digital
    (2)参入企業のHDD事業の業績
    表1 HDDの各メーカー出荷台数とメーカーシェア(2007年~2008年見込 全タイプ)
    図2 HDDの各メーカー出荷台数とメーカーシェア(2007年~2008年見込 全タイプ)
    表2 メーカー別/タイプ別のHDD出荷数量(2007年)
    表3 メーカー別/タイプ別のHDD出荷数量(2008年見込)
    表4 HDDメーカー各社のメディア・磁気ヘッド調達先
    表5 HDDメーカー毎のサイズ別販売推移(2004年~2008年見込)
  1.4 HDDの記憶容量と技術動向/DTM、BPM、熱アシストなど次世代HD技術の行方
    (1)記憶容量の流れ
    (2)HDの技術動向
    (3)磁気ヘッドの技術動向
  1.5.Western DigitalのKomag買収によるメディア内製の業界への影響
  1.6.昭和電工・HOYA連合によるメディア市場及びHDD関連市場全体への影響
  1.7.SSD市場とHDD市場の競合
    (1)SSDの特徴
    (2)SSDとHDDの技術の特性の比較
    表6 SSDとHDDの比較・対比表
    (3)SSD市場動向
    表/図2 SSD市場規模推移・予測(世界・数量)
    表/図3 参考:HDD市場規模推移・予測(世界・数量)
    (4)SSD参入メーカーの動向
    (5)HDD参入メーカーの動向
    (6)PCメーカーの現状/方向性
      1)PCメーカー各社のSSDの採用実態/意向
      2)UMPCにおける記録媒体一覧
    表9 メーカー別UMPCの製品・記憶媒体一覧(2008年9月現在)
    (7)SSDの将来
  1.8.HDDのアプリケーション
    アプリケーションの特徴
    参入メーカーの特徴
    サーバにおける2.5インチの比率
    ポータブル音楽プレーヤ
    カムコーダ
    携帯電話
    カーナビゲーションシステム
    ゲーム機
    家庭用NAS
    iVDR
2.HDDの市場規模予測
  2.1.HDDの市場規模予測(サイズ・用途別)
    表10 HDDの市場規模予測(口径別/用途別)
    図4  HDDの口径別市場規模予測(2008年~2011年予測)
    図5  HDDの口径別出荷数量比率(2008年~2011年予測)
    図6  PC・サーバ用/Non-PC用の出荷数量構成比(2008年見込~2011年予測)
  2.2.3.5インチHDDの市場展望/アプリケーション動向
    表/図4  3.5インチHDDの用途別市場規模予測
    図7 PC・サーバ用/Non-PC用の出荷数量構成比
  2.3.2.5インチHDDの市場展望/アプリケーション動向
    表/図5 2.5インチHDDの用途別市場規模予測
    図8 2.5インチHDDの出荷数量構成比(PC・サーバ用/Non-PC用)
    図9 PC・サーバ用HDDの口径別出荷数量比率(2008年~2011年予測)
  2.4.1.8インチHDDの市場展望/アプリケーション動向
    表/図6 1.8インチHDDの用途別市場規模予測
    表11 1.8インチHDD出荷数量構成比(PC・サーバ・Non-PC)
  2.5.~1.0インチHDDの市場展望/アプリケーション動向
    表/図7 1.0インチHDDの用途別市場規模予測
    図10 Non-PC用HDDの口径別出荷数量予測
    図11 Non-PC用HDDの口径別出荷数量比率


各論Ⅰ.~HDDのタイプ別市場とメーカ各社の動向~

1.3.5インチ
  1.1.3.5-IDEは、PC向け堅調によりHDD市場の中核
    表12 3.5インチの市場規模推移(2006年~2008年見込)
    表13 3.5-IDEのメーカシェア(2007年~2008年見込)
    図12 3.5-IDEのメーカシェア(2007年~2008年見込)
    図13 3.5-IDEのメーカシェア推移(2007年~2008年見込)
    図14 3.5-IDEのメーカシェア(2006年~2008年見込)
  1.2.3.5‐SCSIも堅調な市場を維持
    表14 3.5- SCSIのメーカシェア(2007年~2008年見込)
    図15 3.5- SCSIのメーカシェア(2007年~2008年見込)
    表15 3.5インチHDD(IDE+SCSI)のメーカシェア
    図16 3.5インチHDD(IDE+SCSI)のメーカシェア
2.2.5インチ
  活性化する2.5インチ市場
    表16 2.5インチの市場規模推移(2006年~2008年見込)
    表17 2.5インチのメーカシェア(2007年~2008年見込)
    図17 2.5インチのメーカシェア(2007年~2008年見込)
3.1.8インチ
  新規参入・撤退など業界が変化
  UMPCの市場、SSDとの棲み分けは?
    表18 1.8インチの市場規模推移(2006年~2008年見込)
    表19 1.8インチのメーカシェア(2007年~2008年見込)
    図18 1.8インチのメーカシェア(2007年~2008年見込)
4.~1.0インチ
  撤退相次ぎフラッシュにシフト 市場は消滅
    表20 ~1.0インチの市場規模推移(2006年~2008年見込)
    表21 ~1.0インチのメーカシェア(2007年~2008年見込)
    図19 ~1.0インチのメーカシェア(2007年~2008年見込)
5.ドライブメーカー各社の動向
  5.1.Seagate
  [共通項目]
    (1)HDDのサイズ別売上推移
    表/図 HDドライブのサイズ別売上推移/予測
    表/図 磁気ヘッドの生産高推移
    (2)ユーザー
    (3)アプリケーション
    (4)生産体制、調達、受給関係
    (5)技術動向
    (6)SSDの見解   等
  5.2.Western Digital
  5.3. 日立グローバルストレージテクノロジーズ(HGST)
  5.4.Samsung
  5.5.東芝
  5.6.富士通


各論Ⅱ.~メディアの市場動向

1.HD(メディア)の市場規模推移
  1.1HD(メディア)の市場規模推移
    表/図12 HD(メディア)の市場規模推移(2006~2008年見込)
  1.2.メディアのメーカーシェア
    表32 メディア(全口径)のメーカーシェア(2007~2008年見込)
    図29 メディア(全口径)のメーカーシェア(2007~2008年見込)
    表33 HD(メディア)メーカーのサイズ別生産・出荷推移(2004年~2008年見込)
2.3.5インチメディアの市場動向
  2.1.3.5インチメディアの市場
    表/図13 3.5インチHDメディアの市場規模推移(2006~2008年見込)
    表34 3.5インチメディアのメーカーシェア(2007年~2008年見込)
    図30 3.5インチメディアのメーカーシェア(2007年~2008年見込)
  2.2.アルミ基板/メディア/ドライブメーカーの供給関係
    表35 メディアメーカーとHDDメーカーの供給関係
    図31 アルミ基板・HDの供給関係
3.2.5インチ以下メディア市場メディアの市場動向
  3.1.2.5インチメディアの市場
    表/図14 2.5インチHDメディアの市場規模推移(2006~2008年見込)
    表36 2.5インチメディアのメーカーシェア(2007年~2008年見込)
    図32 2.5インチメディアのメーカーシェア(2007年~2008年見込)
  3.2.1.8インチ/~1.0インチメディア市場
    表37 1.8インチ/~1.0インチメディアの市場規模推移
    表38 1.8インチ/~1.0インチのメーカーシェア(2007年~2008年見込)
  3.3.ガラス基板/メディア/ドライブメーカーの供給関係
    図33 ガラス基板・HDの供給関係
4.メディアの市場規模予測
  4.1.3.5インチ
    表/図15 3.5インチメディアの市場規模予測(2008年~2011年予測)
  4.2.2.5インチ
    表39 2.5インチメディアの市場規模予測(2008年~2011年予測)
    図34 2.5インチメディアの市場規模予測(2008年~2011年予測)
5.HD(メディアメーカー)各社の動向
  5.1.昭和電工
    [共通項目]
    (1)HDのサイズ別売上推移
    表/図 HDのサイズ別売上推移/予測
    (2)ユーザー(外販メーカーの場合)
    (3)アプリケーション
    (4)生産体制、調達、受給関係(基板メーカーとの関係等)
    (5)技術動向
    (6)SSDの見解   等
  5.2.HOYA
  5.3.富士電機デバイステクノロジー
  5.4.Seagate
  5.5.Western Digital
  5.6. 日立グローバルストレージテクノロジーズ(HGST)
  5.7.富士通
6.基板メーカーの動向
  6.1.東洋鋼鈑
    ユーザー名、材料調達、生産体制
  6.2.コニカミノルタオプト


各論Ⅲ.HDD用磁気ヘッドの市場動向

1.HDD用磁気ヘッド市場の実態
  1.1.市場概況
    表41 磁気ヘッドメーカーとHDDメーカーの供給関係
    表/図23 HDD用磁気ヘッドの市場規模推移(2006年~2008年見込)
    表42 HDD用磁気ヘッドのメーカーシェア(2007年~2008年見込)
    図39 HDD用磁気ヘッドのメーカーシェア(2007年~2008年見込)
    表43 磁気ヘッドメーカーのサイズ別生産・出荷推移(2004年~2008年見込)
  1.2.磁気ヘッド市場メーカーの概況(TDK)
    (1)磁気ヘッドの売上推移
    (2)ユーザー名(磁気ヘッドの供給先)
    (3)技術動向/生産動向  等
2.HDD用磁気ヘッド市場規模予測
    表/図25 HDD用磁気ヘッドの市場規模予測(2008年~2011年予測)
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
264,000
240,000
24,000
396,000
360,000
36,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。