2008年版 出版社経営総鑑

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

発刊日
2008/09/22
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 507頁
資料コード
C50114500
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

112,200
102,000
10,200
224,400
204,000
20,400
336,600
306,000
30,600
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

リサーチ内容

■掲載内容

第1章 3兆円出版市場の展望

(1)3兆円出版市場の展望
  1.危機迫る出版業界 雑誌メディア凋落深まる底なしも
    返品率増大、書店大幅減少、出版指標は構造的凋落の状況
  2.2007年2兆853億円3.1%減の実像
    2008年1~6月3.9%の大幅減、雑誌部数は6.3%減
  3.2007年(1~12月)利益率2.8%(293社)
    105社集計経常利益率(税引前)
    2007年度(4~3月)4.1%→2.6%へ大幅ダウン
  4.総合大手出版社 軒並営業赤字の深刻さ
    ドル箱コミックの変調、雑誌部数減、広告収入減少強まる
    個性的出版社は変動期も強い、京都の出版社も元気
  5.中小書店大幅減少、ここにきて影響大きい
    限界集落ならぬ「限界書店街」の増大
  6.キーワードは「生活者」へのサービスコミュニケーション指向
    提携、グループ化(子会社)共同事業、再編成も強まるか
  ・出版市場の予測
  ・ネット通販出版物売上見通し
<書籍>
(2)販売金額3.2%減 部数伸びも平均価格下落
  1.2007年9,026億円 3.2%減、推定販売部数横這い
    教養新書、ケータイ小説大ヒット、2008年の上期はブームは終焉も
  2.「女性の品格」 「ホームレス中学生」「鈍感力」
    「日本のしきたり」「恋空」「一瞬の風になれ」「生物と無生物のあいだ」
  3.2008年上期の状況、書籍3.6%減 厳しい状況
    ケータイ小説ブーム沈静化
<電子書籍市場の動向>
  ―デジタルコンテンツ事業戦略―
  1.市場規模
    2007年度電子書籍市場は370億円
    市場規模見通し
  2.携帯電話向け電子書籍市場が急拡大
    電子コミックが市場拡大を牽引
  3.電子書籍専用端末の動向
    ソニーと松下電器産業が市場撤退へ
  4.雑誌の電子化
    事業モデルの構築は道半ば
  5.市場参入企業の動向
    小学館、講談社、日経BP社 他
(4)問題山積の出版業界
  ・更に高まる返品率 限界を越えた数字に
    マイナス成長時代のシステム改革 まったなしも
  ・取次店 新時代への対応
    取次も変動期 格差拡大も
  ・書店の経営動向
    中小書店廃業2007年1200店、
    大型書店は出店強いも競争激化、サバイバル戦略も
  ・急拡大するネット書店の動向
    ネット書店、2007年950億円、
    2010年1650億円へ


第2章 雑誌市場の徹底分析

(1)雑誌販売部数の変遷
  1.2007年3.1%減、10年連続マイナス成長、08年1~6月4.2%減
    月刊誌4.1%減、週刊誌0.8%増も分冊百科の伸び
  2.創刊点数182点 前年の大幅減から回復、
    女性誌40~50代創刊 AneCanは成功
  3.休刊点数過去最多51点増加218点
    2008年上期は休刊減少も 名のある雑誌休刊相次ぐ
(2)主要雑誌・実売部数と広告収入ランキング
  1.雑誌はなぜトップでなければならないか
    情報雑誌等ネットへ移行 主要雑誌も広告軒並みダウン
    2008年上期厳しさ その分野のブランド力に左右
    日経ビジネス全国トップ守る
    CanCam女性誌トップも減少、AneCan戦略成功も
  2.主要雑誌広告収入ランキング
    ①日経ビジネス
    ②CanCam
    ③MORE
    ④ヴァンサンカン
    ⑤Oggi
    ⑥ViVi
    ⑦週刊文春
    ⑧an・an
    ⑨オレンジページ
    ⑩with
  3.<特集>フリーペーパー市場
    競合激化の中で転換期迎える
(3)総力調査450誌販売部数の状況
<各雑誌分野の攻防>
  1.週刊誌の攻防
    週刊誌軒並減少、女性誌、男性誌とも苦戦、
    広告減少歯止めかからず。週刊文春トップの健闘、
    新潮も減少、現代vs週刊ポスト 赤字拡大も
    週刊朝日もサンデー毎日も減少大学合格ランキングの麻薬も
  2.ヤングファッション誌
    CanCam部数広告減少もトップ堅持、AneCan創刊成功
    an・an減少テコ入れへ、JJも減少大きい、
    ViViこの上期部数伸びと健闘
  3.ヤングカジュアルファッション誌も伸び
    ストリート系変動の波も PS花開くか 
    PINKYまだ伸びしろあり Springは値下げ戦略
    Zipper苦戦、ソープ、SEDAやや減
    小悪魔agehaギャル系好調
  4.OLファッション誌
    MORE、with健闘も格差、
    MORE広告女性誌第2位 LUCi休刊
  5.ハイソマガジン、Oggi世代ファッション誌
    ヴァンサンカン 1冊当りの広告収入トップ、
    CLASSY健闘、Oggi部数減少も広告ベスト⑤、
    BAILA好調、Style休刊も
  6.30代ファッション生活誌
    VERYは「STORY」シフトで年々減少、Domani部数減
    Grazia広告伸びる、「LEE」のブランド力、
    inRed値下げで急拡大
  7.40代ファッション誌 市場広がる、40代以上女性誌
    STORY プレシャス好調、マリソル、GRACE進出も
    50代eclat、クロワッサンpremium創刊 HERSも
  8.モード誌順調
    SPUR、エル ジャポン、マリクレール他
  9.コスメ系雑誌 伸び悩む
    VOCE、美的やや減少、アール30代、マキア健闘
  10.生活実用情報誌
    オレンジページ順調、レタスクラブ伸び悩み、
    ESSE部数数回、主婦の友休刊、サンキュ!健闘、
    おはよう奥さん苦戦
  11.ベビー雑誌とその周辺
    たまごクラブ、ひよこクラブ通販で売上伸びる
    主婦の友系まだ厳しい
  12.ローティーンファッション誌
    ブーム去り横這い、安定
    トップはnicolaかピチレモン、ラブベリー頑張る
  13.地域情報誌
    タウン誌苦戦続く ネットとの競合と対応
    HANAKO、ウォーカー事業、TOKYO一週間の行方
  14.写真週刊誌
    フライデー、FLASH、部数より広告ダウン
  15.テレビ情報誌
    大幅減少、月刊誌2007年急落、
    月刊トップは「月刊ザテレビジョン」
    TVガイド、TVライフ健闘、テレパルf休刊、
    月刊ハイビジョン、デジタルTVガイド実売率伸ばす
  16.ビジネス誌
    日経ビジネス 部数 広告 手堅い動き全国№1の強さ
    ダイヤモンドやや減、東洋経済 特集号で伸ばす
    プレジデントも増加
  17.ライフスタイルモノ情報誌
  18.中高年ゆとりの男性誌、モテたい男性誌
    サライもLEONも転換期
    BRIOも伸び悩み、ストレート休刊
  19.パズル誌
    ピークやや減少
  20.料理食の雑誌
  21.少年コミック誌 週刊誌500万部の攻防 減少続く
    少年ジャンプ トップ 横這いをキープ、少年マガジン 
    ジャンプとの差開く、少年サンデー他
  22.月刊少年コミック誌
    コロコロコミックも減少、コミックブンブン休刊、月刊少年ジャンプ休刊
    ジャンプスクエア創刊号大ヒット
    ブンブン苦戦、読者年齢上げ勝負へ
  23.青年コミック誌
    ヤングジャンプ、ビッグコミックオリジナル、ヤングマガジン等やや減少
    「Dr.コトー」のヤングサンデー休刊
  24.レディスコミック誌
    厳しさ変わらずもコミック本で増収
  25.少女コミック誌
    まだ減少、「ちゃお」やや減も80万部
    NANAの「クッキー」は健闘もやや減、
    別冊マーガレット安定  リボン減少
  26.コミックス(本)
    コミックス(本)も売れ行き変調
  27.分冊百科
    335億円10.9%増 過去最高各社力入れる
    2008年も増大へ
  ◎ 雑誌販売部数一覧(450誌)


第3章 出版社の現実と展望

(1)出版社の現実と展望
  1.2007年3.1%減、雑誌苦戦、2008年に入って
    広告収入減少目立つ
    総合大手軒並営業赤字、雑誌苦戦、広告減少、コミック変調、高コスト
  2.2007年度 総合雑誌系出版社苦戦
    個性的出版社 台頭 変動期も強い。
    ネット広告等クロスメディア戦略、ネット社会のサービス力
  3.合理化力と営業重視の生活者指向へ
  4.2007年度 0.1%増収(リクルート、ベネッセ除く3.0%)38%減益
    総合大手軒並営業赤字、情報サービス出版社も格差
  5.売上高利益(税引後)率 5.1%、収益指標ベスト10
    リクルート、ベネッセを除く2.8%
  6.京都出版者社の健闘表
  7.2007年度業績状況一覧
  8.出版社収益力ランキング表
(2)出版社収益力ランキング
  1.売上高200億円以上22社(2社減少)
    1人当売上高
    ①ぴあ
    ②大創出版
    ③幻冬舎コミックス
    ④ジェー・エー・エフ・出版社
    ⑤集英社
  2.利益率15%以上12社  ランキング変動
    専門出版社健闘
  3.広告収入減少増加 今期は7~8%減も
    ネット広告、雑誌上回る
  4.出版社売上高ランキング表
  5.出版社1人当売上高ランキング表
  6.出版社1人当利益高ランキング表
  7.出版社利益率ランキング表
  8.出版社広告収入ランキング表
(3)書店からみる出版社チェックアンケート
  1.書店の評価 業績とほぼ連動、前回より変動
    相変わらず厳しい書店の目
  2.独創的な企画、アイデアが目立つ出版社
  3.企画から販売キャンペーンまで
    書店と一体感をもたせる出版社
  4.出版社に何を要望しますか
  5.出版社チェックアンケート調査


第4章 出版社のコスト低減状況

(1)出版社のコスト低減の状況
  1.2008年もマイナス成長強まる
    コストダウン更に見直しも
  2.用紙、印刷コスト構成の状況
  3.人件費/売上=14%→13%ラインで明暗も 
    好調出版社 9~10%の間
  4.主要出版社の人件費/売上高比率<表>
(2)出版編集プロダクション調査
  1.2007年度 厳しさ強まる
  2.プロダクション調査、年商2億円未満が中心、
    1人当売上高1012万円、前回から441万円減少
  3.書籍平均59.8(実質12.7点)点刊行、
    雑誌は46.3(実質7.0点)点刊行
(3)出版社用紙使用動向調査
  出版社別用紙仕入代理店状況
(4)新刊点数・重版点数別状況
(5)新規採用人員状況(2006年度、2007年度)
(6)出版社販売体制一覧表
  取次、トーハン、日販、直販、委託買切状況


第5章 構造変革期の出版社の攻防

(1)音羽グループ vs 一橋グループ
  音羽グループ 講談社来年100周年、雑誌、広告戦略正念場
  書籍は総合力ダントツも黒字化課題
  一橋グループ 小学館コンテンツ戦略リード、
  女性誌順調も、コミック雑誌変動
  集英社 女性誌順調広告大健闘も
  コミック2割減ひびく
  講談社、光文社
  小学館、集英社、祥伝社、白泉社
(2)注目される有力出版社の経営戦略
  角川グループホールディングス(角川書店)、マガジンハウス
  新潮社、文藝春秋、徳間書店
(3)学習研究社 新本社ビル売却リストラと投資へ
  雑誌広告低調も早目の対応
(4)情報出版社、情報サービス出版社の台頭
  ネット・ケータイと融合戦略で格差、
  ユーザーとらえるか新サービス事業
  日経BP社、リクルート、ベネッセコーポレーション、
  ぴあ、日本放送出版協会、阪急コミュニケーションズ
(5)コミック系出版社の攻防
  秋田書店、双葉社、芳文社、他
(6)婦人雑誌社 体質強化策の行方
  主婦の友社 他
(7)名門出版社 復活の兆候
  ブランド力と会議運営の改革
  岩波書店、中央公論新社、筑摩書房、平凡社、みすず書房
(8)児童書出版社は好調
  少子化の中でなぜ元気なのか
  ポプラ社、理論社、あかね書房、他
(9)医学出版社 
  850億円の市場規模このところ各社業績安定
  医学書院、南江堂、他
(10)利益高上位 法規出版社も
  デジタル化、市町村大合併後の変調
  ぎょうせい、第一法規、新日本法規出版、他
(11)教科書出版社  少子化での攻防 新指導要領へ戦略強める
  東京書籍、教育出版、光村図書出版、三省堂、帝国書院
(12)経済出版社 景気 株価 変調期の行方
  ダイヤモンド社、東洋経済新報社
(13)注目される出版社(1)
  扶桑社、世界文化社、昭文社、ゼンリン、 他
(14)注目される出版社(2)
  幻冬舎、宝島社、スターツ出版、青春出版社,木楽舎
(15)注目される出版社(3)
  PHP研究所、インプレスグループ、翔泳社、
  エンターブレイン、プレジデント社、
  枻出版社、毎日コミニケーションズ、ソフトバンククリエイティブ
(16)新聞社の出版戦略 分社化へ動く
  朝日新聞出版、日本経済新聞出版社

第6章 出版社調査票

 



 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

112,200
102,000
10,200
224,400
204,000
20,400
336,600
306,000
30,600

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。