2009 急成長するデジタルサイネージ市場

2007年度には24.2%の成長をみせ、昨今の厳しい経済環境
においても成長を続けている。本資料では、成長を続け
る背景や運用方法の提言、そして参入企業からユーザの
動向までを纏めています。

発刊日
2009/05/29
体裁
A4 / 192頁
資料コード
C51101700
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象企業:デジタルサイネージシステムベンダや運営企業、コンテンツ制作企業を対象
調査方法:当社研究員による直接面接取材をベースに、電話・e-mailを併用
調査期間:2009年1月~2009年4月
 

リサーチ内容

第1章 市場概況

1 デジタルサイネージとは?
  本レポートにおける「デジタルサイネージ」の定義
    図 デジタルサイネージの定義
2 急成長する市場の背景
  2-1 4マスの広告費が減少する一方で、補完媒体として注目が集まっている
  2-2 表示や配信のインフラ環境は整った
  2-3 デジタルサイネージの特長
    表 デジタルサイネージの主な特長


第2章 デジタルサイネージ市場の実態と展望

1 デジタルサイネージ市場規模推移
    表/図 デジタルサイネージ市場規模推移(2007年度~2013年度)
  1-1 狭義のデジタルサイネージ市場規模推移
    表 狭義のデジタルサイネージ市場規模推移内訳(2007年度~2013年度)
    図 狭義のデジタルサイネージ市場規模推移内訳(2007年度~2013年度)
  1-2 広義のデジタルサイネージ市場規模推移
    図 広義のデジタルサイネージ市場規模推移(2007年度~2013年度)
    表 大型ビジョンの分類
    表 製品別の主な設置場所
2 市場の現状
  2-1 デジタルサイネージバリューチェーン
    図 デジタルサイネージのバリューチェーン
  2-2 鉄道業や流通業が市場を牽引
    表 主な車両内ビジョン
    表 設置型の主な駅構内ビジョン-Ⅰ
    表 設置型の主な駅構内ビジョン-Ⅱ
  2-3 急成長にブレーキが掛かった2008年度
    表 最近の主な実証実験一覧(2008年7月~2009年4月)
  2-4 広がりつつある顔認識デジタルサイネージ
    表 主な顔認識システム
  2-4-1 顔認識の果たす役割
    図 顔認識による動線分析のイメージ
  2-4-2 顔認識に対する見解
    表 参入各社の顔認識システムに対する見解
  2-5 導入前の吟味に慎重2009年度のデジタルサイネージ
    図 市場活性化のステップアップ
    図 2009年度の施策
  2-6 セグメント化された場所
  2-7 販促としてのデジタルサイネージ
  2-7-1 積極展開を図るGMSやSC
    表 GMS、SCの主な分類
  2-7-2 2009年度の流通業における展開
    図 2009年度の流通業における概況イメージ
    図 GMSやSCにおけるデジタルサイネージの運用スキーム例
  2-7-3 販促用途の導入を妨げる要因と解決指針
  2-7-4 販促用途で導入し、面数が確保できたところで広告ビジネスも
    図 ソリューションベンダが学ぶべき点
  2-7-5 有望視されるシステム連携
  2-7-6 TV局と流通業のコラボレーションに注目
  2-8 広告媒体としてのデジタルサイネージ
  2-8-1 滞留ポイントや強制視認が需要
  2-8-2 広告予算の確保が難しい
    図 費用対効果が求められる背景
  2-8-3 予算管理の制約を受ける場合がある
  2-8-4 クロスマーケティングで活用するには標準化が重要
  2-8-5 広告代理店から見たサイネージ
3 今後の展望と提言
  3-1 見せ方、使い方の提案
  3-1-1 クリエイティブによる「既存媒体の代替」からの脱却
  3-1-2 “香り”や“音”も有効手段
  3-1-3 インタラクティブサービスには更なるクリエイティブが必要
  3-1-4 業種特化型のデジタルサイネージは有望
    図 “見せ方”や“使い方”の特長付けマッピング
  3-2 提案の工夫
  3-2-1 求められるビジネスモデル提案
  3-2-2 デジタルとアナログの融合が効果的
  3-2-3 印刷会社の新たなビジネスチャンス
    図 ソリューション営業でロケーションオーナーのハートをキャッチ
  3-3 技術進歩による用途拡大
    無線化がブレイクポイントか
  3-4 その他
    図 新たな用途展開の可能性
  3-4-1 教育で人事部門、情報共有で総務部門を攻める
    図 大学設置モデル
  3-4-2 企業の採用に関するソリューションを提供
  3-4-3 公共への導入に一工夫
  3-4-4 駅のホームにおける新たな可能性
  3-4-5 実用化が始まった電子ペーパー
  3-4-6 生活動線における訴求
  3-4-7 エコの観点からも導入が進む


第3章 参入企業分類毎の見解

1 参入企業の分類
    図 便宜上の分類
2 今後の方向性
    図 今後の事業拡張
3 各社のビジネス形態
  3-1 ハードウェアベンダ
  3-2 配信システム
  3-3 コンテンツ企業
  3-4 媒体ビジネス企業
4 各社のデジタルサイネージ製品/ソリューションの特長
  4-1 ハードウェアベンダ/配信システムベンダ
  4-2 コンテンツ企業
  4-3 媒体ビジネス企業
5 各社のビジネス上の強み
  5-1 ハードウェアベンダ/配信システムベンダ
  5-2 コンテンツ企業
  5-3 媒体ビジネス企業
6 各社の見通し
  6-1 ハードウェアベンダ/配信システムベンダ
  6-2 コンテンツ企業
  6-3 媒体ビジネス企業
7 業界拡大に対する見解
  7-1 ハードウェアベンダ/配信システムベンダ
  7-2 媒体ビジネス企業
  7-3 コンテンツ企業


第4章 個別企業動向

1 シャープ株式会社
  1-1 デジタルサイネージビジネスの参入経緯
  1-2 『e-Signage』の特徴
  1-3 システム構成と販売体制
    図 サービス提供パターン
  1-4 ビジネス上の自社の強み/課題
  1-5 コンテンツ制作/配信/運営
  1-6 保守・サポート
  1-7 2009年度以降の市場見通し
  1-7-1 自社の見通し
  1-7-2 市場拡大または阻害要因
2 日本電気株式会社
  2-1 デジタルサイネージビジネスの参入経緯
  2-2 『デジタルサイネージソリューション』の特長
  2-3 システム構成と販売体制
    図 『デジタルサイネージソリューション』の概念図
  2-4 ビジネス上の自社の強み/課題
  2-5 コンテンツ制作/配信/運営
  2-6 保守・サポート
  2-7 広告効果測定
  2-8 販売先/主な設置場所
  2-9 2007年度~2009年度売上高推移
  2-10 2009年度以降の市場見通し
  2-10-1 自社の見通し
  2-10-2 市場拡大または阻害要因
3 パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社
  3-1 デジタルサイネージビジネスの参入経緯
  3-2 『NMstage』の特長
    図 配信形態
  3-3 システム構成と販売体制
    図 システム構成例
  3-4 ビジネス上の自社の強み/課題
  3-5 コンテンツ制作/配信/運営
  3-6 保守・サポート
  3-7 販売先/主な設置場所
  3-8 2007年度~2009年度売上高推移
4 株式会社日立製作所
  4-1 デジタルサイネージビジネスの参入経緯
  4-2 『MediaSpace』の特長
  4-3 システム構成と販売体制
    図 システム構成例
  4-4 ビジネス上の自社の強み/課題
  4-5 コンテンツ制作/配信/運営
  4-6 保守・サポート
  4-7 販売先/主な設置場所
  4-8 2009年度以降の市場見通し
  4-8-1 自社の見通し
  4-8-2 市場拡大または阻害要因
5 富士通株式会社/株式会社富士通ゼネラル
  5-1 デジタルサイネージビジネスの参入経緯
  5-2 『UBWALL』の特長
  5-3 システム構成と販売体制
    図 『UBWALL』のシステム構成
  5-4 ビジネス上の自社の強み/課題
  5-5 コンテンツ制作/配信/運営
  5-6 保守・サポート
  5-7 広告効果測定
  5-8 販売先/主な設置場所
  5-9 2007年度~2009年度売上高推移
  5-10 2009年度以降の市場見通し
  5-10-1 自社の見通し
  5-10-2 市場拡大または阻害要因
6 丸紅株式会社
  6-1 デジタルサイネージビジネスの参入経緯
  6-2 『Instvision』の特長
  6-3 システム構成と販売体制
    表 利用料金
  6-4 ビジネス上の自社の強み/課題
  6-5 コンテンツ制作/配信/運営
  6-6 2009年度以降の市場見通し
  6-6-1 自社の見通し
  6-6-2 市場拡大または阻害要因
7 三菱電機エンジニアリング株式会社
  7-1 デジタルサイネージビジネスの参入経緯
  7-2 『Media Operation System』の特長
    図 運用バリエーション
  7-3 システム構成と販売体制
    図 『Media Operation System』のシステム構成例
  7-4 ビジネス上の自社の強み/課題
  7-5 コンテンツ制作/配信/運営
  7-6 保守・サポート
  7-7 広告効果測定
  7-8 販売先/主な設置場所
  7-9 2007年度~2009年度売上高推移
  7-10 2009年度以降の市場見通し
  7-10-1 自社の見通し
  7-10-2 市場拡大または阻害要因
8 大日本印刷株式会社
  8-1 デジタルサイネージビジネスの参入経緯
  8-2 デジタルサイネージソリューションの特長
  8-3 システム構成と販売体制
  8-4 ビジネス上の自社の強み/課題
  8-5 コンテンツ制作/配信/運営
  8-6 広告効果測定
  8-7 販売先/主な設置場所
  8-8 2009年度以降の市場見通し
  8-8-1 自社の見通し
  8-8-2 市場拡大または阻害要因
9 NTTコミュニケーションズ株式会社
  9-1 デジタルサイネージビジネスの参入経緯
  9-2 『Spot Media』の特長
  9-3 システム構成と販売体制
    図 『Spot Media』のシステム構成と運用例
  9-4 ビジネス上の自社の強み/課題
  9-5 コンテンツ制作/配信/運営
    表 提供しているコンテンツメニュー
  9-6 保守・サポート
  9-7 広告効果測定
  9-8 販売先/主な設置場所
  9-9 2007年度~2009年度売上高推移
  9-10 2009年度以降の市場見通し
  9-10-1 自社の見通し
  9-10-2 市場拡大または阻害要因
10 SCALA株式会社
  10-1 デジタルサイネージビジネスの参入経緯
  10-2 『SCALA』の特長
  10-3 システム構成と販売体制
    図 『SCALA』のシステム構成
    図 『SCALA Content Manager』の主な機能
    図 『SCALA Designer』の主な機能
    図 『SCALA Player』の主な機能
    図 『easyLive』の概念図と代理店
  10-4 ビジネス上の自社の強み/課題
  10-5 コンテンツ制作/配信/運営
  10-6 販売先/主な設置場所
  10-7 2009年度以降の市場見通し
  10-7-1 自社の見通し
  10-7-2 市場拡大または阻害要因
11 株式会社バンテン
  11-1 デジタルサイネージビジネスの参入経緯
  11-2 『EngageMedia』の特長
  11-3 システム構成と販売体制
  11-4 ビジネス上の自社の強み/課題
  11-5 コンテンツ制作/配信/運営
  11-6 販売先/主な設置場所
  11-7 2009年度以降の市場見通し
  11-7-1 自社の見通し
  11-7-2 市場拡大または阻害要因
12 株式会社シアーズ
  12-1 デジタルサイネージビジネスの参入経緯
  12-2 『Impac・TV』の特長
    表 主なラインナップ
  12-3 システム構成と販売体制
    図表 『MF Impac・TV』の概要と業務区分
  12-4 ビジネス上の自社の強み/課題
  12-5 コンテンツ制作/配信/運営
  12-6 保守・サポート
  12-7 広告効果測定
  12-8 販売先/主な設置場所
  12-9 2009年度以降の市場見通し
  12-9-1 自社の見通し
  12-9-2 市場拡大または阻害要因
13 株式会社ソフィアモバイル
  13-1 デジタルサイネージビジネスの参入経緯
  13-2 『nanica』シリーズの特長
  13-3 システム構成と販売体制
    図 『nanica』シリーズの仕組み
  13-4 ビジネス上の自社の強み/課題
  13-5 コンテンツ制作/配信/運営
  13-6 保守・サポート
  13-7 広告効果測定
  13-8 販売先/主な設置場所
  13-9 2007年度~2009年度売上高推移
  13-10 2009年度以降の市場見通し
  13-10-1 自社の見通し
  13-10-2 市場拡大または阻害要因
14 株式会社Standz
  14-1 デジタルサイネージビジネスの参入経緯
  14-2 『POP TV』の特長
  14-3 システム構成と販売体制
    図 『POP TV』のシステム構成
    図 『POP TV』のスキーム
  14-4 ビジネス上の自社の強み/課題
  14-5 コンテンツ制作/配信/運営
  14-6 保守・サポート
  14-7 広告効果測定
  14-8 販売先/主な設置場所
  14-9 2007年度~2009年度売上高推移
  14-10 2009年度以降の市場見通し
  14-10-1 自社の見通し
  14-10-2 市場拡大または阻害要因
15 株式会社パフォーマ
  15-1 デジタルサイネージビジネスの参入経緯
  15-2 『D-sign』の特長
  15-3 システム構成と販売体制
    図 デジタルサイネージ支援システム『D-sign』のサービス体系
  15-4 ビジネス上の自社の強み/課題
  15-5 コンテンツ制作/配信/運営
  15-6 保守・サポート
  15-7 広告効果測定
  15-8 販売先/主な設置場所
  15-9 2009年度以降の市場見通し
  15-9-1 自社の見通し
  15-9-2 市場拡大または阻害要因
16 株式会社メディアコンテンツファクトリー
  16-1 デジタルサイネージビジネスの参入経緯
  16-2 『メディキャスター』の特長
  16-3 システム構成と販売体制
    図 『メディキャスター』の概念図
    図 関連企業相関図
    表 料金体系
  16-4 ビジネス上の自社の強み/課題
  16-5 コンテンツ制作/配信/運営
    図 コンテンツ制作のイメージ
    図 コンテンツサンプル
  16-6 保守・サポート
  16-7 販売先/主な設置場所
  16-8 2007年度~2009年度売上高推移
17 株式会社寒山
  17-1 デジタルサイネージビジネスの参入経緯
  17-2 『EXIT』の特長
  17-3 システム構成と販売体制
    表 Fitness Club Channelの広告出稿料
  17-4 ビジネス上の自社の強み/課題
  17-5 コンテンツ制作/配信/運営
  17-6 販売先/主な設置場所
  17-7 2007年度~2009年度売上高推移
  17-8 2009年度以降の市場見通し
  17-8-1 自社の見通し
  17-8-2 市場拡大または阻害要因
18 彩ネットアド株式会社
  18-1 デジタルサイネージビジネスの参入経緯
  18-2 『SaiNet Vision』の特長
  18-3 システム構成と販売体制
    図 料金メニュー
  18-4 ビジネス上の自社の強み/課題
  18-5 コンテンツ制作/配信/運営
  18-6 広告効果測定
  18-7 販売先/主な設置場所
    図 『SaiNet Vision』車内配置図
    図 『SaiNet Vision』の設置状況
  18-8 2009年度以降の市場見通し
  18-8-1 自社の見通し
  18-8-2 市場拡大または阻害要因
19 株式会社ジェイアール東日本企画
  19-1 デジタルサイネージビジネスの参入経緯
  19-2 『トレインチャンネル、ステーションチャンネル、デジタルポスター』の特長
  19-3 システム構成と販売体制
    表 媒体料金体系
  19-4 ビジネス上の自社の強み/課題
  19-5 コンテンツ制作/配信/運営
  19-6 広告効果測定
  19-7 販売先/主な設置場所
    表 『トレインチャンネル』の路線別比較
    表 『ステーションチャンネル』のディスプレイ設置場所
    表 『デジタルポスター』の設置場所別比較
  19-8 2007年度~2009年度売上高推移
  19-9 2009年度以降の市場見通し
  19-9-1 自社の見通し
  19-9-2 市場拡大または阻害要因
20 株式会社東急エージェンシー
  20-1 デジタルサイネージビジネスの参入経緯
  20-2 『TOQビジョン』の特長
  20-3 システム構成と販売体制
    図 『TOQビジョン』広告の流れ
  20-4 ビジネス上の自社の強み/課題
  20-5 コンテンツ制作/配信/運営
  20-6 保守・サポート
  20-7 広告効果測定
  20-8 販売先/主な設置場所
    図 『TOQビジョン』車内配置図
  20-9 2007年度~2009年度売上高推移
  20-10 2009年度以降の市場見通し
  20-10-1 自社の見通し
  20-10-2 市場拡大または阻害要因
21 日本カーライフアシスト株式会社
  21-1 デジタルサイネージビジネスの参入経緯
  21-2 『JACLA VISION』の特長
  21-3 システム構成と販売体制
    図 『JACLA VISION』運用形態
    図 『JACLA システム』の全体像
    表 JACLAシリーズ
  21-4 ビジネス上の自社の強み/課題
  21-5 コンテンツ制作/配信/運営
    表 『JACLA VISION』放送事例
    表 『JACLA VISION』料金表
    表 『JACLA SHOP CARD』設置料金表
  21-6 保守・サポート
  21-7 広告効果測定
  21-8 販売先/主な設置場所
    『JACLA VISION』設置マップ
  21-9 2009年度以降の市場見通
  21-9-1 自社の見通し
  21-9-2 市場拡大または阻害要因
  21-10 その他


第5章 ユーザ事例

1 株式会社エーエム・ピーエム・ジャパン
  1-1 デジタルサイネージ設置の経緯
  1-2 設置状況
    表 エーエム・ピーエム・ジャパンの設置状況
  1-3 メーカ選定理由
  1-4 配信運営/コンテンツ制作
    図 エーエム・ピーエム・ジャパンのスキーム
  1-5 イニシャルコスト/ランニングコスト
  1-6 デジタルサイネージを導入した効果
  1-7 広告モデル
    表 広告掲載料金表
  1-8 運用上の課題
  1-9 今後の展開
2 株式会社小田急百貨店 新宿店
  2-1 デジタルサイネージ設置の経緯
  2-2 設置状況
    表 小田急百貨店新宿店の設置状況
  2-3 メーカ選定理由
  2-4 コンテンツ制作/配信運営
    図 小田急百貨店新宿店のスキーム
  2-5 イニシャルコスト/ランニングコスト
  2-6 デジタルサイネージを導入した効果
  2-7 広告モデル
  2-8 運用上の課題
  2-9 今後の展開
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。