2009年版 家庭用デジタル無線モジュール市場の現状と展望

国内を含むグローバルの通信モジュール/チップメーカー、システムベンダ、家電メーカーを中心に、家庭用デジタル無線の実態と方向性、それに伴うモジュール/チップの販売、アプリケーション動向を調査した。

発刊日
2009/03/31
体裁
A4 / 187頁
資料コード
C51104000
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:国内を含むグローバルの通信モジュール/チップメーカー、システムベンダ、家電メーカーを中心に、
       家庭用デジタル無線の実態と方向性、それに伴うモジュール/チップの販売・アプリケーション動向を
       把握することを目的とした。
調査対象:家庭用デジタル無線ネットワーク、モジュール/チップセット
       ・無線LAN=WLAN(IEEE802.11及びそれに連なる規格。Wi-Fi含む)
       ・Bluetooth
       ・ZigBee(現在は業務用途であるが家庭用への展開が期待できるため)
       ※その他、一部の項目で、UWB、IrDA(赤外線)や、有線ネットワークについても、関連情報として記す。
調査方法:当社専門調査員による直接面接取材及び周辺取材による。
調査期間:2009年1月15日~3月19日

 

リサーチ内容

第1章.家庭用デジタル無線モジュールの市場概況/予測

1.市場概況
(1)定義
(2)デジタル無線カテゴリ別定義
1)無線LAN(WLAN)
表1―1:IEEE802.11(無線LAN=WLAN)一覧
図1―1:無線LANの物理層の、MAC層の定義
表1―2:ネットワーク・プロトコルのISOによる
ネットワーク通信機能の7階層分類
表1―3:802.11の物理層仕様での分類
表1―4:無線LANの方式別分類
図1-2:無線LANの電波方式
①無線LANアダプター同士の通信(Ad-Hocモード)
②無線LANアダプターとアクセスポイントの通信(Infrastractureモード)
③ビル間通信
④電波置き換え方式
⑤赤外線方式
⑥IrDA赤外線方式
⑦レーザ方式
2)Bluetooth(IEEE802.15.1)
表1―5:Bluetoothの仕様/規格一覧
表1―6:Bluetoothのバージョン毎の最大実効速度
3)その他のデジタル無線技術
表1―6:その他のデジタル無線技術
2.デジタル無線をはじめとする家庭用ネットワーク標準化の動向
(1)標準化の動向
1)公的な標準化推進(デジュール)
①国内
表1―8.公的なデジタル無線関連の標準化団体(国内)
②国際
表1―9.公的なデジタル無線関連の標準化団体(国際)
2)民間団体/コンソーシアム(デファクト)
①範囲の広い技術
表1―10.デジタル無線関連の民間団体(範囲の広い技術)
②特定技術/分野/製品
表1―11.デジタル無線関連の民間団体(特定技術/分野/製品)
(2)主な標準化団体の動向
1)WiMAX
表1―12:WiMAXの標準化組織
図1―3:UQコミュニケーションズのサービス地域のカバー計画
2)ZigBee Alliance
表1―13:ZigBee Allianceで進行中のクラスタ
表1―14:ZigBee Alliance各クラスタのデバイス例
3)DLNA
表1―15:DLNAの主な賛同企業
表1―16:DLNAのガイドライン
図1―4:DLNAが定める2つのデバイスクラス
図1―5:DLNAガイドラインの要素技術
4)UPnP
表1―17:UPnP賛同企業
5)1394TA
6)ECHONET
表1―18:ECHONET準拠製品
表1―19:ECHONET対応認証済製品
3.アプリケーション、製品の相関
(1)家庭用ネットワークのアプリケーション、ネットワーク、
ハードウェア(端末)の相関
表1―20:家庭用ネットワークのアプリケーション、ネットワーク、
ハードウェア(端末)の相関
(2)DLNAのアプリケーション
表1―21:付加情報《参考》 DLNAのビジネスアプリケーション
表1―22:家庭用ネットワーク 無線、有線のメリット
(3)ZigBeeのアプリケーション
表1-23:ZigBeeのアプリケーション
(4)Bluetoothのアプリケーション
表1―24:Bluetoothの主なアプリケーション
(5)WiMAXのアプリケーション
4.ネットワーク家電端末一覧
(1)端末本体
表1―25:ネットワーク家電端末一覧
(2)周辺機器
表1―26:周辺機器一覧
5.チップ/モジュール、ハードウェアの受給関係
(1)WLAN
表1―27:無線LANの通信チップ、モジュール、ハードウェアの相関性
(2)Bluetooth
表1―28:Bluetoothのチップセット、モジュール.ハードウェアの相関性
(3)USB
表1―29:USBのチップセット、モジュールの相関性
(4)IrDA
表1―30:USBのチップセット、モジュールの相関性
(5)ZigBee
表1―31:ZigBeeのチップセット、モジュール、ハードウェアの相関性
(6)EEE1394
6.技術動向
(1)Bluetoothチップ/モジュール
表1―32:Bluetoothの仕様
図1-6:Bluetoothの利用シーン
表1―33:Bluetooth Low Energyのスペック
表1―34:代表的なWPANの種類/仕様の比較
(2)WiMAXチップ/モジュール
図1-7:モバイルWiMAXの位置付
表1―35:モバイルインターネットにおるけWiMAX、Wi-Fiの優位性
(無線LANとの比較)
表1―36:モバイル・ブロードバンド・インターネットの
実現のための主要技術
図1-8:WiMAXモジュールの設計/仕組
(3)WLANチップ/モジュール(IEEE801.11×)
表1―37:無線LAN(WLAN) IEEE802.11×の規格詳細
表1-38:IEEE802.11nのカテゴリー別機能
(4)ZigBeeモジュール
図1―9:ZigBeeのプロトコル体系
図1-10:ZigBeeシステム構成例
(5)IEEE1394
図1―11:IEEE1394の通信距離、速度
(6)MIMO
(7)ANT
表1―39:ANT、Bluetooth、Bluetooth Low Energy、ZigBeeの比較
(8)低消費電力への取組
表1―40:低消費電力を特徴とする無線通信規格
7.デジタル無線チップ/モジュールカテゴリ別市場概況(世界)
(1)総合市場規模推移・予測(2007年~2015年予測)
表1―41:家庭用デジタル無線モジュール市場規模推移・予測
グラフ1―1:家庭用デジタル無線モジュール市場規模推移・予測
(2)カテゴリー別(2007年~2015年予測)
1)WLANチップ/モジュール
①市場規模推移・予測
表1―42:WLANチップ市場規模推移・予測
グラフ1―2:WLANチップ市場規模推移・予測(数量)
グラフ1―3:WLANチップ市場規模推移・予測(金額)
表1―43:WLANモジュール市場規模推移・予測
グラフ1―4:WLANモジュール市場規模推移・予測(数量)
グラフ1-5:WLANモジュール市場規模推移・予測(金額)
②メーカーシェア(2008年次)
表1―44:WLANチップセットのメーカーシェア(2008年次)
グラフ1―6:WLANチップセットのメーカーシェア(2008年次)
表1―45:WLANモジュールのメーカーシェア(2008年次)
グラフ1―7:WLANモジュールのメーカーシェア(2008年次)
③規格別
表1―46:WLANモジュールの規格別シェア(2008年次)
グラフ1―8:WLANモジュールのタイプ別シェア(2008年次)
2)Bluetoothチップ/モジュール
①市場規模推移・予測
表1―47:Bluetoothチップ市場規模推移・予測
グラフ1―9:Bluetoothチップ市場規模推移・予測(数量)
グラフ1―10:Bluetoothチップ市場規模推移・予測(金額)
表1―48:Bluetoothモジュール市場規模推移・予測
グラフ1―11:Bluetoothモジュール市場規模推移・予測(数量)
グラフ1―12:Bluetoothモジュール市場規模推移・予測(金額)
②メーカーシェア(2008年次)
表1―49:Bluetoothチップセットのメーカーシェア(2008年次)
グラフ1―13:Bluetoothチップセットのメーカーシェア(2008年次)
表1―50:Bluetoothモジュールのメーカーシェア
グラフ1―14:Bluetoothモジュールのメーカーシェア(2008年次)
3)WiMAXモジュール
①市場規模推移・予測
表1―51:WiMAXモジュール市場規模推移・予測
グラフ1―15:WiMAXモジュール市場規模推移・予測(数量)
グラフ1―16:WiMAXモジュール市場規模推移・予測(金額)
表1―52:参考・携帯電話・PHS 通信キャリア各社の現行の通信規格、今後の方向性
②モバイルブロードバンドの行方
図1―12:モバイルブロードバンドの行方
4)IEEE1394チップ
表1―53:IEEE1394チップ市場
②メーカーシェア(2008年次)
表1―54:IEEE1394チップセットのメーカーシェア(2008年)
5)複合モジュール
①市場規模推移・予測
表1―55:複合型モジュール市場規模推移・予測
グラフ1―17:複合型モジュール市場規模推移・予測(数量)
6)ZigBeeモジュール
①市場規模推移・予測
表1―56:ZigBeeモジュール市場規模推移・予測
グラフ1―18:ZigBeeモジュール市場規模推移・予測(数量)
グラフ1―19:ZigBeeモジュール市場規模推移・予測(金額)
②メーカーシェア(2008年次)
表1―57:ZigBeeモジュールのメーカーシェア(2008年次)
グラフ1―20:ZigBeeモジュールのメーカーシェア(2008年)
7)IrDAモジュール
①市場規模推移・予測
表1―58:IrDAモジュール市場規模推移・予測
②メーカーシェア(2008年次)
表1―59:IrDAモジュールのメーカーシェア(2008年次)
8.家庭用デジタル無線で実現する生活
(1)ネットワークの普及動向(現状と2015年予測)
1)家庭用ネットワークの普及率(有線/無線別)
表1―60:シーン毎ネットワーク規格の普及率(現状と2015年予測)
2)ハードウェア毎のネットワーク規格の搭載率
表1―61:ハードウェア毎のネットワーク規格の採用率(現状と2015年予測)
①ノートPC
②デスクトップPC
③据置型ゲーム機
④ポータブルゲーム機
⑤デジタルTV
⑥STB/チューナ
⑦DVR
⑧据置型オーディオ
⑨ポータブルオーディオ
⑩デジタル・スチル・カメラ
⑪デジタルカムコーダ
⑫携帯電話
(2)端末/ハードウェア、通信規格、周辺機器の相関(現状と2015年予測)
表1―62:端末/ハードウェア、通信規格、周辺機器の相関(現状と2015年予測)
(3)参考データ(アプリケーション各種の市場動向)
1)携帯電話
表1―63:携帯電話端末世界市場メーカー別出荷台数実績・予測(世界)
図1―13:2008年の携帯電話端末の市場トレンド
図1―14:2009年以降の携帯電話端末の市場トレンド
2)デジタルTV
表1―64:地デジ対応製品の出荷台数/累計台数の推移(国内)
表1―65:地デジ対応製品メーカーシェア(国内・2007年)
表1―66:地デジ対応製品の内訳(国内:2007年)
9.アプリケーション市場とデジタル無線モジュール市場の相関
(1)アプリケーション×通信規格
表1―67:デジタル無線のアプリケーション毎の通信規格需要・予測
(2)モジュール×アプリケーション
1)総合
図1―15:既存ネットワーク、将来ネットワークへの移行
2)Bluetooth
表1―68:Bluetoothチップのモジュール化比率(2008年・世界市場)
グラフ1―21:Bluetoothチップのモジュール化比率
(2008年・世界市場)
表1―69:Bluetoothチップセットの需要先/数量構成比
(2008年/世界市場)
グラフ1―22:Bluetoothチップセットの需要先/数量構成比
(2008年/世界市場)
表1―70:Bluetoothモジュールの需要先/数量構成比
(2008年/世界市場)
グラフ1―23:Bluetoothモジュールの需要先/数量構成比
(2008年・世界市場)
(3)無線LAN(モジュール)
表1―71:WLANモジュールの需要先/数量構成比
(2008年・世界市場)
グラフ1―24:WLANモジュールの需要先/数量構成比
(2008年・世界市場)
10.家庭用デジタル家電モジュールの課題
(1)高速化
(2)セキュリティ
(3)ミドルウェア
図1―16:ホームネットワーク各方式、ミドルウェアの相関
表1―72:参考 ホームネットワークミドルウェアの比較
11.デジタル家電ネットワークの課題解決策/提言
表1―73:通信モジュールメーカーのビジネス形態 2タイプ


第2章.参入各社の動向(企業個票)

A.チップ/モジュールメーカー
A-1.SMK
(1)全社ビジネスのデジタル無線関連事業における位置付
表2―1:SMKの事業領域
(2)取扱製品、技術動向
(3)販売実績/予測
(4)製品動向/戦略、技術動向、提供方法
(5)アプリケーション、ユーザー
(6)デジタル無線ネットワークモジュール事業の問題点/課題
(7)市場や業界に関する見解
A-2.シャープ
(1)デジタル無線関連市場への参入状況、全社ビジネスの位置付
(2)製品動向/戦略、技術動向
(3)アプリケーション、ユーザー
(4)デジタル無線モジュール事業の問題点/課題
(5)デジタル無線モジュール事業の問題点/課題への対応策
(6)デジタル無線市場や業界に関する見解
A-3.富士通
(1)デジタル無線関連市場への参入状況、全社ビジネスの位置付
(2)取扱製品、スペック、価格
表2―2:富士通WiMAX端末向けRFモジュール「MB86K71」
(3)販売実績/予測
(4)製品動向/戦略、技術動向
表2―3:富士通のホームネットワーク運用技術の開発、効果
(5)ホームネットワーク事業の方針
A-4.富士通メディアデバイス
表2―4:富士通メディアデバイスのBluetoothモジュールの
販売推移・予測
A-5.村田製作所
(1)デジタル無線モジュール関連市場への参入状況
(2)Bluetoothモジュールへの取組
(3)販売実績/予測
表2-5:村田製作所のBluetoothモジュールの販売数量推移・予測
A-6.Broadcom
(1)デジタル無線関連市場への参入状況、全社ビジネスの位置付
(2)取扱製品
(3)販売実績/予測
表2―6:Broadcom社の通信モジュールの販売数量推移・予測
(4)アプリケーション、ユーザー、技術動向
A-7.沖電気工業
(1)ZigBeeセンサへの取組
(2)取扱製品
表2―7:沖電気工業のZigBee関連製品
(3)アプリケーション
(4)販売実績、目標
A-8.日立製作所
(1)ZigBee関連製品と販売実績
表2―8:日立製作所のZigBee関連製品
(2)ZigBeeセンサシステムのアプリケーション
(3)技術動向、今後の方針
(4)ZigBee世界市場の見解
A-9.太陽誘電
表2―9:太陽誘電ののBluetoothモジュールの販売数量推移・予測
A-10.NECエンジニアリング
(1)ZigBee関連事業への取組、取扱製品
表2―10:NECエンジニアリングのZigBee関連製品
(2)取扱製品
表2―11:NECエンジニアリングのZigBee関連製品
A-11.Texas Instruments
(1)デジタル無線関連市場への参入状況、取扱製品
表2―2―12:Texas InstrumentsのZigBee関連製品
(2)ZigBeeのアプリケーション
(3)販売実績/予測
表2―13:Texas Instrumentsのデジタル無線モジュールの
販売数量推移・予測
(4)今後の方向性
(5)市場や業界に関する見解
A-12.京セラ
表2―14:京セラの高周波モジュール
A-13.CSR
表2-15:CSRのBluetoothチップの販売数量推移・予測
A-14.フリースケール・セミコンダクタ
表2―16:フリースケール・セミコンダクタのZigBeeモジュールの
ZigBeeモジュールの販売数量推移・予測
A-15.セキテクノトロン
A-16.エイディシーテクノロジー
A-17.IMI
A-18.東京エレクトロンデバイス
(1)デジタル通信無線関連市場への参入状況
(2)取扱製品、技術動向、販売動向
表2―17:東京エレクトロンデバイスのZigBee関連製品
A-19.スカイリーネットワーク
(1)同社のデジタル無線への取組(ZigBee)
(2)ZigBee世界市場への見解
A-20.アルプス電気
(1)デジタル通信無線関連市場への参入状況
(2)取扱製品
図2―1:アルプス電気のボタンの表示が変わる
入力モジュールを用いたリモコン
(3)販売実績/予測
表2―18:アルプス電気のWLANモジュールの販売数量推移・予測
A-21.Sun Microsystems
表2―19:「SunSPOT」の仕様
A-22.ST Microelectronics
(1)デジタル無線関連市場への参入状況、全社ビジネスの位置付
(2)ビジネス特徴
表2―20:ST Microelectronicsのカテゴリ-毎のビジネス特徴
(3)アプリケーション、ユーザー
表2―21:ST Microelectronicsのカテゴリ-毎のユーザー
A-23.Digi International
表2―22:Digi Internationalのワイヤレス製品
A-24.FDK
(1)デジタル無線関連市場への参入状況
(2)製品動向/戦略、技術動向
A-25.アセロス
表2―23:アセロスの無線LANチップ
A-26.Marvell Semiconductor
(1)デジタル無線関連市場への参入状況、全社ビジネスの位置付、販売実績
表2―24:Marvell SemiconductorのWLANモジュールの販売数量推移・予測
(2)技術動向
B.デジタル無線関連装置・システムベンダ
B-1.安川情報システム
(1)デジタル無線関連市場への参入状況、全社ビジネスの位置付
(2)技術動向
B-2.バッファロー
B-3.アンリツ
B-4.クロスボー
(1)デジタル無線関連市場への参入状況
(2)アプリケーション、ユーザー
B-5.Cisco Systems
(1)デジタル無線関連市場への参入状況、全社ビジネスの位置付
(2)取扱製品
(3)アプリケーション
(4)デジタル無線モジュール事業の問題点/課題
C.デジタル無線アプリケーション企業
C-1.パナソニック
(1)デジタル無線関連市場への参入状況、全社ビジネスの位置付
(2)取扱製品、サービス
(3)技術動向
C-2.パナソニック電工
(1)デジタル無線関連市場への参入状況
図2―2:パナソニック電工全社ビジネスにおけるEMITの位置付
図2―3:EMITのシステムアプリケーション
(2)技術動向
(3)アプリケーション
表2―25:EMITの主要アプリケーション
C-3.東芝
(1)デジタル無線関連市場への参入状況
表2―26:東芝「フェミニティ」の機能/アプリケーション
(2)技術動向
表2―27:東芝の各種ネットワーク相互接続ミドルウェアの研究開発
(3)実証実験の取組、実用化の課題
表2―28:情報家電・ネットワークの課題と取組
図2-4:東芝の異種ネット接続の実用化イメージ図
C-4.日立製作所
C-5.三菱電機
表2-29:三菱電機のAV系情報家電ホームネットワークの研究開発の内容一覧
C-6.東京ガス
図2―5:東京電力 大規模無線自動検針システム
C-7.象印
C-8.シャープ
D.その他(プロトコル等)
D-1.Intel
(1)デジタル無線関連市場への参入状況
(2)製品動向/戦略、技術動向
D-2.Microsoft
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。