2009 帳票ソリューション市場

厳しい経済環境の中でも手堅く成長している背景など、帳票ソリューション市場についての調査を実施。市場動向と合わせ、主要ベンダのビジネス状況も詳述する。

発刊日
2009/07/07
体裁
A4 / 172頁
資料コード
C51107200
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

220,000
200,000
20,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:電子帳票の設計・出力、および運用・保存を行うソリューションを対象としている。
調査方法:直接面接取材をベースに、e-mailによる取材を併用
調査期間:2009年4月~6月

リサーチ内容

第1章 帳票ソリューション市場の動向

1.2008年度の市場概況と2009年度の見通し
  1.1 IT投資における優先順位が繰り上がる
    表 本レポートにおける設計・出力と運用・保存の分類
    表/図 帳票ソリューションの市場規模推移(2006~2009年度)
  1.2 「横這い」の読みに+αの期待
    表/図 帳票ソリューション市場の内訳①(設計・出力/運用・保存)
    表/図 帳票ソリューション市場の内訳②(ライセンス/保守・サポート/他)
    図 ライセンス/保守・サポート/その他の構成比
    表 設計・出力分野の市場規模推移(ライセンス/保守・サポート/その他)
    図 設計・出力分野の市場規模推移(ライセンス/保守・サポート/その他)
    図 ライセンス/保守・サポート/その他の構成比(設計・出力分野)
    表 運用・保存分野の市場規模推移(ライセンス/保守・サポート/その他)
    図 運用・保存分野の市場規模推移(ライセンス/保守・サポート/その他)
    図 ライセンス/保守・サポート/その他の構成比(運用・保存分野)
2.市場動向の各論と市場規模の内訳
  2.1 中堅・中小マーケットには進出の余地も
    表/図 年商規模別の市場規模(2008年度、ライセンス売上高)
    表/図 年商規模別の市場規模(2009年度予測、ライセンス売上高)
  2.2 製造業の構成比が減少
    表/図 業種別の構成比推移(2007~2009年度、ライセンス売上高)
    表/図 業種別の市場規模(2008年度、ライセンス売上高)
    表/図 業種別の市場規模(2009年度予測、ライセンス売上高)
  2.3 削減可能なコストを明示
    表/図 稼働OS別の市場規模(2008年度、ライセンス売上高)
    表/図 稼働OS別の市場規模(2009年度予測、ライセンス売上高)
  2.4 販売面の施策
    表 ウイングアークのパートナサポート(一部抜粋)
    表/図 販売ルート別の市場規模(2008年度、ライセンス売上高)
    表/図 販売ルート別の市場規模(2009年度予測、ライセンス売上高)
3.今後の展望
  3.1 中期的には数%の成長を確保
  3.2 裾野拡大に向けては懸念材料も
  3.3 次世代に向けた準備開始時期に差し掛かる
    表/図 帳票ソリューションの市場規模予測①(総市場、~2012年度)
    表/図 帳票ソリューションの市場規模予測②(設計・出力/運用・保存)
4.関連市場の動向
  4.1 ERPソリューション市場の動向
    表 ERPソリューションの市場規模推移
  4.2 ユーザ企業規模別のERPソリューション市場
  4.2.1 大手企業向け市場動向
  4.2.2 中堅・中小企業向け市場動向
    表 顧客企業の年商規模別ERPライセンス売上高推移


第2章 帳票ソリューションのベンダシェア

データに関する留意事項
1.設計・出力分野のベンダシェア
  1.1 全体(ライセンス+保守・サポート+その他)
  1.1.1 2006年度
  1.1.2 2007年度
  1.1.3 2008年度
  1.1.4 2009年度(予測)
  1.2 ライセンス売上高
  1.2.1 2006年度
  1.2.2 2007年度
  1.2.3 2008年度
  1.2.4 2009年度(予測)
2.運用・保存分野のベンダシェア
  2.1 全体(ライセンス+保守・サポート+その他)
  2.1.1 2006年度
  2.1.2 2007年度
  2.1.3 2008年度
  2.1.4 2009年度(予測)
  2.2 ライセンス売上高
  2.2.1 2006年度
  2.2.2 2007年度
  2.2.3 2008年度
  2.2.4 2009年度(予測)
3.年商規模別のベンダシェア(ライセンス売上高)
  3.1 大企業-年商501億円以上(2008年度)
  3.1.1 設計・出力+運用・保存
  3.1.2 設計・出力
  3.1.3 運用・保存
  3.2 中堅・中小企業-年商500億円以下(2008年度)
  3.2.1 設計・出力+運用・保存
  3.2.2 設計・出力
  3.2.3 運用・保存
  3.3 年商1,001億円以上(2008年度)
  3.3.1 設計・出力+運用・保存
  3.3.2 設計・出力
  3.3.3 運用・保存
  3.4 年商501-1,000億円(2008年度)
  3.4.1 設計・出力+運用・保存
  3.4.2 設計・出力
  3.4.3 運用・保存
  3.5 年商101-500億円(2008年度)
  3.5.1 設計・出力+運用・保存
  3.5.2 設計・出力
  3.5.3 運用・保存
  3.6 年商100億円以下(2008年度)
  3.6.1 設計・出力+運用・保存
  3.6.2 設計・出力
  3.6.3 運用・保存
  3.7 大企業-年商501億円以上(2009年度予測)
  3.7.1 設計・出力+運用・保存
  3.7.2 設計・出力
  3.7.3 運用・保存
  3.8 中堅・中小企業-年商500億円以下(2009年度予測)
  3.8.1 設計・出力+運用・保存
  3.8.2 設計・出力
  3.8.3 運用・保存
  3.9 年商1,001億円以上(2009年度予測)
  3.9.1 設計・出力+運用・保存
  3.9.2 設計・出力
  3.9.3 運用・保存
  3.10 年商501-1,000億円(2009年度予測)
  3.10.1 設計・出力+運用・保存
  3.10.2 設計・出力
  3.10.3 運用・保存
  3.11 年商101-500億円(2009年度予測)
  3.11.1 設計・出力+運用・保存
  3.11.2 設計・出力
  3.11.3 運用・保存
  3.12 年商100億円以下(2009年度予測)
  3.12.1 設計・出力+運用・保存
  3.12.2 設計・出力
  3.12.3 運用・保存
4.業種別のベンダシェア(ライセンス売上高)
  4.1 製造(2008年度)
  4.1.1 設計・出力+運用・保存
  4.1.2 設計・出力
  4.1.3 運用・保存
  4.2 流通(2008年度)
  4.2.1 設計・出力+運用・保存
  4.2.2 設計・出力
  4.2.3 運用・保存
  4.3 金融(2008年度)
  4.3.1 設計・出力+運用・保存
  4.3.2 設計・出力
  4.3.3 運用・保存
  4.4 官公庁・自治体(2008年度)
  4.4.1 設計・出力+運用・保存
  4.4.2 設計・出力
  4.4.3 運用・保存
  4.5 その他(2008年度)
  4.5.1 設計・出力+運用・保存
  4.5.2 設計・出力
  4.5.3 運用・保存
  4.6 製造(2009年度予測)
  4.6.1 設計・出力+運用・保存
  4.6.2 設計・出力
  4.6.3 運用・保存
  4.7 流通(2009年度予測)
  4.7.1 設計・出力+運用・保存
  4.7.2 設計・出力
  4.7.3 運用・保存
  4.8 金融(2009年度予測)
  4.8.1 設計・出力+運用・保存
  4.8.2 設計・出力
  4.8.3 運用・保存
  4.9 官公庁・自治体(2009年度予測)
  4.9.1 設計・出力+運用・保存
  4.9.2 設計・出力
  4.9.3 運用・保存
  4.10 その他(2009年度予測)
  4.10.1 設計・出力+運用・保存
  4.10.2 設計・出力
  4.10.3 運用・保存
5.稼働OS別のベンダシェア(ライセンス売上高)
  5.1 Windows(2008年度)
  5.1.1 設計・出力+運用・保存
  5.1.2 設計・出力
  5.1.3 運用・保存
  5.2 UNIX(2008年度)
  5.2.1 設計・出力+運用・保存
  5.2.2 設計・出力
  5.2.3 運用・保存
  5.3 Linux(2008年度)
  5.3.1 設計・出力+運用・保存
  5.3.2 設計・出力
  5.3.3 運用・保存
  5.4 Windows(2009年度予測)
  5.4.1 設計・出力+運用・保存
  5.4.2 設計・出力
  5.4.3 運用・保存
  5.5 UNIX(2009年度予測)
  5.5.1 設計・出力+運用・保存
  5.5.2 設計・出力
  5.5.3 運用・保存
  5.6 Linux(2009年度予測)
  5.6.1 設計・出力+運用・保存
  5.6.2 設計・出力
  5.6.3 運用・保存
6.販売ルート別のベンダシェア(ライセンス売上高)
  6.1 直接販売(2008年度)
  6.1.1 設計・出力+運用・保存
  6.1.2 設計・出力
  6.1.3 運用・保存
  6.2 間接販売(2008年度)
  6.2.1 設計・出力+運用・保存
  6.2.2 設計・出力
  6.2.3 運用・保存
  6.3 直接販売(2009年度予測)
  6.3.1 設計・出力+運用・保存
  6.3.2 設計・出力
  6.3.3 運用・保存
  6.4 間接販売(2009年度予測)
  6.4.1 設計・出力+運用・保存
  6.4.2 設計・出力
  6.4.3 運用・保存


第3章 ベンダ各社の帳票ソリューションビジネス

1.ビーエスピー
  1.1 売上高の推移(2006年度実績~2009年度予測)
  1.2 ライセンス売上金額の内訳
  1.2.1 販売ルート別
  1.2.2 稼働OS別
  1.2.3 年商規模別
  1.2.4 業種別
  1.3 製品の概要
    図 ビーエスピーのレポートソリューション製品群
  1.4 帳票分野に止まらず幅広いソリューションを提案
  1.5 運用管理全体を見渡す大規模案件が中心
  1.6 間接ルートに乗るBSP製品の幅を広げる
  1.7 BSP製品の横展開に向けてソリューション体系の整理も検討
  1.8 ユーザ主体で積極的な研究活動を展開
  1.9 運用管理ベンダとしての強みを更に鮮明に
2.富士通
  2.1 売上高の推移(2006年度実績~2009年度予測)
  2.2 ライセンス売上金額の内訳
  2.2.1 販売ルート別
  2.2.2 稼働OS別
  2.2.3 年商規模別
  2.2.4 業種別
  2.3 製品の概要
    Interstage帳票ソリューションの概要
  2.4 更なる知名度向上に取り組む
  2.5 大手企業が目立つものの、中堅企業の構成比も徐々に高まる
  2.6 製品に触れる機会を設けることでユーザの理解を深める
  2.7 帳票生成における優位性を更に高める
  2.8 キャンペーンで間口を広げ、顧客層拡大に結びつける
  2.9 実態から乖離したイメージを払拭
3.日立製作所
  3.1 売上高の推移(2006年度実績~2009年度予測)
  3.2 ライセンス売上金額の内訳
  3.2.1 販売ルート別
  3.2.2 稼働OS別
  3.2.3 年商規模別
  3.2.4 業種別
  3.3 製品の概要
    図 uCosminexus EURの製品関係
  3.4 幅広い製品ラインナップで様々な規模のシステムに対応
  3.5 直販は大企業中心、中堅・中小企業は販売パートナが手堅く押さえる
  3.6 製品連携パートナの強化に取り組む
  3.7 部門レベルの作業改善にも帳票ソリューションを適用
4.インフォコム
  4.1 売上高の推移(2006年度実績~2009年度予測)
  4.2 ライセンス売上金額の内訳
  4.2.1 販売ルート別
  4.2.2 稼働OS別
  4.2.3 年商規模別
  4.2.4 業種別
  4.3 製品の概要
    図 NEOSS関連製品のシステム構成
  4.4 SI部分に対する信頼感に高い評価
  4.5 比較的規模の大きな企業が主要ターゲット
  4.6 基幹システム関連ソリューション全体で成長を確保
    図 基幹システム関連ソリューション事業の成長イメージ
  4.7 様々なオプション製品でユーザニーズにきめ細かく対応
  4.8 外部システム/外部企業との連携を活かす
  4.9 基幹システムのデータを取り扱う総合的なソリューションへ
5.インフォプリント・ソリューションズ・ジャパン
  5.1 売上高の推移(2006年度実績~2009年度予測)
  5.2 ライセンス売上金額の内訳
  5.2.1 販売ルート別
  5.2.2 稼働OS別
  5.2.3 年商規模別
  5.2.4 業種別
  5.3 製品の概要
  5.4 AFPプリンタユーザをきっちりと押さえる
  5.5 ユーザ層に大きな変化は見られず
  5.6 カスタマイズには柔軟に対応
6.JFEシステムズ
  6.1 売上高の推移(2006年度実績~2009年度予測)
  6.2 ライセンス売上金額の内訳
  6.2.1 販売ルート別
  6.2.2 稼働OS別
  6.2.3 年商規模別
  6.2.4 業種別
  6.3 製品の概要
    図 FiBridgeⅡのシステム構成
  6.4 実績こそが最たる強み
  6.5 帳票以外の業務データ活用にも応用
7.NEC
  7.1 売上高の推移(2006年度実績~2009年度予測)
  7.2 ライセンス売上金額の内訳
  7.2.1 販売ルート別
  7.2.2 稼働OS別
  7.2.3 年商規模別
  7.2.4 業種別
  7.3 製品の概要
    図 WebSAM Rakuformの製品・サービス体系
  7.4 『Rakuform』も『WebSAM』ブランドで
  7.5 ユーザに対する見せ方/説明方法を強化
  7.6 NECユーザとのコミュニケーション強化が奏功
  7.7 コスト削減を具体的に提示
  7.8 『WebSAM WORKS』によりコラボレーション強化
    図 WebSAM WORKSの概要
  7.9 グループ全体のシナジーを念頭にビジネス展開
8.NEC情報システムズ
  8.1 売上高の推移(2006年度実績~2009年度予測)
  8.2 ライセンス売上金額の内訳
  8.2.1 販売ルート別
  8.2.2 稼働OS別
  8.2.3 年商規模別
  8.2.4 業種別
  8.3 製品の概要
    図 PIFVIEWERのシステム構成
  8.4 少数精鋭で帳票ソリューションビジネスを運営
  8.5 必要十分な機能を安価に実現
  8.6 「顧客の顔が見えるビジネス」を標榜
9.NTTデータビジネスブレインズ
  9.1 売上高の推移(2006年度実績~2009年度予測)
  9.2 ライセンス売上金額の内訳
  9.2.1 販売ルート別
  9.2.2 稼働OS別
  9.2.3 年商規模別
  9.2.4 業種別
  9.3 製品の概要
    図 Pandora-AXの概要
  9.4 強固なセキュリティを確保、使い勝手の良さも追求
  9.5 NTTデータ経由の案件によってユーザ層に若干の変動も
  9.6 “仮導入”がポイント
  9.7 帳票ソリューションの周辺機能を追加
  9.8 間接販売強化が重点施策
  9.9 ユーザの印刷環境整理も念頭に
10.日本オプロ
  10.1 売上高の推移(2006年度実績~2009年度予測)
  10.2 ライセンス売上金額の内訳
  10.2.1 販売ルート別
  10.2.2 稼働OS別
  10.2.3 年商規模別
  10.2.4 業種別
  10.3 製品の概要
    表 OPRO X Serverの特長
    図 OPRO X Serverの概要
  10.4 大型案件のポイントを把握、DB連携にも強みを持つ
  10.5 組み込みとSaaSでビジネス拡大
  10.6 クラウドの部品としてアプリケーションを提供
  10.7 帳票SaaS以外は間接販売が主
11.パナソニックITソリューションズ
  11.1 売上高の推移(2006年度実績~2009年度予測)
  11.2 ライセンス売上金額の内訳
  11.2.1 販売ルート別
  11.2.2 稼働OS別
  11.2.3 年商規模別
  11.2.4 業種別
  11.3 製品の概要
    図 APOLLOCSの概要
  11.4 細部の機能まで作り込んだ技術力が支持される
  11.5 業種構成は大きく変化せず
  11.6 既存顧客の深耕を進める
  11.7 製品開発の方向性
  11.8 一時的に直販比率が上昇
  11.9 経営統合・合併時のデータ管理対応
12.ウイングアーク テクノロジーズ
  12.1 売上高の推移(2006年度実績~2009年度予測)
  12.2 ライセンス売上金額の内訳
  12.2.1 販売ルート別
  12.2.2 稼働OS別
  12.2.3 年商規模別
  12.2.4 業種別
  12.3 製品の概要
    図 SVFの概要
  12.4 中堅クラス以上をターゲットに、基幹系・情報系の双方をカバー
  12.5 アウトプット全体の最適化を推進
  12.6 直接・間接にユーザニーズを収集
  12.7 プライシングの在り方を模索
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

220,000
200,000
20,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。