2009 新世代アイドルストップシステム市場の徹底分析

CO2規制対応など、各国の厳しい環境規制への対応で「できるだけ安く、燃費に効く」技術としてアイドルストップに白羽の矢が立っております。本調査レポートでは、すべての乗用車および車両重量3.5t以下の商用車に搭載されるアイドルストップシステムを対象とし、また対象地域はワールドワイドでアイドルストップシステム市場の動向と将来展望を調査・分析。また、2008年~2015年の市場規模を算出・予測致しました。

発刊日: 2009/11/20 体裁: A4 / 123頁
資料コード: C51300800 PDFサイズ:
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:アイドルストップシステムに関する現状の市場動向を明らかにするとともに、開発動向や技術動向を踏まえ、
       今後の市場展望を俯瞰する。
調査対象:自動車メーカ、車両システムメーカ 等
調査方法:当社研究員による直接面接取材、電話取材、文献調査 等
調査期間:2009年9月~11月

リサーチ内容

第1章 アイドルストップシステムの概況

1-1 欧州を中心に急増するアイドルストップシステム搭載車両
1-2 各国の環境規制の強化
1-3 低コストでありながら高い効果
1-4 ネガティブ要素の解消と回生技術の取り込みで進化


第2章 アイドルストップシステムの市場予測

2-1 地域別アイドルストップシステム搭載車両の販売予測(数量ベース)
2-2 アイドルストップ車のメーカシェア(2009年販売台数ベース)
2-3 構成システム別アイドルストップシステムの市場規模予測(金額ベース)
2-4 アイドルストップシステムの市場規模予測(数量・金額ベース)


第3章 構成システム別詳細分析とマーケット予測

3-1 エンジン再始動システム
  3-1-1 エンジン再始動システムの種類と採用状況
  3-1-2 各エンジン再始動システムの制御の仕組みと課題・今後の可能性
    3-1-2-① スタータタイプ
    3-1-2-② ベルト駆動スタータ兼オルタネータタイプ
    3-1-2-③ 常時噛合いギア式スタータタイプ
    3-1-2-④ 直噴燃焼+スタータアシストタイプ
  3-1-3 エンジン再始動システムのシステム別シェア(2009年)
  3-1-4 エンジン再始動システムの採用予測
3-2 パワーマネジメントシステム
  3-2-1 パワーマネジメントシステムの種類と採用状況
  3-2-2 各パワーマネジメントシステムの制御の仕組みと課題・今後の可能性
    3-2-2-① DC-DCコンバータ(電圧安定器)
    3-2-2-② 鉛バッテリのサブ電源システム
    3-2-2-③ Li-ionバッテリのサブ電源システム
    3-2-2-④ キャパシタのサブ電源システム
  3-2-3 パワーマネジメントシステムのシステム別シェア(2009年)
  3-2-4 パワーマネジメントシステムの採用予測
3-3 アイドルストップ車向け空調システム
  3-3-1 アイドルストップ車向け空調システムの種類と採用状況
  3-3-2 各空調システムの制御の仕組みと課題・今後の可能性
    3-3-2-① 各種温度センサによるアイドルストップ制御
    3-2-2-② 蓄冷・蓄熱システム
    3-3-2-③ 電動コンプレッサ
3-4 トランスミッション油圧制御システム(AT・CVT車)
  3-4-1 油圧制御の種類と採用状況・今後の可能性
3-5 専用インフォメーションシステム(メータ・ディスプレイ)
  3-5-1 専用インフォメーションシステムの種類と採用状況・今後の可能性


第4章 注目されるコンポーネント・システムの市場動向

4-1 バッテリ状態検知システム(バッテリセンサ、電流センサ)
  4-1-1 システム・コンポーネント概要
  4-1-2 技術動向
  4-1-3 市場規模予測(2008~2015年)
  4-1-4 納入マトリクス(2009年)
  4-1-5 メーカシェア(2009年見込)
4-2 DCDCコンバータ(電圧安定器)
  4-2-1 コンポーネント概要
  4-2-2 技術動向
  4-2-3 市場規模予測(2008~2015年)
  4-2-4 納入マトリクス(2009年)
  4-2-5 メーカシェア(2009年見込)
4-3 再始動システム(スタータ関連)
  4-3-1 市場規模予測(2008~2015年)
  4-3-2 納入マトリクス(2009年)
  4-3-3 メーカシェア(2009年見込)
4-4 正転・逆転検出クランクポジションセンサ
  4-4-1 コンポーネント概要
  4-4-2 技術動向
  4-4-3 市場規模予測(2008~2015)
  4-4-4 納入マトリクス(2009年)・メーカシェア(2009年見込)
4-5 電動オイルポンプ
  4-5-1 コンポーネント概要
  4-5-2 技術動向
  4-5-3 市場規模予測(2008~2015年)
  4-5-4 納入マトリクス(2009年)
  4-4-5 メーカシェア(2009年見込)
4-6 主要コンポーネント一覧(自動車メーカ/サプライヤ相関図)


第5章 自動車メーカ別投入状況・計画と システム作動制御

5-1 トヨタ自動車
5-2 マツダ
5-3 ダイハツ工業
5-4 三菱自動車
5-5 スズキ
5-6 日産自動車
5-7 BMW
5-8 Daimler
5-9 PSA Gr.
5-10 Fiat
5-11 Volvo
5-12 Audi
5-13 Volkswagen
5-14 Porsche
5-15 Mahindra & Mahindra
5-16 Hyundai-Kia Gr.


第6章 主要システムサプライヤの動向

6-1 デンソー
6-2 Bosch
6-3 Valeo
6-4 Hella
6-5 日立製作所
 

図表目次

第1章 アイドルストップシステムの概況
図1- 1 エンジン車燃費向上の基本要素
図1- 2 日米欧における燃費の推移と目標
図1- 3 アイドルストップシステムの進化
表1- 1 自動車メーカのアイドルストップシステム採用状況
表1- 2 日米欧の環境関連政策と燃費・CO2規制
表1- 3 主な燃費向上技術のCO2排出量削減効果と搭載コスト比較

第2章 アイドルストップシステムの市場予測
図2- 1 地域別アイドルストップシステム搭載車両の販売予測(2008~2015年)
図2- 2 アイドルストップシステム搭載車両販売台数の地域別構成比(2008~2015年)
図2- 3 欧州市場:新車販売台数とアイドルストップ車販売台数の予測
図2- 4 日本市場:新車販売台数とアイドルストップ車販売台数の予測
図2- 5 マツダ「アクセラ」月間販売台数とi-stop装着率の見込みと実績
図2- 6 ガソリン車における各電動化技術のコスト・CO2削減率の比較
図2- 7 Mahindra & Mahindra アイドルストップシステムの紹介ページ
図2- 8 アイドルストップ車のメーカシェア(2009年見込・販売台数ベース)
図2- 9 構成システム別アイドルストップシステムの市場規模予測(金額ベース)
図2- 10 構成システム別市場規模予測(金額ベース)のシステム別構成比
図2- 11 アイドルストップシステムの市場規模予測(数量・金額ベース)
表2- 1 地域別アイドルストップシステム搭載車両の販売予測(2008~2015年)
表2- 2 欧州市場:新車販売台数とアイドルストップ車販売台数の予測
表2- 3 CO2排出量別制裁金(EU:2012~2018年)
表2- 4 日本市場:新車販売台数とアイドルストップ車販売台数の予測
表2- 5 アイドルストップ車のメーカシェア(2009年見込・販売台数ベース)
表2- 6 アイドルストップシステムの構成システムと各種タイプ・コンポーネント一覧
表2- 7 構成システム別アイドルストップシステムの市場規模予測(金額ベース)
表2- 8 構成システム別市場規模予測(金額ベース)のシステム別構成比
表2- 9 アイドルストップシステムの市場規模予測(数量・金額ベース)

第3章 構成システム別詳細分析とマーケット予測
図3- 1 アイドルストップシステム用スターターモータ(Bosch)
図3- 2 ベルト駆動スタータ兼オルタネータ(Valeo)
図3- 3 常時噛合いギア式スタータ(トヨタ・デンソー)と作動説明図
図3- 4 i-stopのエンジン停止・再始動のしくみ(マツダ)
図3- 5 エンジン再始動システムのシステム別シェア(2009年)
図3- 6 エンジン再始動システムのシステム別採用予測(2008~2015年)
図3- 7 i-stopのバッテリマネジメント(マツダ)
図3- 8 T.I.I.S.のLi-ionバッテリシステム(トヨタ)
図3- 9 T.I.I.S.のLi-ionバッテリモジュール外観図と1セルあたりの仕様
図3- 10 T.I.I.S.のLi-ionバッテリのSOC(充電状態)管理
図3- 11 ミラに搭載される電気二重層キャパシタ(ダイハツ)
図3- 12 パワーマネジメントシステムのシステム別シェア(2009年)
図3- 13 パワーマネジメントシステムのシステム別採用予測(2008~2015年)
図3- 14 パワーマネジメントシステムのシステム別採用予測(構成比)
図3- 15 温度センサによる空調・アイドルストップ制御フローチャート
図3- 16 蓄冷材の設計開発における放冷試験結果
図3- 17 2Wayコンプレッサ(外観)
図3- 18 i-stopモニタの表示
表3- 1 エンジン再始動システムの比較
表3- 2 直噴エンジンに適用した2つの再始動システムの違い(BMW・マツダ)
表3- 3 エンジン再始動システムのシステム別シェア(2009年)
表3- 4 エンジン再始動システムのシステム別採用予測(2008~2015年)
表3- 5 パワーマネジメントシステムの比較
表3- 6 パナソニックストレージバッテリー製アイドルストップ車用バッテリ
表3- 7 T.I.I.S.のLi-ionバッテリシステムの構成部品とその機能
表3- 8 各種車載用途でのキャパシタ要求性能
表3- 9 パワーマネジメントシステムのシステム別シェア(2009年)
表3- 10 パワーマネジメントシステムのシステム別採用予測(2008~2015年)
表3- 11 アイドルストップ向け空調システムの比較
表3- 12 温度センサによるアイドルストップ制御の進化形(各社のアイディア)
表3- 13 トランスミッション油圧制御システムの比較
表3- 14 自動車メーカ別アイドルストップ車のインフォメーションシステムの比較
表3- 15 i-stopランプの表示とi-stopシステムの状態

第4章 注目されるコンポーネント・システムの市場動向
図4- 1 バッテリセンサの開発動向
図4- 2 アイドルストップ用バッテリセンサの市場規模予測(数量・金額ベース)
図4- 3 アイドルストップ用バッテリセンサの納入マトリクス
図4- 4 アイドルストップ用バッテリセンサのメーカシェア(2009年見込)
図4- 5 再始動における電圧降下とその対策(イメージ)
図4- 6 アイドルストップ用DC-DCコンバータの市場規模予測(金額・数量ベース)
図4- 7 アイドルストップ用DC-DCコンバータのメーカシェア(2009年見込)
図4- 8 再始動システム(スタータ関連)のタイプ別市場規模予測(金額ベース)
図4- 9 再始動システム(スタータ関連)のメーカシェア(2009年見込)
図4- 10 クランクポジションセンサの搭載位置
図4- 11 正転・逆転検出クランクポジションセンサの市場規模予測(数量・金額ベース)
図4- 12 モータとコントローラの接続(ジェイテクト)
図4- 13 アイドルストップ用電動オイルポンプ(ジェイテクト)
図4- 14 アイドルストップ用電動オイルポンプの市場規模予測(数量・金額ベース)
図4- 15 アイドルストップ用電動オイルポンプのメーカシェア(2009年見込)
表4- 1 アイドルストップ用バッテリセンサの市場規模予測(数量・金額ベース)
表4- 2 アイドルストップ用バッテリセンサのメーカシェア(2009年見込)
表4- 3 アイドルストップ用DC-DCコンバータの市場規模予測(数量・金額ベース)
表4- 4 アイドルストップ用DC-DCコンバータの納入マトリクス(2009年)
表4- 5 アイドルストップ用DC-DCコンバータのメーカシェア(2009年見込)
表4- 6 市場規模算出に含む各再始動システムのコンポーネントとシステム単価
表4- 7 再始動システム(スタータ関連)のタイプ別市場規模予測(金額ベース)
表4- 8 再始動システム(スタータ関連)の納入マトリクス(2009年)
表4- 9 再始動システム(スタータ関連)のメーカシェア(2009年見込)
表4- 10 正転・逆転検出クランクポジションセンサの市場規模予測(数量・金額ベース)
表4- 11 正転・逆転検出クランクポジションセンサの納入マトリクス
表4- 12 アイドルストップ用電動オイルポンプの市場規模予測(数量・金額ベース)
表4- 13 アイドルストップ用電動オイルポンプの納入マトリクス
表4- 14 主要コンポーネント一覧(自動車メーカ/サプライヤ相関図)

第5章 自動車メーカ別投入状況・計画とシステム作動制御
図5- 1 i-stopのシステム作動制御(マツダ)
図5- 2 i-stopのシステム作動制御のフロー(マツダ)
図5- 3 電気デバイスの段階的実用化(マツダ)
図5- 4 新アイドルストップシステムを搭載するe:S(ダイハツ)
図5- 5 e:S用第2世代KFエンジンとeco IDLEの特徴
図5- 6 欧州向け「コルト Clear Tec AS&G」
図5- 7 アイドリングストップ&スタートシステムの作動制御(日産自動車)
図5- 8 BMWグループの欧州向け車両に搭載される車種別燃費向上技術
図5- 9 smart fortwo センターコンソールのECO start/stopスイッチ(Daimler)
図5- 10 Stop & Start systemのメインコンポーネント(PSA Gr.)
図5- 11 Fiat 「500」
図5- 12 Volvoの低燃費モデル「DRIVe」7車種
図5- 13 VolkswagenのBlueMotion3モデル
図5- 14 パナメーラの燃費向上の内訳(Porsche)
図5- 15 スコーピオのエンブレムとMicro Hybridの表示(Mahindra & Mahindra)
図5- 16 cee’dのスポーツワゴンモデル(Kia)
表5- 1 トヨタ歴代アイドルストップシステム作動制御の比較
表5- 2 Audi start-stopモデルと標準車のCO2排出量・燃費等の比較

第6章 主要システムサプライヤの動向
図6- 1 エンジン暖気用蓄熱システム(デンソー)
図6- 2 Bosch Start-stop専用スタータの累計出荷台数の推移
図6- 3 Bosch Start-stopシステムの構成と車両搭載位置
図6- 4 Bosch Start-stopシステムの構成と制御系統
図6- 5 DC-DCコンバータ外観(Bosch)
図6- 6 バッテリセンサ外観(Bosch)
図6- 7 i-StARS(Valeo)
図6- 8 StARS 14+Xのシステム構成(Valeo)
図6- 9 Maxwell社のウルトラキャパシタ「BOOSTCAP」
図6- 10 IBS200x(Hella)
図6- 11 第1世代の電圧安定器(DC-DCコンバータ)(Hella)
図6- 12 アイドルストップシステム(日立製作所)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C56101900 2013-2014年度版 国内携帯電話市場レポート -2020年の移動体通信サービス展望-
C49201300 2007年版 ブロードバンド白書
C48116000 2007 多機能・複合型/複写機・プリンタ・FAX市場の実態と展望
C55119200 2013 非製造業のIT投資実態と予測
C53300700 2011 新世代アイドルストップシステム市場の徹底分析