2010年版 米飯市場の展望と戦略

本調査レポートでは、低価格化と値ごろ感の中で揺れ動く米飯市場の商品化動向を分野別に徹底取材し、レポートいたしました。特に、本年版では、米粉、発芽玄米、雑穀米等の拡大する注目米飯関連市場を特集いたしました。また、米飯10大市場別の商品トレンド、市場規模推移と予測を網羅し、米飯市場の将来を展望いたしました。

発刊日
2010/09/06
体裁
A4 / 385頁
資料コード
C52203400
PDFサイズ
3.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
115,500
105,000
10,500
148,500
135,000
13,500
231,000
210,000
21,000
264,000
240,000
24,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:全国の米飯関連企業(日配米飯メーカー、加工米飯メーカー)における米飯事業戦略、及び取り扱い商品の動向、及び近年派生商品が多数開発される米粉市場、発芽玄米市場、雑穀市場を調査・分析することにより、米飯市場の現状と今後の市場見通しを明らかにすることを目的として実施した。
調査対象:日配米飯メーカー、加工米飯メーカー、米粉・発芽玄米・雑穀メーカー、関連業界団体、農水省他
調査方法:直接面接調査と郵送・電話等による間接調査、文献調査を併用
調査期間:2010年6月~2010年9月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 米飯市場の商品化動向を分野別に徹底取材。
  • 米飯10大市場別の商品トレンド、市場規模推移と予測を網羅。(2005年度~2013年度予測)
    (1)弁当 (2)おにぎり (3)持ち帰り弁当 (4)持ち帰り寿司 (5)持ち帰り丼
    (6)弁当給食(在宅配食サービス) (7)冷凍米飯 (8)レトルト米飯 (9)無菌包装米飯 (10)セット米飯
  • 有力参入企業29社の事業展開・戦略の詳細を掲載。

■本資料の概要

第Ⅰ章 注目業界動向
第Ⅱ章 マーケットの現状分析と展望
第Ⅲ章 有力米飯メーカーの企業戦略分析
第Ⅳ章 特集 注目米飯関連市場動向
第Ⅴ章 注目企業の個別実態(29社)

■掲載内容

第Ⅰ章 注目業界動向

1.米飯市場における商品化トレンド
2.米飯市場における関連注目マーケット動向
  (1)米粉市場
  (2)発芽玄米市場
  (3)雑穀市場
  (4)レンジ調理型商品市場
3.米飯販売各社のアジア・海外戦略
4.2009~2010年上期のヒット米飯商品
5.最新機能米開発の方向性
6.これからの米飯市場の方向性
7.米飯関連統計データ
  (1)加工米飯の生産量推移(2000~2009年)
  (2)工業統計
    ①すし・弁当・おにぎりの全国出荷金額、事業所推移(2008 年)
    ②すし・弁当・おにぎりの都道府県別出荷金額ランキング(2008 年:上位ベスト10)
  (3)家計調査年報
    ①食料品の消費支出に占める「米飯類」「惣菜・中食」のウェイト推移(2002~2009 年)
    ②1 世帯あたりの「米飯類」「惣菜・中食」の年間支出額推移(2002~2009 年)
    ③1 世帯あたりの年間支出伸び率(1999~2009 年:1999 年比)
    ④1 世帯あたりの米飯類の年間支額の内訳(2009 年)
    ⑤米飯類の地区別年間支額(2009 年)

第Ⅱ章 マーケットの現状分析と展望

1.米飯の総市場規模推移(2005~2009年度)
2.米飯の商品別市場構成比(2009年度)
3.米飯の末端チャネル別市場構成比(2009年度)
4.米飯の地域別市場構成比(2009年度)
5.商品別市場動向分析
  (1)弁当
    ①注目商品トレンドと販売伸長商品
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④市場の抱える現状の課題点
    ⑤市場規模推移(2005~2009 年度)
    ⑥今後の市場見通しと市場規模予測(2010~2013 年度)
  (2)おにぎり
    ①注目商品トレンドと販売伸長商品
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④市場の抱える現状の課題点
    ⑤市場規模推移(2005~2009 年度)
    ⑥今後の市場見通しと市場規模予測(2010~2013 年度)
  (3)持ち帰り弁当
    ①注目商品トレンドと販売伸長商品
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④市場の抱える現状の課題点
    ⑤市場規模推移(2005~2009 年度)
    ⑥今後の市場見通しと市場規模予測(2010~2013 年度)
  (4)持ち帰り寿司
    ①注目商品トレンドと販売伸長商品
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④市場の抱える現状の課題点
    ⑤市場規模推移(2005~2009 年度)
    ⑥今後の市場見通しと市場規模予測(2010~2013 年度)
  (5)持ち帰り丼
    ①注目商品トレンドと販売伸長商品
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④市場の抱える現状の課題点
    ⑤市場規模推移(2005~2009 年度)
    ⑥今後の市場見通しと市場規模予測(2010~2013 年度)
  (6)弁当給食(在宅配食サービス)
    ①注目商品トレンドと販売伸長商品
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④市場の抱える現状の課題点
    ⑤市場規模推移(2005~2009 年度)
    ⑥今後の市場見通しと市場規模予測(2010~2013 年度)
  (7)冷凍米飯
    ①注目商品トレンドと販売伸長商品
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④市場の抱える現状の課題点
    ⑤市場規模推移(2005~2009 年度)
    ⑥今後の市場見通しと市場規模予測(2010~2013 年度)
  (8)レトルト米飯
    ①注目商品トレンドと販売伸長商品
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④市場の抱える現状の課題点
    ⑤市場規模推移(2005~2009 年度)
    ⑥今後の市場見通しと市場規模予測(2010~2013 年度)
  (9)無菌包装米飯
    ①注目商品トレンドと販売伸長商品
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④市場の抱える現状の課題点
    ⑤市場規模推移(2005~2009 年度)
    ⑥今後の市場見通しと市場規模予測(2010~2013 年度)
  (10)セット米飯
    ①注目商品トレンドと販売伸長商品
    ②参入企業動向
    ③消費ニーズと需要動向
    ④市場の抱える現状の課題点
    ⑤市場規模推移(2005~2009 年度)
    ⑥今後の市場見通しと市場規模予測(2010~2013 年度)
6.末端チャネル別市場動向分析
  (1)コンビニエンスストア
  (2)量販店
  (3)百貨店
  (4)専門店
    ①惣菜専門店
    ②持ち帰り弁当
    ③持ち帰り寿司店
    ④持ち帰り丼店
7.米飯市場における商品別ウェイト変化の予測
8.米飯の総市場規模予測(2009~2013年度)

第Ⅲ章 有力米飯メーカーの企業戦略分析

1.日配米飯メーカーの企業戦略
  (1)事業展開動向
  (2)主要日配米飯メーカーの事業構成比一覧
  (3)全国・地域展開動向
  (4)新商品開発動向(主要新商品と開発コンセプト)
  (5)生産動向
  (6)安全・衛生対策
  (7)コメの調達・炊飯状況
  (8)販売ルート・チャネル動向
  (9)事業展開上の課題点
  (10)今後の事業戦略の方向性
2.加工米飯メーカーの企業戦略
  (1)主力事業と事業構成比
  (2)新商品開発動向(主要新商品と開発コンセプト)
  (3)生産動向
  (4)安全・衛生対策
  (5)コメの調達・炊飯状況
  (6)販売ルート・チャネル動向
  (7)事業上の課題点
  (8)今後の事業戦略の方向性

第Ⅳ章 特集 注目米飯関連市場動向

1.米粉市場
  (1)成長する背景と市場概況
    ①新用途としての米粉利用の概況
    ②新用途としての米粉利用の主要事例
    ③農水省における米粉利用推進施策の概況
  (2)参入企業と商品動向
  (3)市場規模推移(2005~2009年度)
  (4)販売チャネル動向
  (5)市場の抱える現状の課題点
  (6)市場展望と市場規模予測(2010~2013年度)
2.発芽玄米市場
  (1)成長する背景と市場概況
  (2)参入企業と商品動向
  (3)市場規模推移(2005~2009年度)
  (4)販売チャネル動向
  (5)市場の抱える現状の課題点
  (6)市場展望と市場規模予測(2010~2013年度)
3.雑穀米市場
  (1)成長する背景と市場概況
  (2)参入企業と商品動向
  (3)市場規模推移(2005~2009年度)
  (4)販売チャネル動向
  (5)市場の抱える現状の課題点
  (6)市場展望と市場規模予測(2010~2013年度)

第Ⅴ章 注目企業の個別実態(29社)

<日配米飯メーカー>(19社)
アトム ~幅広い顧客層に対応した多様な回転寿司ブランドを展開~
岩田食品 ~主力の米飯商品で関東地区にも積極的に出店~
大戸屋 ~国内は既存店強化を主眼に、海外へも積極的に出店~
オリジン東秀 ~QSCの向上を最優先に個店強化に取組む~
柿安本店 ~「牛めし」弁当が好評、販売網の拡大にも注力~
カッパ・クリエイト ~低価格での寿司の提供をモットーに大型店舗の出店に注力~
カネ美食品 ~外販、テナント事業で米飯カテゴリーを強化~
小僧寿し本部 ~品質の向上とコスト削減により業績が大幅に改善~
シノブフーズ ~できたて・手づくり感を訴求した米飯商品の開発に注力~
デリカスイ ト~地産地消にこだわり手づくりの味を提供~
どんどんライス ~今後は、鹿児島エリアでの販路開拓に注力~
ハークスレイ ~「ほっかほっか亭」を運営、作りたてで安全・安心な家庭食を提供~
ヒライ ~食のインフラを掲げ、地域に根ざした惣菜店を出店~
藤本食品 ~従来からの低価格商品戦略で不況下にも業績拡大~
プレナス ~出来立て・作りたての味と、顧客サービス向上で地域一番店を目指す~
松屋フーズ ~価格競争が激化するなか、価値ある商品を今後も提案していく~
吉野家 ~味にこだわりを持ったメニューの提供で新しいビジネスモデルの開拓へ~
若菜 ~低価格弁当のヒットで厳しい市場環境に打ち勝つ~
わらべや日洋 ~「食」を進化させ続ける業界のフード・イノベーター~

<加工米飯メーカー>(4社)
佐藤食品工業 ~無菌包装米飯のトップブランドとして独自性の高い商品を提案~
テーブルマーク ~「テーブルマーク」ブランドの認知度向上で加工米飯の業績拡大に注力~
東洋水産 ~レトルト・無菌包装米飯の多様な商品展開で米飯の業績も堅調に推移~
マルハニチロ食品 ~マルハニチログループの食品事業会社として冷凍米飯事業も積極展開~

<米飯関連市場>(6社)
群馬製粉 ~21世紀のコメの粉の可能性を広げる「リ・ファリーヌ」「J麺」等の商品開発の推進~
神明 ~「おいしい発芽米 ふっくら白米仕立て」等の拡販により明日の健康に寄与する~
はくばく ~「基本食の感動的価値の創造」を実現し雑穀米による独立した市場形成を目指す~
ファンケル ~「発芽米ステロール配糖体」(PSG)の健康機能性アピールによる発芽玄米事業の拡大~
ベストアメニティ ~最大のサービス・最良の商品、おいしい健康をテーマとする雑穀ソムリエ企業~
みたけ食品工業 ~「人にやさしい食品づくり」をコンセプトに安心・高品質な米粉製品を提供する~

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
115,500
105,000
10,500
148,500
135,000
13,500
231,000
210,000
21,000
264,000
240,000
24,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。