2011年版 マンションデベロッパーの事業戦略

リーマンショック等の影響により冷え切っていた新築分譲マンション市場も、在庫が一巡し、需給環境が改善しつつあります。本調査レポートでは、動き始めたマンション市場に注目するとともに、人口減少・世帯数減少を背景にしたデベロッパーの今後の成長戦略を重点的に調査いたしました。

発刊日
2011/01/20
体裁
A4 / 353頁
資料コード
C53100500
PDFサイズ
9.4MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

118,800
110,000
8,800
118,800
110,000
8,800
151,200
140,000
11,200
237,600
220,000
17,600
270,000
250,000
20,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:主要なマンションデベロッパーの実態を主に分譲マンション市場の実態と将来性を分析し、将来に向けての課題を提示いたしました。本資料が当業界をはじめ関連業界各位の経営資料としてお役に立つことを目的として作成致しました。
調査対象:分譲マンションデベロッパー、中古マンション取扱業者、マンション管理会社
調査方法:直接面接取材、一部書面、電話による補足調査、公表データ収集及び文献調査
調査期間:2010年7月~2011年1月
 

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 新築分譲マンション市場の中期展望と課題を明らかに。
  • 人口減少・世帯数減少を背景にしたデベロッパーの今後の成長戦略を分析。
    (国内市場での注目エリア・中国などの海外展開事例・戦略など)
  • 新築~中古~管理までマンションを取り巻く環境を網羅的に把握。

■本資料の概要

総論
第1章 マンション市場の外部環境分析
第2章 分譲マンション市場動向
第3章 マンションストック市場分析
第4章 マンション管理市場
第5章 マンショントレンド

■掲載内容

総論

マンション市場の変遷
2010年マンション市場動向
2011年マンション市場動向
分譲マンション着工戸数予測
太陽光発電マンション
首都圏新築マンションと中古マンションの関係
デベロッパーの海外戦略
マンション管理業界の動向

第1章 マンション市場の外部環境分析

1.新設住宅着工戸数推移
2.日本における住宅市場の特徴
  (1)日本の住宅事情
  (2)住まい方の変化~核家族化・単独世帯数の増加~
  (3)年代別・年収別持家率
  (4)持家取得意欲
3.日本の住宅投資状況
4.住宅ストックの状況
5.人口・世帯数の状況
  (1)人口の推移と将来予測
  (2)人口移動の状況
  (3)総世帯数の推移と将来予測
6.地価動向
  (1)総論
  (2)圏域別地価動向・住宅地
    ①東京圏・住宅地 ②大阪圏・住宅地 ③名古屋圏・住宅地 ④地方圏・住宅地
  (3)圏域別地価動向・商業地
    ①東京圏・商業地 ②大阪圏・商業地 ③名古屋圏・商業地 ④地方圏・商業地
  (4)土地取引状況
7.住宅ローン
  (1)住宅金融公庫から住宅金融支援機構へ
  (2)フラット35
  (3)フラット35S(優良住宅取得支援制度)
  (4)フラット50
  (5)平成20年度「住宅市場動向調査」
    1.世帯年収 2.住宅購入資金の内訳 3.借入金の内訳
    4.購入者の金利選好 5.ローン年間支払額および返済負担率
  (6)住宅ローン市場規模
  (7)住宅ローン金利の決まり方
  (8)金利とマンション需要
  (9)自宅を活用した住宅ローン
    1.リバースモーゲージ 2.ホーム・エクイティ・ローン
8.マンション業界に関連する注目すべき施策・諸制度・法規制
  (1)住生活基本法
  (2)耐震計算書偽装問題の影響
  (3)建築基準法改正
  (4)改正建築士法
  (5)特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律
    1.保険法人の比較 2.特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律の概要
  (6)長期優良住宅の普及の促進に関する法律(平成21年6月4日施行)
    1.法律の概要 2.認定基準 3.長期優良住宅先導的モデル事業の概要 4.住宅履歴情報
  (7)住宅ローン減税制度
  (8)投資減税型の特別控除(長期優良住宅関連)
  (9)住宅の長寿命化促進に向けた税制(長期優良住宅関連)
  (10)住宅取得資金贈与の特例(住宅取得等資金贈与500万円の非課税特例)

第2章 分譲マンション市場動向

1.分譲マンション着工動向
2.分譲マンション着工戸数予測
3.分譲マンション供給動向
  (1)全体動向
  (2)エリア別供給動向
4.マンション販売価格と初月契約率の動向
  (1)マンション販売価格全体動向
  (2)マンション価格と供給戸数の関係
5.マンション在庫動向
  (1)首都圏マンション在庫動向
  (2)各社在庫状況
6.デベロッパー業績概要
  (1)総合不動産デベロッパー業績動向
    三井不動産,三菱地所,住友不動産,東急不動産,野村不動産,東京建物,NTT都市開発
  (2)専業デベロッパー業績動向
    大京,日本エスコン,新日本建物,ゴールドクレスト,
    サンシティ,穴吹興産,タカラレーベン,明豊エンタープライズ,明和地所,
    ランド,フージャースコーポレーション,プレサンスコーポレーション,
    日本エスリード,日神不動産,エフ・ジェー・ネクスト,和田興産
7.マンションメーカーシェア、売上ランキング推移
8.今後の業界動向
9.デベロッパーの事業戦略 ~個別企業票~
  株式会社FJネクスト
  株式会社大京
  大和ハウス工業株式会社
  株式会社タカラレーベン
  株式会社明豊エンタープライズ
10.コスト分析
  (1)分譲マンションのコスト分析
  (2)建材価格推移
11.倒産状況
12.財務健全性分析
13.首都圏注目マンション開発エリア
  (1)東京都エリア
  (2)神奈川エリア
14.デベロッパーの海外戦略・海外展開事例
15.各企業の経営計画「定性的目標」
16.各企業の経営計画「定量的目標」
<参考>マンションブランド名一覧

第3章 マンションストック市場分析

1.マンションストックの推移
2.中古マンション市場
  (1)中古マンションの価格動向
  (2)首都圏不動産流通市場の動向
    1.首都圏中古マンション価格動向 2.首都圏中古マンション流通量
    3.中古マンションの購買層 4.中古マンション市場が新築マンション市場に与える影響
    5.首都圏中古マンション市場規模 6.中古マンション市場の展望
3.マンションリフォーム市場
  (1)マンションリフォーム市場規模概要
  (2)専有部リフォーム市場概要
  (3)専有部リフォーム実施状況
  (4)専有部リフォーム市場規模
  (5)築年数別専有部リフォーム発生工事費
  (6)専有部リフォーム市場規模推移・予測
4.マンションリノベーション
  (1)マンションリノベーション概要
  (2)マンションリノベーションの注意点
  (3)インスペクションの重要性
  (4)リノベーション事業者の事業戦略
    インテリックス,スター・マイカ,ラ・アトレ,リビタ,ブルースタジオ,リヴァックス
5.マンション建替
  (1)法律の整備と現状
  (2)民間企業の取組
  (3)建替の検討状況
  (4)建替を実施していく上での問題点
  (5)建替資金の調達予定
  (6)現在の法定容積率
  (7)建替事例一覧
6.大規模修繕工事
  (1)概要
  (2)購入時の長期修繕計画の確認状況
  (3)大規模修繕工事の方法
  (4)修繕積立金の動向
  (5)修繕積立金の運用先
  (6)修繕工事の実施状況
  (7)修繕工事における資金調達
  (8)管理費・修繕積立金滞納割合および措置
  (9)大規模修繕工事市場規模
7.耐震・改修マーケット

第4章 マンション管理市場

1.マンション管理業界の動向
2.マンション管理会社 総合管理受託戸数ランキング
3.マンション管理会社 従業員数・有資格者数
4.マンション管理会社 M&A推移一覧
5.管理費の動向
6.マンション管理市場規模

第5章 マンショントレンド

1.投資用マンション
  (1)投資用マンションの市場動向
  (2)不動産投資会社の動向
  (3)賃貸住宅の期待利回り
  (4)投資用マンションの今後の動向
2.超高層マンション
3.マンションの間取りの変遷
4.エコマンション
  (1)環境問題とデベロッパーの取組
  (2)太陽光発電マンション
  (3)オール電化マンション
5.子育て支援マンション
  <参考>共用施設一覧
  (1)共用施設
  (2)住宅設備

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

118,800
110,000
8,800
118,800
110,000
8,800
151,200
140,000
11,200
237,600
220,000
17,600
270,000
250,000
20,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。