2015年版 中国施設園芸の市場実態と将来展望

中国における施設園芸市場は、日本施設園芸の60倍以上に達しており、施設園芸関連企業・団体にとって、未開の巨大マーケットとなっている。しかし、その市場情報は膨大且つ、分散的であり、一部の研究論文や文献でしかその概要を把握することはできない状況が続いていた。本調査レポートでは、その膨大且つ、分散的なマーケット情報を整理しつつ、中国における施設園芸市場の現状を俯瞰すると共に、中国における施設園芸関連資材・機器メーカー動向、中国で普及拡大する施設園芸技術やIOT展開状況、実際の実需者となる施設園芸生産業者動向などを取りまとめることで、中国施設園芸市場に関心を持つ、施設園芸関連企業・団体への資料提供を目的として当調査を実施した。

発刊日
2015/11/30
体裁
A4 / 383頁
資料コード
C57117800
PDFサイズ
6.1MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

363,000
330,000
33,000
363,000
330,000
33,000
396,000
360,000
36,000
726,000
660,000
66,000
759,000
690,000
69,000
1,089,000
990,000
99,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査方法:国内外の関係諸機関・企業への弊社専門研究員による直接面接取材、及びE-mail、電話を使用したアンケート調査、情報収集を実施。また、各種文献調査、インターネットホームページ等より情報収集・整理を実施。
調査期間:2015年8月~2015年11月

資料ポイント
Close

  • 中国の農業総産出額の推移(2005~2014年)
     ~2014年の中国の農業総産出額は102,226億元(約194兆円)~
  • 中国の地域別農業総産出額(2014年)
     ~地域別の農業産出額では山東省が最大となり、9,198億元(約17.5兆円)全国シェア9.0%~
  • 中国における園芸用施設の設置面積の推移(1982~2014年)
     ~園芸用施設の総面積は日本施設園芸の約60倍に当たる2,959千ha(トンネル除く)~
  • 中国における園芸用施設の種類別面積(2014年:トンネル面積を除く) 
     ~園芸用施設の主流は「塑料大棚+日光温室」~
  • 中国における園芸用施設の地域分布
     ~遼寧・山東・江蘇・河北の4省で全体の6割を占める~
  • 中国政府が指定した施設野菜生産重点区域と主要生産省
     ~野菜の優位性地域として6大野菜生産地域を指定~
  • 中国科学技術発展戦略研究院による、今後普及拡大する施設園芸技術の方向性
     ~収量増加に向けて伝統的な農業からイノベーションを目指す~
  • 中国における先進農業の展開状況 
     ~農業におけるIOT導入の推進&PVグリーンハウス事業の拡大~
  • 日本の施設園芸関連企業における中国市場への参入意向調査結果
     ~今後の施設園芸関連事業展開で最も注目している国は、中華人民共和国(17.9%)~

資料概要
Close

第Ⅰ章 中国の農業の現状
第Ⅱ章 中国の施設園芸の現状
第Ⅲ章 中国の施設野菜産業の現状と将来展望
第Ⅳ章 中国の施設園芸関連支援策・補助事業
第Ⅴ章 地域別施設園芸産業の状況
第Ⅵ章 中国の農業用フィルム市場の現状と展望
第Ⅶ章 中国の施設園芸関連資材・機器メーカー及び販売経路
第Ⅷ章 中国で普及拡大する施設園芸技術
第Ⅸ章 中国の施設園芸のIOT展開状況
第Ⅹ章 中国の施設園芸生産業者
第XI章 中国の施設園芸の最新動向
第XII章 日本の施設園芸関連企業における中国市場への参入意向調査結果

リサーチ内容

■掲載内容

調査資料のポイント

1.中国の農業総産出額の推移(2005~2014年)
  ~2014年の中国の農業総産出額は102,226億元(約194兆円)~
2.中国の地域別農業総産出額(2014年)
  ~地域別の農業産出額では山東省が最大となり、9,198億元(約17.5兆円)全国シェア9.0%~
3.中国における園芸用施設の設置面積の推移(1982~2014年)
  ~園芸用施設の総面積は日本施設園芸の約60倍に当たる2,959千ha(トンネル除く)~
4.中国における園芸用施設の種類別面積(2014年:トンネル面積を除く)
  ~園芸用施設の主流は「塑料大棚+日光温室」~
5.中国における園芸用施設の地域分布
  ~遼寧・山東・江蘇・河北の4省で全体の6割を占める~
6.中国政府が指定した施設野菜生産重点区域と主要生産省
  ~野菜の優位性地域として6大野菜生産地域を指定~
7.中国科学技術発展戦略研究院による、今後普及拡大する施設園芸技術の方向性
  ~収量増加に向けて伝統的な農業からイノベーションを目指す~
8.中国における先進農業の展開状況
  ~農業におけるIOT導入の推進&PVグリーンハウス事業の拡大~
9.日本の施設園芸関連企業における中国市場への参入意向調査結果
  ~今後の施設園芸関連事業展開で最も注目している国は、中華人民共和国(17.9%)~

第Ⅰ章 中国の農業の現状

1.農業総産出額
  (1)農業総産出額の推移(2005~2014年)
  (2)地域別農業総産出額(2014年)
  (3)地域別主要部門産出額トップ3(2014年:耕種、林業、畜産、漁業)
2.耕地面積
  (1)農地の利用状況(2013年)
  (2)耕地面積(2013年)
  (3)地域別農地面積(2008年)
3.地域別農業從事者数の推移(2005~2012年)
4.農産物栽培面積
  (1)農作物栽培延べ面積の推移(2005~2014年)
  (2)主要農作物栽培延べ面積の推移(2000~2013年)
  (3)地域別主要農作物栽培延べ面積トップ3
    ①稲 ②小麦 ③トウモロコシ ④落花生 ⑤ジャガイモ ⑥野菜 ⑦漢方薬材
    ⑧サイレージ(牧草) ⑨果実園 ⑩ブドウ園 ⑪茶園
5.農林水産物の輸出入状況
  (1)農林水産物の輸出~2014年の農林水産物輸出額は前年比6.3%増の713億米ドル~
  (2)農林水産物の輸入~2014年の農林水産物輸入額は前年比3.0%増の1,215億米ドル~

第Ⅱ章 中国の施設園芸の現状

1.園芸用施設の概況
  (1)園芸用施設の設置面積の推移(1982~2014年)
    ~園芸用施設の総面積は日本の約60倍に当たる2,959千ha(トンネル除く)~
  (2)園芸用施設の種類別設置面積の推移(1982~2014年)
    ~園芸用施設の主流は「塑料大棚+日光温室」~
  (3)施設園芸生産作物構成比の推移(2008~2014年:施設野菜/施設果樹/施設花き)
    ~9割以上が施設野菜を栽培~
  (4)園芸用施設の地区別設置面積(2013年)
    ~遼寧・山東・江蘇・河北の4省で全体の6割を占める~
2.施設園芸主要生産作物の栽培状況
  (1)野菜用施設のタイプ別設置面積推移(1982~2014年)
    ~拡大傾向が続くも、トンネルと「塑料大棚」が圧倒的シェアを占める~
  (2)野菜栽培延べ面積の栽培手法別の構成比(2014年)
    ~トンネル面積を除いた施設野菜栽培延べ面積は、野菜全体の18%を占める~
  (3)野菜の栽培手法別収穫量(2014年)
    ~施設野菜の収穫量は野菜全体の27%を占める~
  (4)施設野菜の主要生産地(施設野菜栽培延べ面積上位10省:2014年)
    ~山東省の施設野菜栽培延べ面積は、日本の施設野菜延べ面積の10倍に匹敵する広さ~
  (5)施設キノコ ~施設栽培はキノコ生産量全体の94%を占める~
  (6)花き用園芸施設の設置面積推移(2009~2013年) ~拡大しつつ、133万haに達する~
  (7)省別花き用園芸施設の設置面積 ~四川省は前年比3倍増でトップの座を獲得~

第Ⅲ章 中国の施設野菜産業の現状と将来展望

1.野菜全体の生産状況
  (1)主な野菜生産地(中国政府が指定した施設野菜生産重点区域と主要生産省)
  (2)主要野菜品目の収穫量(2014年)
  (3)野菜の平均卸価格推移(1996~2014年)
  (4)野菜の生産と流通をめぐる課題
  (5)今後の野菜産業振興対策
  (6)今後の野菜生産の予測
2.施設野菜の生産状況
  (1)主な施設野菜生産地 ~山東省で全国の20%弱のシェア~
  (2)施設野菜の生産性 ~野菜全体に比べ高い水準となる施設園芸野菜~
  (3)施設野菜の平均卸価格 ~2014年の施設野菜の平均卸価格は4.86元/㎏~
  (4)施設野菜産業の課題 ~施設園芸化は進むも、高生産性栽培技術体系が未形成~
  (5)今後の施設野菜産業の振興策と目標値
    ~野菜用施設設置面積の2020年目標は410万haとし、5地域を重点区域として指定~
3.施設スイカ・マクワウリ類の生産状況
  (1)施設スイカ・マクワウリ類の生産規模
  (2)施設スイカ・マクワウリ類の主要生産地
  (3)施設スイカ・マクワウリ類産業の課題及び問題点
  (4)今後の展望

第Ⅳ章 中国の施設園芸関連支援策・補助事業

1.2013年の農林水産関係中央予算
  (1)基盤整備予算
  (2)特定予算
2.農業全般の総合的な補助事業事例
  (1)土壌診断に基づく施肥、及び土壌有機質含量の向上に関する補助事業
  (2)農業綜合開発事業
  (3)園芸作物標準園創設補助事業(国レベルの園芸作物標準園の創設状況、他)
  (4)農業用機械導入補助事業(中央政府による農業機械導入補助給付金額の推移、他)
3.農業技術関連プロジェクト事業事例
  (1)863計画
  (2)国家重点新製品計画プロジェクト
  (3)星火計画
  (4)農業技術成果転化プロジェクト

第Ⅴ章 地域別施設園芸産業の状況

1.華北地区
  (1)北京市の施設園芸概況(主要作物別栽培延べ面積・他)
  (2)河北省の施設園芸概況(園芸用施設のタイプ別設置面積・他)
2.東北地区
  (1)遼寧省の施設園芸概況(園芸用施設のタイプ別設置面積・他)
  (2)黒竜江省の施設園芸概況(園芸用施設のタイプ別設置面積・他)
3.華東地区
  (1)上海市の施設園芸概況(園芸用施設のタイプ別設置面積・他)
  (2)江蘇省の施設園芸概況(園芸用施設のタイプ別設置面積・他)
  (3)安徽省の施設園芸概況(園芸用施設のタイプ別設置面積・他)
  (4)福建省の施設園芸概況(園芸用施設のタイプ別設置面積・他)
  (5)山東省の施設園芸概況(園芸用施設のタイプ別設置面積・他)
4.中南地区
  (1)湖北省の施設園芸概況(園芸用施設のタイプ別設置面積・他)
  (2)湖南省の施設園芸概況(園芸用施設のタイプ別設置面積・他)
  (3)海南省の施設園芸概況(園芸用施設のタイプ別設置面積・他)
5.西南地区(雲南省の施設園芸概況)
6.西北地区
  (1)陜西省の施設園芸概況(園芸用施設のタイプ別設置面積・他)
  (2)寧夏自治区の施設園芸概況(園芸用施設のタイプ別設置面積・他)

第Ⅵ章 中国の農業用フィルム市場の現状と展望

1.農業用フィルムの市場概況
  (1)農業用フィルムの使用量推移(1996~2015年)
  (2)農業用フィルムの生産量推移(2004~2014年)
2.農業ハウス用フィルムの使用状況
  (1)使用される農業ハウス用フィルムの種類
  (2)普及または研究が進んでいる農業ハウス用フィルム
3.農業用マルチフィルムの使用状況
  (1)使用される農業用マルチフィルムの種類と省別使用量(2013年)
  (2)生分解性マルチフィルム
  (3)新疆自治区のPEマルチフィルムに関する規制
4.今後の農業用フィルム市場の展望
  (1)農業用フィルム研究の方向性・課題
  (2)農業用フィルムの使用量予測(1996~2020年)

第Ⅶ章 中国の施設園芸関連資材・機器メーカー及び販売経路

1.園芸ハウスメーカー
  (1)園芸ハウスメーカーの概況
  (2)園芸ハウスメーカーの工事事例
  (3)ハイエンド園芸ハウスメーカーの事例(北京京鵬環球科技股分有限公司)
2.農業用フィルムメーカー
  (1)農業用フィルムメーカーの業界概要
  (2)農業用フィルムメーカーのブランド事例(山東省の例)
  (3)ハイエンド農業用フィルム事業を強化する農業用フィルムメーカーの事例
  (河北科倫塑料科技股分有限公司)
3.その他の施設園芸関連資材・機器メーカー
  (1)灌漑排水設備(ポンプ関連/灌漑給水部/節水灌漑関連)
  (2)その他の機械設備(コモ/保温マット巻き上げ機/温室用加温設備/その他環境制御機/他)
4.施設園芸関連資材・機器の補助額
5.施設園芸関連資材・機器の販売価格
6.施設園芸関連資材・機器の販売経路
  (1)園芸ハウスの販売経路
  (2)農業用フィルムの販売経路
  (3)施設園芸関連機器の販売経路

第Ⅷ章 中国で普及拡大する施設園芸技術

1.専門機関が考える今後普及拡大する技術
  (1)中国野菜協会の製品技術発表
  (2)中国科学技術発展戦略研究院の見方
2.地方政府が制定した農業技術の普及・拡大計画
  (1)江蘇省の農業重大技術普及計画
  (2)「上海市国家現代農業示範区建設三年行動計画」(2015~2017年)
3.今後普及拡大が予測される施設園芸技術
  (1)野菜の工場化育苗
  (主要省別工場化育苗事例/育苗企業「山東安信種苗股分有限公司」取組事例/他)
  (2)かん水同時施肥技術
  (有効灌漑面積/省別節水灌漑面積/主要省別のかん水同時施肥技術の実施状況/他)
  (3)野菜生産の機械化
  (農業機械の保有状況/農業機械化作業サービス組織/施設野菜生産の機械化現状/他)

第Ⅸ章 中国の施設園芸のIOT展開状況

1.農業におけるIOTの展開状況
2.農業における IOT導入推進施策の実施状況
3.農業IOTの関連機関・企業概要
4.農業IOTの導入に関する課題
5.農業IOT導入企業事例
  (1)天津市静海県生宝谷物農民専業合作社 ~IOT設施農業生産スマート監視制御システムの導入~
  (2)河北省唐山市豊南区鑫湖生態園 ~イチゴIOTかん水同時施肥システムの導入~
  (3)青県司馬庄緑豪農業専業合作社 ~温室IOT監視予測システムの導入~
  (4)朝陽泓鑫農畜産品開発有限責任公司 ~IOT温室スマート制御システムの導入~
  (5)丹東市聖野漿果専業合作社 ~果実生産環境スマート監視制御システムの導入~
  (6)哈爾濱益助果蔬種植股分有限公司 ~黒竜江省の「冬季野菜実験生産基地」に認定~
  (7)上海多利農業発展有限公司 ~有機農産物の栽培面積は約2,000ha~
  (8)杭州美人紫智慧葡萄園 ~ブドウ生産環境監視制御システムの導入~
  (9)九重天農産品有限公司 ~スーパー・小学校・企業との間で周年出荷・契約販売体制を確立~
  (10)亳州市譙城区年豊蔬菜種植農民専業合作社 ~設施野菜の環境監視制御システムの導入~
  (11)馬鞍山市和県常久農業発展有限公司 ~ファンや遮光カーテンの開閉を遠隔制御~
  (12)潜山県思邁農業科技有限公司 ~IOTスマート生態的農業及び温室・塑料大棚のIOT管理システム導入~
  (13)福建緑瀅生態農林発展有限公司 ~設施農業IOT総合応用システムの導入~
  (14)濰坊市玉泉洼種植専業合作社聯合社 ~5つの専業合作社によって組織され、複数の観光農園も展開~
  (15)山東新天地農業発展有限公司 ~複合環境制御システム及び品質追跡システムを導入~
  (16)随州康華農業有限公司 ~日光温室に太陽電池パネルを採用し、発電&野菜栽培に活用~
  (17)湖北星翔農産品専業合作社聯合社 ~カンキツ生産IOT応用モデルの導入~
  (18)荆門市屈家嶺聯想控股佳沃藍莓基地 ~ブルーベリーIOT生産監視制御システムの導入~
  (19)賓川県華僑庄園農業科技開発有限公司 ~ブドウのかん水同時施肥スマート化灌漑システムを導入~
6.農業IOTの利用及び電子商取引の展開事例
  (1)農業IOTを導入する安徽省の農業経営者について
  (2)安徽省の農産物電子商取引事業者状況
  (3)安徽省の農産物電子商取引総額推移(2013年~2015年上半期)
  (4)安徽省の主な農産物電子商取引事業者 
  (5)安徽省発の主なモール型ECサイト
7.インターネットを活用した農業関連新規事業の動向

第Ⅹ章 中国の施設園芸生産業者

1.施設園芸生産業者
  (1)施設園芸生産業者の属性(農民専業合作社/農業竜頭企業/家庭農場)
  (2)地区別施設園芸生産業者事例
  華北地区(河北省、内モンゴル自治区)
  中南地区(湖北省、湖南省、広東省、海南省)
  東北地区(遼寧省、吉林省)
  西南地区(重慶市)
  華東地区(上海市、江蘇省、浙江省、安徽省、福建省、山東省)
  西北地区(甘粛省、寧夏自治区)
2.“三品一標”農作物生産業者
  (1)“三品一標”の認証
  (2)“三品一標”農作物生産業者の事例
3.農作物輸出生産業者
  (1)輸出用食品原料の栽培基地 ~全国で8,105ヵ所~
  (2)主な輸出野菜生産業者事例
  (河北省/遼寧省/浙江省/山東省/広西自治区/四川省/陜西省/新疆自治区)
4.香港向けの輸出用野菜生産基地
  (1)香港向けの輸出用野菜生産基地の現状 ~2015年8月末時点で計481ヵ所登録~
  (2)香港向けの主な輸出用野菜栽培基地事例
  (3)香港向け輸出野菜生産業者(遼寧省&山東省の事例)

第XI章 中国の施設園芸の最新動向

1.施設園芸産業の最新動向(山東省寿光市の動向)
  (1)簡易ハウスからスマートハウスに移行している
  (2)分散栽培から園区経営へと移行している
  (3)量から品質追求に移行している
  (4)野菜の生産販売から育苗の生産販売に移行している
  (5)大衆市場からハイエンド市場に移行している
2.施設園芸生産業者の最新動向
  (1)合作社のサービス内容の拡大及び組織の連合化が進む
  (2)農業企業法人の異地での生産拠点の設置が加速している
  (3)異業種企業の農業への参入
  (4)農業企業の多様な経営方式
3.拡大傾向にある観光型農業
  (1)観光型農業の概況
  (2)省別の観光型農業の概況(北京市&河北省の事例)
4.拡大傾向にあるPVグリーンハウス事業
  (1)PVグリーンハウスの概況
  (2)PVグリーンハウス事業者の事例
5.拡大傾向にある生態的循環型農業
  (1)北京市の園芸用施設による雨水利用技術普及の取り込み
  (2)生態的循環型農業技術の普及に注力する江蘇省
  (3)生態的循環型農業プロジェクト実施者事例

第XII章 日本の施設園芸関連企業における中国市場への参入意向調査結果

1.アンケート回答属性
2.アンケート結果の概要
  (1)施設園芸関連製品」における海外での事業展開状況
  (2)施設園芸関連製品」における海外事業展開対象国・地域
  (3)「施設園芸関連製品・事業において海外事業展開はしていない(検討していない)」理由・背景
  (4)「中華人民共和国」への事業展開(検討含む)状況
  (5)「中華人民共和国」への事業展開(検討含む)の理由・背景
  (6)過去における「中華人民共和国」への事業展開検討の有無
  (7)過去において「中華人民共和国」への事業展開検討があったが、止めた背景・理由
  (8)過去において「中華人民共和国」への事業展開検討をしなかった背景・理由
  (9)今後、自社の「施設園芸関連製品」における中国への事業展開意向・見解
  (10)今後、自社の「施設園芸関連製品」事業展開において、注目している国・地域
  (11)中国における施設園芸関連の事業を展開する上で、課題点・問題点と感じる点
  (12)中国における施設園芸の市場性についての評価
  【アンケート個別回答票(39社)】
  園芸ハウス
    ・サンキンB&G株式会社
    ・園芸ハウスA社
    ・トミタテクノロジー株式会社
    ・平林物産株式会社
    ・八女カイセー株式会社
  被覆資材(フィルム・ガラス等)
    ・被覆資材(フィルム・ガラス等)B社
    ・三菱樹脂アグリドリーム株式会社
    ・ユニチカ株式会社
    ・株式会社ユニック
  灌水システム・栽培システム
    ・株式会社キーストーンテクノロジー
    ・株式会社サンホープ
    ・ネタフィムジャパン株式会社
  環境制御システム・機器(加温・冷房)
    ・JFEエンジニアリング株式会社
    ・株式会社ソーワテクニカ
    ・株式会社デンソー
    ・ネポン株式会社
    ・パナソニック株式会社エコソリューションズ社
    ・富士電機株式会社
  補光ランプ・人工光源
    ・岩崎電気株式会社
    ・東神電気株式会社
    ・日本アドバンストアグリ株式会社
  関連農機(整地・栽培・収穫関連機器)
    ・有光工業株式会社
    ・井関農機株式会社
    ・三菱マヒンドラ農機株式会社
    ・みのる産業株式会社
  生産資材(肥料・農薬・種苗・他)
    ・OATアグリオ株式会社
    ・カネコ種苗株式会社
    ・株式会社サカタのタネ
    ・トキタ種苗株式会社
    ・トヨハシ種苗株式会社
    ・福井シード株式会社
    ・株式会社水沢農薬
  その他
    ・その他C社
    ・その他D社
    ・小泉製麻株式会社
    ・佐藤産業株式会社
    ・株式会社誠和。
    ・日東紡績株式会社
    ・日本ロックウール株式会社

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

363,000
330,000
33,000
363,000
330,000
33,000
396,000
360,000
36,000
726,000
660,000
66,000
759,000
690,000
69,000
1,089,000
990,000
99,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。