2014~15年度版 商用車向けコネクテッドカー/テレマティクス市場予測-ITS調査VOL.1-

本調査レポートでは、トラック、バス、タクシー、配送車両などの商用車向けのテレマティクス市場について調査した。緑ナンバー商用車向けとして、複合機3種類(デジタコ+運行動態管理/ドラレコ+運行動態管理/デジタコ+ドラレコ+運行動態管理)デジタルタコグラフ単体、ドライブレコーダ単体を調査・分析。さらに白ナンバー商用車向けとして、運行動態管理システム、リース車両向けシステム、スマートフォン活用システムを調査・分析した。またこうしたシステムの市場が~2030年に向けて、どのように推移していくのかについて予測・分析した。

発刊日
2014/09/05
体裁
A4 / 257頁
資料コード
C56103100
PDFサイズ
6.6MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象サービス・企業・地域:(1)運行動態管理システム(単体) (2)オートリース車両用テレマティクス (3)スマートフォン運行動態アプリ (4)複合機(デジタコ+運行動態管理) (5)複合機(ドラレコ+運行動態管理) (6)複合機(デジタコ+ドラレコ+運行動態管理) (7)デジタルタコグラフ(単体) (8)ドライブレコーダ(単体) (9)配送計画システム (10)タクシー専用複合機 (11)タクシー配車システム
調査対象先:商用車メーカ/商用車向けテレマティクスサービスベンダ/)通信関連企業/IT関連企業/地図情報関連企業
調査対象地域:日本国内(一部、海外企業を調査)
調査方法:専門調査員による海外/国内の面接取材から、各種分析を実施した。
調査期間:2014年4月~2014年8月

資料ポイント
Close

  • 緑ナンバー商用車と白ナンバー商用車とを分けて分析。各々のテレマティクス需要を考え、~2030年予測を実施
  • これまでのようにデジタコ、ドラレコ、運行動態管理という分類ではなく、それらの複合機についても、
    ①デジタコ+運行動態管理タイプ、②ドラレコ+運行動態管理タイプ、③デジタコ+ドラレコ+運行動態管理タイプ、の3種類別に分析
  • 国のタコグラフ搭載義務化が市場に与える影響について分析
  • 先進的なオートリース端末を中心に、商用車での車両情報(CAN情報)活用、OBD搭載について分析
  • 国内ベンダ25社に加えて、グーグル、アマゾン、uberの新たなITベンダ市場参入の影響について分析
  • 運送会社から荷主にシフトしつつあるユーザの最新動向について分析
  • ASEANを中心に、各社の海外進出戦略について分析

資料概要
Close

第Ⅰ章.総論 -動き出した白ナンバー商用車向け&スマホ活用-
第Ⅱ章.商用車向けコネクテッドカー/テレマティクスの品目別市場分析,~2030年予測
第Ⅲ章.主要23社の考える商用車向け次世代アプリ戦略分析
第Ⅳ章.商用車向けテレマティクス・ベンダ25社のサービス実態・企業戦略個票

リサーチ内容

■掲載内容

第Ⅰ章.総論 -動き出した白ナンバー商用車向け&スマホ活用-

1.コネクテッドカー/テレマティクス市場の概要
  1-1.定義 -コネクテッドカー/テレマティクスにより変わる自動車ビジネス-
  1-2.コネクテッドカー/テレマティクスサービス産業の構造
  1-3.コネクテッドカー/テレマティクス市場の定義概念図と当社レポートの領域
  1-4.商用車向けと乗用車向けとの違い
  1-5.コネクテッドカー/テレマティクスのビジネスモデル/企業/サービス
2.商用車向けコネクテッドカー/テレマティクス市場の概要
  2-1.商用車向けコネクテッドカー/テレマティクスの概念
  2-2.商用車向けコネクテッドカー/テレマティクスの品目別用途と複合機
  2-3.商用車向けコネクテッドカー/テレマティクス8品目の特徴
  2-4.基本的区分(緑ナンバーと白ナンバー)
  2-5.全体市場
  2-6.タコグラフ装着義務
3.商用車向けコネクテッドカー/テレマティクス総市場分析
  3-1.商用車向けコネクテッドカー/テレマティクスの成長要因
    (1)政府主導の法的要因「国の助成金」
    (2)政府主導の法的要因「アナログ無線撤廃」
    (3)政府主導の法的要因「緑ナンバーへのデジタコ搭載義務化拡大」
    (4)CAN情報のオープン化
    (5)スマホ化、クラウド化
    (6)ルート配送、戸配
    (7)安全運転(ヒヤリハット)アプリ
    (8)ドライバにいいものを与えるシステム
  3-2.商用車向けコネクテッドカー/テレマティクスの変化・進化の方向性
    (1)売り手市場で、荷主のIT化進む
    (2)商用車のスマホ利用と宅配サービス
    (3)御用聞きシステムとしてのアマゾン
    (4)白ナンバー車両における運行動態の需要
    (5)コストダウンか、付加価値戦略か?
    (6)アマゾンのAI「予測発送」
    (7)ダイムラーの自動運転トラック
    (8)自動運転トラック車室内で事務や営業
  3-3.商用車向けコネクテッドカー/テレマティクス事業で失敗する理由
    (1)失敗する理由①ビジネスが見込めるともくろみやすい
    (2)失敗する理由②職人芸に取って代わるには稚拙なソフト
    (3)失敗する理由③管理者と営業マン(ドライバ)の間を取り持つソフト
    (4)失敗する理由④自由裁量の必要性
  3-4.商用車向けテレマティクス強豪企業の動向
  3-5.物流業界の変化がテレマティクス市場にもたらす影響
  3-6.ハードウェアからソリューションに変貌しつつあるビジネスモデル
  3-7.商用車テレマティクス市場が有望な理由
  3-8.商用車コネクテッドカー/テレマティクスの問題点
4.タコグラフ搭載義務化についての考察
  4-1.タコグラフ搭載義務化拡大
  4-2.次世代運行記録計(仮称:スマートタコグラフ)
  4-3.次世代運行記録計の普及促進
5.商用車向けコネクテッドカー/テレマティクス潜在市場規模
  5-1.白ナンバー商用車市場
  5-2.緑ナンバー商用車市場
  5-3.その他を加えての潜在市場規模
6.商用車向けテレマティクスサービスのベンダ73社参入状況
7.緑ナンバー商用車とテレマティクス需要
  7-1.緑ナンバー商用車市場
  7-2.緑ナンバー向けテレマティクス・ソリューション
  7-3.緑ナンバー向けテレマティクスのビジネスモデル
  7-4.デジタコ搭載義務化と緑ナンバー向けテレマティクスへの影響
8.白ナンバー商用車とテレマティクス需要
  8-1.白ナンバー商用車市場の全体動向
  8-2.動くか? 白ナンバー商用車への車載器搭載義務化
  8-3.白ナンバー商用車向けシステムに求められているもの
  8-4.白ナンバー商用車向け市場におけるプレーヤの動向
    (1)ヤマト運輸
    (2)ネットスーパー事業者A社
    (3)オイシックス
    (4)日立製作所/クラリオン
  8-5.主要各社の白ナンバー車両向けテレマティクスへの対応
9.動き出す商用車での車両情報(CAN情報)活用
  9-1.商用車向けテレマティクスにおける車両情報(CAN情報)ニーズ
    (1)車両制御情報の入手に必死な独立系車載機メーカ
    (2)得られた車両情報はどのように利用するか?
    (3)車両情報情報データを生かしたサービス
  9-2.各社の車両情報(CAN情報)活用状況
    (1)車両(CAN)情報を既に活用しているベンダ
    (2)データテック
  9-3.主要ベンダ考えるの車両情報(CAN情報)活用
10.コネクテッドカー/テレマティクスでのOBD導入
  10-1.OBDの発展経緯
  10-2.OBDⅠ
  10-3.OBDⅡ
  10-4.JOBDⅡ
  10-5.WWWH OBD
  10-6.OBDⅡが動くとデジタコがなくなるか?
  10-7.主要各社のOBDへの対応
11.グーグル、アマゾンらの参入で起こる変革
  11-1.世界IT大手がスマホ活用で参入する商用車テレマティクス
  11-2.グーグルがスマホベースのビジネス向け位置情報に注力
  11-3.アマゾンは自社端末を活用した即日配達サービスに注力
  11-4.UBERは本格的な配送会社にシフトか!?
12.クラウド/ビッグデータで変わる商用車向けテレマティクス
  12-1.ワークログ(ドライバや車両移動情報)で顧客サービスをどこまで深化させるか
  12-2.本当に役立つのか、クラウド
  12-3.クラウド(Web)を歓迎する理由
  12-4.情報がサービスセンタに集まる
  12-5.顧客はクラウドサービスの恩恵を、提供者は実績データの蓄積ができる
  12-6.主要各社のクラウドの利用
  12-7.主要各社のビッグデータの利用
13.商用車向けテレマティクス・ユーザのニーズ動向
  13-1.ドライバへの配慮必要な緑ナンバー車両向けシステム
  13-2.ドライバを盛り立てるシステム
  13-3.「3.11後始末+アベノミクス」で引く手あまたの物流業者
  13-4.狙うべきは荷主か?
  13-5.ドライバ支援アプリを付加
  13-6.配送車両ニーズ
  13-7.主要各社の考える「ユーザ・ニーズ」
14.商用車向けテレマティクス導入の効果と課題
15.商用車向けテレマティクスベンダの海外戦略、海外市場概要
  15-1.ASEANの商用車向けコネクテッドカー/テレマティクス需要
  15-2.タイのGPS搭載義務化
  15-3.ASEANのテレマティクス・ニーズ
  15-4.ASEAN共同体でヒト・モノ・カネの交流活発化
  15-5.ASEAN域内で進む高速道路インフラ整備
  15-6.アジアで進む物流システム大変革
  15-7.米国におけるアマゾンの物流戦略
  15-8.主要各社の海外展開

第Ⅱ章.商用車向けコネクテッドカー/テレマティクスの品目別市場分析,~2030年予測

1.商用車向けコネクテッドカー/テレマティクス市場の実態
  1-1.商用車向けテレマティクスサービス市場の実態(国内,2011~15年度,品目別,台数ベース)
  1-2.複合機(デジタコ+運行動態管理)市場の実態(国内,2011~15年度,メーカ別,台数ベース)
  1-3.複合機(ドラレコ+運行動態管理)市場の実態(国内,2011~15年度,品目別,台数ベース)
  1-4.複合機(デジタコ+ドラレコ+運行動態管理)市場の実態
    (国内,2011~15年度,メーカ別,台数ベース)
  1-5.複合機総市場の実態(国内,2011~15年度,品目別,台数ベース)  
  1-6.運行動態(リース車両用除く)端末市場の実態(国内,2011~15年度,品目別,台数ベース)
    (1)運行動態管理システム(リース車両用除く)市場の実態
    (2)運行動態管理システム(リース車両用除く)のメーカ動向
    (3)主要各社の考える運行動態管理システム戦略(リース車両用除く)
  1-7.オートリース車輌用運行動態管理システム市場の実態
    (国内,2011~15年度,品目別,台数ベース)  
    (1)オートリース車両用の運行動態管理システム市場の実態
    (2)オートリース車両用の運行動態管理システムのメーカ動向
    (3)オートリース業界のカーシェア用テレマティクス動向
    (4)主要各社のカーリース用テレマティクス戦略
  1-8.今回調査したテレマティクス端末(複合機・運行動態単体)市場実態
  1-9.複合機のメーカ別出荷台数推移(国内,2011~15年度,メーカ別,台数ベース)
  1-10.運行動態管理端末(単体)メーカ別出荷台数推移(国内,2011~15年度,台数ベース)
  1-11.デジタルタコグラフ単体市場の実態(国内,2011~15年度,品目別,台数ベース)
    (1)デジタルタコグラフ市場の実態
    (2)デジタルタコグラフの歴史と将来
    (3)主要メーカのデジタルタコグラフに対する考え方
  1-12.ドライブレコーダ単体市場の実態(国内,2011~15年度,品目別,台数ベース)
    (1)ドライブレコーダ単体市場の実態
    (2)堀場製作所「どら猫」、及び参入企業の動向
    (3)ドライブレコーダ単体機の歴史と将来
    (4)主要各社の考えるドライブレコーダ単体機の戦略
  1-13.スマートフォン利用運行動態管理システム市場の実態
    (1)スマートフォン利用運行動態管理システム市場の現状
    (2)スマートフォン利用運行動態管理システム市場の将来
    (3)グーグル参入が与える影響
    (4)ドコモ・システムズ
    (5)白ナンバー車両向けとしてのスマートフォン利用運行動態管理システム
    (6)日本通運に見るスマートフォンでの車両情報活用
    (7)主要各社のスマートフォンでの車両情報活用
    (8)スマートフォンは“ワークログ”のツールになるか?
    (9)主要各社の考える「スマートフォン活用システム戦略」
  1-14.配送計画システム市場の実態(国内)
    (1)配送計画システム市場の現状
    (2)配送計画システムベンダの動向
    (3)主要各社の配送計画システム戦略
  1-15.タクシー専用複合機(料金メータ連携)端末市場の実態
    (国内,2011~15年度,メーカ別,台数ベース)
  1-16.タクシー配車システム市場の実態
    (1)タクシー業界の実態とデジタル無線化
    (2)ビッグデータ活用のタクシー配車システム
    (3)タクシー業界テレマティクスの新風UBER
    (4)既存タクシー業界の反発受けるUBER
2.商用車向けコネクテッドカー/テレマティクス市場~2030年予測
  2-1.(緑ナンバー/白ナンバー別)商用車向けテレマティクス市場~2030年予測
  2-2.商用車向けコネクテッドカー/テレマティクス~2030年市場予測のキーポイント
  2-3.商用車向けコネクテッドカー/テレマティクス2030年の金額ベース市場規模

第Ⅲ章.主要23社の考える商用車向け次世代アプリ戦略分析

アマゾン、いすゞ自動車、NECソリューションイノベータ、NCS(日本カーソリューションズ)、
オリックス自動車、カプセル、GE、CTC(伊藤忠テクノソリューションズ)、
ジャパン・トゥエンティワン、住友三井オートサービス、ソフトバンク、データ・テック、
デンソー、ナビタイム、日本ユニシス、パスコ、パナソニック/光英システム、
日立産業制御ソリューションズ、堀場製作所、三菱オートリース、矢崎総業、ヤフー、
UDトラックス

第Ⅳ章.商用車向けテレマティクス・ベンダ25社のサービス実態・企業戦略個票

「個票掲載内容」
1,会社概要
  ・事業内容、拠点、主力製品、協力会社
2,運行動態管理/デジタコ/ドラレコ
  <運行動態管理/デジタコ/ドラレコ販売実績>
  ・主要製品名、複合タイプ、2013実績/2014見込/2015予測、単位:台
  ・運行動態管理(端末数(スタンドアローン型/ASP・クラウド型/携帯PDA型)、
   運行動態管理小計)、デジタコ(デジタコ小計)、ドライブレコーダ((乗用車/タクシー/
   トラック/バス/その他)、ドライブレコーダ小計)、複合機小計、
   商用車用テレマテックス合計(デジタコ型複)
  <複合機/運行動態管理/デジタコ/ドラレコ製品概要>
  ・複合機/運行動態管理システム/デジタコ/アナタコ(参考)/オートリース・カーシェア用/
   ドラレコ:機器/シリーズ名称(機種の特徴・価格帯)、特徴
  <運行動態管理/デジタコ/ドラレコの市場動向>
  ・複合機:市場動向(タクシー向け/トラック向け/バス向け/その他車両向け)、行政の動向
   (補助金・規制など)、主要顧客、競合状況、価格戦略、製品の将来性・拡張機能
  ・運行動態管理システム:市場動向(大型トラック/中小型トラック/バス・タクシー/普通商用車/
   その他)、行政の動向(補助金・規制など)、主要顧客、競合状況、価格戦略、
   製品の将来性・拡張機能
  ・デジタコ:市場動向、行政の動向(補助金・規制など)、主要顧客、競合状況、価格戦略、
   製品の将来性・拡張機能
  ・オートリース・カーシェア用:市場動向、行政の動向(補助金・規制など)、主要顧客、
   競合状況、価格戦略、製品の将来性・拡張機能
  ・ドラレコ:市場動向(タクシー向け/トラック向け/バス向け/その他車両向け)、
   行政の動向(補助金・規制など)、主要顧客、競合状況、価格戦略、製品の将来性・拡張機能
  ・通信の利用:主に利用している通信手段、長所、短所、費用負担の方法、工夫点
  ・クラウドの利用:現状と課題点、将来の可能性、費用負担の方法、工夫点
  ・運行動態管理/デジタコ/ドラレコの融合の可能性
  ・今後必要になる機能(現状/近い将来の可能性/長期的には/必要ない/理由)、
   項目:勤怠管理に利用、体調管理に利用、ライフログに利用、プローブ機能の付加、
   顧客管理の付加、スマートグリッドの対応、安全運転管理の付加(アルコールチェッカーは?
   居眠り運転防止は? 他のアプリは?)、広告・宣伝に利用、
   スマホの利用(アンドロイドやiOSのソフトプレーヤの参入の可能性)、地図表示、
   GPSの搭載、EV対応、フリート対応、ITSスポットサービスの利用、盗難対策への利用
  ・商用車向けテレマティクスの将来展望
  ・複合機の品目別市場予測(複合機か単独かの予測)
  ・今後、注目すべきプレーヤ(その理由。アジアなどの海外ベンダ含む)
  ・海外(特にアジア)市場の可能性をどう見るか

「個票掲載企業名」
あきば商会、いすゞ自動車、伊藤忠テクノソリューションズ、NECソリューションイノベータ、
オリックス自動車、JX日鉱日石エネルギー、住友電気工業、住友三井オートサービス、
ソフトバンクテレコム、データ・テック、デンソー、ドコモ・システムズ、トランストロン、
ナビタイムジャパン、日本カーソリューションズ、日本ユニシス、パスコ、
日立産業制御ソリューションズ、日立ソリューションズ、富士通テン、堀場製作所、
三菱オートリース、三菱ふそうトラック・バス、矢崎総業、UDトラックス

図表目次

第Ⅰ章.総論 -動き出した白ナンバー商用車向け&スマホ活用-

図「テレマティクスによる自動車ビジネス」
図「コネクテッドカー/テレマティクス産業の構造(交通分野におけるIoT)」
図「コネクテッドカー/テレマティクス/ITS市場の定義概念図と当社レポートの領域」
表「乗用車向け/商用車向けコネクテッドカー/テレマティクス×ビジネスモデル」
図「商用車向けコネクテッドカー/テレマティクスの用途と複合機」
表「商用車向けコネクテッドカー/テレマティクスの8品目概要」
図「トラックシェアリングの普及推移」
図「国交省の掲げる次世代型運行記録計」
表「国内緑ナンバー・白ナンバー商用車保有台数」(2013年,矢野経済推定)
表「国内トラック保有台数」(2013年)
表「国内商用車保有台数」(2013年,矢野経済推定)
表「商用車向けテレマティクスサービスにおける主要ベンダ73社参入状況一覧」
表「国内緑ナンバー・白ナンバー商用車保有台数」(2013年)
表「国内トラック保有台数」(2013年)
表「主要各社の考える『緑ナンバーのデジタコ義務化』」
表「国内緑ナンバー・白ナンバー商用車保有台数」(2013年)
図「国交省の掲げる次世代型運行記録計」
表「主要各社の白ナンバー車両向けテレマティクスへの対応」
表「主要各社の考える『CAN情報の利用』」
表「主要各社のOBDへの対応」
表「主要各社の考える『クラウドの利用』」
表「主要各社の考える『ビッグデータの利用』」
表「単なるスマホ利用システムとは一味違うヤマトのシステム」
表「主要各社の考える『ユーザ・ニーズ』」
表「新興アジアで計画されている高速道路/高速鉄道インフラ・プロジェクト」
図「物流システム大変革」
表「主要各社の考える『海外展開』」

第Ⅱ章.商用車向けテレマティクスの品目別市場分析,~2030年予測

表「今回調査した商用車向けテレマティクス端末市場規模推移(国内,台数, 2011~15年)」
図「今回調査した商用車向けテレマティクス端末市場規模推移(国内,台数, 2011~15年)」
図「今回調査した商用車向けテレマティクス端末市場規模推移(国内,台数, 2011~15年)」
図「2013年における国内商用車向けテレマティクス品目別比率」(単位;台)
図「2014年における国内商用車向けテレマティクス品目別比率見込」(単位;台)
表「複合機(デジタコ+運行動態管理)端末市場規模推移(国内,台数,メーカ別,2011~15年)」
図「複合機(デジタコ+運行動態管理)端末市場規模推移(国内,台数,メーカ別,2011~15年)」
図「複合機(デジタコ+運行動態管理)端末市場規模推移(国内,台数,メーカ別,2011~15年)」
図「2013年における複合機(デジタコ+運行動態管理)メーカ別比率」(単位;台)
図「2014年における複合機(デジタコ+運行動態管理)メーカ別比率見込」(単位;台)
表「主要各社の考える『デジタコ(デジタコ複合機)への戦略』」
表「複合機(ドライブレコーダ+運行動態管理)端末市場規模推移(国内,台数,メーカ別,2011~15年)」
図「複合機(ドライブレコーダー+運行動態管理)端末市場規模推移(国内,台数,メーカ別,2011~15年)」
図「複合機(ドライブレコーダー+運行動態管理)端末市場規模推移(国内,台数,メーカ別,2011~15年)」
図「2013年における複合機(ドライブレコーダー+運行動態管理)メーカ別比率」(単位;台)
図「2014年における複合機(ドライブレコーダー+運行動態管理)メーカ別比率見込」(単位;台)
表「複合機(デジタコ+ドラレコ+運行動態管理)端末市場規模推移(国内,台数,メーカ別,2011~15年)」
図「複合機(デジタコ+ドライブレコーダー+運行動態管理)端末市場規模推移(国内,台数,メーカ別,2011~15年)」
図「複合機(デジタコ+ドライブレコーダー+運行動態管理)端末市場規模推移(国内,台数,メーカ別,2011~15年)」
図「2013年における複合機(デジタコ+ドライブレコーダー+運行動態管理)メーカ別比率」(単位;台)
図「2014年における複合機(デジタコ+ドライブレコーダー+運行動態管理)メーカ別比率見込」(単位;台)
表「複合機の品目別市場規模推移(国内,台数,品目別,2011~15年)」
図「複合機の品目別市場推移(台数,比率,2011~15年)」
図「複合機の品目別市場推移(台数,比率,2011~15年)」
図「2013年における複合機の品目別比率」(単位;台)
図「2014年における複合機の品目別比率見込」(単位;台)
表「運行動態(リース車両用除く)端末市場規模推移(国内,台数,メーカ別,2011~15年)」
図「運行動態(一般車向け。リース除く)端末市場規模推移(国内,台数,メーカ別,2011~15年)」
表「主要各社の考える『運行動態管理システム戦略』」
表「オートリース車輌用運行動態管理システム市場規模推移(国内,台数,メーカ別,2011~15年)」
図「オートリース車輌用運行動態管理システム市場規模推移(国内,台数,メーカ別,2011~15年)」
図「オートリース車輌用運行動態管理システム市場規模推移(国内,台数,メーカ別,2011~15年)」
図「2013年オートリース車輌用運行動態管理システムのメーカ別比率」(単位;台)
図「2014年オートリース車輌用運行動態管理システムのメーカ別比率見込」(単位;台)
表「主要各社のカーリース用テレマティクス戦略」
表「今回調査したテレマティクス端末(複合機・運行動態単体)のメーカ別市場推移(国内,台数,2011~15年)」
表「複合機のメーカ別出荷台数推移(国内,台数,メーカ別,2011~15年)」
図「複合機端末市場規模推移(国内,台数,メーカ別,2011~15年)」
図「複合機端末市場規模推移(国内,台数,メーカ別,2011~15年)」
表「運行動態管理端末(単体)市場規模推移(国内,台数,メーカ別,2011~15年)」
図「運行動態管理端末(単体)市場規模推移(国内,台数,メーカ別,2011~15年)」
図「運行動態管理端末(単体)市場規模推移(国内,台数,メーカ別,2011~15年)」
表「主要各社の考える『ドライブレコーダ戦略』」
表「主要各社の考える『スマホ(スマートフォン)活用システム戦略』」
表「主要各社の考える『配送計画システム戦略』」
表「タクシー専用複合機(料金メータ連携)端末市場規模推移(国内,台数,メーカ別,2011~15年)」
図「タクシー専用複合機(料金メータ連携)端末市場規模推移(国内,台数,メーカ別,2011~15年)」
図「タクシー専用複合機(料金メータ連携)端末市場規模推移(国内,台数,メーカ別,2011~15年)」
図「2013年におけるタクシー専用複合機(料金メータ連携)メーカ別比率」(単位;台)
図「2014年におけるタクシー専用複合機(料金メータ連携)メーカ別比率見込」(単位;台)
図「スマートタクシー概要」
表「商用車向けテレマティクス市場推移~2030年予測(国内,台数,品目別,2011~30年)」
図「商用車向けテレマティクス2011~2030年予測(国内,単位:台・セット,品目別)」
図「(緑ナンバー向け)複合機/通信機能を持たない車載器2011~2030年予測(国内,単位:台・セット,品目別)」
図「(白ナンバー向け)運行動態管理,リース車輌向け運行動態2011~2030年予測(国内,単位:台・セット,品目別)」
表「2030年の商用車向けコネクテッドカー/テレマティクス市場(国内)の金額ベース規模」

第Ⅲ章.主要24社の考える商用車向け次世代アプリ戦略分析

表「主要各社の商用テレマティクス戦略とキーポイント」(50音順)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。