売れる住宅シリーズ【菜園付き住宅市場の実態と将来展望】

少子化による住宅一次取得層の需要低迷に代わって注目されるアクティブシニア向けの企画型住宅は、今後注目を集めていくと想定されます。高齢者の増加により、従来とは異なり多様化した住宅ニーズが高まる中で、今回は「自産自消」といった生活スタイルに関心が集まっている「菜園付き住宅」にフォーカスした調査レポートを企画いたしました。

発刊日
2011/02/28
体裁
A4 / 69頁
資料コード
C53101000
PDFサイズ
1.1MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

22,000
20,000
2,000
22,000
20,000
2,000
44,000
40,000
4,000
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:少子高齢化社会が進むなかで、これからの高齢者世帯へ向けた住宅提案のコンセプト作りの基礎資料とする。
調査対象:菜園付きをひとつの特徴としている持家住宅の企画・開発・販売に関連している事業者及び団体
調査方法:ヒアリング取材、公表データ収集及び文献調査
調査編集期間:2010年12月~2011年2月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 売れ行き好調なシニア・リタイア向け住宅にフォーカスし、今後の住宅産業の方向性を掲載。

■本資料の概要

1.総論
2.物件トレンド
3.個表(物件)
4.個表(事業者)

■掲載内容

1.総論

多様化する「住まい」の選択肢
シニア・リタイア層へ向けた“菜園付き”住宅の提案
高齢世帯数の将来予測と環境
高齢者向け住宅のトレンド

2.物件トレンド

調査物件一覧(札幌都市圏、山形都市圏、首都圏周辺、関西周辺)
菜園付き住宅の売れ行き
菜園付き住宅の価格
菜園付き住宅の商圏
年齢構成
利用目的
販売促進策
商品特性
菜園付き住宅の用途地域
商品施策
今後の供給予定

3.個表(物件)

鹿沼くらーねの里
愉流里(ゆるり)
あやべ檪の里
山滝野分譲地
風とタンポポの村 亀岡
キラリタウン美郷
小舟木エコ村
リフレ望海坂
立原高原ヴィレッジ

4.個表(事業者)

株式会社北都
有限会社健康住宅
東和建設株式会社
有限会社房総ライフ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

22,000
20,000
2,000
22,000
20,000
2,000
44,000
40,000
4,000
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。